深田恭子の「愛され顔メイク」キメ手は何?3ポイントテクを解説

ドラマにCMに引っ張りだこの女優・深田恭子さん。10代から芸能界で活躍されていますが、33歳になった現在も、テレビドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)でアラサーダメ女を可愛らしく演じ、「30代とは思えない」とネットで反響を呼んでいます。

そんな彼女の魅力は、どんなところにあるのでしょうか? 今回は、ぜひ皆さんにも取り入れてもらいたい“深キョンメイク”を分析・解説したいと思います

 

■1:クリっとした丸みのある目

深田恭子さんのメイクの中で印象的なのは目元。演じる役柄に合わせてアイメイクをかなり変化させています。

前述のドラマでは、漫画から飛び出てきたような可愛らしい役柄を演じており、可愛らしさを際立たせています。アイラインはしっかり引いていますが、細めの繊細なライン。目の大きさを強調し、細く描くことで力強さよりも可愛らしさを演出しています。

可愛らしいメイクにしたい時は、ビューラーでまつ毛のカールをしっかり出し、マスカラもボリュームタイプではなくロングタイプを使用するのがお勧めです。

 

■2:ぷっくりとした唇

第2のチャームポイントは唇。深田さんの場合、上下ともに厚さがしっかりあるので、赤などインパクトのあるカラーを使うと口元の印象が強くなり過ぎてしまいます。そこでピンクやピンクベージュなど、ナチュラル感のあるカラーがポイント。

唇が薄くて……という方は、実際の唇よりもややオーバーするくらいに、丸みを感じるラインを自分で作るイメージでリップを塗りましょう。

濃い色だと化粧が落ちた時に目立ちますが、ナチュラルカラーを選べば崩れていてもそんなに気になりません。

 

■3:可愛らしい頬

深田恭子さんのメイクでは、目元の印象が強い分、他のパーツとのバランスを取るためにチークの色みを抑えていることが多いようです。

可愛らしいイメージを作りたかったら頬の一番高いところにチークを丸く入れる、という話はよく聞くと思います。

ただ、深田さんのような卵型に近い、理想的な顔型の人であれば良いのですが、その人の顔立ちによって頬の中央に丸くチークを入れるとアンパンマンみたいなほっぺになってしまうことも……。全体のバランスを見てからチークは塗ってくださいね。

 

今回は“深キョンメイク”を分析・解説しました。可愛らしい印象に近づけるために必要な要素はいくつもあります。少しずつ取り入れてみてくださいね。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ マー君がついにパパに!里田まいに学ぶ「あげまん女」になる方法

※ そんなでイイの…!? 「仕事のお願い」男性社員がサクサク動くテク3つ

元の記事を表示