温めるだけでOK!栄養満点のレトルト朝食2選

だんだんと春の日差しを感じるようになってきましたが、朝はまだまだ寒いですね。一日のなかで一番体温の低い朝は、身体を内側から温める朝食を摂ることで体内時計がリセットされ、体温も上がり代謝モードに切り替わります。
ですから、朝食は代謝のよいヤセ体質作りにも欠かせない要素なのですが、実際には「時間がない」「食欲がない」と、朝食を食べていない方が多いのではないでしょうか? 朝はゆっくり寝ていたい方にも、食欲がない方にもおすすめの、「温めるだけで食べられるレトルト朝食」を2つご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■温めるだけでOK!身体を内側から温めるレトルト朝食2つ

・「ダルーラ」スープシリーズ/ロート製薬

食物繊維やポリフェノール、ビタミン・ミネラルといった、美容に欠かせない栄養素が豊富なのが豆。さらに豆は、タンパク質も豊富でとても栄養バランスのいい食材です。味付けには、身体を内側から温める働きのあるスパイスが使われていて、朝の冷えをサポート。しっかり噛んで脳を刺激し、内側から身体を温めることで、朝の体内時計のリセットもスムーズになります。使用されているヒヨコ豆とレンズ豆が100%オーガニックというのもうれしいですね。
(160g 税抜価格360円)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

・カゴメ ベジグラーノ/カゴメ

ヤセ菌の大好物である水溶性食物繊維が豊富な大麦と、野菜を使った具だくさんスープのシリーズです。なかでも「生姜コンソメスープ」は、しっかりと噛むことができるのに加えて、冷えとり食材の代表選手“生姜”が使用され、朝の冷えの解消をサポート! なまではなく、加熱した生姜には、交感神経を刺激して脂肪を燃焼させ、身体を内側から温める働きのある「ショウガオール」が多く含まれますから、ダイエット志向の方こそ食べてほしい朝食です。
(200g 参考税抜価格250円)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

どちらも、不足しがちな食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富なスープです。忙しい朝に温めるだけで食べられるスープですから、毎朝の習慣にして、代謝のいいヤセ体質作りに役立てたいですね。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

今年こそヤセ体質に!ヤセ菌を増やす摂りたい食べ物まとめ

アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密

手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ

美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方

カゴメ ベジグラーノ 生姜コンソメスープ – カゴメ