生理前のカサつくお肌は、中から潤して!食べる美容液3つ

生理前になると、お肌がカサカサする……なんて実感されている方もいらっしゃいませんか? 肌の潤いと女性ホルモンには深い関わりがあり、肌の乾燥はPMS(月経前症候群)の症状の一つです。そんなとき、見直すべきは食生活! 食べる美容液と呼ばれる「アボカド」「サーモン」「味噌」を取り入れてみませんか?

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■なぜ生理前は肌が乾燥するの?

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」があります。エストロゲンは排卵の直前に分泌量が多くなるホルモンで、角層の水分を保ち肌の潤いに関係しています。プロゲステロンは排卵後に分泌が高まるホルモンで、肌にとっては皮脂の分泌を促進する働きがあります。

生理前になると乾燥するのはエストロゲンの分泌が減り、お肌の水分量が減ってしまうから。一方でプロゲステロンが増えると皮脂の量が増えるため、大人ニキビの要因の1つになりかねません。生理前になると乾燥するのに大人ニキビができるのは、こんな理由がありそうです。

■食べる美容液を取り入れよう!

肌の潤いは皮脂膜が2~3%、天然保湿因子が17~18%、そしてセラミドが残りの80%を守っています。私たちが食べたタンパク質から天然保湿因子が作られ、必須脂肪酸からはセラミドが作られます。つまりお肌の潤いを守る約98%の成分は、私たちが食べるものから作られているというわけです。

そこで今回は、肌荒れにお悩みの方にオススメしたい”食べる美容液”を3つピックアップしました。

(1)アボカド

20161021iwata00

アボカドは11種類のビタミンと14種類のミネラルを含む、栄養価の高いくだもの! 美肌に良いといわれるビタミンAの前駆体であるカロテンの吸収率を高めてくれることがわかっています。食物繊維も豊富なので便秘解消にも◎。「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEも多い、優秀食材です。

(2)サーモン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

天然保湿因子の素となるタンパク質と、セラミドの素となるDHA・EPAなどの必須脂肪酸を含む、まさに”食べる美容液”。さらに嬉しいのがサーモンの赤い色素であるアスタキサンチンです。非常に抗酸化力が高く、紫外線から肌を守り、シミ、しわ、たるみを防いでくれる効果が期待できるといわれています。

(3)味噌

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

手軽にとれる発酵食品である味噌。最近味噌汁は飲みましたか? 味噌を毎日、継続的に食べることで、皮膚の潤いを保つセラミドが増加し、肌の保湿状態が改善することがわかっています。

いかがでしたか? 毎日の食事に摂り入れて、潤い肌を生理前でもキープしてくださいね。

(生理前の不調(PMS)改善カウンセラー/管理栄養士・海老沢 直美)

美容家が本当に食べている!スーパーフード厳選6つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】

アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密

手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ

美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方

アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】

知っておきたい肌(皮膚)のしくみ – 大塚製薬

※高瀬聡子・細川モモ 著(2014)「いちばんわかるスキンケアの教科書」(講談社)

Fresh Avocado Enhances Absorption of Essential Nutrients for Healthy Living – The Ohio State University

味噌の継続摂取で美肌効果 マルコメ、東京工科大学との共同研究で確認 – 日経ヘルス

※落合敏 著(2014)「新しい実践栄養学」(主婦の友社)