産後の髪トラブルや体型戻しにオススメの栄養素と食材

出産後の女性のカラダには様々な変化が現れます。初めての育児だけでも戸惑いだらけなのに、自分自身の身体にまで予想外な変化があると、つい悩んでしまうもの。
そこで今回は、産後に起こりがちな身体の変化と、産後におススメの栄養素をご紹介します。

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

■産後あるある(1)お腹は出ているのに腹筋ができない!

妊娠直後から、流産や胎児の圧迫を防ぐためにも腹筋に力を入れる運動や動作はNGになります。

妊娠期間は約10ヶ月。長いようで短いこの妊娠期間に腹筋は驚くほど衰えてしまいます。産後、たるんでしまったお腹周りを鍛えるためにいざ腹筋! と思ったら全く出来なくてビックリした……という声はよくある話。

■産後あるある(2)食欲が止まらない!

出産後は授乳することもあるので、食欲が増える・食欲が止まらない……というママは多いもの。特に産後半年頃までは底なしの食欲で、食べても食べてもお腹が空く……という声はよく聞きます。

身体の回復や母乳を作るためにも栄養バランスのとれた食事は必須。ダイエットは厳禁ですが、産後の体型戻しのためにも無駄な糖質や脂質は溜め込まないようにしたいもの。

■産後あるある(3)予想以上の抜け毛にビックリ!

産後5ヶ月頃までは大量の抜け毛に悩むママが多いようです。出産経験が二度ある筆者も、産後3〜4ヶ月頃が抜け毛のピークでした。産後半年以降は落ち着いてきます。女性ホルモンの変化に加え、妊娠中に胎児に栄養をたくさん送っていたこともあるため、抜け毛が増えたり少し栄養不足状態に。

■産後のお悩み解決におススメの食材とは?

【ビタミンB群】

ついつい食べ過ぎてしまう……。おやつがやめられない……。というママには、脂質や糖質の代謝をサポートする「ビタミンB1」や「ビタミンB2」が特におススメ。

もちろん、砂糖や油脂類の摂りすぎに注意することも必要です。ビタミンB1は豚ヒレ肉・豚もも肉・鰻のかば焼き・ゆで大豆・玄米ごはんなどに、ビタミンB2はレバー・ブリ・鶏卵・モロヘイヤ・豆苗・納豆・乳製品などに多く含まれています。

【良質なたんぱく質】

健康な肌や髪の細胞のもとになるたんぱく質。特に肉や魚に含まれる、良質な動物性たんぱく質がおススメ。牛肉ならサーロインよりモモ肉など脂身の少ない部位を選ぶとなお良し! 良質たんぱくで髪のパサつきや切れ毛を防ぎましょう。

【黒い食材】

海苔やひじき、わかめなどの海藻類や黒ごま、キクラゲなどの「黒い食材」は白髪の予防や貧血予防にオススメです。

疲れやすい産後は、細胞老化を防ぐ抗酸化作用の高い食材や身体の各器官の働きを正常に保つビタミンやミネラルを積極的に取り入れることも大切。

ママのキレイと元気は子供の笑顔につながります。簡単な料理で構わないので、栄養バランスのとれた食事内容を心がけましょう。

(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ

朝飲んで体の中から温まる!腸活にも◎な特製ドリンク3つ
セルライトやたるみはイヤ!むくまない食生活ポイント3つ
朝・昼は腹持ちのいいものを!お腹が空きにくい食事の選び方
光がポイント!インスタの「食べもの写真」を上手に撮るコツ
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

元の記事を表示