痛くても伸ばす…はNG!講師が警鐘「ヨガを頑張りすぎちゃダメな訳」

リストラティブヨガやアロマヨガのようなリラックス系のヨガであれば、「キツイ」、「疲れた」と感じることはあまりないかもしれません。ですが、ややハードめなヨガを受けたとき、体がツラく感じることはあるでしょう。しかしそこで頑張りすぎてはいけません。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が“ヨガ中に頑張りすぎてはダメな理由”を3つ紹介します。

 

■1:頑張りすぎる

ヨガの場合は、体の各パーツを伸ばした状態でキープするポーズが連続します。

そのため、筋肉や関節が伸びすぎたり広がりすぎる恐れがあるのです。キツめのポーズは、“グッと深めたくなる”、“最後までキープしたくなる”のですが、過伸長・過伸展を起こしてしまうので気を付けましょう。ポーズは限界でキープするのではなく、そこから少し緩めたところでキープするのがいいですよ。

また、ツラいなと思ったら、“チャイルドポーズ”というお休みのポーズを取って休むことをオススメします。

 

■2:呼吸を意識しなくなる

ヨガでは“呼吸”は非常に重要な役割を担っています。動きのサポートはもちろん、エネルギーを体に取り入れて送り届ける効果があるともいわれているからです。

しかし、疲れてきたり、ハードなポーズが連続したりすると、どうしても呼吸は二の次に。なかには、無意識に息を止めてポーズをキープしている方も……。これでは酸欠状態になってしまい、気持ちよくヨガを続けることが困難ですよね。

ツラいときほどポーズを緩めて呼吸を優先しましょう。

 

■3:水を飲まない

「水を飲むと、お腹がチャポチャポして動きにくくなる」という方も多いでしょう。それゆえ、のどが乾いても水を飲まずに1時間もしくはそれ以上レッスンを続ける方も。

これは、脱水症状のリスクを高めるため、本当に気を付けていただきたいところです。汗をかかないレッスンはもちろん、汗をかくホットヨガのようなレッスンでは特に意識して水を取るようにしましょう。

ただし、一気に飲むと、お腹を圧迫するポーズや下向きのポーズのときに気分が悪くなることもあるので、数回にわけて少しずつ飲むこと。

レッスンによっては、“水休憩”がないものもあるので、自分のタイミングで摂ってくださいね。

 

我々日本人は、頑張ること・我慢することが美徳だと考えがち。ですが、それで体を壊してしまっては、元も子もありませんよね。

くれぐれも過剰に頑張りすぎず、レッスンを楽しんでくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】