夕方になると周りもギョッとするような真っ黒“パンダ目”になっている人がいますよね。滲まないためにウォータープルーフのアイライナーを使っているのに、それでも落ちてくるなんて悩みの声も……。

そこで今回は美容ライターであり、現役モデルとして長丁場のショーにも出演している筆者が、“パンダ目の予防メイク術”をご紹介します。

 

■目元のファンデーションは控えめがベスト

“油分”によるメイクのヨレが、パンダ目の原因でもあります。この油分は肌、そしてファンデーションにも含まれています。

パンダ目を防ぐつもりで、目元のベースメイクを塗りすぎてしまうのは、マスカラやアイラインのヨレを招く悪影響にもつながります。

どうしても目元のくすみが気になる時は、油分を抑えるフェイスパウダーやハイライトを軽くはたくだけでも十分です。

 

■アイライナーは最初に引くべし

メイクの順番として、アイシャドウを塗った上からアイラインを引く方も多いと思います。

でもパンダ目を避ける為には、この順番を逆にすると良いのです。アイラインを引いた上からアイシャドウを塗ることで、崩れ予防のルースパウダーの役目を担ってくれます。

ここで使うアイライナーは、ペンシルよりもリキッドタイプの方が滲みにくいので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

■パンダ目を防ぐ最重要ポイントはマスカラにあり

「パンダ目」と聞いて、まず見直す人が多いメイク道具が“アイライナー”でしょう。しかし実際はマスカラの滲みが、下まぶたを真っ黒にしていることが多いです。

けれどもウォータープルーフのマスカラを使っていても、滲んでしまうのはなぜでしょう? その理由のひとつとして、化粧水や乳液の成分がまつげに付いたまま、マスカラを塗っていることが考えられます。

メイクをする前には、きちんと余分な油分をオフした状態でマスカラを塗りましょう。また、その後にトップコートなどでマスカラをコーティングするのもオススメ。

 

時間が経つにつれてドロドロ崩れていくメイクに、男性もドン引き……。そんなことがないよう、参考にしてみてください!

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【画像】

元の記事を表示