「あの女優さんみたいな顔だったらな…」なんて鏡をみながらため息をついたことがある人もいるのではないでしょうか。でも、女性にはメイクという武器があります! ちょっとしたメイクの工夫で、なりたい顔には近づけるもの。そこで今回は過去のLBRの記事の中から、コンプレックス解消のためのメイク術をまとめてご紹介します。さっそく今日から実践して、なりたい顔をめざしましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■5mmが勝負!美人の条件「鼻と唇の距離」を縮めるメイク術

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

目が大きい、顔が小さいなどの美人の条件に加えて、「鼻と唇の距離」というのも大事な条件となっています。そこで、最初に美人の条件である「鼻と唇の距離」を縮めるメイク術をご紹介していきます。

ポイント1:アイブローペンシルで、目と眉毛の間を詰めてみよう

アイブローペンシルで、眉毛の下側を足していきましょう。眉毛の真ん中から眉尻にかけて描いた後、眉頭まではなるべく目に近づいていくように、一本ずつチェックしながら描いていきます。1mm近づけるだけでも、印象がだいぶ変わってきますよ。

ポイント2:鼻と唇の位置関係を見直そう

鼻と口が近いと、可愛らしい雰囲気になれます。そこで口紅を塗るときに、リップペンシルを使ってオーバーリップ気味に描いて、その内側を塗っていきましょう。ツヤ感が増すグロスを重ね塗りするのも良いです。光が集まる事で唇がプクッと立体的に見え、鼻と口が近く見える効果があります。メイクのポイントを押さえて、モテ顔にチェンジしましょう。

■団子鼻も鼻ぺちゃも解決! 美人度をアップさせる鼻メイク

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

目元のメイクにこだわる人は多いものの、鼻のメイクにこだわっている人はあまりいません。そこで、もっと美人になれる鼻メイクをご紹介します。

・小鼻が大きい、おだんご鼻タイプのあなたへ

小鼻がボンっと大きく見えるのは、小鼻の線が赤く影になり食い込んで見えるため、存在が強くなる事が原因です。鼻の大きさにコンプレックスを抱える人は、コンシーラーで赤みを消しましょう。目立っていた小鼻の印象が弱くなりますよ。

・鼻が低いタイプのあなたへ

鼻が低い人は、ベージュのハイライトを使いましょう。これを眉毛の間から、鼻のてっぺんの手前まで付けて、あとは指の腹で優しく馴染ませるようにしてください。ベージュにすることで肌馴染みがよく、ナチュラルな鼻美人になることが出来ます。

・鼻筋が広く、鼻が大きいあなたへ

鼻筋が広く、大きいとコンプレックスを抱く人は、シェーディングを入れていきましょう。方法は、とても簡単です! 眉頭を描いたアイブロウペンシルやパウダーを、薄く鼻筋の外側に伸ばしていくのです。ハイライトとシェーディングをダブルで入れると、凹凸のない顔からも卒業できるはずです!

■奥二重さんをぱっちり目に!愛されるアイメイクテクニック3つ

・アイシャドーはアーモンド型にしよう

奥二重さんの目をぱっちりさせるには、目に縦幅を出すことが大切です。目頭・目尻はアイシャドーの幅を狭めにして下さい。また、黒目の上あたりは幅を広めに取りながらアーモンド型をイメージして、アイシャドーを入れていきましょう。こうすることで目を開けた時に目が縦に大きく見えるのです。

・リキッドアイライン+濃いアイシャドーがイイ!

リキッドアイライン+濃いアイシャドーが、パッチリとした目を作ります。その時に、リキッドアイライナーとアイシャドウの境界線をぼかすようになぞりましょう。これによって、目元の印象を強めつつも、柔らかな印象もプラスしてくれます。

・スッキリまぶたは、アイホールの隠し陰影!

スッキリまぶたを作るために、明るめのブラウンシャドーをまぶたのくぼみの部分に隠しシャドーを塗っていきましょう。ポイントは影として入れるので、キラキラとしたパール素材などが入っていない、マットなタイプを選ぶようにすることです。

いかがでしたか? 今回は、メイクでコンプレックスを解消する方法をご紹介しました。美しくなりたいと心の中で思っているだけではなく、きちんと行動にうつしましょう。そうすれば、もっと綺麗になれるはずです!

(LBR編集部)

団子鼻も鼻ぺちゃも解決! 美人度をアップさせる鼻メイク
奥二重さんをぱっちり目に!愛されるアイメイクテクニック3つ

毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選

元の記事を表示