色と形に注目!太ってみえないボーダートップスの着やせ術

ボーダー柄は太って見えるといわれがち。最近では、定番アイテムの殿堂入りをしていることもあって、様々なボーダーカットソーがありますが、中でもどういうものを選べばスタイリッシュに見えるのでしょうか。

今回はファッションコラムニストの筆者が、ボーダーカットソーの着やせ術を紹介します。

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

1:地の色が暗いボーダートップスを選ぶ

ボーダーカットソーといえば、白地に黒or紺のボーダーをイメージしますよね。そしてそのイメージ通りのアイテムは今やどこのお店に行っても大抵は見つかります。

頭の中にそのイメージが出来ていれば、何の気なしにその色を選んでしまう所ですが、着太りを心配するなら断然、地の色が黒or紺で、ボーダーが白のカットソーを選ぶのがオススメ。全体として見える地の色が暗い方が締め色にはなるので着やせ効果が高いです。

2:スカートはペンシルタイプを

パンツは太って見えそうだから、スカートを……。と消去法で選びがちですが、スカートもギャザーやフレアータイプはモノによって太って見える場合がありますのでご注意を! 

まず、失敗しないボーダーカットソーに似合うスカートはペンシルスカートです。タイトスカートだと、お尻や太もものラインを拾ってしまいピチピチしてみえますが、ペンシルスカートは程よいゆとりがあり、縦長に面積が広いので太りやすいボーダーの印象を打ち消すのです。

3:ロングカーデで縦ラインを強調

ロングカーディガンは着やせ効果抜群のアイテム! ボーダーの見える面積を少なくさせてくれるので気になる二の腕や脇腹部分をカーディガンでカバー。

コーデの前部分に縦のラインが出来るので、スキニーパンツを合わせても体型に響かないのが嬉しいところ! さらにニットキャップやおしゃれメガネなどで、注目される視線の位置を高めにすると着やせ効果が高くなります。

■ボーダーを安心して着れるように♡

ボーダーは太って見えるから着ない。確かに他のアイテムより太って見えやすいですが、それが理由で着るのを諦めたり避けたりすることはおしゃれの幅を狭くしてしまうので勿体ない! 

組み合わせ次第でカバー出来る部分はカバーして、賢く、どんなお洋服でも着こなしがサマになる女性を目指してみてはいかが?

(ファッションコラムニスト・角 侑子)

伊達メガネ大流行中!顔のライン別「似合うメガネのタイプ」6つ

今年トレンド!30代40代向け大人ダウンコートの選び方
オフショルニットを着ても安心!真冬のあったかインナー3選
寒〜い冬の雨の日に◎防寒防水できておしゃれな旬アイテム
スヌード、マフラー、ストール…今年マストな巻き物の選び方
今さら聞けない!今年トレンドファッション用語解説

元の記事を表示