日本すっぴん協会の会長であり、注目度No.1の若手美容家、岡本静香さんが『ふつうに過ごすだけでキラキラ変身していく』を出版されたので取材させて頂きました! 第2回目は、岡本さんのポーチの中身について。
なんと、岡本さんがこの日持っていたコスメはたったの4つ! ここにも岡本さんならではの美容メソッドがありましたよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ 今日持っているコスメを見せてください!

 – 著書の中で「コスメポーチは羽のように軽く」と書かれていますが、なぜでしょう?

岡本さん:カバンが重たいと、家に帰る時にはぐったりしてしまって…。夜まで疲れずに気持ちよく過ごすにはどうしたらいいのかな? と考えたときに、カバンやポーチを軽くしようと思いました。

– 夜まで気持ちよく過ごせる量のコスメを厳選しているんですね! ちなみに、今日持っているコスメを見せてもらえますか?

岡本さん:今日はポーチも持っていないくらい、少ないですよ(笑)。

<コスメリスト>

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

(反時計回りに)

・アイブロウ クリエイティブパレット/イプサ

・マットシフォン リップス03/ジルスチュアート

・Atodem Lips Moisturising Stick/BIODERMA

・コントロールパウダー/イプサ

– これだけなんですね! 持ち歩くコスメはどう厳選していますか?

岡本さん:唇は話す度によく動くし、乾燥しやすいところなので、リップアイテムはマストですね。

大人になるとくすんでくるパーツでもあるので、明るい色のグロスやルージュも持ち歩いています。唇に明るい色をのせると、コンシーラを重ねるよりも顔の印象が明るくなりますよ。

顔の中で、メイクが落ちていると一番気になるのは眉毛。眉毛が消えてしまうと、目もとがバッチリでも全体のバランスが悪くなってしまうので、アイブロウアイテムも必ず持ち歩きます。

パウダーは肌のテカリを抑えるために。ハイライト効果があって、肌のトーンが明るくなるものにしています。

これらに加えて、ペンシルのアイライナーがあるとより目元がハッキリします。リキッドアイライナーは一気に目元がはっきりとするので、他のパーツも綺麗にメイク直した方がバランスが良いです。
なので、少しのステップでお直しをするには、ペンシルがオススメです。

全てに共通していることは“1つ1つのアイテムが軽い”ことです。

– (実際に4つ持ってみる)本当だ、軽い! この4つがあればメイク直しは十分ですね。

岡本さん:あと“元気に見える”というものコスメを選ぶうえで、大切な基準にしています。
電車のライトって疲れてないのにどんよりして見えますよね。その顔を見ると気分まで落ち込んできませんか?

– はい、わかります…。うわぁ〜わたし今こんな顔をしているんだ…って(笑)。

岡本さん:反対に、鏡に映った顔が元気そうであれば、元気をもらえるんですよね。だから元気な顔に戻れるコスメ、ハイライトや明るい色のリップなどを選んで持ち歩くようにしています。

著書の中には今回お話し頂いたような、少しの工夫で、心地よく美しくなれるヒントがたくさんありますよ。みなさんも一度、当たり前にしている毎日のケアや行動を振り返ってみてはいかがでしょうか?

(LBR編集部)

美人臨床心理士に聞いた!できる・モテる女性の会話術

ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

【参考】
※ふつうに過ごすだけでキラキラ変身していく – 岡本静香

元の記事を表示