誰でも北川景子に!きっちりデカ目でも「ケバくならない」メイク術

493709504-20170309163821

ナチュラルメイクや、ノーラインのアイメイクが流行している中、いつでもきちんとメイクをしている印象の北川景子。キリッとしたデカ目は、つい見とれてしまうほど美しいですよね。

しかし、“きっちりメイク”と“ケバメイク”は紙一重……。すべてのメイクを濃くするのではなく、ポイントをおさえる必要があります。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、きっちりメイクの北川景子風メイクポイント5つをご紹介します。

 

■1:アイシャドウで目元を引き締める

メイクはしっかりが基本の北川景子。特にアイメイクは、フルで行いましょう。

淡いブラウンやゴールドのアイシャドウをアイホール全体に、目尻にいくにつれ幅広く塗っていきます(下画像の黄色い線を参照)。続いて、濃いブラウンを二重幅と下まぶたの目尻から、黒目の外側まで塗りましょう。

このとき、上まぶた目尻と下まぶた目尻がつながる粘膜の部分を“くの字”に埋めていきます(上画像オレンジの線を参照)。

 

■2:アイラインでキリッとつり目に

普段アイラインを引かない方も、ペンシルとリキッドの二本使いでしっかりと引いていきましょう。

まずは、まぶたを上に持ち上げ、黒のペンシルで目頭からまつ毛のすき間を埋めていきます。目尻まできたら、指や綿棒で線を軽くぼかしましょう。

目尻から先はリキッドを使用します。北川景子の目元は、キリッとしたつり目タイプなので、目尻から1~2mm跳ね上げ、キャットアイに仕上げます。

左右のハネがブレてしまう方は、目を開けて鏡を見ながら確認するとうまくいきますよ。

 

■3:しっかりビューラーでファサファサまつ毛

近年では、ビューラーもあまり使わず、ナチュラル志向のまつ毛の方が多いですが……北川景子のようなデカ目を目指すのであればしっかりと上げていく必要があります。

ビューラーで根元からまつ毛をつかみ、キュッと3回挟みましょう。少しずらして真ん中、毛先と、まつ毛を扇状に広げるイメージでガッツリ上げていきます。

マスカラは、カールをしっかりキープするウォータープルーフのものを使ってください。ダマにならないように根元から塗っていきましょう。下まつ毛は、フィルムタイプのものでも大丈夫です。

 

■4:眉毛は華奢に

時代によってコロコロと流行りが変わる眉ですが、北川景子は一貫して華奢な眉毛です。

黒目の外側まではまっすぐ上昇させ、目尻にいくにつれナチュラルなカーブを描くように、山をつくりましょう。

自眉毛に長さがある方はカットをし、眉マスカラを使って少し明るくするのが北川景子風です。

自分に似合う眉の太さがイマイチわからない場合は、目の縦幅の1/3~半分までにおさめるのがベター。左右の下のラインがずれないよう、鏡を離して確認しながら少しずつ整えてみてください。

 

■5:チークとリップはあくまで控えめ

ここまで“きっちりアイメイク”をご紹介してきましたが、北川景子のメイクは、血色の役割をするチークとリップを控えめにしているのが大きなポイントです。確かに、アイメイクをしっかりキメている分、他の部分までメイクを濃くしてしまうと一気にケバい印象になりますよね。

とはいえ、ノーチーク&ノーリップは顔色が悪く見えてしまうためNG。ピンクベージュやコーラルピンクなど、ナチュラルかつ肌馴染みのいい色味を使って顔に血色をプラスしましょう。

 

以上、北川景子のメイクポイントをご紹介しました。強調したいパーツは濃いめにしっかりと、メイクにメリハリをつけてバランスをうまくとっています。このメイク法は、ナチュラルメイクが自分の顔にしっくりこない方にもおすすめですよ。

 

【おすすめ記事(PR)】