逆に息がクサくなる!? 4千人に聞いた「口臭対策」10位のNGケアは

話している相手の口からプ~ンとイヤな臭いがしてきたら……異性であれ同性であれ、幻滅しちゃったり、エチケットがないと思ってしまいますよね。

そんな口臭について、自分自身もまわりに不快な思いをさせないようにしっかり対策を立てていますか?

今回は、インターワイヤード株式会社が全国の男女4,099人を対象に行った、口臭ケアに関する調査の結果をご紹介します。

口臭が気になる人は8割

同調査では、「口臭が気になりますか?」という問いに対して、「自分の口臭が気になる」と答えた人は74.0%、異性の口臭については79.2%、同性の口臭は80.6%となり、全体の約8割が自分やまわりの口臭を気にしている現状が明らかとなりました。

口臭にまつわるエピソードとしては

・「話し相手の息が臭いときに息を止めていたので死にそうになった」(50代男性)

・「家族に口が臭いよと言ったら、反対にあなたも臭いと言われた」(70代男性)

といった悲しい経験談もたくさん寄せられました。

口臭ケア対策ランキングTOP10

次に、同調査から口臭ケアとしてみんながやっていることをランキング形式でご紹介します。自分がまだ行っていないことはないか、チェックしてみましょう。

10位:緑茶を飲む

9位:コーヒーを飲む

8位:舌の苔を落とす

7位:ミント・清涼菓子を食べる

6位:水分を取る

5位:デンタルフロスや歯間ブラシで清掃する

4位:ガムを噛む

3位:マウスウォッシュを使う

2位:口の中を水でゆすぐ

1位:歯を磨く

男女ともに最も多くの人がおこなっているのが、「歯を磨く」でした。

もし外出先などで歯ブラシを持ち合わせていない場合、有効なのが、2位の「口を水でゆすぐ」や6位の「水分を取る」でしょう。口の中が乾いていると臭いの元となる雑菌が増えやすいため、水分を取ることは緊急時の対策になります。

また5位の「デンタルフロス、歯間ブラシ」については、口内の食べカスを取り除くという意味で、歯磨きと合わせておこなうとより良いでしょう。

口臭をひどくさせる要注意食材

ただ同調査の回答で気になったのが、口臭ケアとして「コーヒーを飲む」と回答した人が、男性で16.7%、女性で10.6%いたことです。

香りの強い飲み物だから臭いが消されるというイメージがあるのかもしれません。しかし、コーヒーはコーヒー豆の微粒子が舌に付着したり、口内が酸性になって唾液の分泌が抑えられてしまうため、逆に臭いがきつくなりやすいのです。

コーヒーと同じように、実は口臭の元となってしまう食材が他にもあります。詳しくは『美レンジャー』の過去記事「えっ…コーヒーで口臭?実は“ニオイの原因になる”意外食材&予防法」で紹介していますので、間違った思い込みで口臭を悪化させていないかチェックしてみてください。

口臭ケアには色々とありますが、まずは毎日の地道なお手入れがあってこそ。周囲の人に「くさっ」と思われないように、日常の口内ケアの見直しや強化を考えてみてはいかがでしょうか。

元の記事を表示