里田まいさんも4年ほど通われていたという、超人気料理教室「広尾料理倶楽部」。その主催者である松村和夏さんが、この度初のレシピ本「旦那さんごはん – 食卓から家族のパフォーマンスを支える」を出版されたので、取材をさせていただきました!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

松村さんの考案するレシピは、簡単で華やかなだけでなく、ヘルシーでおいしいと大好評。今回は、みなさんが苦戦しているであろう「栄養バランスの摂れた食事」を作るコツを教えていただきましたよ!

■旦那さんごはんは「毎日作るもの」

– 「旦那さんごはん」と、彼や友人に作るご飯との違いはなんですか?

松村さん:「毎日作るもの」であるということですね。彼と同棲していれば別ですが、彼や友人に毎日食事は作りませんよね。たまに作るのであれば、見た目のおしゃれさや華やかさなどが優先となります。
でも旦那さんとなると、毎日の食卓にだす料理は身体の基盤となるものなので、見た目のおしゃれよりも、栄養バランスが優先になりますね。

– 昔から「男性を落とすためには胃袋を掴め!」といいますが、なぜでしょうか。

松村さん:食べることが嫌いな人ってほとんどいないと思うんです。ご飯が美味しいと旦那さまが家にきちんと帰ってくるという話もよく聞きますしね。
ただ「バランスの良い食事が大事!」と、野菜を無理やり食べさせる方も多いのですが、食事は楽しい時間であるべきなので、いやいや食べさせるのではなく、旦那さまの好みなどを考えて、美味しく楽しく食べさせてあげることが大切だと思います。

■彩りを整えれば栄養バランスも整う

 – でも、栄養バランスを考えて料理をするのはすごく難しいのですが…何かコツはありますか?

松村さん:そうですね、最初の頃は栄養バランスを考えて料理を組み合わせていくのってすごく難しいと思います。
でも、服とかとすごく似ていて。全身茶色のコーディネートって地味でバランスが悪いですよね。でもそこに、赤のストールや黄色の靴をプラスすると、全体がパッと華やかになりませんか?

 – はい、確かにそうですね!

松村さん:お料理も同じで、お肉だけでは茶色一色でバランスが悪い。でもそこにパプリカの赤やキャベツの緑をちょっと加えて、全体の彩りをよくしてあげるんです。そうすると、必然的に栄養バランスも整いますよ。

 – お料理の彩りが良くなる=栄養バランスがとれる、ということですか?

松村さん:はい。パプリカやニンジンなど、色の濃い野菜は栄養素が濃いので、たくさん摂る必要はありません。地味なお肉やご飯がどかんとあったら、サラダを献立に加えてください。サラダはキャベツをベースに、ちょこちょこっとブロッコリーやパプリカなどの色どりを加えてあげればOKです。地味な服に色を足していくように、お料理に色を足していくと、結果、栄養バランスがよくなりますよ。

■栄養バランスを整える調理法「五法」

松村さん:栄養バランスをとるためには「五法」もとても大切です。

 – 生・煮る・焼く・揚げる・蒸すという5つの調理法のことですね。

松村さん:例えば、ニンジンに含まれるビタミンAは油で炒めると増えるのですが、反対に熱に弱いビタミンCは減ってしまいます。生でニンジンを食べればビタミンCは豊富に摂れますが、ビタミンAは炒めたときよりは摂取できません。
調理の仕方で摂れる栄養素も変わるので、焼く・煮る・蒸す…さまざまな調理法で作った食事が食卓に並ぶといいですね。

松村さんのレシピ本「旦那さんごはん- 食卓から家族のパフォーマンスを支える」には、今日ご紹介したような栄養バランスを整えるためのポイントや、和・洋・中の万能だれなどが紹介されていて読みごたえ抜群ですよ! ぜひチェックしてみてくださいね。

(LBR編集部)

【参考】
※松村和夏 – 広尾料理倶楽部(取材協力)
※旦那さんごはん – 食卓から家族のパフォーマンスを支える

痩せたいならコレ!美容家が本当に毎日食べている美腸フード5つ

NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方
ダイエット・美髪に◎!欧米で話題「アマランサス」の食べ方
お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

元の記事を表示