風邪かな?と思ったら「すぐに」飲みたい飲みもの3つ

「なんとなく風邪っぽい」「熱があるかも」という時は、ゆっくり休むのが一番です。けれど、休めない日もありますよね。明日は絶対に休めない……という時には、「エキナセア」と「生姜はちみつ」、そして「葛根湯」を飲んでみましょう。免疫力を高め、熱を下げる働きが期待できますよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■風邪対策に飲みたい飲みもの3つ

(1)エキナセアルート

東洋医学の漢方のように、西洋では薬効のある植物を「メディカルハーブ」と呼び、身体のケアに用いてきた歴史があります。エキナセアは、免疫力を高める働きや抗ウイルス作用があって、風邪やインフルエンザの予防に役立つハーブといわれています。

とくに、根の部分の薬効が高いため、「風邪っぽい」と感じた時には、エキナセアルート(エキナセアの根)のハーブティーを飲んでみましょう。エキナセアは、風邪やインフルエンザのひき始めに効果があると言われていますから、気になったらすぐ飲むことが大切です。

(2)生姜はちみつ

東洋医学では、生の生姜(ショウガ)は、生姜(しょうきょう)と呼ばれ、身体の中に溜まった余分な熱を発汗によって体外に放出する働きのある食べものとされています。ですから、微熱を感じている時には、生の生姜がおすすめです。

10g程度の生の生姜をすりおろしたものを、お湯やホットミルク、豆乳に混ぜ、はちみつを加えて飲みましょう。はちみつは、抗菌作用や喉を潤す働きがあります。すぐに身体が温まってきますから、冷えないうちにベットに入りましょう。

(3)葛根湯

葛根湯は風邪に効果があることで有名ですが、本格的に風邪をひいてしまってからではあまり効果が期待できません。「あやしいな、風邪をひきそうだな」と思ったらすぐに飲みましょう。

生姜と同じように、身体の中に溜まった余分な熱を体外に排出する働きや体表の血流を高める働きがあるため、風邪による身体の痛みにも効果があるとされています。

寒さと乾燥が強くなるこれからの季節は、風邪やインフルエンザが流行する季節です。ご紹介した飲みものを常備して、「風邪かな?」と思ったらすぐに対応して、元気に冬を乗り切りたいですね。

(岩田 麻奈未)

風邪かも?と思ったらいち早く摂りたいビタミン3つ
3ヶ月で−4kgも叶う!?「食事の前に飲むべきもの」3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

【参考】
成分情報 エキナセア – わかさ生活