食べ過ぎてしまった週末に!デトックススープのレシピ4つ

外食が続くと、便秘がちになったり、お肌が荒れてしまったり、なんとなく身体がスッキリしない……ということはありませんか? そんな時は、週末を利用して胃腸を休めることがおすすめです。今回は、自宅で簡単に作ることができるデトックススープレシピを3つご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■お家で簡単!デトックススープレシピ 4つ

食べごたえもバッチリ「大麦とワカメのスープ」

[材料]
大麦:15g
ワカメ:たっぷり入れてOK
和風出汁:300cc
塩・コショウ

[作り方]
1.大麦を柔らかくなるまで茹でます。
2.和風出汁にワカメと大麦を入れ、ワカメがトロトロになるまで煮込みます。
3.塩・コショウで味を調えて出来上がり。

●デトックスなポイント
大麦や海藻は、善玉菌の大好物「水溶性食物繊維」の宝庫。水溶性食物繊維には、老廃物や有害物質を吸着して排出する働きもあり、デトックスには欠かせない成分です。

腸を元気に「丸ごと玉ねぎスープ」

[材料]
玉ねぎ:1個
コンソメ:適量
オリーブオイル:小さじ1程度

[作り方]
玉ねぎの皮を剥き、コンソメで玉ねぎが柔らかくなるまで煮込み、塩・コショウで味を調え、オリーブオイルを加えて出来上がり。

●デトックスなポイント
玉ねぎには、善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維と「オリゴ糖」が含まれています。また、オリーブオイルの主成分「オレイン酸」は、腸のぜん動運動を促す働きがあると言われています。

ほっこり温まる「サツマイモとアーモンドミルクのポタージュ」

[材料]
さつまいも:100g
アーモンドミルク:300cc
シナモン:適量

[作り方]
1.サツマイモは、よく洗って蒸かします。
2.サツマイモとアーモンドミルクをミキサーにかけ、鍋に移して温めます。
3.仕上げにシナモンを振りかけて出来上がり。

●デトックスなポイント
食物繊維が豊富なことで知られるサツマイモですが、実はビタミンCも豊富。「でん粉」に守られているため、加熱に強いのも特徴です。ビタミンCは、腸内でガスを発生させ腸のぜん動運動を促す働きがあり、食物繊維とともに腸の動きをサポートします。

スイーツ代わりにも「豆乳とイチジクのポタージュ」

[材料]
セミドライイチジク:2個
豆乳:250cc
ガラムマサラ:適量

[作り方]
1.セミドライいちじくを細かく刻み、1時間程度豆乳に漬けておきます。
2.1をミキサーにかけてなめらかにし、鍋に入れて温めます。
3.仕上げにシナモンを振りかけて出来上がり。

●デトックスなポイント
イチジクも、食物繊維が豊富なフルーツ。ガラムマサラに使われているスパイスは、胃腸を温め、消化不良やお腹に溜まったガスを排出する働きがあるものが含まれていて、便秘解消にも◎

食べ過ぎてしまった……と感じたら、週末の1日をスープで過ごしてデトックスしてみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未)

こたつで至福の時間を!キレイになれるアイスのトッピング3つ

ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ