香りの力でツラさ激減!「花粉症対策」に2種のアロマ活用法

日本気象協会が発表した「2016年春の花粉飛散予測(第3報)」によると、関東地方のスギ花粉の飛散開始は例年より早く、3月上旬にはピークを迎えるとのこと。花粉症の皆さん、対策はバッチリですか?

「何か手軽にできる対策はないか」「薬には頼りたくない」という方は、アロマスプレーを使ってみるのもいいかも。

ここでは、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が、花粉症のツラさを和らげるアロマスプレーの作り方をご紹介していきたいと思います。

 

■1:ティートリーのアロマスプレー

【ティートリーの特徴】

細菌やウイルスを抑制する作用をもつ“天然の消毒薬”ティートリー。花粉のようなアレルギー物質によって発生する“ヒスタミン”を抑制するのにも役立ちます。

ただし、肌への刺激が強いので、使用量には気を付けましょう。

【ティートリーのアロマスプレー材料】(30ml)

・ティートリーのアロマ精油・・・5〜6滴

・精製水・・・25ml

・無水エタノール・・・5ml

 

■2:ペパーミントのアロマスプレー

【ペパーミントの特徴】

ペパーミントの清涼感のある香りは、鼻づまりによるイライラを抑えたり、気持ちを鎮めたりするのに役立ちます。

ペパーミントも肌への刺激が強いので、使用量には要注意。妊娠中の方は、使用を控えましょう。

【ペパーミントのアロマスプレー材料】(30ml)

・ペパーミントのアロマ精油・・・5〜6滴

・精油水・・・25ml

・無水エタノール・・・5ml

 

アロマスプレーは、ビーカーに材料を入れてガラス棒で混ぜ、それをスプレー容器に移すだけで簡単に完成します。

部屋の中やデスク周りなどの空間にスプレーしたり、ハンカチにスプレーしたりして活用してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】