馬ヅラとは言わせない!顔がギュッと縮む「面長さん用ヘアメイク術」

目と目の距離が近くて面長な、いわゆる“馬面”フェイス。「顔の長さが目立たない服を選んでしまう」、「童顔に見られやすい丸顔と違い、年齢も上に見られがち」など、“輪郭は個性”とはわかっていても……やはりコンプレックスに感じてしまうことがありますよね。

そこで今回は美容ライターとして活動する筆者が、面長の輪郭が気にならなくなるヘアメイクをご紹介します。

 

■1:アイメイクは下まぶたが勝負

面長さんは、目から下を短く見せるのがポイント。上まぶたを濃くしてしまうと顔下の余白が目立ってしまうため、下まぶたのメイクに工夫をしましょう。

まずは、上まぶたにブラウンのアイシャドウでグラデーションをつくります。それから、ジェルライナーでアイラインを引きましょう。

続いて、下まぶたの目尻少し外側から、1/3までブラウンのシャドウを引き、目の縦幅を広げます。

今度は、ベージュやピンク、オレンジなどの淡い膨張色のアイシャドウに変え、ブラウンアイシャドウの続きから涙袋をなぞりましょう。下まぶたにもマスカラをたっぷりと塗ったら完成です。

 

■2:チークも重要なポイント

顔の中心に色をのせるチークは、入れ方を間違ってしまうと輪郭を強調してしまいまう可能性があります。面長さんの場合は、ほてりチークのような目下の高い位置に入れるチークはNG。

頬の一番高い位置よりほんの少し下、黒目の下と耳たぶを結んだ高さを目安に“横長”に入れます(下画像参照)。顔の中心から横に入れることで、輪郭の長さが分散されるでしょう。

■3:シャドウでギュッ!

小顔に見せるコスメとして有能なシャドウを、すべてのメイクが完成した後に使います。

ファンデーションより2トーンほど濃い色のシャドウ(ファンデーションでも可)を、上画像のように、アゴ先に塗りましょう。アゴヒゲの男性が小顔に見えるように、顔の気になる部分に影を落とすことで輪郭がシャープに見えます。

太く入れすぎてしまうと効果が薄れてしまうため、輪郭に沿って入れていくのがコツです。

 

■4:前髪にもこだわりを

顔の印象を大きく変える前髪は、顔の輪郭にも大きく影響をします。面長さんの場合、センター分けは避けるべきです! 上画像左のように顔のセンターがあらわになることで“縦”の印象が強くなってしまいます。

前髪が長い方は、9:1に分けサイドに寄せましょう(上画像真ん中を参照)。顔の半分が隠れ小顔効果&縦幅を短く見せる効果があります。

前髪が短い方は、眉下の長さに収めるベター。オンザ眉の長さにしてしまうと余計に顔の長さが強調されてしまうため、避けた方がいいでしょう(上画像右を参照)。

 

以上、面長さんのへアメイクポイント4つでした。顔の輪郭は個性であり、魅力です。「それでもやっぱり気になる!」という方は、上記のヘアメイクを参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】