黒タイツ女…卒業!冬コーデに「3色のカラタイ」投入で春を先取り

黒タイツよりも、ネイビーやグレーのタイツで足元をシックに飾る女性を多くみかけるようになりました。シックな渋色タイツもよいのですが、春はもうそこ。せっかくだから、もうちょっと冒険して春らしいカラータイツに挑戦してみませんか?

そこで今回はファッションライターである筆者が、冬コーデに投入して春っぽくきまるカラータイツを3色ご紹介します。

 

■1:ハンサム女子に、白タイツ!?

オールブラックコーデのときにトライしたいのが、白タイツ。

難しい色ですが、ブラックパンツとブラックシューズの間に“白”を入れると、ちょうどよい抜け感が出るんです。白ソックスのかわりに、黒いパンツと黒いおやじ靴の間に白いタイツをはくとマニッシュに。

脚に自信がある方は、黒のミニワンピにして白タイツの脚をばっちり見せるのもアリ。スタイルに自信がある方は、白のスカートに白タイツに白スニーカー、オールホワイトできめるのも可愛いですね。

脚に自信がない方は、黒いミモレ丈やロング丈といった脚が隠れる長さのスカートと黒いシューズの間に白タイツを覗かせて。白タイツをはいても脚の太さを強調させません。シューズは今季トレンドの厚底シューズを合わせるとモードに。

白タイツを大人っぽくはきこなすポイントは、モノトーンコーデに徹すること。白いトップスに白タイツを持ってくるか、オールブラックに白タイツを覗かせるかすると外しません。モノトーンのドット柄のトップスやボトムスにも白タイツはぴったり。

 

■2:ミッドナイトブルーで爽やかに!

ビビッドなブルーカラーのタイツは幼くみえがちなのですが、少し落ち着いたネイビーに近いミッドナイトブルーのタイツは、意外にオトナっぽく仕上がります。

特にスカートとタイツの両方を深いブルーにすると、すがすがしい艶っぽさが。トップスとシューズを白にすると、ほっこりとした暖かさときりっとした爽やかさが、絶妙バランスに!

 

■3:マスタードで大人かわいく!

イエローを身に付けるとなぜか元気一杯になりますよね。カラータイツにもぜひイエローを取り入れてみて。コーデのしやすいマスタード色がオススメ。

ブラックワンピと合わせてもキュートですが、マスタードカラーはグレーと相性がよい色。グレーのワンピースやプリーツスカートに取り入れるとちょっとオトナ可愛い印象になりますよ。

 

カラータイツを取り入れたいと考えている方は、まずは、白、ミッドナイトブルー、マスタードにトライしてみて!

 

【おすすめ記事(PR)】