1日3回はしたい!生理前の「イライラがスッと落ち着く」色彩呼吸法

生理が近くなると、意味もなくイライラ。つい彼にキツくあたって、ケンカになるなんてことも……。

でも、それは女性ならば誰でも起こりうる生理前症候群(PMS)の症状の一つです。

今回は、ユニ・チャームの『生理のお悩み相談室』を参考に、そんなイライラを救う“色彩呼吸法”について紹介します。

 

■色彩呼吸法って何?

色彩呼吸法を一言で説明すると、ピンク色や黄色など、自分が優しい気持ちになれる色をイメージしながら深呼吸をするというもの。

色という“視覚からの刺激”は、脳に伝わり、ホルモン分泌の状態を変え、体の様々な器官に影響を与えるのだそう。実際に目にしていなくても、脳が記憶している“色”をしっかりイメージすることで、心身ともによい影響をもたらすのです。

さらに、深呼吸には全身の血液循環をよくして、老廃物を排出するよう促すデトックス効果があります。

色による心理的効果と深呼吸の二つを組み合わせることで、心を穏やかに整えてくれるというのが色彩呼吸法なんです。

 

■色彩呼吸法のやり方

色彩呼吸法のやり方はいたって簡単です。心が落ち着く色を頭の中でイメージしながら、できれば目を閉じたままゆっくりと2~3回深呼吸します。

色にはそれぞれ、共通して抱きやすいイメージがあり、以下のような心理効果が期待できるといわれています。イメージする色は、下記を参考に好きな色を想像してみましょう。

ピンク・・・アンチエイジング、幸福感アップ

イエロー・・・やる気アップ

ホワイト・・・気持ちのリセット

オレンジ・・・明るくあたたかな気持ち

グリーン・・・体の疲れを癒す

ブルー・・・クールダウン

できれば朝と昼、さらに寝る前の1日3回行うようにしてみましょう。

 

「緊張したときや心を落ち着かせたいときは深呼吸しましょう」と昔からいわれていますが、ただ深呼吸するよりも色をイメージするという行為を一つプラスするだけで、その効果がぐっと高まるかもしれませんよ。

PMSだけではなくても、嫌なことが起きてイライラしたときは、トイレなどでこの色彩呼吸法をこっそり行ってみてはいかがでしょうか。心がスッと落ち着くかもしれません。

 

【おすすめ記事(PR)】