2位は安室奈美恵!女も憧れる「くびれ美人」1位のへそ出し女優とは

117534027-20170224155435

キュッとくびれたウエストは、男性だけでなく同性でもうっとりしてしまいますよね。「私もあんな風にくびれたら……」と、憧れるのではないでしょうか。

そこで『美レンジャー』は、20~40代の女性500名に「くびれ美人だと思う芸能人は誰ですか?」というアンケート調査を実施。今回はアンケート結果と合わせて、くびれをつくる方法をご紹介したいと思います。

 

■憧れのくびれを持つ芸能人ベスト5

5位・・・熊田曜子(8.0%)

4位・・・小嶋陽菜(8.6%)

3位・・・沢尻エリカ(9.8%)

2位・・・安室奈美恵(10.2%)

1位・・・菜々緒(17.4%)

断トツだったのが菜々緒です! インスタグラムではへそ出しコーデや水着姿をたびたび公開しており、その美しいくびれを披露しています。

最近、7月公開の映画『銀魂』(ワーナー・ブラザーズ)で演じる来島また子の“へそ出し”衣装のビジュアルが公開されましたが、ネットでは「実写でまた子を演じるなら菜々緒以外にいない!」、「完成度高すぎ!」、「完全に再現してる!」などと原作ファンにも賞賛されています。

2位の安室奈美恵も“くびれの代名詞”といえるでしょう。へそ出しファッションがトレードマークだった10代の頃と変わらぬ美ボディをキープしており、その秘訣が気になります。

沢尻エリカは、3位にランクイン。ただのペタンコお腹ではなくメリハリのあるボディラインをしていて魅力的ですね。

納得のランキングだったのではないでしょうか。

 

■菜々緒のくびれの秘訣は…腹筋トレーニング!

インスタグラムで菜々緒が「自宅でやっている」と紹介していたのが、かなりきつい腹筋トレーニング! やり方は次のとおりです。

(1)カーペットの上ならクリアファイル、フローリングならタオルを用意する

(2)腕立て伏せのポーズで、腕を伸ばした状態をキープ(足の指でクリアファイルまたはタオルを押さえましょう)

(3)腕は伸ばしたままで、クリアファイルまたはタオルを足の指で引きずり、手のひらの方へ近づける

彼女は特にセット数は決めず、その日のコンディションに合わせてやっているそう。筆者もやってみましたが、とてもツラかったです。でも、いち早くくびれが欲しい方は挑戦してみて。

 

■簡単!くびれをつくるヨガ「三角のポーズ」

ヨガインストラクターの資格を持つ筆者がおすすめしたい“くびれエクサ”は、三角のポーズ。菜々緒のやっている腹筋は辛すぎるという方は、こちらを毎日続けてみましょう。

(1)大きく脚を開いて立つ(手首の真下に足首があるくらいが目安です)

(2)左のつま先は正面、右のつま先は真横(90度)に開き、両手を広げる

(3)ゆっくり息を吸いながら、右手で右脚をつたって、膝が曲がらない程度に上体を倒す(左手は天井に向かって伸ばし、目線は天井に向けましょう)

(4)5回呼吸をしたら元の姿勢に戻り、反対側も同様に行う

 

菜々緒が努力を続けていることからもわかるように、くびれは一日や二日では手に入りません! コツコツ続けて、夏までに自信を持ってビキニを着れるスタイルを目指しましょう。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

元の記事を表示