やりすぎでイタすぎ!「いいね」をためらう微妙な写真加工4選

アプリを使って写真を加工するのは当たり前という時代。小顔にデカ目、肌色補正は基本といえるかもしれませんね。「SNSにアップする写真は必ず加工する」という方がほとんどなのではないでしょうか。

しかし、なかには、「加工しすぎじゃない?」と見る人を驚かせる写真も……。下記の項目には注意が必要です。

 

■1:顎を細くしすぎる

小顔機能を使えば、顔のふっくらした部分をシャープに加工することができます。ほんの少しシャープにするくらいであれば自然に仕上がるのですが、どうやら近頃は、顎を細く加工しすぎてしまう方がいるようです。

顎が不自然に尖っていると、加工したことがバレバレになってしまうので、適度な丸みを残しましょう。

 

■2:目の存在感が強すぎる

多くの方が使っているデカ目機能も、やりすぎ注意です。あまりの目の大きさに、「宇宙人みたい」と思われているかも……。

 

■3:顔が白すぎる

肌をきれいに見せるための肌色補正。「白ければ白いほどキレイ」だと思っていると、鼻や輪郭がぼやけてしまい、不自然に。

肌色を飛ばしすぎないようにしたいものです。

 

■4:脚を長くしすぎる

アプリを使えば、脚を細く長く加工することもできます。ただし、やりすぎると背景がグニャッと歪むことも。

脚の細さ・長さだけではなく、背景の変化も見落とさないように。

 

いかがでしたか? キレイに可愛く見せるための写真の加工は、周囲にバレないように行いたいものですね。

 

老けたor若い…判定の場!「同窓会でオバ認定ボディ」を作るNG習慣

久々に集まった同窓会。懐かしい旧友との再会を楽しむ一方で、裏では「老けた」「若い」のジャッジの場でもあります。皆さんも、男性陣が「○○ちゃん可愛かったのに、すっかりオバさんだね……」なんて、ため息をついているのを目撃したことがあるのでは?

まだ私は大丈夫なんて油断していると、一気にガタがくるかもしれませんよ!

そこで今回は、同窓会でも一気に“老け認定”されがちな顔・体を作るNG習慣について、ボディメイクサロン『アンスリウム』の新井さやかさんに、お話を伺ってきました。

 

■1:あくびをする

意外や意外! 新井さんが絶対NGを出すのは“あくび”です。

「口を大きく開けてしまうことで、整えた骨がズレてきてしまいます。あくびをしたくなったら、ガマンして口を閉じたまま、あくびを噛み殺すのがベストですよ」と、新井さん。

 

■2:大食い・早食い

「大きな口を開けるという点では、大食いの方にあるような、食べ物を口いっぱいに詰め込む動作もNG。さらに、早食いはカラダ的にもよくありません。早食いをしてしまうと、肋骨とアンダーが開くので、横から見たラインが分厚く、中年太りのようなオバさん体型の原因となってしまうのです」とのこと。

 

■3:ヒールをよく履く

「美脚のために、あえてヒールを履いた方がいいと思っている方も多いのでは? 意外に多いのが、かかとから着地せず、つま先のみで歩いている方。これでは、後ろの筋肉を使わないので、膝や腰回りに脂肪がつきます。お尻が垂れ、猫背、顔のたるみにも繋がってしまいます」

ヒールを履いたら歩き方に気を付け、いつも以上に念入りなマッサージをしてあげること。また、新井さんのおススメは、ヒールは極力履かずにフラットシューズでかかとから歩くことだそう。

 

■4:体育座り・女の子座り

「体育座りや女の子座りは、骨盤が下に開いていってしまいます。骨盤が開くと、お尻が四角くなる、お尻が垂れるなど、残念なヒップの原因に! また、骨盤底筋が衰えるため、脚がむくみ、太ももが太くなりやすいのです」とのこと。

 

よくやりがちな仕草や動作こそが、オバさん化の原因になっていたとは恐ろしいですよね……。これらの習慣とサヨナラし、オバ化に歯止めをかけて、若々しさを取り戻していきましょう。

 

【取材協力】

※ 新井さやか・・・1人1人に合ったオーダーメイド施術のボディメイクサロン『アンスリウム』副店長。学生の頃から美容に興味を持ち、自ら多くの方を綺麗にしたいと考え、歪みのない根本的な改善を目指してサロンに就職。若々しく健康的な美しさを信念に、骨、筋肉、リンパ、内臓、呼吸の表面と内側から歪みを改善する、即効性と持続力のある技術は多くのファンを持つ。

 

猫背と脚のむくみを同時に解消!お手軽ストレッチ

デスクワークや立ち仕事をしていると、いつの間にか猫背になってしまうだけなく、脚のむくみも気になりますね。そこで、猫背を解消してバストアップ、同時に脚のむくみ改善にも役立つお得なストレッチをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

◼︎美乳も美脚も同時にGET!お手軽ストレッチ

(1)片方の足を一歩後ろに引き、つま先を斜め外向きにします。

IMG_7455

(2)両肘を後ろで組みます。胸をしっかりと張りましょう。

IMG_7456

(3)息を吐きながら上半身を前に倒します。できるだけ腰を開かずに骨盤が床と平行になるようにおこない、自然な呼吸で10秒ほどキープしましょう。背中が丸まってしまうと脚裏のストレッチ効果が半減するので背すじを伸ばして胸を張ります。

IMG_7457

(4)反対側も同様に行います。肩甲骨をしっかりと寄せることで肩が後ろに引っ張られて、バストトップも上がります。後ろからおっぱいを吊り上げるようなイメージです。

また、硬直しがちな脚の裏側にある筋肉をストレッチすることで、むくみの減少やセルライトの予防などの効果が期待できますよ。お試しください。

(MACO)

1日1個で無敵!?肌荒れ防止・美白・風邪予防も叶える「みかん」パワー

みかんのおいしい季節になりましたね! みかんのオレンジ色はカロテノイドの仲間「β-クリプトキサンチン」という成分で、近年とても注目を浴びており、研究が進んでいます。免疫力UPや内臓脂肪の低減など、健康に役立つ働きだけでなく、お肌のターンオーバーを整えて、水分量を増やす働きもあるのだとか! 乾燥が気になるこれからの季節にピッタリのフルーツのようなんです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■風邪も乾燥肌も撃退!?ミカンのビューティーパワー

(1)免疫力がUP

β-クリプトキサンチンは、体内の免疫系を活性化させる働きがあり、その効果は「β-カロテン」の約5倍と言われています。
また、体内で必要に応じて、皮膚や粘膜の健康を保つ「ビタミンA」に変換されますから、喉や鼻など、ウィルスの入ってきやすい場所のケアにも◎。

(2)お肌の水分量がUP

β-クリプトキサンチンを摂ることで、お肌のターンオーバーが促され、角質層がしっかりすることがわかっています。
角質層がしっかりと結びつくことで、皮膚の潤いを保つだけでなく、バリア機能が高まり肌荒れの予防にも期待できます。
さらに、ヒアルロン酸合成酵素を活性化し水分を保つ働きのある「アクアポリン」という器官の数を増やす働きもあり、トリプルの効果でお肌に潤いを与えます。

(3)美白にまで!

カロテノイドには、メラニンの合成を防ぐ働きが他のカロテノイドに比べて非常に強く、既にできてしまったシミの減少にも効果を発揮するそう! 夏の間にできたシミが気になる方は、ぜひミカンを食べてみて!

■どのくらい食べるのが適量?

ミカンを食べ過ぎて、手のひらが黄色くなった経験はありませんか? これは、β-クリプトキサンチンが皮膚にまで達している証拠なのだそうです。 とくに、温州ミカンは含有量が高いため、1日1個で1日に必要な分を摂ることができると言われています。
また、実より皮に多く含まれていますから、陳皮(ミカンの皮を乾燥させたもの)をシリアル等に加えて食べるのも良いでしょう。

β-クリプトキサンチンは、比較的長期間体内に蓄積できるため、寒い間にミカンを毎日食べておくことで、春までその効果が続くと言われています。今の肌トラブルにも、先のトラブルも予防できるミカン。今年は、毎日ミカンを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(岩田 麻奈未)

【参考】
β-クリプトキサンチン - 健康美容EXPO
β-クリプトキサンチンの特徴 – からだサポート研究所
β-クリプトキサンチンの美容作用 - 日本食品機能研究会
β-クリプトキサンチン – わかさ生活

「生理前ニキビの予防」は14日前からが正解!毎月の肌荒れよサラバ~

そういえばニキビができるのはいつも生理前……。ニキビができてしまってから、そう気づく人も多いのではないでしょうか。これからまだ何十回と迎える生理のたびに、ニキビに悩まされていては気がめいるばかりです。

でも大丈夫。そんな生理サイクルと共にやってくるニキビは、見つけてから慌てるのではなく、生理の14日前から事前にケアすることで、しっかり予防ができるんです。では、14日前から行うケアとは何でしょうか?

 

なぜ生理前はニキビができやすいの? 

ご存じのとおり、生理は女性ホルモンの働きによってもたらされるもので、その変化が皮膚上にも影響をもたらしています。そのホルモンが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類。生理が終わってから卵胞ホルモンの分泌量が増し、排卵を迎える卵胞期にピークを迎えます。一方、排卵から分泌量が増え始めるのが黄体ホルモンです。

黄体ホルモンが増えてくると、水分を体内に蓄えたり乳腺の発育を促したりと、妊娠した場合に備えて体がさまざまな準備を始めます。そんな黄体ホルモンの働きの一環で、皮脂が分泌されやすい状態になっており、これが生理前にニキビが発生しやすい理由。個人差がありますが、頭痛、下痢、胸が張るといった月経前症候群(PMS)のひとつです。

では、そんな生理前のニキビにどうやって対処したらよいでしょうか?

 

事前ケアは生理14日前から

生理が終わってから排卵を迎える間はお肌の調子が一番よい時期ですが、先に述べたように、黄体ホルモンの分泌が増え始め、肌状態に変化が起きてくるのが排卵期。つまり、生理から数えて14日、次の生理が始まる14日前あたりが境い目です。

その頃から皮脂が徐々に毛穴や皮膚に溜まっていき、それがある一定を超えてしまうとニキビ発生となるので、生理前2週間を切ったら皮脂対策をしていくことが必要です。

普段よりも肌が脂っぽくなっている可能性があるので、毛穴の汚れをしっかり除去すること。でも洗浄しすぎると乾燥して、これまたニキビの原因となってしまうので、洗顔後の保湿ケアも念入りにしましょう。

またストレスを発散したり十分な睡眠をとることも、もちろん立派なニキビ予防になりますので、規則正しい生活も心掛けてください。

 

生理周期は人によって異なりますので、ここで紹介した“次の生理が始まる14日前”というのは、あくまでひとつの目安として考えてくださいね。

 

肌の凸凹をなめらかに!化粧下地を使うべきワケ

面倒だからといって省いてしまわれがちな「化粧下地」。でも、実は使わないと損! と思うほどいいことがたくさんあるのです。プロヘアメイクである筆者がその秘密をご紹介します!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ファンデーションを崩れにくくし、肌の凹凸を整える!

化粧下地はファンデーションと肌の接着剤的な役割をしてくれます。そのため、下地の上にファンデーションを重ねることで化粧崩れを防止することができます。

また、ニキビや肌トラブルによる肌の凹凸は、下地を塗らずにファンデーションをつけてしまうと、かえって目立ってしまいます。滑らかな肌に仕上げるには化粧下地が必須なのです。
下地で毛穴やニキビ跡、くぼみなどをフラットにすることで、ファンデーションの効果をより高めることができます。

■下地の正しい使い方

使うタイミングはスキンケアの後、ファンデーションの前です。
量はパール大くらいを手のひらに満遍なくのばし、両手で顔を優しく覆うように、ペタペタと顔全体につけていきます。

顔全体につけたいのに、指一本でちまちまつけていてはつけ終わる前に部分的に乾いてきてしまったり、ムラの原因になってしまいますので注意しましょう。
また横に伸ばしたり、こすったりすることもムラの原因になってしまいます。引きずらず、肌の表面に置くようなイメージでつけることをおすすめします。

ファンデーションと下地は化粧品メーカーによってセットで開発されている場合が多いので、ブランドに合わせてライン使いすることも良いでしょう。揃えることで相性がよくなり、ファンデーションの特徴を効果的に引き出すことができます。
スキンケアからの流れで、化粧下地も丁寧にぬり、効率良くメイクすることでより美しい仕上がりになりますよ。化粧下地は面倒だな〜と思っていた人も、ぜひその効果を肌で実感してみてください。

(中花絵里香)

ウエアも髪型も…実は超大事!「ヨガタイムを最高に充実させる」方法

筋肉を刺激したり、柔軟性を高めたりすることで、スッキリとしたスリムな体を目指せる“ヨガ”。その他にも、体のコリがほぐれたり、ストレスが軽減されたりと、働き世代の女性に大人気ですよね。

ですが、ヨガに適さないウエアやヘアスタイル、ヨガ前後の行動のせいで、本来期待されるような効果を得られないことも……。

そこで今回は、ヨガで効果を得られない方必見! ヨガタイムを100%充実させるための方法をご紹介します。

 

■1:NGなヨガウエア4選

まず最初は、『美レンジャー』の過去記事「イメージで選ぶと…イタいことに!“勘違いヨガウエア”4選」を参考に、ヨガの効果を下げてしまうNGなヨガウエアについてお伝えします。

(1)ヨガの種類に合っていないウエア

(2)スポーツウエアではないボトムス

(3)ビキニトップ+ショートパンツ

(4)ガードルやワイヤーブラ

ヨガには、さまざまな種類があります。特に、ホットヨガをするときは汗をたくさんかくので、重ね着はしない、厚手のものは着ないなど、種類に合わせて工夫をするとよいでしょう。

 

■2:ヨガに適したヘアスタイル

続いては、ヨガをするときのヘアスタイル。ダウンスタイルは、上を向いたり下を向いたりと動くたびに邪魔になってしまうので、オススメではありません。そして、みなさんがよくしているポニーテールも、実は適しているとはいえないのです。

ヨガに適したヘアスタイルは、「ゴム2本で…劇的可愛い“無造作ヘア”!ヨガにもオススメ簡単アレンジ」を参考にしてみてください(写真あり)。

(1)髪がたわまないポニーテールを作る

(2)三つ編みを作ってほぐす

(3)お団子にする

(4)トップの髪を引っ張り出す

 

■3:ダイエット効果を高めるコツ

最後は、ホットヨガでダイエット効果を高めるコツ。「秋冬の運動不足解消に!“ホットヨガ”でダイエット効果UPのコツ3つ」では、ホットヨガの前後に下記のような行動を取ることをオススメしています。

(1)レッスン前後にリンパマッサージ

(2)水分補給はしっかりと

(3)レッスン後の食事は時間を空けて

ホットヨガの後は栄養を吸収しやすくなっているので、脂肪や油、糖分の少ない食事を心がけましょう。

 

いかがでしたか? ヨガをもっと楽しく、効果的に行うための参考にしてみてくださいね。

 

今年の冬は冷え知らず!?冷え取りにおすすめ生姜以外の食べ物5つ

冷えが気になる季節になってきましたね。外気の寒さから身体が冷えて血流が滞ると、肩コリや腰痛、むくみ、生理痛の悪化など、さまざまな不快な症状を引き起こします。

冷え取りと言えば「生姜」が有名ですが、この他にも冷えとりに役立つ食材があります。冷えが気になる方は、「カカオ」・「シナモン」・「陳皮」・「クコの実」・「黒砂糖」を習慣にしてみましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■今年の冬は冷え知らず!?冷え取り食材5つ

(1)カカオ

カカオに含まれるポリフェノールには、血液をサラサラに保ち手足などの末端の血流を改善する働きがあることがわかっています。また、森永製菓の研究によれば、カカオの血流改善効果は、副交感神経に働きかけ気持ちをリラックスさせて血流の改善を促し、生姜より長く続くそうですから、冷えて眠れない時には、高カカオチョコレートやピュアココアを飲むと良さそう!

(2)シナモン

東洋医学では、シナモンは、身体を内側から温め、冷えからくる痛みやむくみなどの症状を改善する働きがある食材に分類されています。 実際、シナモンには、毛細血管を丈夫にして血流をスムーズにする働きがありますから、冷えだけでなく、クマやクスミなど、顔色がさえない方にもおすすめです。

(3)陳皮

ミカンの皮を乾燥させて作った陳皮は、ペスペリジンやルチン、ケルセチンというポリフェノールが豊富に含まれています。これらのポリフェノールは、末梢部の血管を丈夫にして血流を改善する働きがあります。 ヘスペリジンは熱に弱く、加熱によって壊れてしまうとも言われていますから、シリアルに混ぜたり、ヨーグルトやジュースに漬け込んで食べても美味しいですよ。

(4)クコの実

スーパーフードとしてもお馴染みのクコの実(ゴジベリー)。抗酸化力が強いことでも有名ですが、クコの実に含まれるアミノ酸「シトルリン」には、血管を拡張させる働きのあるNO(一酸化窒素)の生成を高める働きがあります。 また、クコの実には、ルチンやヘスペリジンも含まれていて、総合的に冷えをケアしてくれそう。

(5)黒砂糖

ビタミンやミネラルが豊富な黒砂糖は、東洋医学では身体を内側から温める食材に分類されています。 身体の水分バランスを保つカリウム、体脂肪のコントロールに役立つカルシウム、糖の吸収を穏やかにする成分も含まれ、甘いのにダイエットにも役立つ嬉しい甘味料。 コーヒーや紅茶のお砂糖替わりに、そのままおやつに食べても◎。

本格的な寒さがやってくる前に、冷え取り食材を習慣にして、今年の冬は冷え知らずで過ごしたいですね。

(岩田 麻奈未)

【参考】
森永製菓、「ココア」が「ショウガ」と同程度の冷え性抑制効果があることを解明 – 森永製菓

チョコレートが動脈硬化を防ぐとは – みんなの健康チョコライフ

※シナモンメソッド 高倉伸幸(監修) レタスクラブムック

成分情報 ヘスペリジン – わかさ生活

成分情報 クコ – わかさ生活

むくみ予防 - シトルリン研究会

成分情報 黒砂糖 – わかさ生活

大根と椎茸でお手当!風邪のひき始め「発熱に効く」シンプルスープ2種

風邪で発熱した時、ねぎを多く摂ったり、りんごを食べたり、食材によって身体の自然治癒力を上げるという考え方が昔からあります。

発熱するのは身体が細菌や病原菌と戦っているため。もともと持っている自然治癒力を十分に発揮できるような食事をし、本来の力を高めることが大切なんですね。

今回は、本格的な風邪のシーズンを前に、マクロビオティックの料理活動家である西邨マユミさんに、発熱の時によい“お手当食”を2つ教えてもらいました。

西邨さんは誰でも実践可能な“プチマクロ”を提唱し、日本発信のライフスタイルを国内外において普及している方。それでは、西邨さんの著書『キレイな人は「その一口」を大切にする 正しい食欲のつくり方』からご紹介します。キー食材は大根と椎茸。簡単に作れるスープです。

 

■1:大根湯

一つ目は大根おろしを使った大根湯。結構な量の大根おろしですが、ぐぐっと飲み干したら、すぐに布団に入って汗をかきましょう。意外と体力が必要なので、どちらかというとアクティブな若い人に向いています。

【材料】

・大根おろし・・・茶碗1杯分

・熱い番茶・・・茶碗1杯分

・醤油・・・少々

【作り方】

(1)大きい丼を用意して大根おろしを入れる。

(2)醤油を垂らし、番茶をかける。

 

■2:椎茸のおすまし

椎茸には、身体から塩分を排出しながら熱を下げる効果が期待できます。このおすましは、普段お肉をよく食べる人が発熱した時に向いているレシピです。

【材料】

・干し椎茸・・・2~3枚

・水・・・2カップ

・塩もしくは醤油・・・少々

【作り方】

(1)鍋に干し椎茸と水を入れて火にかけ、中火で10分煮る。

(2)椎茸を取り出し、調味料を加えて混ぜる。

 

キッチンにあるもので簡単に作れるのが嬉しいレシピ。熱っぽいかなと思ったら、試してくださいね。また、大根は大人用の解熱剤に、お子さんの解熱剤にはりんごがおすすめです。

 

【参考】

えっ…便を移植して「腸内環境を整える」治療法が便秘や肥満に効果!?

お通じで悩んでいる女性は多いですよね。便秘薬に頼っていると、ますます自力で便を出せなくなるともいわれており、できるなら自分の腸内環境を整えて、快調な毎日を過ごしたいもの。

腸内環境を整える方法として、最近注目されているのが、なんと他人の便を移植するという方法。驚愕のこの治療では、なんとダイエット効果が得られる可能性もあるとか。今回は、この治療法に加え、今すぐできるお手軽ケアをご紹介します。

 

他人の便を水に溶かしてIN!? 驚愕の治療法

近年、腸内細菌のバランスの乱れが原因とも考えられる病気の治療として、便を移植する治療が行われているそう。

10月4日付の日経新聞では、順天堂大学医学部特任教授の奈良信雄氏が、次のように説明しています。

「(便移植は)健康な人の便の成分を、炎症性腸疾患などの患者に移す治療法だ」

「具体的には、健康な人から糞便(ふんべん)を提供してもらい、適切な処理を施した後、大腸内視鏡やチューブを使って患者の腸内に移す」

他人の便を体内に注入するなんて、驚きですよね。

しかし、同記事によれば、健康な人の腸内細菌を移すことで、患者の腸内細菌のバランスを矯正する効果が期待でき、すでに専門の医療機関では実施されているようです。腸内細菌が整えば、便秘や下痢といったお通じの悩みも解消されるでしょう。

さらに、順天堂大学医学部附属順天堂医院消化器内科のホームページによれば、自己免疫疾患、糖尿病、肥満にも応用され始めているとのこと。これらの長期間の治療効果については、まだ結果が待たれている段階です。

肥満にも効果があることが明らかになれば、将来的には、便移植ダイエットが一般的になっていることもあり得るかもしれませんね。

 

■今すぐ手軽にできる腸活4つ

便移植はちょっとハードルが高いですよね。まずは、手軽にできる腸活を継続してみてはいかがでしょうか。

(1)お腹を時計回りにさする

仰向けになって、両手をお腹の上で重ねて、ゆっくり時計回りにさすりましょう。1分程度、リラックスしながら行って。『美レンジャー』の過去記事「これだけで!“便秘&ポッコリお腹解消”ねじれ腸対策マッサージ」もぜひ参考に。

 

(2)赤ちゃんのポーズで前後に揺れる

仰向けになり、膝を抱えて、頭を膝にくっつけるように持ち上げます。そのまま、前後にゆらゆら揺れて。腸を整えるだけでなく、疲労回復効果もあります。

 

(3)抹茶で腸壁を整える

抹茶には、ビタミンA、C、Eが豊富。粘膜を保護するビタミンAや組織を修復するビタミンC、抗酸化力のあるビタミンEで、腸壁を強くしましょう。

 

(4)味噌汁で乳酸菌チャージ

日本人が古くから親しんでいる味噌汁は、乳酸菌が豊富で、野菜もたくさん入れられるヘルシー食。一日一杯、飲むようにしてみて。

 

画期的な便移植。まだ手軽にできる方法ではありませんが、今後に期待ですね。しばらくは、セルフケアして腸内環境を整えるようにしましょう。

 

【参考】

※ 日本経済新聞(2015年10月4日)

※ 潰瘍性大腸炎に対しての抗生剤療法と糞便移植療法の臨床研究について – 順天堂大学医学部付属順天堂医院 消化器内科