2月になるとそろそろヤバくなってくるのが、冬の間にすっかり肥えてしまった”なまけボディ”。でもまだ寒い日が続くし「ハードな運動なんて絶対3日坊主に終わる!」というズボラな方に、短時間で簡単にできてしまう痩せポーズを厳選してご紹介します。

1ポーズ1分なら、テレビを見ながらでも大丈夫。そんな簡単エクササイズ3つ、さっそく見ていきましょう。

 

1:体幹を鍛える

うつぶせになって腕立てふせをするような姿勢になります。腕はひじを直角に曲げて手で握りこぶしを作り、ひじから下の部分を床につきます。足はつま先立ちのような状態にして、体をまっすぐ横に一直線となるように浮かせて保ちます。

この状態で10秒キープすれば、腹筋や背筋などと合わせて体幹が鍛えられます。お尻が上に突き出た状態はNGのため、現在(2016年2月)、再生回数が220万回を超える動画付きの過去記事「1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ“体幹トレーニング”」で正しいポーズをとれているかどうか確認してみましょう。

 

2:痩せ体質になる

脂肪が体につきにくくするには、脂肪燃焼を促す“褐色脂肪細胞”を活発化させて、基礎代謝量を上げることが大切です。そこで有効なのが、肩甲骨周辺を刺激するポーズ。

両手を肩の高さに前に伸ばし、そこから息を吐きながら両手を後ろに引き、左右の肩甲骨をくっつけるようなイメージで、そのまま5秒間キープします。これを4セットほど行えば、褐色脂肪細胞が刺激され、余分な脂肪も燃えやすくなっていきます。

 

3:くびれを作る

くびれのない寸胴ウエストになってしまうのは、わき腹の筋肉が使われていないから。そこで簡単なのが、ウエストを左右にひねる動作。

足を肩幅くらいに開いて立った状態で、下半身は動かさずに上半身だけを左右に動かして、振り返って後ろを見るようにしましょう。1日左右各10回でも、毎日続けていけば、くびれができやすくなるはず。

 

どのポーズも1日1分以内でできる、簡単なものです。「そろそろダイエットしなきゃ」と思っているなら、まずはこれらから始めてみませんか。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

元の記事を表示