皮脂テカやカサつき…ズバリ解決!「春夏ファンデ」悩み別オススメ3つ

ファンデーション選びに悩む方は多いでしょう。最初は気に入っていたけれど合わなくなったと感じたり、店頭で付けてもらったときはよかったのに自分でメイクしたらイマイチだったり……。

しっくりくるファンデーションが見つからないのは、季節に合わせて選んでいないことや、自分の肌タイプを無視していることが原因かもしれません。

今回は肌タイプ別に、この春夏におすすめのファンデーションを3つご紹介しましょう。

1:乾燥も皮脂も気になる方に…MiMC『ミネラルリキッドリーファンデーション』

シミなどの肌悩みをきちんとカバーできる上、みずみずしいツヤ肌に仕上がるファンデが、MiMCの『ミネラルリキッドリーファンデーション』(全2色 6,500円<税抜き>)。石けんで落とせるノンシリコン処方なのに汗に強く、軽い付け心地なので春夏にぴったりです。

肌のうるおい不足も感じるのに、メイクの崩れやテカリが気になるという方は多いでしょう。その原因は、肌の水分と皮脂のバランスが崩れていること。このアンバランスな状態のままでは、肌荒れやシワ、たるみなどに悩まされることにも。

このファンデは、肌の水分と皮脂のバランスを整えながらみずみずしいツヤ肌に仕上げてくれる植物由来の美容液成分がたっぷり! メイクしながら肌のコンディションも整えてくれるという、肌思いのファンデです。

また、長時間肌がくすまず透明感がキープできるので、夕方に鏡を見たときうれしくなるはず!

2:とにかく崩れ&テカリを防ぎたいなら…アリマピュア『サテンマットファンデーション』

水分や油分が多いリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションはどうしても崩れやすいので、化粧崩れやテカリが気になる方はパウダータイプを選ぶとよいでしょう。ただ、パウダーファンデは粉っぽくなりやすく、乾燥肌に見えてしまうことも。

そこでおすすめなのが、アリマピュアの『サテンマットファンデーション』(全8色 4,200円<税抜き>)。重ねても粉っぽい乾燥肌に見えにくく、むしろ透明感のあるツヤ肌に見せてくれるミネラルファンデーションです。粉雪のようにやわらかなパウダーをブラシで少しずつ重ねていくと、毛穴やシワもしっかりカバーできて美しい仕上がりに。

さらに、あわせてアリマピュアの新メイク下地『スムージングプライマー』(5,600円<税抜き>)を使えば、肌の水分と油分のバランスを整えながらファンデーションとの密着度も高め、メイクをより長持ちさせてくれます。特に皮脂が多くメイクが崩れやすい春夏は併用するのがおすすめです。

3:うるおい&ツヤ重視なら…アクア・アクア『オーガニック クッション ファンデーション』

スポンジからジュワッとリキッドファンデーションのような出てくるクッションファンデ。近年、注目を浴びていますよね。美容液成分を多く含むのが特徴で、うるおい不足の大人肌をじんわりとうるおしてくれます。

アクア・アクアの『オーガニッククッションファンデーション』(全3色 3,650円<税抜き>)は、苺の“あまおう”美容液を配合。保湿力が高く、みずみずしいお肌に仕上げます。また、いちごは抗酸化力も高いためエイジングケア効果も。忙しくて朝のスキンケアが雑になってしまう方も、このファンデを使えば補えるでしょう。

これ1つで保湿美容液、下地、ファンデの3役を担うので、時短でベースメイクが完成! うるおうのにサラッとした仕上がりで、カバー力もGOODです。

汗ばんだりクーラーの乾燥も気になるこれからの季節、肌の状態や好きな仕上がりを考慮して、自分にぴったりの新しいファンデをゲットしましょう。(※ 価格はすべて編集部調べです)

ピンチ肌がソッコー復活!美容ライターが常備する「神マスク」3つ

「明日はデートなのに……」

大事なイベントの前に限って、肌の調子が悪いことってありますよね。春は新生活スタートによる多忙やストレス、花粉や汗などが原因になって、肌トラブルを感じやすいとき。何とかして、いい状態をキープしたいですよね。

そこで今回は、美容ライターとして数々のコスメを試してきた筆者が、いつも頼りにしているフェイスパックをご紹介します! 日常使い、大切な日の前、毛穴の悩みといったシーン別に使い分けてみて。

1:週に1回習慣!マルティナ『7ハーブマスク』

常備しておきたいのが、モデルや美容専門家にも愛用者が多い、マルティナの『7ハーブマスク』。とくにくすみやキメの乱れ、乾燥、疲れなどが気になるとき、配合されているハーブの力が感じられます。肌にのせてマッサージしながらパックすると、みずみずしく潤って、引き締まったハリ肌に!

年齢を重ねた肌にうれしいポリフェノール類などを含むハーブ「メリッサ」など、7つのハーブが肌にアプローチしてくるこのマスク。週に1~2回使うと、肌に自信が持てるようになるでしょう。メイクのりもよくなるので、春夏の肌のゆらぎが気になる方にもおすすめです。(100ml/6,000円<税抜き>)

2:大切な日の前に…アムリターラ『ダマスクローズ グレイスフル クリーミーマスク』

大切な日の前のレスキューアイテムは、国産のダマスクローズをキーとする、アムリターラの『ダマスクローズ グレイスフル クリーミーマスク』がイチオシです。痒みを感じるほど乾燥していたり、ポツポツができていたりと、「出かけたくない……」と思ってしまう状態の肌でも、しっとりふっくらプルプルにしてくれます!

水の代わりにダマスクローズ蒸留水を使い、ローズの花を漬け込んだオイルを配合。優雅なローズの香りには女性ホルモンを整えてくれる効果もあります。

さらに、アプリコットオイル、アボカドオイルなど9種類のオーガニックオイル、カレンデュラ、アルニカなど10種類のオーガニックエキス、アロエベラ、セラミド、ヒアルロン酸Naなど3種類の潤い成分が入っている贅沢パックなので、年齢が気になる方も満足できるはず!(5g×5パック/3,500円<税抜き>)

3:毛穴クレンズ!アルジタル『グリーンクレイペースト』

目立つ毛穴の皮脂詰まりは、海洋由来のミネラルなどがたくさん含まれている泥、グリーンクレイで吸着してオフしましょう。

アルジタルの『グリーンクレイペースト』は、海泥が毛穴やキメに溜まった汚れや老廃物、古い角質を吸着しながらやさしく取り除き、洗い流したあとは肌がつるん!

「水分が奪われそう……」と心配する人もいるかもしれませんが、むしろ肌に潤いをもたらします。肌がベリベリ剥がすタイプの毛穴パックで肌を痛めてきた方に、ぜひトライしてほしいパックです。(250ml/3,600円<税抜き>)

肌が荒れていると、気分も上がりません。パックを使いこなして、よいコンディションをキープしましょう!(※ 価格はすべて編集部調べです)

旬メイクが1本で完成!「チークになるリップ」美容家イチ押しの3選

今は“ツヤ肌メイク”がブーム。ファンデーションの質感に合わせてチークも「粉っぽさのないクリームタイプを使いたい」と思っている方も多いでしょう。また、内側から上気したような血色感のある表情をつくるには、クリームチークが欠かせません。

このクリームチーク、わざわざ新しく購入しなくても、リップで代用できることをご存じでしょうか。中には最初から“リップ&チーク”として2WAYで使えると謳っているものも。

そこで今回は、美容ライターの筆者が、チークとしてもおすすめなリップ2つと、リップ&チーク1つを紹介紹介します。

アクア・アクア「オーガニックスイーツリップ」

アクア・アクアは2014年にデビューした国産オーガニックコスメブランド。スイーツ原料でできた『オーガニックスイーツリップ』は、リップクリームのような軽いつけ心地で、みずみずしくうるおい感のある唇にしてくれるカラーリップです。

なめらかなテクスチャーなので、チークとして使えばうっすらと色づき、ナチュラルな血色感をプラス。肌の内側から血色がよくなったような印象になれます。石けんでオフできるのでクレンジング要らずなのも嬉しいポイント。(全6色/1,500円<税抜き>)

コレス ナチュラル プロダクト「リップバタースティック」

世界中のセレブも愛用し、“おフェロメイク”で有名なヘアメイクアーティスト、イガリシノブさんも絶賛の『リップバタースティック』。発色がいいだけではなく、天然シアバターやサンフラワーワックスといった天然成分が88%(カラーレスでは99%)も配合されていて長時間うるおうため、スキンケア効果も期待できます。

固めのテクスチャーですので、頬に塗るときは薬指に取って軽くポンポンとつけましょう。程よいツヤと血色感がプラスされた、可愛らしいメイクの完成です。(全6種/1,300円<税抜き>)

3:エテュセ「クレヨンリップ&チーク」

一昨年あたりから大ヒットしている“クレヨンリップ”。唇の輪郭が取りやすいため、きちんと感のあるメイクをしたいときもふんわりヌケ感のあるメイクに仕上げたいときも使い勝手抜群です。

カサつきがちな唇にもなめらかにフィットしてしっとりと仕上げてくれます。定番のロゼピンクはほんのりと火照ったような可愛らしい表情をつくり出し、限定のワインカラーレッドは深みのある赤で大人っぽい印象に。(全2色・ともに数量限定/1,200円<税抜き>)

いずれも頬に直接塗るか、指に取ってから頬にポンポンと軽く叩きこめばOK。女子力アップのために、一つポーチに忍ばせてみては?(※ 価格はすべて編集部調べです)

【キレイをSPY!】夏こそ本気の毛穴ケア!温感&冷感クレンジングで目指せ陶器肌

女をキレイにするものといえば……そう、恋とクレンジングですよね(!?)。アツアツと思いきやすぐ冷たくなる男に捕まったら、キレイになるどころの話じゃありませんが、クレンジングでは“温めてから冷やす”のが効果的! 毛穴レスの美肌を実現してくれるのです。

そこで今回は、温感のあとに冷感が押し寄せるというユニークな使用感が特徴の『skinvill(スキンビル)』数量限定クレンジングを“キレイをSPY!”メンバーのヴィヴィアン・Tがお試し。

このアイテム、モデルちゃん達がこぞって使ってる理由がわかった気がしましたよ!

モデル達も愛用!skinvillの「ホットクレンジング ジェルN」って

『skinvill』は、敏感肌の女性でも使えるアイテムを揃えるスキンケアプロダクト。製品ラインナップの中でも、ダレノガレ明美や山田優といったモデル達がInstagramなどにアップしている人気アイテムが『ホットクレンジング ジェルN』。ポカポカの温感ジェルが毛穴の汚れをしっかりオフしたあと、美容液感覚で潤いをたっぷり与えてくれるクレンジングです。

それもそのはず、なんと美肌・保湿美容成分を99.7%も配合という肌への優しさ! あの『バファ◯ン』でさえ、優しさは半分だけなのに……どこまで女性の味方なんでしょう(感涙)。(200g/1,866円<税抜き>)

毛穴もダルダル肌も…「ポカポカ→ヒンヤリ」で夏の肌悩みを解決!

そんなskinvilから、夏にぴったりな『ホット&クールクレンジングジェル』が数量限定で発売中。定番品のポカポカ温感はそのままに、クレンジング後にヒンヤリとした冷感が味わえます。この冷感が、夏のたるんだ肌をキュキュッと引き締めてくれるんだそう! 引き締めという言葉にめっぽう弱いヴィヴィアンが、さっそく試してみました!(200g/1,866円<税抜き>)

ほぼほぼ美容成分でちゃんとメイクは落ちるの?クレンジング力を検証

いくら肌に優しくっても、メイクがきちんと落ちなくちゃ肌トラブルを招いてしまいます。果たしてそのクレンジング力は!?

手の甲に、パウダーファンデーションを塗り、その上からウォータープルーフのリキッドアイライナー、フィルムタイプのマスカラ、フィルムタイプのアイライナー、ティント処方のルージュをつけて試してみました。

(1)テクスチャーはかなりしっかりめ。弾力のあるジェルです。

(2)肌にのせてクルクルすると……。「うぉ!ほんとにポカポカしてきた~。毛穴がじんわり開いてくれる感じ!」ただ、かなり丁寧にマッサージしないと、ティント処方のルージュやウォータープルーフのリキッドアイライナーはジェルになじんでいきませんでした。

(3)お湯ですすぐと、フィルムタイプのマスカラ、アイライナーは共にスルルンと落ちました。ただし、ティント処方のルージュやウォータープルーフのリキッドアイライナーは、すすぎながらもクルクルと少しこする必要があります。

(4)洗い流すと、スーッと爽快なヒンヤリ感が。これは夏は気持ちよさそう! 手の甲を触った感じは超~しっとり。さすが美容成分99.7%です。

今回はフィルムタイプのマスカラで試しましたが、ティント処方のルージュやウォータープルーフのリキッドアイライナーの落ち具合を見る限り、洗浄力は弱めといった印象です。丁寧にくるくるしないとメイクがなじまないので、せっかちな人には向いてないかも!?

ただし、薄化粧の日やフィルムタイプのアイメイクをしている日などは、こちらで十分でしょう。なにより洗い上がりのモチモチ感に感激でした!

これからの季節、頭を悩ます毛穴問題。ツルンツルンの陶器肌を目指すには、温&冷が力になってくれるかもしれませんよ!(※ 価格はすべて編集部調べです)

私にぴったりな名作はどれ?「クッションファンデ」人気の3つをお試し

スポンジにリキッドファンデーションのようなベースが、じゅわっと染み込んだ“クッションファンデ”。時短にもなり、トレンドのツヤ生肌が簡単に完成するとあって大人気なため、様々なブランドから続々と発売されていますよね。

しかし、「どれが自分に合うのかな~」なんて二の足を踏んで、まだ挑戦できていない方も多いのでは?

そこで、美容ライターとして活動する筆者が、人気のクッションファンデ3品を実際に使用してみました。さすが、どの商品も甲乙つけられないほどの優れもの。それぞれの特徴を紹介します!

1:驚きのカバー力!YSLから初のクッションファンデ

まずは、イヴ・サンローラン・ボーテの『アンクルド ポー ルクッション』。

使ってみると、驚きの高発色。重ね塗りをすることなく、一塗りでクマもカバーできました。下の画像を見ても、筆者の手の甲真ん中にあるシミが右半分だけキレイに消えていますよね。

コンシーラーの出番も少なくなりそうなので、忙しい朝にもぴったりです。肌に何ものせていような驚きの軽さなのに肌が悩みが簡単に隠れると、テンションも上がっちゃいますね。(全5色/7,500円<税抜き>)

2:女性らしい柔らかさ!クリニーク

今回の3品はどれも標準色を使用しましたが、クリニークの『スーパー シティ ブロック BB クッション コンパクト 50』は、ピンクがかった肌色が印象的。ツヤツヤのすっぴん風に仕上がりますよ。

カバー力も調節しやすいので、日中はしっかりと重ね塗りを。お泊りデートには一度塗りのすっぴん風メイクにと、使いわけやすいのもポイントです。

血色のいい素肌に見えるため、お風呂上りのような色っぽメイクにも使いやすいかも!

こちらは、その名の通りBBクリームが染み込んでいるタイプ。過酷な都市環境から肌を守ってくれる防御力と、スキンケア発想のノンケミカルという攻守揃った機能も嬉しいですね。(全3色/5,800円<税抜き>)

3:丁度いいツヤ肌!ランコム

ランコムのクッションファンデ『ブラン エクスペール クッションコンパクト H』は、イエローベースの日本人にもよく合う色味でした。肌にピタッと密着するのでヨレにくく、さっと塗り広げるだけで毛穴もキレイに隠れます。

その秘密が、なめらかな塗布感と肌へのフィットを両立させるジェルとリキッドの二つの形態をとるジェリキッドフォーミュラ。ランコムの独自技術です。

また、近年流行しているツヤ肌スタイルですが、ヘタするとただの“テカリ”に見えてしまうのが難しいところ。しかし、こちらのクッションファンデは、ツヤは出るのに、肌にのせた瞬間サラリとした質感に。まるで何もつけていないかのように心地いいのに、内側から発光するようなツヤ肌が完成しました。(全5色/6,500円/レフィルにスポンジつき・ケース込み<税抜き>)

実は、クッションファンデを初めて使用した筆者。その使いやすさにとっても感動しました! リキッドファンデのメリットとパウダーファンデのメリットを合体させたようなクッションファンデ。みなさんも、気になった商品をぜひ実際に手に取ってみてくださいね。(※ 価格はすべて編集部調べです)

【キレイをSPY!】トンコツ塗りました?テカテカ肌を救うファンデを厳選

今日も気温と湿度が高かったですね~。『美レンジャー』編集部の“キレイをSPY!” メンバー・ドロシーは、真夏でもないのに汗がダラダラでございます。そんな今の時期に気になることといえば……そう! 皮脂や汗によるメイクの崩れやテカリではないでしょうか?

ドロシーは、メイクをしたばかりの朝は絶好調なのですが、ランチタイムの頃にはコッテコテの豚骨ラーメンを顔に塗ったかのようなテカリ肌になるのが悩み。

「この悩み、どうしても解決しなければ……永遠に豚骨ちゃんのまま」と思い、編集部に届いた“テカリに効果的なファンデ”4つを、それぞれ丸一日試してみました。その中から、時間が経っても美肌をキープしてくれた優秀ファンデーションを2つご紹介します。

1:急接近も任せて~!マットな陶器肌をつくる「ミネラルファンデ」

テカリは抑えたいけどけど、「厚塗りになったり粉っぽくなるのがイヤ!」と思い、マットタイプのファンデを避けてしまっていた方はいませんか? しかし、そんな心配ご無用!

エトヴォス『マットスムースミネラルファンデーション』は、キメ細かい粒子で毛穴の凸凹を埋めるようにカバーしてくれるのに、重くならずに表面はスベスベの陶器肌に仕上げてくれます。

「アレッ!つけ心地が軽いのに……なんかアブラ、出なくな~い!?」とドロシー大感動! いつ・どんな角度からイケメンが近づいてきても大丈夫!

また、このファンデは精製度の高い天然のマイカがポイント。一般的なマイカは皮脂を含むと変色し、メイクをして時間が経つとくすんで見えることも。しかし、天然のマイカは皮脂を含んでも変色しないんです。だから、メイクしたてのくすみ知らずの肌を夕方までキープできますよ。5月25日には、健康的な肌色に仕上げてくれる新色(#50)も発売予定。(全4色/3,000円<税抜き>)

2:テカリをカバーして透明感までプラスする「プチプラファンデ」

セザンヌの『UVファンデーション EXプレミアム』は、なんと800円! おったまげ~! なのに時間が経っても透明感のあるなめらかな肌をキープしてくれる優れもの。肌の凹凸に合わせて変形・分散するふんわりとしたパウダーで、毛穴やシミ、くすみをカバーしてくれます。

皮脂固定化パウダーを配合しているので、余分な皮脂を吸着し崩れを防いでくれるのが、テカテカ・ドロシーには感激ポイント。「いつもは昼すぎには鼻の頭テッカテカなのに、ランチ後も赤ちゃんのお尻みたいにふんわり!」とまたまた、おったまげ~!

さらに、3Dヒアルロン酸の働きで、保湿効果も抜群です。(全2色/800円<税抜き>)

今回は、皮脂やメイクの崩れのテカリが気になるテカテカ・ドロシーが、一日試してみた結果をお伝えしました。個人差はあると思いますが、「汗でメイク崩れが気になる」、「顔がテカって悩んでいる」という方は参考にしてみてくださいね。(※ 価格はすべて編集部調べです)

恋が実る!? SNSで噂の「婚活リップ」愛され顔の秘密をブランドに直撃

2016年にネットで大きな話題になった“婚活リップ”。「つけるだけ恋愛運が上がる!」、「彼氏ができた!」、「プロポーズされた!」と嬉しい伝説がたくさん残されています。その伝説はどのようにして生まれ、現状はどうなっているのでしょうか。

今回は、“婚活リップ&花嫁リップ”として伝説を残した商品を販売しているブランドPR担当の方に、人気の秘密や商品についてのコメントをいただきましたので、ご紹介します。

1:オペラ『リップティント  05 コーラルピンク』

SNSで“花嫁リップ”というハッシュタグで検索すると、たくさん出てくるのがオペラの『リップティント  05 コーラルピンク 05 コーラルピンク』。

「『花嫁リップ』という愛称の由来は、唇に一塗りするだけで、“花嫁のように幸せそうな顔に見える”という理由から。元々は、社内で密かにささやかれていた愛称で、社員や関係者に留まらず、雑誌やWEB、SNSを通じて話題になりました。

優しく華やかで、清楚なコーラルピンクに、リップティント独特の唇がじゅわっと潤い、色づいたような質感が重なり、愛らしい唇をつくります。シリーズで全6色ありますが、このカラ―がダントツ人気です」(オペラPR)

ツルンと透明感のある発色で、唇そのものが色づいたような仕上がりです。(全6色/1,500円<税抜き>)

2:イヴ・サンローラン・ボーテ『ヴォリュプテ ティントインオイル 14 ピンクミーイフユーキャン』

婚活リップで人気の『ルージュ ヴォリュプテ シャイン』から発売された『ヴォリュプテ ティントインオイル』。5つの植物オイルによる贅沢なリップケア効果で、いつでもふっくら弾むツヤツヤの唇を実現します。

「『もっとカラーがほしい!』というファンの願いに応え、YSLラボが2年の研究期間を経て実現した、とびきり魅力的な新色の『ヴォリュプテ ティントインオイル』。恋愛モードでグルーピングされた新たなカラーワードローブは、2017年もヴォリュプテ旋風を加速させます」(イヴ・サンローラン・ボーテ PR)

一塗りするだけで、キスをした後みたいなぽってり血色感のある唇に仕上がります。(全16色/3,800円<税抜き>)

3:エスティ ローダー『ピュア カラー クリスタル シアー リップスティック 01 クリスタル ベビー クリーム』

「塗っていると、いろんな人に褒められる」と噂なのが、クリスタルのような透明感とクリアな発色のエスティの『ピュア カラー クリスタル シアー リップスティック』の中でも王道なコーラルカラー。

「01番の『クリスタル ベビー クリーム』は、幸せを運んできてくれるピンクであると同時に、肌なじみのいいカラーで、肌色を美しく見せて上品な口元に仕上げてくれます。

また、テクスチャーもシアーなので、透明感がありほどよいツヤが特徴です。男性からも女性からも好感度の非常に高い印象に仕上がります」(エスティ ローダー事業部 コミュニケーションズ部)(全15色/3,700円<税抜き>)

唇は女性らしさが際立つパーツ。女性らしさをグッと印象づけてくれる色のリップには恋愛成就の力があるのかもしれませんね。ぜひ、チェックしてみてくださいね。(※ 価格はすべて編集部調べです)

【キレイをSPY!】人気の「ティントリップ」新色をコーヒー飲んでお試し

ポカポカ陽気の春がやってきましたね~! 「春だし、やっぱり明るいパステルカラーが人気なんでしょ!?」と思った女子たちよ……そんなんじゃダメ~ッ!

実はこの春“あえてのくすみ色メイク”がトレンドになりそうです。そんな中、マキアージュから、本日3月21日に大人なダスティーカラーの新色が発売されたのがマキアージュの『ウオータリールージュ』(新色3色/各2,300円<税抜き>)。

このリップを『美レンジャー』編集部の“キレイをSPY!” メンバーのカトリーヌとドロシーが、一体どのくらいキレイな仕上がりが持続するのか試してみました。

 

■くすみ色がふんわり…果たしてキレイ持続は何時間?

【カトリーヌ:ウオータリールージュ RS705】

カトリーヌは、会社に着いた時点のすっぴんリップは血色なく、いつも通り(!)お疲れ気味。しかし、『ウオータリールージュ』を塗った瞬間、生き返ってる! チップは斜め型で、唇の形になじんでササッと塗れてとても便利。

グミを食べまくっていても、コーヒーを飲んでも、キレイな血色唇はキープしていました。「コーヒー3杯でも大丈夫!」と余裕顔のカトリーヌ。突然の打ち合わせにも、メイク直しをせずに出かけていました。

【ドロシー:ウオータリールージュ PK745】

続いてドロシー。すっぴんリップのときは、少し縦ジワが目立って、乾燥気味。なんだか顔の印象が薄め……。しかしルージュを塗った瞬間、ツヤ感ア~ップ! 唇色を明るく見せ、印象を高めるムードアップパールが配合されているので、薄めの唇でも立体感が生まれてセクシーな大人女子になったかのよう。フフフ~ン。

 

■食事もしてみた!

その後、調子に乗ったカトリーヌとドロシーは、ランチにタイ料理を食べにいきました。ズルズル~と麺をすすってガパオもがっつり食べた結果……、やはり食後にはリップの色味がなくなっていました(そりゃそうですよね)。

 

唇を染める水ベースの『ウオータリールージュ』。唇表面を染めて色づき、内側からにじみ出るような美しい彩りを演出してくれます。湿美容成分が配合されているのに、ベタつきがなく、軽やかなつけ心地なので、大活躍しそう!(※ 価格は編集部調べです)

 

【おすすめ記事(PR)】

なんか垢抜けない…は「ハイライト」で解決!100均コスメ活用テク

パステルカラーや明るい色合いの洋服にあわせて、メイクも“春顔”にシフトしていきたいですよね。そんな春顔のアクセントとなるのが、ハイライト。ハイライトの輝きが、顔にメリハリを出してくれて華やかな印象に仕上がりますよ!

「でも、どこに入れるといいのかイマイチわからない」という人のために、美容ライターである筆者が、メリハリフェイスになれる“ハイライトの入れ方”を紹介します。

 

■使用したメイクアイテム

まず最初に今回使用したメイクアイテムをご紹介します。

100円ショップの『ザ・ダイソー』で見つけた『SD チーク&ハイライト ローズ』を使用しました。

顔の凹凸を引き立たせるためのハイライトを探してコスメコーナーを物色していたのですが、こちらはハイライト単品ではなくチークもセットになっているというお得さ! 即買いしてしまいました!

このハイライトは、真っ白ではなくほんのりベージュカラーなので、肌に自然と馴染むのが魅力。

あまり白すぎたり、パール感がキツイと肌から浮いて悪目立ちしてしまうこともあるので要注意です。

それでは早速、春のメリハリフェイスへ仕上げていきましょう。

 

■ハイライトで作る春のメリハリフェイス

アイシャドウやチークを春色にチェンジしてもなんだかパッとしないなら、それは立体感が足りていないかもしれません……。そんなときは、ハイライトで顔に凹凸をつくりましょう。

全体的にメイクが完成した後、仕上げのタイミングでハイライトを塗っていきます。入れる位置は“顔の高い位置”を意識するとわかりやすいでしょう。

筆者オススメの位置は以下の2カ所です。

(1)鼻筋をなぞるように一本線をイメージしながら、上から下方向へ塗る

鼻筋が太すぎると、鼻の印象が強くなりすぎてしまうので細く入れてくださいね。

ここにハイライトを入れると、鼻が高く見える効果がありますよ。

(2)頬骨の高い位置にもハイライトをオン

目尻の下あたりまで広げると、笑ったとき、目元がふんわり優しい雰囲気になります。

また、頬のたるみが目立ちにくくなり、若々しくハリのある顔立ちに近づきます。

 

明るい春色でメイクをしても、マットなものを使っているとのぺっとした印象になりがち……。顔にメリハリが生まれるハイライトを駆使して、ぜひ愛され春顔メイクを楽しんでくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

ズル可愛い瞳に!「カラーアイライナー」ピュアも色気も自在な3選

「アイライナーは、やっぱり黒が定番」、「色モノ系のアイライナーはちょっと……」なんて思い込んでいる方も多いのでは?

今年の春夏メイクのトレンドとなるのが、目元に主役級の彩りを与えてくれるカラーアイライナーたちです。

そこで今回は、コスメマニアの筆者が実際に「買ってよかった!」と太鼓判を押す、カラーアイライナーを3つレポートしていきます。

 

■1:ピュアな目元が蘇るっ!純白の眼差し…イヴ・サンローラン・ボーテの白!

筆者の学生時代は、“あゆ”こと浜崎あゆみの黄金期。目頭を白のアイライナーで“く“の字に囲むのがマストでした。あれからときは流れ……再び手に取ったのがコレ、イヴ・サンローラン・ボーテの『YSL アイライナー 8』です。

イヴ・サンロ―ラン・ボーテは、アイシャドウやリップといった色モノが驚くほどの発色と持続性で、毎シーズン必ずチェックするブランドですが、今回の新作アイライナーも見事な出来栄え!

パール感のある白アイライナーは数多く見かけますが、こちらは潔いほどの真っ白さ。この“純白”こそが、白目が濁ってくるアラサーからの目元には必要不可欠なのです!

筆者は下まぶたの粘膜にインしてみましたが、年齢と共に気になってくる白目の濁りを消し去り、ピュアで輝く目元へと仕上げてくれます。一本持っていると、重宝すること間違いナシですよ。(3,300円<税抜き>)

 

■2:猫目メイクもあら不思議!吸い寄せられる瞳へ…シュウウエムラのニュアンスブラック

定番の黒はちょっぴりマンネリ気味……という方にピッタリなのが、シュウウエムラの『ラスティング ソフト ジェル ペンシルN Mネイビーブラック』です。

ネイビー×黒のニュアンスのあるブラックは、目元をしっかりデカ目に見せてくれるブラックのよさはそのままに、知的でエレガントなネイビーの要素が加わって、より深く吸引力のある眼差しを実現。

人気のある猫目風の跳ね上げラインも、上品に見せてくれるから……あら不思議!

ペンシルなのにリキッドアイライナーのようにはっきりと濃く、スルスルと狙ったままのラインを描けるのも嬉しいポイントの一つです。(2,600円<税抜き>)

 

■3:誘われアイズならコレ!ズル可愛い色気…THREE(スリー)の赤

「今夜はデート!」ルンルン気分で赤リップを塗るのもいいけれど……唇ではなく、目元に“赤”を彩ってみるのはどうでしょう?

スリーの『メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 08』は、グッと女度を底上げしてくれる、ツヤやかなボルドーカラー。

通常のアイライン同様に使用するのはもちろん、筆者のオススメは、目尻の1/3だけこの赤でラインを入れるテク。泣いたあとのような、ちょっぴりズル可愛い瞳を簡単に演出することができますよ。

こちらは『美的 2016賢者が選ぶベストコスメ アイライナー部門』第1位ほか、『VOCE』や『MAQUIA』のコスメ大賞も受賞しているスグレモノです!(3,000円<税抜き>)

 

目元の印象を180度変えてくれる“アイライナー”。味方につけて、春のイメチェンを楽しんでみてくださいね。(※ 価格は編集部調べです)

 

【おすすめ記事(PR)】