痛くても伸ばす…はNG!講師が警鐘「ヨガを頑張りすぎちゃダメな訳」

リストラティブヨガやアロマヨガのようなリラックス系のヨガであれば、「キツイ」、「疲れた」と感じることはあまりないかもしれません。ですが、ややハードめなヨガを受けたとき、体がツラく感じることはあるでしょう。しかしそこで頑張りすぎてはいけません。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が“ヨガ中に頑張りすぎてはダメな理由”を3つ紹介します。

 

■1:頑張りすぎる

ヨガの場合は、体の各パーツを伸ばした状態でキープするポーズが連続します。

そのため、筋肉や関節が伸びすぎたり広がりすぎる恐れがあるのです。キツめのポーズは、“グッと深めたくなる”、“最後までキープしたくなる”のですが、過伸長・過伸展を起こしてしまうので気を付けましょう。ポーズは限界でキープするのではなく、そこから少し緩めたところでキープするのがいいですよ。

また、ツラいなと思ったら、“チャイルドポーズ”というお休みのポーズを取って休むことをオススメします。

 

■2:呼吸を意識しなくなる

ヨガでは“呼吸”は非常に重要な役割を担っています。動きのサポートはもちろん、エネルギーを体に取り入れて送り届ける効果があるともいわれているからです。

しかし、疲れてきたり、ハードなポーズが連続したりすると、どうしても呼吸は二の次に。なかには、無意識に息を止めてポーズをキープしている方も……。これでは酸欠状態になってしまい、気持ちよくヨガを続けることが困難ですよね。

ツラいときほどポーズを緩めて呼吸を優先しましょう。

 

■3:水を飲まない

「水を飲むと、お腹がチャポチャポして動きにくくなる」という方も多いでしょう。それゆえ、のどが乾いても水を飲まずに1時間もしくはそれ以上レッスンを続ける方も。

これは、脱水症状のリスクを高めるため、本当に気を付けていただきたいところです。汗をかかないレッスンはもちろん、汗をかくホットヨガのようなレッスンでは特に意識して水を取るようにしましょう。

ただし、一気に飲むと、お腹を圧迫するポーズや下向きのポーズのときに気分が悪くなることもあるので、数回にわけて少しずつ飲むこと。

レッスンによっては、“水休憩”がないものもあるので、自分のタイミングで摂ってくださいね。

 

我々日本人は、頑張ること・我慢することが美徳だと考えがち。ですが、それで体を壊してしまっては、元も子もありませんよね。

くれぐれも過剰に頑張りすぎず、レッスンを楽しんでくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

捨てるの待って!微妙に余る「リップクリーム」意外な使い道4つ

乾燥が気になる季節は特に、保湿用リップクリームが必需品ですよね。けれども使い切る前に、微妙な量が余ったまま新しいリップを購入してしまうことはありませんか?

使い切れず捨てるかどうか悩んだまま放置していても、化粧品には“使用期限”があるので、そのままという訳には……。そんなリップには、唇に塗る以外にも変わった使い道があるんです。

そこで今回は、美容ライターである筆者が、“余ったリップクリームの意外な使い道”についてご紹介します。

 

■1:ファスナーが噛んでしまった時の応急処置

朝の忙しい時にスカートを履こうとファスナーを上げたら、ファスナーが布を噛んで動かなくなって大慌て……こんな時にも大活躍するのがリップクリームです!

綿棒でリップクリームを、噛んでしまったファスナーの両側にたっぷり塗ってみましょう。すると、滑りが良くなり、動かしやすくなります。

 

■2:お出かけ先でのポイントメイクリムーバー

デートで楽しく会話も盛り上がったタイミングで、化粧直しをしようとトイレに入ってビックリ! アイメイクが崩れてパンダ目に。一度ついたマスカラはこするだけじゃ中々取れないんですよね。

そんなピンチも、リップクリームを綿棒に少量取り、軽くなでるだけでキレイにメイクオフ出来ます。細かい部分のポイントメイクリムーバーとしても使えるのは、乙女の強い味方でしょう。

 

■3:ハイライトやアイシャドウにも早変わり

リップクリームを指で頬骨をなぞるよう軽く塗れば、自然なハイライト効果にも。リップに含まれる保湿成分で肌も潤うので、乾燥対策にもなります。

またアイシャドウを塗る前に、リップを同じようにまぶたに薄く塗れば、下地としても活用できるんですよ。パウダーのアイシャドウも浮きにくくなるのでオススメ!

まぶたには色付きのリップクリームでも、自然な発色で馴染むので、アイシャドウをのせる前に使ってみてください。

メイクアイテムとしてリップクリームを利用する場合は、メンソールタイプはスースーするので避けましょう。

 

■4:革素材ブーツもリップクリームでピカピカ

革素材のブーツは、履いていく内にどんどん汚れが蓄積されていきます。明日のデートにブーツを履いていきたいけれど、家に靴磨きの道具が無い人は必見!

穴が開いたり、伝線して捨てようとしているストッキングに、余ったリップクリームをたっぷりつけて、革靴を磨きましょう。するとリップの油分で汚れもスッキリ、さらにはツヤ出しにもなります。

ただし革製品と手持ちのリップの相性が合わない場合もあるので、使用の際は気をつけながら、お出かけ前の靴以外にカバンなどでも試してみてくださいね。

 

捨てる前にたった一工夫で、役立ちアイテムに大変身するのは助かりますね! 余ったリップクリームは上手に活用しましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

脱デカ顔テクで…集合写真もハイ余裕!「1分で小顔」3つの秘策

もうすぐ春の新生活シーズン。写真を撮る機会も格段に増えますよね。そんな時、集合写真でも“一歩下がる”ことなく、堂々と小顔を決められる!“1分間テクニック”を今回はご紹介します。

 

■1:“隠しシャドウ”でデカ顔を幻に

最も簡単で確実な方法と言えば、やっぱりメイク。チークやシャドウを入れて陰影をつけることで、小顔に見せることが可能です。

しかし、やみくもにシャドウをたくさん入れれば良いというわけではありません。シャドウを入れる場所は、耳の下からフェイスラインの内側に沿った部分。
シャドウを頬のあたりまで入れることで、確かに影になる部分は増えますが、それでは舞台風メイク感が否めません。あくまでフェイスラインに沿うようにして入れていきましょう。

ハチ張りが気になる方は、こめかみ部分にファンデーションよりワントーン暗いカラーのシャドウを入れると引き締まります。

特にアラサー世代になるとフェイスラインがぼやけてくる傾向にもあるので、隠しシャドウを入れてスッキリ見せることが、小顔への近道なのです。

 

■2:“進化系ポンパ”で縦長ラインを演出

デカ顔=横幅が広い顔、と認識されることが多いようです。前髪や横髪で顔の面積を小さく見せることは可能ですが、それではいかにも「隠しています」という感じが伝わってしまいます。

そこで、思い切っておでこを出してオープンにしてしまうのも一つの手。その際、前髪をくるっとまとめてピンで留めるポンパドールにすると、縦長のラインが長く見えることで、横幅の広さが気にならなくなります。エラのハリが気になる方は、横髪や後ろ髪をコテで巻き、ふんわりさせればカバーできるのでオススメです。

 

■3:デカ顔の要因“肩こり”を解消すべし

多くの人がこっているとされている、首と肩のきわの部分をほぐして、“詰まり”を流すことで、顔全体がスッキリして小顔を手に入れることができます。

方法はとても簡単。首と肩のきわ部分を上から下に圧をかけて押し流し、その後やさしく揉みほぐします。こうすることで詰まりが解消し、むくんで短く見えていた首がシュッと細くなり、顔までスッキリ小顔になれるのです。

 

どれも1分ほどで出来るので、是非試してみて下さい。春に向けて、スッキリ美しい小顔を手に入れて下さいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

うるうるリップで春爛漫!モテ子おすすめ「リップ&シアバーム」3つ

寒さも和らぎ、春の訪れを感じられるこの時期。冬の乾燥により、ダメージを受けてしまったお肌のアフターケアが、大切な季節でもあります。もちろん唇も、お肌同様に乾燥ダメージを受けてしまっています。

そこで今回は、うるうるリップになれる唇ケア法と、おすすめの注目アイテム3つについて、お話します。

 

■“手軽にできる”リップパック

リップのスペシャルケアといえば、“リップパック”ですよね。今回は、お家にあるものでできて、保湿効果を感じられるリップパック方法をご紹介します。

(1)唇をキレイに洗ったあと、唇に蒸しタオルをあて、2~3分温めます。

(2)オリーブオイルを唇にたっぷり塗ったあと、はちみつをのせます。

(3)次に、ラップで唇を覆い、5~10分パックします。

(4)ラップを外し、タオルなどで優しく拭き取った後、リップクリームで保湿保護します。

 

■“うるうる唇”になれる!リップケアアイテム3選

リップの保湿ケアに欠かせないのが、“リップケアアイテム”。しかし、さまざまな商品が発売されているため、どれを選んだらよいのか迷う方も多いはず。そこで、今回はおすすめのリップクリーム&リップバームを3つご紹介します。

(1)資生堂マキアージュ『ドラマティックリップトリートメント』(2,160円<税込>)

2015年11月21日(土)に発売されたマキアージュのリップクリームは、美容オイルが一日中うるおいを与え、荒れがちな唇もやわらかく整えてくれます。下唇の中央に2秒ほど当ててから、口角に向かってくるくると円を描くようになじませることで、とろける美容オイルのマッサージ効果も実感できますよ。

(2)RMK『リップバーム』(2,000円<税抜>)

2015年10月の発売以来人気の、RMK『リップバーム』は、かさつきを防ぎながらうるおいを与えるシアバターと、しっとりと唇を柔軟に整えるアボカドオイルが配合されています。唇にのせた瞬間、やさしくとろけて、触れてみたくなるようなぷるんとした唇になります。

(3)ロクシタン『ウーマンズ デー シアバーム(ローズ)』(1,800円<税抜>)

2016年3月5日(土)発売予定のロクシタン『ウーマンズ デー シアバーム(ローズ)』は、唇だけでなく、乾燥が気になる手肌や髪にも使うことができます。柔らかいテクスチャーなので、肌なじみもよいシアバームです。

 

春を迎える前に“うるうるリップ”を手に入れるため、上記のおすすめコスメを、ぜひ試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

「女優のメイクお直し」は2ヵ所!夕方の疲れ顔が一気に華やぐテク

一日の終わり、気付けばまるでメイクをしていないかのような地味顔になっていることはありませんか? とれかけメイクが気になりつつも、会食やデートなど、次の約束まで時間がない……、そんな時もありますよね。

筆者はこれまで数々の舞台やテレビ等に出演してきたのですが、実は、現場では時間も限られているため、メイクをがっつり直すことは不可能な場合も多いのです。では、どこにポイントを置いているのでしょうか。

今回は、そんな時間のないシチュエーションでも、たった2ヵ所を直すだけで、とれかけメイクがパッと華やかになる、時短お直し術をご紹介します。

 

■とれかけメイクに見える理由とは

メイクがとれかけ、すっぴんのように見えてしまう原因は、ズバリ血色にあります。いくら眉毛やアイメイクがしっかり残っていても、なぜかパッとしないのはピンクや赤など、人間が持つ“血色”が失われているから。血色が悪くなると顔にくすみやクマが現れ、メイクしていても貧相なイメージになってしまいます。

 

■2ヵ所だけ!メイク直しでパッと華やか顔に戻すコツ

(1)チークを入れ直す

メイクでファンデーションを塗ると、肌をキレイに整えることはできますが、肌の自然な血色は消えてしまいます。そこで頬にチークを入れ、血色良く見せるのですが、時間が経ちチークがとれてしまうと冴えない顔色になってしまいます。

なので、時間がない時のメイク直しでは、まずチークを入れ直しましょう。ほっぺにピンク色を戻すことで顔色が明るくなり、パッと華やかさがUPします。

(2)ピンクや赤の口紅を塗る

チークによって頬に色が戻ると、今度は血色のない唇が目立ちます。そこで唇に赤色を戻すことによって、顔色をより明るく見せましょう。もともと唇に色味が少ない方は透明のグロスではなく、ピンクや赤い口紅を使うとより効果的です。

例えば、合コンなどで目立つ大きいポーチを持ち歩き、メイク直しへ行きにくい場合でも、この2つのアイテムだけを別に用意しておけば身軽に席を立つことができるはず。チークとリップのみを小ぶりなポーチに入れておいたり、ハンカチに包んだり、ポケットに忍ばせれば、さくっとお手洗いへ直行できます。

 

ブラウンなど目元の色味とは別に、赤ちゃんのような、もともと人が持つ血色を戻すことによって、とれかけメイクが一気に華やか顔になりますよ。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

わっ…顔色明るくなった!レフ板効果「デコルテのくすみ解消」テク

白色のトップスを着ると、レフ板の効果で顔が明るく健康的に見えます。しかし、「毎日白色のトップス」というわけにもいきませんよね……。ですが、白色のトップスを着なくても顔色を明るく見せる方法があるのです。

それは、“デコルテのくすみ”を取り除くこと。では、どのようにしたらデコルテに透明感が戻るのでしょうか。

 

■透明感のあるデコルテを作る5ステップ

(1)まず、デコルテ部分にクリームやオイルを塗ります。乾燥した状態だと肌に刺激が加わり、くすみを強くすることもあります。

(2)鎖骨の上のくぼんだ部分に人差し指〜小指を添わせ、力を入れずに軽く押してください。その後、鎖骨の下も同様に押します。

(3)再び鎖骨の上に人差し指〜小指を添わせ、内側から外側に軽くさすります。鎖骨の下も同様に。

(4)脇の下にはリンパ節が集まっています。胸の付け根あたりを指で押してみてください。リンパの流れが良くなり、デコルテに透明感が出てきます。

(5)湯船では、首まで深く浸かって首~デコルテを温めましょう。湯船に浸かれない日は、蒸しタオルを使って温めて。デコルテを温めることで、血流が良くなりくすみが改善されます。

 

シャツやVネックのトップスが着たくなる春。輝くデコルテで、顔色もパッと明るく見せちゃいましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

ギャッ…はみ出た!悲劇的な「失敗アイメイク」を素早く直すワザ3つ

働く女性が毎日することの一つと言えば、やはりメイク。職場にスッピンで出かけている人はほとんどいないのではないでしょうか。

メイクは社会人の身だしなみの一つ。印象を良くするためにとても大切なのですが、実際のところ、「面倒くさい」「マンネリ気味……」とメイクに関してお悩みを持つ人も多いのでは?

そこで今回は、忙しい朝に“アイメイク”に失敗してしまった時のお直し方法を、筆者が伝授いたします。

 

■1:アイラインがガタガタになったらアイシャドウを重ねるべし

目もとの印象を強くしたいとアイラインをきっちり引いている人が多いと思いますが、繊細な細いラインを引くのは至難の業。綺麗にラインを描いていたのに最後に手が動いてガタガタ……なんてこともよくあるはず。

そんな時は、手元にあるアイシャドウのダークカラーを細いチップに取って、ラインをぼかすように重ね塗りをし、ラインと馴染ませましょう。こうすることでラインのガタつきが目立たなくなり、目もとのラインも活かせます。

 

■2:マスカラがダマになったら綿棒でオフ

マスカラが新しいうちは大丈夫ですが、長い間使っているとマスカラ液自体が乾燥して、まつ毛にたっぷりとつき過ぎてしまうことがありますよね。

そんな時、まつ毛にできてしまったダマを取り除くには、綿棒が便利です。マスカラが完全に乾いてしまうとダマは取りにくいので、乾ききる前に綿棒で優しくなでるように取り除きましょう。

ちなみに、マスカラを塗っている途中に瞬きをしてしまってマスカラが皮膚に付いてしまった時は、逆に乾燥させてからオフする方がお勧めです。

 

■3:濃くなり過ぎたアイシャドウはスポンジでオフ

アイシャドウを塗り過ぎてしまった後、自分の指で拭き取ろうとする人がいますが、指を使うとお肌に顔料が密着してしまい、更に濃くなってしまう恐れが……。

アイシャドウをつけ過ぎてしまったなと思ったら、綺麗なスポンジでまぶたを軽くなでるようにして拭き取りましょう。軽くなでるだけでアイシャドウが徐々にうすくなるはずです。

あまりにも濃くなり過ぎてしまった場合は、スポンジでも調整が難しいかもしれないので、その時は潔くメイクオフしてやり直してくださいね。

 

毎日の身支度の時間は、とても短く貴重な時間ですよね。もし失敗してしまっても今回のアドバイスを参考に、焦らずお直ししてから出かけてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【姉妹サイト】

※ 2人に1人が肥大化!運動なしで痩せる「正月太り」簡単リセットテク

※ 脱イライラ仕事女子!お昼休みに3分「メンタルリセット」する方法

えっホントに顔小さくなった!舞台メイク流「ファンデで小顔」術

顔の骨格を理想の形に近づけたり、小顔に見せることができるシェーディング。しかし使用方法を間違えると一部分だけ濃くなってしまう、“むらフェイス”に……。

今回は、シェーディングパウダーを使わずに、色の濃いリキッドファンデーションを使用するテクをご紹介。顔を理想の形に近づけながら、自然なメリハリもつけられる。そんな一石二鳥のシェーディングメイク術を、舞台でヘアメイクを学んだ筆者が解説します。

いつもと一味違ったシェーディング、ポイントは塗る順番にあり!

 

■シェーディングにリキッドを使う理由

シェーディング用のパウダーを使うと、塗ったところが分かりやすくなってしまう上に、顔の輪郭に塗ることが多いため、取れやすく、持ちもあまり良くありません。リキッドは一見厚塗りになってしまいそうに思えますが、順番と“ぼかし技”によって、自然に小顔に見せることができます。細かい修正を行えるように、必ず“手で”のばしましょう。

 

■シェーディングの手順

(1)塗るのはファンデーションの前

普通、全ての手順が済んでから気になるところにシェーディングを入れるかと思いますが、下地の次に色の濃いリキッドを使いシェーディングを入れます。頬骨やエラなど、へこましたい部分にのせましょう。

パウダーと違い、あとからぼかすため、のせる量はごく少量で十分です。のせた部分から“外側”にぼかしていきましょう。この時、鼻の横にも少量のばすと、ノーズシャドウとして顔にメリハリができます。

(2)ファンデーションとなじませる

シェーディングをのばしたら、普段使いのリキッドファンデーションを顔の中心からのばしていきます。シェーディングの部分とぶつかったら、シェーディングのふちをぼかすようにポンポンとなじませます。ファンデーションがハイライトの役割をしているため、シェーディング用のリキッドを内側にのばして、顔の中心まで暗くしてしまわぬように気を付けましょう。

 

■のせる場所が小顔をつくるポイントに

顔の輪郭全てにベタっと塗ってしまうと、へこませたい部分と、それ以外の部分の差がわからなくなってしまいます。上画像のように、頬骨とエラの間をはっきりとあけ、ぼかす時もシェーディング同士がつながらないように注意しましょう。

 

濃いリキッドをはじめにぼかしておくことで、メリハリのあるキュッと締まった小顔になれますよ。濃いリキッドファンデをお持ちの方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

人気ヘアメイクJunJunが指南!「一重の人がやると逆効果」NG3つ

一重や奥二重に似合うアイメイクの仕方って、実は参考になるものが少ないですよね。アイメイクは自分の目の形や全体の雰囲気に合っていないと、きつく見えたり、やりすぎに見えたり。それだけでなく、アイメイクが早く崩れて、夜にはパンダ目のような悲惨な状態になることも……。

今回は、テレビでも話題のヘアメイクアップアーティストJunJun(岩本惇源さん)に、一重・奥二重の人がしてはいけないメイクについて教えてもらいます。

JunJunさんの新著『男子にはわからない女の子だけの楽しみ』からお伝えしていきます。

 

■1:全体につけまつ毛をつける

自分の目幅より大きめだったり、真っ黒だったりするつけまつ毛は、一重さんの顔の許容オーバー。目尻や中央のどちらかだけに3ミリくらいのつけまつ毛だけをオンするなど、自分にあったつけまつ毛、マツエクのつけ方を見つけてください。

 

■2:太いアイラインを引く

「ラインを引けば、目が大きくなる」と思っていませんか。やみくもにラインを引いて、逆に目を小さく見せている人が多いようです。アイラインの引き方は人それぞれ。人によっていちばん違うものなのです。どうしたら目が大きく見えるか、ちゃんと分析しながら描きましょう。

 

■3:濃いアイメイク

ナチュラルに可愛く、キレイに見せたいなら、アイメイクは思い切って、軽く整える程度に。一重や奥二重の場合は、眉やアイメイクを頑張れば頑張るほど、「可愛い」とはかけ離れ、クールな印象になっていきます。

アイメイクの変わりに、肌やチークを血色と光が出るようにつくり、印象を残すようにすると効果的。

 

間違ったメイクだと、逆に目が小さく見えたり、クールな印象になってしまいがちな一重・奥二重。ツケマやエクステ、アイラインも目の形をよくみて、目が大きく見えるポイントを抑えることが大切ですね。

 

【取材協力】

※ JunJun・・・ファッション誌『LARME』『JELLY』『nuts』『BLENDA』や広告、カタログ、東京ガールズコレクション(TGC)など、ファッションショーでも活躍中のヘアメイクアップアーティスト。

 

【参考】
JunJun(岩本惇源)(2015)『男子にはわからない女の子だけの楽しみ』(ダイヤモンド社)

あぁ…みんな残念!眉メイクの基本「色選び」成功の秘訣2つ

顔の印象を左右する重要なパーツといえば眉。自然な眉を描くには、眉メイクアイテムの色選びも重要です。しかし色選びに失敗し、不自然な仕上がりになっている女性は少なくありません。

そこで今回は、美眉アドバイザーとして活動する筆者が、自然に仕上がる眉メイクの色選びについてご紹介します。

 

■髪色と同系色を選ぶのが成功の秘訣!

眉メイクアイテムの色を選ぶときに参考にしたいのが“髪の色”です。例えば同じブラウンでも黄味が強い茶色と、赤味が強い茶色とでは似合う眉色が異なります。黄味がかったブラウンの髪色をしているのに、眉の色が赤味がかったブラウンだと、髪と眉の色がちぐはぐになり、仕上がりが不自然になることも。

まずは髪色をしっかりチェックし、同じ系統色を選ぶのがオススメです。髪色が分かりづらい場合は、これから髪を染めるときに美容師の方に色味を確認するとよいです。また、髪色が深く暗いブラウンの人はダークブラウンを、真っ黒な人は、ダークブラウンやグレーの色合いを選ぶとよいです。

 

■髪色よりワントーン明るい色味を選ぶのがポイント

眉メイクアイテムを選ぶときは色の明るさも意識したいところです。眉は髪色よりも濃く描くいてしまうと眉が必要以上に主張し、顔全体のバランスが悪く見えてしまいます。逆に髪色よりかなり明るい色で描くのもNG。眉は薄すぎると表情が乏しく見えたり、不健康で幸が薄そうに見えたりしてしまいます。

そこで、髪色よりもワントーン明るい色を選ぶのがおすすめです。もともと眉と髪では髪の毛の方が一本一本が太く色も濃いため、眉は髪色よりもワントーン明るい色で描くと自然に仕上がります。

 

■眉メイクアイテムは必ずテスターを使用して確認!

アイブロウペンシルやアイブロウパウダーを選ぶときは、色味だけ見るのではなく、是非テスターを使用してみてください。見ている色と、実際肌にのせたときに色が異なることもあります。

また、アイブロウペンシルの中には芯が固くて描きにくいものもあります。芯がやわらかく色が肌にのりやすいものを選んだ方が、肌への負担が少ないのでおすすめです。アイブロウパウダーは色がしっかり肌にのるものと、のらないものもあるので、手の甲で色の発色を試すとよいです。

 

以上、自然に仕上がる眉メイクの色選びについてご紹介しました。是非参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【姉妹サイト】

※ しまわず見せる!IKEAグッズ2つで完成「オシャレな帽子収納術」

※ ウッ幻滅!同僚男性がアナタを「異性として見れなくなる」残酷な瞬間3つ