最悪っ!どーしても消えないクマが「目の下チーク」でパッと消える

目の下にクマがあるだけで、“体調が悪く”見えてしまうことがありますよね。「クマをなんとかしたい!」と、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしても、クマは消えず、ドロドロな“メイク崩れ”を招いただけ……なんて悲劇も!

しかしファンデーションの厚塗りに頼らず、目のクマを目立たなくする方法があるのです。それが叶うのが“チーク”。目の下に色味を足すことで、パッとクマが消えて見えるのです。

今回は美容ライターの筆者が、目のクマを“チーク”で目立たなくするテクニックを3Stepでご紹介します。

 

■Step1:コンシーラーを薄く伸ばす

チークを使用する前に、目のクマにコンシーラーをのせます。使用するコンシーラーの色は、“クマの種類”によって選びましょう。

・青グマ・・・オレンジ系のコンシーラー

・茶グマ・・・イエロー系のコンシーラー

血行不良が原因の青クマにはオレンジ系、色素沈着やくすみが原因の茶クマにはイエロー系。それぞれに合ったコンシーラーを使用することで、目のクマを目立ちにくくしてくれます。

しかし“塗りすぎ”は、皮脂や汗によって崩れやすくなるので注意しましょう。

 

■Step2:クリームチークを目の下にのせる

次に、クリームチークを気になるクマよりも少し下にのせていきましょう。クリームチークはツヤ感を出しながら肌に色味をプラスすることができます。ツヤと色味の両方によって気になるクマを目立ちにくくしてくれるのです。

また、クリームタイプのチークは落ちにくく色持ちがいいのでオススメです。

【クリームチークの塗り方・プロセス】

(1)塗りすぎを防ぐために、クリームチークを一度指に取り、手の甲にのせて量を調節する

(2)笑ったときに一番高くなる頬骨を中心として、中指・薬指を使ってポンポンと叩くようにしてのせていく

中指・薬指は、力が入りにくい指なので、肌への刺激を防ぐことができます。ポンポンと叩くようにのせることで、肌摩擦を防げます。

 

■Step3:仕上げにパウダーチークをのせる

仕上げに、ブラシを使用して、クリームチークと同系色のパウダーチークをのせていきましょう。ブラシを使用することで、パウダーチークを発色よくキレイにのせることができます。

ポイントは目のクマとクリームチークの境目を馴染ませるようにのせること。このステップで自然な仕上がりが実現します。

頬骨を中心として、内側から外側に向かってクルクルとのせていきましょう。

 

消えない目のクマを“チーク”で目立たなくするメイクテクニックをご紹介しました。どうしても消えないクマには、チークの使い方を工夫して健康的に見せましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

それじゃ…効果半減!? もっと美肌になれる「美容液のつけ方」5ステップ

目尻の“小ジワ”に、いつの間にかできた“シミ”……。そんな肌悩みを解決するために、スキンケアに“美容液”を取り入れている方も多いのではないでしょうか。しかし、使い方を間違っているとせっかくの効果が半減してしまいます。

今回は美容ライターの筆者が、美容液の正しいつけ方をご紹介します。

 

■美容液をつける目的

美容液とは、保湿・美白成分などの美容成分を豊富に含んでいる基礎化粧品のこと。化粧水や乳液といった基本のお手入れだけでは物足りないときに、プラスして使うのが基本です。

 

■美容液の種類は

美容液には、さまざまな種類があります。目元のシワなどにアプローチするもの、乾燥による小ジワやくすみを防止してくれるもの、日焼けによるシミやそばかすを防ぐもの、たるみに働きかけるものなど。

各メーカーから、さまざまな美容液が発売されているので、自分の肌悩みによって選びましょう。

テクスチャーもオイル・ジェル・クリーム状などさまざまです。

 

■「美容液の正しいつけ方」5ステップ

早速、美容液のつけ方をご紹介します。化粧水で肌に潤いを与えた後に、使用しましょう。化粧水がしっかり肌になじんでいると、美容液がより角質層に浸透しやすくなります。

美容液を手のひらに取ります。使用量は、美容液の説明書に記載されている量を使用してください。

(1)まずは頰から塗布していく

人差し指・中指・薬指でくるくると、内側から外側に円が大きくなるようなイメージで頰に塗布していきます。手のひらではなく指の腹を使うことで、肌への摩擦を防ぐことができます。反対側の頰も同様に行いましょう。

(2)額に塗布していく

人差し指・中指・薬指を使ってくるくると、中心から外側に円が大きくなるようなイメージで、こめかみに向かって伸ばしていきましょう。

(3)鼻筋に塗布していく

左手→右手の中指と薬指で交互に塗布していきましょう。こうして塗ると血流をよくしてくれるので、美容液の浸透力がアップします。

そして、鼻の下にもしっかりなじませていきましょう。親指の側面で、鼻の下から上唇のカーブに沿ってつけていきましょう。親指の側面だとちょうど鼻の下にフィットするので、美容液が塗りやすくなりますよ。

(4)親指の側面を使って、顎から耳の下まで引き上げていく

耳の下は、老廃物を排出してくれる“リンパ”があります。老廃物をしっかり流しせるよう、力が入れやすい親指の側面を使うことをおすすめします。

(5)目元に塗布していく

目元は顔のパーツの中でも一番、皮膚が薄く敏感だといわれています。また、汗腺・皮脂腺がないので、すぐに乾燥してしまう部分です。

だから、目元部分にはたっぷりと美容液をつけ、潤いを与えてあげましょう。美容液を、上まぶた・下まぶたそれぞれに、左・中・右と3点ずつ置いていきます。その後、薬指を使って、目頭から目尻に向かって優しく伸ばして下さい。薬指は、指の中でも弱い力で塗布することができるため、敏感な目元には薬指を使ってくださいね。

 

以上、美容液の正しい使い方をご紹介しました。美容液だけではなく、他のスキンケアアイテムもこの塗り方を行うと、効果が高まりますよ。

ぜひ、今回ご紹介した美容液の正しい使い方を参考にしてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

アルミホイルと塩と熱湯だけ!3分で「シルバーの黒ずみ」解消テク

冬になるとタートルネックや首回りが隠れる機会が多く、夏まで大活躍していたシルバーアクセサリーもタンスの肥やしに……、久しぶりに着けてみようと、ジュエリーボックスを開いて「黒ずんでる!」なんて驚いた経験ありませんか?

そんな状況を「酸化した」とか「錆びた」と勘違いしてしまっている人が多いですが、実は黒ずみの原因は“硫化”だったんです!

そこで今回は美容ライターであり、かつて化学を専攻していた筆者が、3分でシルバーアクセサリーを綺麗にする方法をご紹介します。

 

■黒ずみの原因は“硫化”にアリ?

温泉にシルバーアクセサリーをつけたまま入ると急激に黒ずむことがあるのは、温泉の“硫黄”という成分のせい。日常生活においても空気中に含まれており、シルバーが反応して“硫化銀”が発生することで黒ずみの膜が出来てしまいます。

それでは、この黒ずみの原因を溶かす方法を説明しましょう。

 

■家庭にあるアイテムだけでピカピカに輝かせる方法

必要な道具はほとんどの家庭にもある、アルミホイルと塩、そして熱湯だけです。ヤケドをしないように気をつけてくださいね。

(1)アルミホイルの上に黒ずんだシルバーアクセサリーをのせ、まんべんなく塩をふりかけます。

(2)そのまま深めの器に移し、沸騰した湯をアクセサリーが浸るぐらいまで注ぎます。これは“電解法”という化学反応を利用して、黒ずみの原因である硫化膜を分解する方法です。温度が下がると効果が薄れてしまうので、アルミホイルごと鍋でグツグツ煮ることも可能です。

側面など落ちにくい箇所は柔らかい歯ブラシで、優しくこすりましょう。

(3)3分ほどお湯の中に浸したら水でよくすすぎ、柔らかい布などで水気をオフしてください。もし黒ずみが激しい場合は、長めにお湯に浸すと良いでしょう。

シルバーアクセサリー専用のクロスなどで磨くと“研磨剤”によって、表面が少しずつ削られていくのが心配ですよね。上記の方法なら、家庭にあるアイテムだけで、数分で黒ずみ問題が解決するのが嬉しいポイント!

 

お気に入りのアクセサリーも長年使うと、汚れや傷が目立ってくるもの。小まめなお手入れが輝きを保つ秘訣です。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 中学生か!「未だに母親が買った服を着てそう」2位嵐・二宮、1位は

※ ココで差がつく!男性に最後に選ばれる「イイ女だと思わせる方法」3選

彼のワクドキ…最高潮!「お泊りデート」までのカウントダウン4テク

彼とのお泊りデートは、普段のデートとは違ってやっぱり特別。そんなデートには彼にだってドキドキして盛り上がってほしいですよね。そのためには、女性側が事前に計画しておくことがあります。

今回は、お泊りデートで彼も最高潮にドキドキしてもらうために、プランしておくべきことをご紹介します。

 

事前にお泊りの日を決める

通常のデートだったはずが、「今夜泊まろう!」と突発的にお泊りデートに変わることはあるかもしれません。でも、お泊りの日までのドキドキを高めるためには、あらかじめお泊りの日を決めておくと良いでしょう。

「○日に泊まりに行きたいんだけど……」と彼に伝えれば、彼が喜ばないはずはなく、「あと○日」とカウントダウンを楽しめます。

 

リスケジュールする

お泊りデートの予定を決めたら、一度そのスケジュールをキャンセルして、もう一回予定を組み直すのもひとつの手。「今度こそ!」という期待が余計に高まっていくはずです。

ただしリスケジュールがうまくいかないと「せっかく楽しみにしてたのに……」と彼の気持ちが折れてしまい、逆効果になってしまう可能性もあるので彼の反応を見つつ、勝負に出ましょう。

 

楽しみにしていることを素直に伝える

彼とのお泊りは、女性なら「恥ずかしい」と思う場面があるもの。それでも大好きな彼との特別な日を楽しみにしていることを伝えたら、彼の期待だってますます高まることは間違いありません。

「あと○日だね」「○日のこと楽しみにしてるね!」などと、素直に彼に伝えてみましょう。

 

部屋着や翌朝のプランを彼に相談する

彼女とのお泊りデートで男性側が楽しみにしていることと言えば、彼女の部屋着やパジャマ姿を見られることと、翌日の朝ごはんでしょう。

だから、わざと「○○の部屋着持っていこうかな~」とか「次の日の朝は○○を作ってあげようか?」などと彼に相談してみると、彼の妄想が膨らんで気持ちも盛り上がっていくでしょう。

 

お泊りデート当日に彼をガッカリさせないためには、「悪臭で彼がウッ…!悲劇を生む“お泊まりデート前日”のNG行為一覧」「彼ドハマり!“お泊まり翌朝”にするとオトコ心に突き刺さる行動4つ」などを参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

実は小顔効果も!「マスクでいつもより可愛くなる」メイクルール3つ

風邪の予防や花粉症対策としてマスクを着用する女性も多いのではないでしょうか。マスクといえば「つけるとメイクが崩れる」「ダサい雰囲気になる」など、マイナスイメージを持つ人が少なくありません。

しかし、実はマスクを上手に取り入れることで小顔&デカ目効果が得られ、いつもより可愛く見せられることも!

そこで今回は、メイク講師の経験を持ち、現在は美眉アドバイザーとして活動する筆者が、マスク美人になるための3つのルールをご紹介します。

 

■1:マスクはジャストサイズかやや大きめを選ぶ

マスクを選ぶときに意識したいのがサイズです。あえて小さめのサイズのものを選ぶ人もいますが、実は小さめのマスクは顔が大きくぽっちゃりと見えてしまうことも。顔全体がすっぽり隠れるサイズの方が、“マスクに余裕がある=小顔”という視覚効果につながります。

 

■2:薄眉はNG!眉はいつもより丁寧に描く

マスクをしているときは、目から上のパーツで顔の印象が決まります。眉がキレイに描けていると清潔感があり、メイク上手に見えます。逆にパウダーだけでボワッと描いてしまうと、清潔感が薄れ、どこかだらしない雰囲気に見えることも……。そこで、以下2つのポイントを意識するのがおすすめです。

(1)眉尻をキュッと細く

眉尻がキュッと細くなるように描いてあげると、清潔感と女性らしさが際立つのでおすすめ。眉メイクでは、眉尻をキレイに細く描くためにアイブロウペンシルを使用します。普段はアイブロウパウダーしか使わないという人も、マスクのときはペンシルとパウダーの両方を使用するとキレイに仕上がります。

『美レンジャー』過去記事「3ステップで一気に眉美人!顔の印象アガル“自然な眉毛の描き方”」を参考に、眉を描いてみてください。

(2)眉は髪色よりワントーン明るい色味で描く

最近は眉をかなり明るい色で描く人も多いのですが、マスクのときはおすすめできません。薄い眉は生命力が弱く、不健康な印象につながります。普段はチークやリップで血色がプラスされているからこそオシャレに見える薄眉も、マスクをすると一気に不健康に見えてしまいます。

眉の色は、髪の色よりもワントーン明るい色味で描くと自然に見えます。髪色を参考に、眉メイクアイテムの色選びをしてくださいね。

 

■3:アイシャドウはベージュ系!クリームシャドウで密着度UP

マスクが似合うメイクのキーワードは清潔感。アイシャドウはベージュや薄いピンク、アイボリーなどがおすすめです。濃いグレーやゴールド、カーキやネイビーといったアイシャドウは、純白や薄いピンクのマスクと合わせるとケバく見えることもあるので、肌馴染みのよい色を選ぶのがポイントです。

また、マスクの隙間から息が漏れることから、マスク着用時はアイメイクが落ちやすい傾向にあります。濃い色のアイシャドウは目の下のパンダ目を招きやすいため、避けた方が無難です。アイライナーはペンシルよりもリキッドタイプの方が落ちにくいのでおすすめです。

アイシャドウが落ちやすい……という人は、アイシャドウベースや、アイシャドウと同系色のクリームシャドウを軽くなじませてから、パウダーアイシャドウをのせると密着が高まります。

 

以上、マスク美人を作る3つのポイントをご紹介しました。是非試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ お通じが週1回から週5回に!チョコレートの便秘解消効果がスゴイ

※ 「ここが私の家よ」はThis is me!初デートでよく使う意外な英語表現

げっ…鼻下ボロボロ!女度急降下な「花粉症トラブル」回避策3つ

花粉症といえば、マスクにティッシュ、目薬は、手放せない必須アイテムでしょう。それと同時に「化粧崩れがヤバイ」という問題も浮上するもの。

いくらマスクに口紅がベッタリ付いてしまったり、ティッシュで鼻をかみすぎて鼻の下がガサガサ……挙げ句の果てには目薬で“パンダ目”なんてボロボロすぎ!

そこで今回は、美容ライターの筆者が、花粉症トラブルを防ぐテクニックをご紹介します。

 

■1:マスクをつける時は“グロス”は避けよう

花粉症対策として、すっぴん隠しでも大変重宝されるマスク。ところがメイクをしているとマスクの内側に口紅がつき、落ちてしまうのを嫌って「何も塗らない」なんて人も多いはず。

せっかくバッチリ決めたメイクも、リップが無いだけで華やかさが激減……マスクを外した瞬間のガッカリ度が上がってしまいます!

こんな時は、ベタつきやすい“グロス”は避けて、指でトントンと口紅の色をのせるのがオススメ。また頬に使うクリームチークを合わせて唇に使えば、血色良く自然にメイクできます。

 

■2:鼻下のガサガサには“リップクリーム”を塗ろう

止まらない鼻水をティッシュで何回もかんでいる内に、気がつけば鼻下がガサガサに……これは乙女の非常事態です!

どうしても焦ると、ファンデーションの厚塗りで隠そうとしがちですが、これは余計に目立たせてしまい逆効果に。

ここでは応急処置として、保湿成分のあるリップクリームを鼻の下に塗りましょう。メンソールなどスースーするタイプの使用は控え、保湿効果の高いリップがオススメです。

 

■3:パンダ目対策にはクリームタイプの“アイシャドウ”を使おう

目がショボショボする度に目薬をさしていると、アイメイクが崩れて“パンダ目”になりやすいのが、花粉症のやっかいなところ。

もちろんウォータープルーフのマスカラ&アイラインはマストアイテムですが、ここでおすすめしたいのが、“クリームタイプのアイシャドウ”です。

クリームタイプのアイシャドウは、ナチュラルな発色が魅力。少し硬めのテクスチャーのものを選び、指でトントンとのせ、ヨレ防止のためにも仕上げにフェイスパウダーをオン。肌への密着度が高まり、パウダータイプのアイシャドウより崩れにくくなります。

 

花粉症トラブルを恐れて、どんどん薄いメイクになってしまうのは女度急降下のピンチ! 春先も一工夫でおしゃれを楽しみましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

あぁ残念!みんな思ってる「横顔おブス女子」メイクの失敗3パターン

多くの女性がメイク時にやりがちな失敗が、“正面からしか鏡を見ない”ということ。正面から見たときは完璧でも、横から見ると不自然に見えるパーツもあります。人からは横顔の方が多く見られているだけに、普段から横顔もしっかりチェックしたいところ。

そこで今回は、過去にメイク講師の経験を持つ筆者が、残念な横顔を招くNGメイク法を3つご紹介します。

 

■NG1:眉尻が上がりすぎ、下がりすぎ

念入りに眉メイクをしたはいいものの、その仕上がりを正面からしか見ていない人は少なくありません。そのことで、横から見たときに眉尻が残念なことになっている女性が多数! 顔は平面ではなく立体。そのため、正面から見たときにちょうどよい角度でも、横から見たときに不自然になってしまっていることも。

たとえば横から見ると眉尻が上がりすぎている、下がりすぎているという人が多いです。眉メイクが完成したら、正面だけでなく、必ず横からも見るようにして、不自然な角度になっていないかチェックすることが大切です。

 

■NG2:ギュンと上げ過ぎた“L字”まつ毛

目をパッチリと見せるために、まつ毛を根元からグッとビューラーでカールさせている女性も少なくありません。しかし、ビューラーでグッと挟みすぎると、まつ毛が根元でカクッと折れ、横から見るとL字型の不自然なまつ毛になってしまいます。

まつ毛が自然なカールになるよう、根元、中間、毛先の三か所を力を入れ過ぎないようにビューラーで挟むとL字まつ毛を防げます。

 

■NG3:リップライン・口角のぼやけ

横から見たとき、リップラインや口角がぼやけている女性が意外と多いです。リップラインがハッキリとしている唇は色っぽく見え、口角もキュッと上がって見えます。一方、リップラインがぼやけている唇は、老けた印象になったり、だらしない雰囲気に見えることも。

口紅を塗るときは、リップラインをとってから塗るようにしたり、口角から1センチ程度、コンシーラーを唇のアウトラインを際立たせるように入れたりすると、それだけで口角がキュッと上に上がり、横顔が女性らしく見えるのでおすすめです。

 

以上、残念な横顔を招くNGメイク法をご紹介しました。毎日のメイク時は、横顔もチェックして、360度美人を目指してくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【姉妹サイト】

※ 秘密のアダ名をつけちゃえ!「人間関係のストレス」劇的解消法3つ

※ 結婚かお別れか…!? 「今カレとの関係」アラサー女子の見極めポイント

5つのコツであか抜ける!「引き算メイク」が今、一番イイ感じ

最近は、ファッションもヘアも“がんばってます”感のない、こなれたスタイルが注目を集めています。もちろんメイクも同様です。素肌っぽさが感じられる自然なメイクがトレンド。しかし、「メイクでの抜け感の出し方が分からない……」という人も少なくありません。

そこで今回は、過去にメイク講師の経験がある筆者が、メイクであか抜ける5つのポイントをご紹介します。

 

■1:“全パーツ力を入れてメイクする”をやめてみる

アイメイクもしっかり、眉メイクもしっかり、リップやチークもしっかり……と、全パーツを力いっぱいメイクしすぎると“がんばってます感”が出てしまいます。

たとえばアイメイクをしっかりしたときは、リップやチークの色味を抑える、逆にリップやチークで明るい色味を使用する場合はアイメイクを控えめにするなど、がんばるパーツと控えるパーツを作ってあげるとメイクに抜け感が出やすくなります。

 

■2:“目の際ギリギリまで入れるアイライン”をやめてみる

アイラインを「目頭から目尻までキッチリ入れなければならない」と思い込んでいる女性は少なくありません。しかし実は、アイラインは「目頭から1センチ程度はあえて入れない」のがおすすめ。こうすることで目元に自然な抜け感が生まれ、柔らかで女性らしい雰囲気になります。

 

■3:“眉をしっかり描く”のをやめてみる

メイクでこなれた雰囲気を出したい場合は、眉の輪郭をしっかり描きすぎるよりも、少しぼかすくらいが丁度よいです。眉尻や眉毛が生えていない部分はペンシルアイブロウで、あとはパウダーアイブロウで描くとふんわりとした自然な眉に仕上がります。

「どうしても眉をクッキリ描いてしまう」という人は、描いた後にスクリューブラシで輪郭を2~3回ぼかしてあげると、眉の輪郭がやわらかくなるのでおすすめです。

 

■4:“ボリュームまつ毛”をやめてみる

アイメイクを盛りすぎると、抜け感からどんどん遠ざかってしまいます。まつ毛はボリュームよりも一本一本を細く長く見せるように意識すると、目元に自然なパッチリ感が出ます。

マスカラはボリュームタイプではなくロングタイプを選んだり、マスカラをつけたあとにまつ毛をコームでとかしてあげたりする、まつ毛一本一本が際立ち、余分なマスカラがとれるのでおすすめです。

 

■5:“ファンデーション全部のせ”をやめてみる

ファンデーションは、生え際やフェイスラインぎりぎりまでしっかり塗りこむ必要はありません。顔の中心部分のみカバーし、生え際やフェイスラインはパフに残ったものをなじませる程度でOK。そうすると肌に素肌感が出やすく、また、顔に自然な陰影ができることから小顔効果も期待できます。

ただし、日焼け止めやUVカット効果のあるメイク下地は隅々まで塗ってくださいね。

 

以上、メイクであか抜けるポイントをご紹介しました。これらを参考に、流行のあか抜けフェイスを楽しんでみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【姉妹サイト】

※ 狩野英孝も当てはまる!? 専門家が教える「女好き男の浮気防止法」

※ 知らないとヤバイ!誤解されちゃう英会話「Me, too」の使い方

量も順序も勘違い多数!仕上がり激変「ファンデの正しい塗り方」

最近のベースメイクのトレンドは、素肌感のあるツヤ肌。しかし時代と逆行するかのように、こってりとファンデーションを肌にのせ、ツヤ肌どころかオバ肌を招いてしまっている残念女子も少なくありません。

そこで今回は、過去にメイク講師の経験を持つ筆者が、崩れにくくキレイに仕上がるパウダーファンデーションの適量についてご紹介します。

 

■半顔でパフ一回分が正解!つけ過ぎるとメイク崩れのもと

ファンデーションは重ねれば重ねるほどメイク崩れを招きやすくなり、また、肌の透明感も失われてしまいます。つけ過ぎるとマットで粉っぽくなり、実年齢より老けて見られてしまうことも! 素肌っぽさを重視したツヤ肌を作るには、ファンデーションの使用量も重要です。

半顔に使用する目安の量は“パフ1回分”です。パフの面積の2/3程度のファンデーションで十分半顔をカバーできます。何度もファンデーションをとり直してはつけて……を繰り返す必要はありません。

さらに、この適量のファンデーションでナチュラルなツヤ肌に仕上げるためには、パフを肌の上ですべらせる強さや、肌にのせる順番も重要です。

 

■キレイに仕上げるにはフェザータッチ!頬からのせるのがカギ

以下の手順でファンデーションをつけるとキレイに仕上がります。

(1)頬、額、鼻、口、目の順でのせる

ファンデーションは面積の広い頬や額から順にのせます。このとき、パフを擦りつけるのではなく、力を入れずに肌の上を滑らせてパウダーを置いてくるようなイメージでのせるとムラなくキレイに仕上がります。

その後、鼻、口のまわりにのせ、最後にパフに残ったパウダーで目元をカバーします。目元や口元などの表情筋がよく動く部分は、ファンデーションを重ね過ぎるとメイク崩れを招きやすくなるので、薄く伸ばすことが大切です。

シミやクマが気になる場合はファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラーで部分的にカバーするのがおすすめです。

(2)頬の高い位置だけファンデーションを重ねる

頬骨のあたりは、シミや色ムラをはじめとしたトラブルが出やすい部分です。そこで、パフにファンデーションを少しだけとり直し、頬の高い部分のみを丁寧に抑えるように重ねづけします。ただし、ファンデーションをとり直す量は少量にし、厚塗りにならないように気をつけてください。

 

以上、パウダーファンデーションの適量とキレイに仕上げるコツをご紹介しました。是非試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【姉妹サイト】

※ 普通の男とツボが違う!専門家が伝授「高収入男性の心を掴む」会話術

※ 残念賞!? イケてない女子認定されちゃう「ヤバいスーツ姿」ワースト3

女優のヒミツテク教えます!「彫り深デカ目」を作るダブルライン術

舞台メイクには、遠くのお客様まで顔がはっきり見えるよう、様々な工夫がされています。今回は舞台女優として活動する筆者が、舞台メイクでよく使われる技法“ダブルライン”を応用し、目がくっきり大きく見えるアイメイクを解説します。

一重の方は過去記事の「メイクだけで“一重を二重に見せる”!舞台女優の魔法テクを公開」を参考にしていただくとわかりやすいでしょう。ひと手間加えるだけで、くっきりとした“彫り深な目”になるダブルライン、さっそくご紹介しましょう。

 

■ダブルラインとは

主に舞台メイクで使われる技法で、二重の上にさらに濃いラインを引き、目の窪みを、より深く見せるものです。宝塚のメイクをイメージしていただくとわかりやすいと思います。

普段のメイクで舞台用のダブルラインを引いてしまうと、さすがに引かれてしまうと思いますので、ダブルラインの位置を変えて自然に見せる応用編でご紹介します。

 

■くっきり彫り深アイのつくり方

(1)二重の線をなぞる

まずは、ブラウンのペンシルアイライナーを使って、二重の線をなぞっていきます。ずれてしまうと目を開けた時、ラインが見えるところと、見えないところが出てきてしまうので、線の上をぴったり引くように意識をしましょう。

(2)ぼかす

このままでも目を開けた時は自然なのですが、下を向いた際に不自然な線が見えてしまうので、指や綿棒を使って“上方向に”ぼかします。上方向にぼかすことによって、まぶたの窪みに影ができ、さらに二重がくっきり見えます。

(3)二重の終わりにもうひと手間

下画像の部分。目尻の二重の延長線上を、ほんの1ミリだけ延ばします。ポイントは、跳ね上げたり下げたりせず、あくまで二重の線が続いているように、延長線上を意識することです。ここを延ばすと、外国人風の彫りの深い目になります。

 

■ダブルラインのポイント

(1)上手に引くコツ

線を引く際に、瞼をしっかり閉じず、半目にしながら行うと、二重のラインがわかりやすくなりますよ。

(2)順番が大切

あくまでナチュラルにという方は、アイシャドウを引いてからラインを入れてください。よりくっきりさせたいという方は、すべてのメイク手順が終わってから、最後にラインを引くことをおすすめします。

 

線を二重に重ねることで、くっきり彫り深に見せるダブルライン。いつものメイクにちょい足しをして、印象的な目元に変身しましょう。ぜひ試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】