男子ウケも抜群!第一印象で「親しみやすい人」に見せるメイク技3つ

この時期は、“新たな出会い”が多い時期ですよね。初対面の方に「この人は近づきにくいな……」と思われるのは避けたいですよね。

今回は美容ライターの筆者が、男性から「もっと仲よくなりたい……」と思われ、“親しみやすい人”に見えるメイクになるためのポイントを3つご紹介します。

1:ツヤ感のある肌

周囲から思わず「触ってみたい……!」と思われる“ツヤ感のある肌”。マット肌がつくり込んだ印象を与えるのに対し、ツヤ肌はナチュラル感があり親しみやすく見せることができるのです。また、透明感もあるので、イキイキした健康的なイメージが出せます。

ツヤ肌に見せるためには、メイク前の“スキンケア”とファンデーションでの“肌づくり”が重要。

スキンケアは、しっかり保湿すれば自然なツヤが生まれます。そして、メイクでの肌づくりは、ハイライトを使用しましょう。

この時期は、皮脂が出やすいので“パウダータイプ”のハイライトを使用して、皮脂・汗による化粧崩れを引き起こさないようにしましょう。Tゾーン・鼻筋・頬骨・顎にスッと入れると、ツヤのある肌が完成します。

2:引き算メイクを心がける

“新しい出会い”が多いと、ついつい気合いを入れてメイクをしてしまいませんか? その結果、すべてのパーツが“濃いメイク”になっていることも……。しかし濃いメイクは、相手に“頑張りすぎ”や“ケバい”というイメージで見られてしまいます。これでは近寄りがたい印象に。

そこで心がけたいのが“引き算メイク”。アイメイクをしっかりするのならば、リップはナチュラルカラーに。リップカラーを濃くしたいなら、チークを塗らない……といった、引き算メイクを意識してみましょう。

3:血色感のあるカラーで「柔らかい雰囲気のある女性」を演出

例えば、ブルー・グレー・パープルなどのカラーは、血色感がありません。これらは、“クール”な雰囲気を演出するときに使用しましょう。

反対に、親しみやすい人に見せるためには、柔らかい雰囲気を演出することが大切。血色感のあるピンク・オレンジといったカラーを使用しましょう。

アイシャドウ・チーク・リップに、血色感のあるピンク・オレンジのカラーを使用すると、柔らかい雰囲気のある女性を演出することができます。これが、“親しみやすい人”に見せることができる秘訣です。

新たな出会いで、「あの人と話したい」と思わせるためにも、今回ご紹介したメイクのポイントを参考にしてくださいね。

冬と同じじゃ…NGだった!花粉に紫外線「春やるべき肌ケア」3つ

いよいよ、春本番。シミの原因になる紫外線の量が増えたり、肌のかゆみを引き起こす花粉が気になったりする時期です。これらの肌トラブルを軽減させるためには、季節に合わせたスキンケアが必要です。

今回は、日本化粧品検定1級の筆者が、春に取り入れるべきお手入れ方法を3つご紹介します。

1:洗顔料はよく泡立てて使用する

春は肌の刺激になる“花粉”が多く発生しています。外出した後の肌は、“花粉”が付着していることが多いため、洗顔でしっかり落とすことが大事です。

洗顔料をよく泡立てて、“泡で洗う”イメージで顔を洗いましょう。キメ細やかな泡は、肌についた汚れや花粉をしっかりキャッチして落としやすくしてくれます。

2:「アルコールフリー」の化粧水を使用する

季節の変わり目は寒い日と暖かい日の気候差があります。この不安定な環境の変化に肌がついていけず、肌の“ターンオーバー”が乱れがち。すると外的刺激から肌を守ってくれる“バリア機能”が低下してしまいます。

バリア機能が低下している肌はとっても敏感。乾燥や肌荒れを引き起こしてしまいます。そこでしっかり“潤い”を与えて、バリア機能を高めてあげることが大切なのです。

保湿には、肌への刺激が弱く安心して使用できるアルコールフリーの化粧水を使用しましょう。

刺激になりやすいコットンで化粧水をつけるのはやめ、ハンドプレスでつけていきましょう。

3:「ビタミンC誘導体」を配合している化粧品を使用する

春は紫外線の量が増え、シミの原因となるメラニンを過剰に生成させてしまいます。なので、普段使用する化粧品の中に“ビタミンC誘導体”を配合しているものを使用しましょう。ビタミンC誘導体には、シミを防ぐ効果が期待できます。

ただし、もともと乾燥肌の方はビタミンC誘導体でさらに肌が乾燥してしまうため、刺激に敏感になってピリピリしてしまうことも。自分の肌状態を見極めてケアしましょう。

春になって“取り入れるべき”お手入れ方法を3つご紹介しました。ぜひ、今の時期のお手入れに取り入れてみてくださいね。

1日25秒から!小顔もデカ目も叶う「むくみ解消マッサージ」まとめ

この春、入学や就職などで生活環境がガラッと変わったという方もいるのではないでしょうか? 新生活でのストレスや、めまぐるしい気温の変化に体がついていけずに自律神経が乱れると、血行不良により顔の“むくみ”や“くすみ”が気になってくることも……。

そんな今の時期に、ぜひ行いたいスッキリ顔になるためのマッサージ方法を、美容ライターである筆者がご紹介します。

マッサージを行う際は、肌摩擦を避けるためにマッサージオイルを使用してくださいね。

■Step1:デコルテマッサージ&顔全体のむくみ解消

【デコルテのリンパマッサージ】

上の写真(1)のように、鎖骨部分の3ヶ所を、人差し指・中指・薬指の3本の腹で押していきます。この指は、鎖骨のラインにフィットするため、押しやすいです。

左右3ヶ所を押したら、鎖骨のラインに沿って、滑らせるように脇の下に向かって老廃物を流していきましょう。片方ずつ、10回行っていきます。

老廃物を排出してくれる“リンパの出入り口”であるデコルテは、最初にマッサージを行うことが大切です。

【顔全体のむくみを解消させるマッサージ】

同じく人差し指・中指・薬指の腹を使いましょう。写真(2)のように、おでこから耳の横、そして顎にかけて指を滑らせたら、そのまま首筋を通り、デコルテを押します。こうすることで、顔全体のむくみを解消することができますよ。

■Step2:頰に溜まりがちな老廃物を流す&フェイスラインをスッキリさせる

【頬骨の下をほぐすマッサージ】

頰は、顔のパーツの中でも特に老廃物が溜まりやすい部分です。老廃物が溜まってしまうと、その重みによって“たるみ”を引き起こしてしまいます。ここもしっかりほぐしていきましょう。

指は頬骨にフィットしやすい、人差し指・中指・薬指の腹を使います。頬骨にこの3本指の腹を当てたら、頬骨のラインに沿って耳の付け根あたりにある“耳下腺(じかせん)”まで滑らせていきます。ここは、顔のリンパの出口といわれています。

【フェイスラインのマッサージ】

手をグーの形にし、人差し指・中指の第二関節を使ってマッサージしていきます。顎から、グッと耳下腺まで滑らせていきましょう。ここをマッサージすることで、フェイスラインがスッキリしますよ。

■Step3:目のむくみを解消してパッチリ目に

目のむくみを解消するためには、2ヶ所のツボを押しましょう。

(1)攅竹(さんちく)・・・眉頭の内側にあるツボです。親指の腹を使って、眉毛をグッと押し上げるようにして3秒〜5秒程度プッシュします。左右5セット行いましょう。

(2)晴明(せいめい)・・・目頭の少し上にあるツボです。片手の人差し指・親指の腹で、鼻を“摘むようなイメージ”で押しましょう。5秒程度プッシュし、これを5セット行いましょう。

春のゆらぎ肌に、今回ご紹介したマッサージを取り入れてみましょう。顔の血行を促進させ、“むくみ”や“くすみ”を解消することができますよ。

後ろポッケは外側or内側?錯覚でスタイルUP「美尻デニム」の選び方

デニムを穿いたとき、ヒップがキュッと上がっているのが理想ですよね。しかし、デニムのデザインによってはスタイルが悪く見えることも……。

いざデニムを選ぼうにも、どんな点に注意すれば良いのかわからない方も多いはず。実は、デニムがキマるかどうかは“後ろ姿”にポイントがあるのだとか!

そこで今回は、トータルビューティーアドバイザーとして活躍する押野博子さんに“美尻に見えるデニムの選び方”を教えてもらいました。

 

■デニム選びは「後ろ」が重要!

デニムを選ぶときに、正面のデザインやサイズ感ばかりチェックしていませんか?

「私はデニムは“後ろで語る”と思っています。例えば後ろのポケットの上にある線は、バックヨークといいますが、ここが真っ直ぐか、斜めになっているかなどのデザイン次第で、お尻の立体感が大きく変わるんですよ。

またポケットの位置によっても、横から見たときにお尻がぺったんこに見えたりします。美尻を目指すのであれば、後ろのデザインもしっかり見て選ぶべきです」(押野さん・以下「」内同)

デニムを選ぶとき、後ろまで見て選んでいた方は少ないのでは? それでは実際に“美尻”になれるデニムの選び方3つを見てみましょう!

 

■1:ダーツの深さ

「デニムの後ろにあるバックヨークのデザインは、それぞれ違いがあります。

中心に向かってV字のように、ダーツが深くなっていればいるほど、お尻が立体的に見えます。逆にダーツが浅くまっすぐ並行なデザインだと、お尻がぺったんこに見えるんですよ」

もともとお尻が小さい方は、ダーツが深めのデザインを穿くことで、立体感のある美尻に近づくんだとか。また、お尻が大きくて悩んでいる方は浅めのバックヨークをチョイスすることで、美尻に近づけるそう。

 

■2:ポケットの形

ポケットの形も大切。視覚効果を利用することで美尻に近づけてくれるそう。

「トレンドの太めのデニムに多いのが、大きくベース型のポケット。しかし、腰回りが太めの方は、このデザインを穿くことで後ろ姿が、さらに寸胴に見えてしまうことも……。

一方、ポケットが小さいとお尻も小さく見えます。また長方形のスリムなデザインのポケットだと、引き締まったお尻に見せる効果があります」

小さめ美尻を目指すならポケットのデザインは長方形を選ぶといいそうですね。

 

■3:ポケットの位置

さらにポケットの位置によっても見た目の印象は変わります。

「ポケットの位置が上下どこにあるかで、印象が変わってきます。ポケットが上の方についていると、お尻も上向きにキュッと上がっているように、下の方についていると、目線が下がるためお尻が垂れているように見えてしまいます。

また、ポケットの左右位置によっても見た目が変わってきます。ちょっと外側にポケットがついていると、横から見たときにプリッと立体的なお尻に。中心に寄っていると、大きめのお尻の方でも小尻に見える効果があります」

 

今までデニムの正面ばかり気にしていた方も、これからは“後ろ姿”に注目してみてください。今回ご紹介した3つのポイントを意識すれば、憧れの美尻に近づけるかもしれません。

 

【取材協力】

※ 押野博子・・・トータルビューティーアドバイザー。美容とファッションに少しでも多くの人に興味を持って欲しいと思い、起業した。現在は主に低身長の人の為にファッションのスタイリングをしている。『ゲイカップルに萌えたら迷惑ですか?』(牧村朝子著)の表紙スタイリングも手がけた。

 

【おすすめ記事(PR)】

ポイントは3つだけ!モデル直伝「衣替え」がサクサクできるコツ

気温も少しずつ暖かくなり、春服への衣替えも考えだす時期でしょう。けれども、せっかく春服に衣替えをしても、夜は冷え込んだり急に冬に逆戻りしたような寒さになったりと振り回されることも少なくありません。

そこで今回は、現役のモデルとしてアパレルブランドとも仕事をしている筆者が“春服への衣替えポイント”3つをご紹介します。

 

■ポイント1:冬っぽい「素材」は早めにしまう

衣替えでの最初のポイントは“素材”です。冬を連想しやすい素材は潔くしまってしまいましょう!

例えばファー素材やモコモコの厚手のニットなども、冬のイメージが強いアイテムでしょう。薄手のニットは、春先でも肌寒いときなどにさらっと着れるのでキープしておくと便利。

他にもコーデュロイや秋冬に大活躍したベロア素材といった、生地にボリュームがあるものも、春の衣替えする際は優先順位が高いものに分類します。

これらはかさばりやすいので、思い切ってしまってしまえばクローゼットのスペースも確保できるので、春服との入れ替えがしやすくなりますよ。

 

■ポイント2:シックで重い「色合い」のものをしまう

次いで、衣替えのポイントになるのが“色合い”です。冬服は春服に比べ、どちらかというとシックで重い色合いのものが多い傾向にありませんか?

赤色だとしても、ボルドーなどの濃い色を着る機会も多いですよね。一方、春服は赤でも原色に近い明るい赤やオレンジに近い赤が主流です。

これらを念頭に、冬っぽい色合いのものはしまいます。ただし、重くてもネイビーやブラックなどの“定番カラー”は、残しておいてもOK。

この仕分けをすることで、明るい色が多い春物アイテムと一緒に冬服をコーディネートしても、違和感なく合わせることができます。

 

■ポイント3:「冬っぽい柄」はしまう

そして3つ目のポイントは“柄”。ツイード生地や千鳥柄といった柄は冬っぽいイメージですよね。春は花柄やギンガムチェックまたはストライプといった爽やかなデザインが多くなります。

もちろん、春にツイードや千鳥格子が流行ることもあるので、その時々のトレンドも考慮しつつ春らしくないデザインのものはしまうようにしましょう。

 

衣替えをすることで、クローゼットの手持ちアイテムをしっかり把握できます。すると、「あのデザインの洋服が欲しい」と必要なものも見えてきやすいです。新しい服を購入する前に、まずは整理整頓から始めてみてはいかがでしょう?

 

【おすすめ記事(PR)】

クリームチークは「ファンデの前or後?」タイプ別…頬紅の正しい塗り方

顔に血色感をプラスして、華やかな顔立ちにすることができる“チーク”。

使用するテクスチャーによって、ガラリとメイクの雰囲気を変えることができるアイテムです。チークを上手に使い分けることができれば、メイクの幅が広がりますよ。

そこで今回は美容ライターの筆者が、チークのタイプ別に“正しい使い方”をご紹介します。

 

■パウダーチークの使い方

パウダーチークは、粉を固めて固形にしたチークのこと。ふんわりとした顔立ちに仕上げたいときに使用するといいでしょう。ブラシに取って、サッと頰に伸ばすだけでキレイな仕上がりになるので、チーク初心者でも使いやすいです。

【使い方】

(1)チークブラシに取り、まずは手の甲にのせて余計な粉を落としましょう。こうしてチークの量を調節すれば、頰にムラなくのせることができます。

(2)“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心にくるくると円を描くようにのせていきましょう。

頬につけるときは、ブラシの“側面”を使用しましょう。これもムラなくキレイに発色させるためのコツです。

 

■クリームチークの使い方

クリーム状になったチーク。肌にピタッと密着し、トレンドのツヤ感のある頰に仕上げることができます。内側からジュワ~ッとにじみ出るような色気のあるチークメイクにしたいときに、オススメです。

パウダーチークと違い、こちらは指を使って塗っていきます。

【使い方】

(1)クリームチークを、中指で取り、手の甲にのせて、頰に塗る量を調節しましょう。チークは中指が塗りやすいですよ。

(2)“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心に“ポンポンッ”とタッピングするように優しく叩き、ぼかしながら広げていきましょう。

リキッドファンデをつけるときのように、横に滑らせると失敗しやすいので注意してくださいね。

ファンデーションはリキッドかクリームがオススメ。パウダーファンデを使用する場合は、必ずファンデーションの前に使用してください。そうしないと、ファンデーションがムラになってしまいます。

 

■リキッドチークの使い方

リキッドチークとは、液状のチークのことを指します。見た目は、ネイルカラーのような形状をしています。少量でも発色がよく、こちらも内側からにじみ出るような自然な血色感を楽しむことができます。

【使い方】

(1)リキッドチークはネイルと同様、蓋についている筆でメイクをしていきます。

ただし、注意してほしいのが頰に“直塗りしないこと”。直接筆で塗り広げてしまうと、塗りすぎてしまう可能性があるので気をつけて!

筆でチークを適量取り、手の甲に塗って量を調整しましょう。それを中指の腹に“チョンッ”とつけます。こちらもタッピングするようにポンポンと優しく叩いていきましょう。

(2)中指の腹に少しのせたら、“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心に“ポンポンッ”と優しく叩いてぼかしながら広げていきましょう。

こちらもクリームチーク同様、ファンデーションがリキッドやクリームならば、ファンデーションの後に、パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションの前にチークをつけましょう。

 

以上、チークのタイプ別、“正しい使い方”をご紹介しました。チークの正しい使いをマスターして、もっとキレイに磨きをかけてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

女性500人が「効果を感じた目元ケア」1位・2位の合せ技が最強!

ハリ不足や小ジワなど、年齢を重ねるにつれ目元のお悩みは深刻化します。鏡を見て変化に気づいたら、できるだけ効果的なケアを即座に始めたいところ。

そこで『美レンジャー』では、女性500名に「あなたがこれまでに試して、ハリや小ジワなどの目元のお悩みに“効果があった!”と思うケアをすべて選んでください(複数回答可)」という、アンケートを実施。

その結果とともに、手軽にできる目元ケアをお伝えします。

 

■目元のお悩みに効果を実感している人が多いケアトップ5

5位:エステに通う・・・6.0%

4位:表情筋を鍛える(顔ヨガなど)・・・7.6%

3位:目元のツボ押し(攅竹など)・・・9.0%

2位:目元にホットタオルをあてる・・・10.6%

1位:目元専用の化粧品を使う・・・14.2%

1位は“目元専用化粧品を使う”でした。目元の皮膚は他のパーツに比べて薄いため、いつものスキンケアに加え専用コスメを使ったケアがやはり効果が感じられるようです。

一方、ホットタオルやツボ押しなどの手軽な方法でも効果は感じられるよう。

そこで以下では、ホットタオルで、目元のお悩みをケアする方法を時短美容家の筆者がご紹介しましょう。

 

■目元にアプローチする「ホットタオル美容」の4Step

目元の小ジワは、乾燥や眼精疲労による血流低下が原因。そのためホットタオル美容は、実はとても効果的なケアなんです。なぜなら、目元にホットタオルをのせることで、スチーマーのような効果が生まれるとともに、温かさで血行を促してくれるんです。

効果をしっかり引き出すためには、次のステップを心がけてください。

(1)タオル水で濡らして、しっかり絞ります。それを電子レンジに入れ、500wで30秒~1分間温めホットタオルをつくる

電子レンジから温めたタオルを取り出すときは、熱いので火傷に注意してくださいね。

(2)目元に専用アイクリームやジェルをたっぷりめに塗る

(3)ホットタオルをのせる

(4)そのまま2~3分置き、ホットタオルを外す

このステップを行うことによって、ホットタオルのスチーム効果で、目元に塗ったアイクリームが浸透しやすくすると同時に、目元がじんわり温まり血行よくなります。

今回の調査で1位と2位だったお手入れを組み合わせるこの方法が、目元の悩みをズバッと解決してくれるでしょう。

 

加齢に伴う目元のお悩みは、深刻になる前に手を打っていきたいですよね。ぜひ、いつものケアにプラスしてホットタオルも積極的に使ってみてください。

 

【おすすめ記事(PR)】

あぁグラグラ!ヨガ講師は見た「バランスポーズ」苦手な人の特徴

“ウォーリア3”や“立ち木のポーズ”、“壮美のポーズ”など、ヨガには片足で立ってバランスを取るポーズがいくつかあります。しかし、うまくバランスが取れずにグラグラしたり、何度もポーズが崩れたり「バランスポーズは苦手」という方は多いでしょう。

今回はヨガインストラクターの筆者が、“バランスポーズが苦手な方の特徴”と、うまくポーズを取るためのコツをお伝えしていきたいと思います。

 

■1:足の裏がうまく使えていない

一肢だけで立つバランスポーズでは、足裏の使い方が重要になってきます。ポイントは、足裏全体に均等に体重をかけて、しっかりと床を踏みしめること。前後左右に体重が偏ると、そのまま上体のバランスも崩れてしまいます。

まずは、足裏全体に体重をかけることをマスターしましょう。これができていないまま足や手を上げたりしては、本来使うべきではない筋肉や関節に負担をかける恐れがあります。

 

■2:首や肩に力が入っている

不安定なポーズを取るとき、人は無意識のうちに首や肩に力が入ってキュッと上がってしまいがち。この力みや緊張もまたバランスを崩す原因の一つです。

吐く息とともに緊張をほどき、リラックスした状態でポーズに入りましょう。耳と肩の距離を取るように肩を下げると、フッと力みが抜けますよ。

 

■3:「できない」と思っている

体は、脳からの指令を受けて動きます。そのため「無理」、「できない」と思う気持ちがバランスを崩す原因になっていることも。自分を信じてポーズが取れた姿をイメージしてみて。

それと、ポーズに集中することも忘れずに! 考え事をしたりよそ見をしたりすると、とたんにバランスが崩れやすくなります。自分の呼吸に意識を向けて、集中力を高めましょう。視線も一点集中です。

 

「バランスポーズは苦手」という方は、上記の項目を参考にポーズにチャレンジしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

出会いがないなら作ればいい!「行列のできるモテ子」の最強ハント技

寒~い冬もようやく終わりを告げ、季節はいよいよ春。出会いの時期でもありますよね。

もし「出会いなんてない!」と嘆いているのなら、今年の春こそは「出会いがあり過ぎて困っちゃう~」なんて嬉しいボヤキをしてみませんか?

そこで今回は、筆者の周りの友人モテ子3人(M美、E子、R香)への取材をもとに、“出会いがひっきりなし!行列のできるモテ子の秘訣“を3つご紹介します。

 

■1:ハイ女神!タイプの男性でなくてもコロリ…「菩薩スマイル」

モテ子M美のモットーは、“タイプじゃない男性と話すときでも、分け隔てなく優しくする”というもの。「M美ちゃん、なんてイイ子なの!」と感動しそうになりますが、ちょっと待った! M美の行動の裏にあるのはズバリ“芋づる作戦”です。

「タイプじゃない男性だったとしても、その友達がタイプ……なんてことはよくある話。タイプじゃないからとそこで縁を切ってしまえばそこまでだけれど、繋がっておけば出会いの確立はがぜん上がるの!」と、M美はドヤ顔。

実際に、誰にでもニコニコと優しく微笑むM美の“菩薩スマイル”は男性陣の間では大好評! タイプじゃない男性が連れて来た友人二人が、両方ともタイプだった……なんて嬉しい悲鳴をあげたこともあるそうです。

 

■2:種まき合言葉はコレ!「LINE教えて」

「LINEのIDは、男から聞くべきでしょ」、「興味のない相手からLINEを聞かれてもスルー」こんな恋のマイ法則をつくっている方も少なくないのでは?

ところが、この法則に「待った!」をかけるのが、モテ子のE子です。

「出会った瞬間ビビビッ!電撃的に出会い恋に落ちる……。それが理想だけれど、現実的でないのも事実。恋愛の成功率を上げるには、種まき方式が最適だと思う」と語るE子。

そこでE子が恥を捨てて言うのが「LINE教えて」の一言!「“LINE教えて”。たったこれだけなのに、“オレに興味がある?”と相手に勘違いさせることができるし、そこからその男性のイケメン友達へ繋がることもある。今は何にもなくても、半年、一年後と長いスパンで何か進展があるかもしれない」と、E子は熱弁をふるいます。

実際にE子は、「LINE教えて」でせっせと種まきをし、ある男性と恋愛を楽しむも破局、その半年後に昔に種まきしておいた男性とやり取りを復活させ、デートでゆっくりと耕し、先日めでたくゴールイン! 小さな種から、甘い果実へと大収穫を終えたばかり。試してみる価値、大ですよ。

 

■3:趣味合うよね!自分のテリトリーこそ「最強ハンティング場」

恋愛ハンターR香がお得意とするのがコレ。“自分のテリトリーでハンティング”です。

R香の趣味は、映画とラーメン食べ歩き。どちらも男性のおひとり様が多いことから、ハンティングにはもってこいなのだとか!

「間違っても“よく来られるんですか?“、“おひとりですか?”な~んて、いかにもなセリフはNG。相手に警戒心を抱かせてしまいます。自然な出会いには、自然な会話が絶対条件!」と、R香。

オススメのセリフは、「今日、混んでますね(空いてますね)」や「この作品って観ました?」、「ラーメンは味噌と醤油どっちがオススメですか?」など、あくまでも「モノ(映画やラーメン)に興味を示した会話、もしくは挨拶程度」であることがマストだそう。

「出会いがなければ、自分でつくればいい」R香は、力強い言葉で締めくくります。

 

いかがでしたでしょうか? モテテクでチャンスをモノにして、素敵な恋愛を楽しみたいですね。

 

【おすすめ記事(PR)】

最悪っ!どーしても消えないクマが「目の下チーク」でパッと消える

目の下にクマがあるだけで、“体調が悪く”見えてしまうことがありますよね。「クマをなんとかしたい!」と、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしても、クマは消えず、ドロドロな“メイク崩れ”を招いただけ……なんて悲劇も!

しかしファンデーションの厚塗りに頼らず、目のクマを目立たなくする方法があるのです。それが叶うのが“チーク”。目の下に色味を足すことで、パッとクマが消えて見えるのです。

今回は美容ライターの筆者が、目のクマを“チーク”で目立たなくするテクニックを3Stepでご紹介します。

 

■Step1:コンシーラーを薄く伸ばす

チークを使用する前に、目のクマにコンシーラーをのせます。使用するコンシーラーの色は、“クマの種類”によって選びましょう。

・青グマ・・・オレンジ系のコンシーラー

・茶グマ・・・イエロー系のコンシーラー

血行不良が原因の青クマにはオレンジ系、色素沈着やくすみが原因の茶クマにはイエロー系。それぞれに合ったコンシーラーを使用することで、目のクマを目立ちにくくしてくれます。

しかし“塗りすぎ”は、皮脂や汗によって崩れやすくなるので注意しましょう。

 

■Step2:クリームチークを目の下にのせる

次に、クリームチークを気になるクマよりも少し下にのせていきましょう。クリームチークはツヤ感を出しながら肌に色味をプラスすることができます。ツヤと色味の両方によって気になるクマを目立ちにくくしてくれるのです。

また、クリームタイプのチークは落ちにくく色持ちがいいのでオススメです。

【クリームチークの塗り方・プロセス】

(1)塗りすぎを防ぐために、クリームチークを一度指に取り、手の甲にのせて量を調節する

(2)笑ったときに一番高くなる頬骨を中心として、中指・薬指を使ってポンポンと叩くようにしてのせていく

中指・薬指は、力が入りにくい指なので、肌への刺激を防ぐことができます。ポンポンと叩くようにのせることで、肌摩擦を防げます。

 

■Step3:仕上げにパウダーチークをのせる

仕上げに、ブラシを使用して、クリームチークと同系色のパウダーチークをのせていきましょう。ブラシを使用することで、パウダーチークを発色よくキレイにのせることができます。

ポイントは目のクマとクリームチークの境目を馴染ませるようにのせること。このステップで自然な仕上がりが実現します。

頬骨を中心として、内側から外側に向かってクルクルとのせていきましょう。

 

消えない目のクマを“チーク”で目立たなくするメイクテクニックをご紹介しました。どうしても消えないクマには、チークの使い方を工夫して健康的に見せましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】