枕カバーいつ洗った?美容師が教える「美髪を育てる習慣」基本のキ

夏は紫外線が強く、皮脂の分泌も多くなる季節。頭皮のベタつきが気になったり、髪がパサつくなどのヘアトラブルに悩まされますよね。髪や頭皮を健康に保つためには、毎日のケアを正しく行うことが大切です。

そこで今回は、高い技術に定評がある美容院『CLOCKLESS』代表・峯岸政光さんに美髪に近づくための基本のヘアケアを伺いました。

今さら聞けない!シャンプー「3つの基本」

「毎日のことだから、ちょっと適当にシャンプーしちゃってるかも……」という人は、美髪から遠のいてしまっているかも! 正しい洗髪方法で洗い、サラツル髪をめざしましょう。

(1)シャンプー

まずは、ぬるま湯で全体をよく流します。峯岸さんによると、こうすることで、頭皮の毛穴が開きやすくなり、シャンプーの泡立ちもよくなるとのこと。

また、シャンプーは2回行うのがオススメだそうです。

「1回目のシャンプーでは軽めに汚れや皮脂をとります。2回目のシャンプーは優しく泡で包み込みながら、指の腹でマッサージをするようにしっかりと洗っていきましょう」(峯岸さん・以下「」内同)

爪を立ててシャンプーすると、頭皮を傷つけてしまったり、髪が傷む原因になってしまうので気をつけてくださいね。

(2)トリートメント

シャンプーを洗い流したあと軽く水気を切ったら、毛先を中心にトリートメントを伸ばしていきます。トリートメントは、なるべく頭皮につかないように。毛穴が詰まってしまうことがあるためです。

毛先を中心に塗布したら、蒸しタオルで巻いたり、少し時間をおいてから流すと、より効果的とのこと。

「トリートメントは、健康な髪を保つために大切にしたいプロセス。髪のキューティクルをコートし、潤いをキープして環境に左右されない強い髪をつくることができます」

峯岸さんがオススメするシャンプー&トリートメントは、オーガニックや天然由来系、アミノ酸系。科学物質の入ったものは、一時的に髪をツルツルしてくれる効果はあるものの、長い目で見ると髪にあまりよい影響を与えないということです。

(3)ドライ

髪を乾かすとき、ドライヤーを当てすぎるのはよくありませんが、「暑いから」、「面倒くさいから」と、乾かさないで寝てしまうのはもっとNG。

「髪は濡れているともろくなります。乾かさずに寝てしまうと、枕との摩擦が枝毛・切れ毛の原因に。また、濡れたまま放置しておくと頭皮がカビてしまうこともあり、ニオイの原因に。ヘアドライは、健康的な髪の毛を保つために重要なのです」

乾かす前には、洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)をしてあげると、さらに美髪に効果的です。

プラスαでより美しく!取り入れたい新習慣2つ

洗髪やドライといった毎日のケアに加え、髪によい影響を与えるプラスの習慣についても教えていただきました。

(1)頭皮マッサージをする

「髪は、刺激を与えることで成長します。シャンプーのときの軽いマッサージに加え、お風呂あがりにも頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行が促進され、髪の成長を促すことができます」

毎日少しずつでもしてあげるのがよいとのこと。頭皮をいたわってあげましょう。

(2)枕を清潔に保つ

「寝ている間は大量の汗をかくので、枕はその汗で濡れて汚れます。清潔な頭皮や髪を保つには、できれば枕にタオルなどを敷いて、それを毎日替えたり洗うことを心がけましょう」

汚れた枕を毎日使うのは、髪はもちろん肌にも悪影響。常に寝具も清潔に保つようにしましょう。

スペシャルケアに時間とお金をかけるより、まずは毎日のベーシックケアを見直してみてはいかがでしょうか。髪のトラブルに悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【取材協力】

※ 峯岸政光・・・下北沢の人気美容室で店長として10年以上経験を積んだのち、自身がオーナーとなる美容院『CLOCKLESS』を群馬県伊勢崎市にオープン。豊富な経験と高い技術で一人一人のライフスタイルに合った髪型を提案している。Instagramにてそのスタイルの数々を掲載中。

2位北川景子!女子が憧れる「髪がキレイな芸能人」1位は黒髪ロングの…

髪の質は、人の印象を大きく左右するもの。いくら美人でも、ツヤのないボサボサ髪では魅力が激減してしまいます。反対にキレイな髪だと、「清潔感のある人だな」と好感度もアップするものですよね。

そこで今回『美レンジャー』では、20~40代の女性500名に「髪がサラツヤで美しいと思う芸能人は?」とアンケートを実施。

その結果をご紹介しつつ、高い技術に定評がある美容院『CLOCKLESS』代表・峯岸政光さんに伺った、“髪を美しくする方法”についてお伝えします。

つい見とれちゃう…「髪がキレイ」な女性芸能人は

さっそくランキングを見ていきましょう。

同率10位・・・柴咲コウ・吉岡里帆(4.2%)

同率8位・・・菜々緒・橋本環奈(5.2%)

7位・・・綾瀬はるか(5.4%)

同率5位・・・広瀬すず・白石麻衣(6.0%)

同率3位・・・新垣結衣・黒木メイサ(7.4%)

2位・・・北川景子(7.8%)

1位・・・仲間由紀恵(8.6%)

1位になったのは、ロングの黒髪が美しい“仲間由紀恵”でした! ネット上では「あんなに長い髪をキレイに保っているのはすごい」、「サラツヤで品があって憧れる」といったコメントが見られました。

ランキングは全体的に黒もしくは暗めヘアカラーの人が多いですが、2位にランクインしたのは明るめヘアカラーの印象も強い“北川景子”。「髪色が明るくてもダメージを感じさせないツヤ髪」という声が寄せられました。

3位には“新垣結衣”と“黒木メイサ”が同率でランクイン。健康的な黒髪のイメージがある二人ではないでしょうか。これら上位にランクインした芸能人のように、同性からも憧れられる美しい髪を目指したいですね。

まずは生活から!美髪のために気をつけるべきこと

キレイな髪を手に入れるには、髪の洗い方やケアに気を遣うことはもちろんですが、生活習慣を見直すことも重要。普段から気をつけるべきことを、峯岸さんに伺いました。

「髪と体というのは切っても切り離せないもの。普段の健康状態や食生活は髪の毛にも影響してきます。美髪づくりには、日頃から規則正しい生活をし、バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

睡眠不足や、お酒・たばこなどの嗜好品、カップラーメンなどのインスタント食品の摂取のしすぎは、頭皮のかゆみなどの原因になります。また、ハンバーガーなどのジャンクフードの食べすぎは、頭皮の皮脂やニオイなどを引き起こします」(峯岸さん・以下「」内同)

健康によくないとされているものは、髪の毛にも悪影響があるのです。心当たりがある人は、極力控えるようにしましょう。

お水も大切!キレイな髪をつくる食生活とは

規則正しい生活習慣やバランスのいい食生活を心がける中で、髪のためにはどんなものを積極的に摂るといいのでしょうか。

「髪の成長を促進し、強くて輝く髪をつくってくれるのはタンパク質です。肉や豆腐、卵、チーズなどに多く含まれているので、ぜひ食事に取り入れてみてください。

また、髪の健康にはビタミンを多く含む食材を摂ることも重要。フルーツや野菜を積極的に食べるようにしましょう。同時に、お水も適量飲むようにしてください。食べ物によって体内に入った栄養が体のすみずみまで行き渡るのには、水分が必要不可欠なんです」

特に夏は、水分不足になりやすい季節。体調のためにも髪のためにも、こまめに水分摂取をしましょう。

瞬時にツヤ髪!ヘアケアアイテムでつくるトレンド美髪

高温多湿の夏は、髪のトラブルに加えヘアセットがうまくいかず、おブス髪になってしまうことも。そんなとき、簡単にキレイな髪をつくる方法についても教えていただきました。

「最近のヘアトレンドは“セミウエット”。濡れたようなツヤのある色っぽい髪が旬です。シアバターなどのバーム製のスタイリング剤や、オーガニック系の植物オイルなどの商品を使ってヘアセットをすることで、パサッと傷んだ髪もしっとりし、瞬時に美しい髪に見えますよ」

毎日の生活や地道なケアで根本からキレイな髪をつくるのが一番の理想ではありますが、すぐに美髪になれるテクニックを知っておけば役立ちますね。

髪のトラブルに悩んでいる、ツヤ髪に憧れている人は、少しでも理想に近づけるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ getty images

【取材協力】

※ 峯岸政光・・・下北沢の人気美容室で店長として10年以上経験を積んだのち、自身がオーナーとなる美容院『CLOCKLESS』を群馬県伊勢崎市にオープン。豊富な経験と高い技術で一人一人のライフスタイルに合った髪型を提案している。Instagramにてそのスタイルの数々を掲載中。

そこまでやる!? 4位長い手袋…男性がドン引きな女性の日焼け対策TOP8

夏に降り注ぐ大量の紫外線はお肌の大敵! ダメージを防ぐために、外出時の対策は必要不可欠ですよね。しかし、女性と男性ではその意識は大きく異なるもの。

もしかすると、女性の気合いの入った対策に、目が点になっている男性もいるかもしれません。

そこで今回『美レンジャー』では、20~40代の男性500人を対象に、「やりすぎだと思う女性の紫外線対策法」についてアンケートを実施。その結果についてご紹介するとともに、使い心地も仕上がりも満足できる筆者注目の日焼け止めを3つご紹介します。

男が「そこまでしなくても…」と感じる女性の紫外線対策法

同率第8位・・・日傘をさしている・ストールを巻いている(5.6%)

第7位・・・サングラスをかけている(7.2%)

第6位・・・病気でもないのにマスクをつけている(7.8%)

第5位・・・夏なのに黒タイツを穿いている(9.0%)

第4位・・・ノースリーブを着てロンググローブをつけている(9.8%)

第3位・・・日焼け止めを塗りすぎて顔が白浮きしている(10.6%)

第2位・・・つばの広い帽子を被っている(11.0%)

第1位・・・顔全体を覆うサンバイザーを被っている(13.4%)

ランキングのどの項目も、夏には見かけたことがある、もしくは自分が実際にやっているという人もいるのではないでしょうか。

男性が「やりすぎでしょ」と思う紫外線対策1・2位は、どちらも被りものがランクイン。

1位のサンバイザーに関して、ネット上では「オバさん感がある」、「ダサい」との声が。2位のつばの広い帽子は、「女優やセレブ気取りに見えてイタい」、「見た目が暑い」という声が目立ちました。

そして3位の日焼け止めに関しては、「いかにも塗りすぎとわかる白さや、首と顔の色の違いにひいてしまう」という意見や、「一緒に歩くのが恥ずかしい」という人まで。対策はしっかりしたいところですが、それによって印象がダウンするのは避けたいですね。

白浮きの心配無用!オススメ日焼け止め3選

日焼け止めの白浮きを防ぐには、塗り方だけでなくアイテム選びも重要。そこでUV効果はもちろん、他の機能や仕上がりにも納得のいく筆者オススメの日焼け止めを3つご紹介します。

(1)コスメデコルテ『サンシェルター マルチ プロテクション』

シミやシワなどの原因となる紫外線A波・B波だけでなく、乾燥や大気汚染などの環境ストレスからも肌をプロテクト。水系保湿成分が肌に潤いを与え、日中もみずみずしい素肌を保ちます。

サラッとみずみずしく、肌にスッと心地よくのび広がるテクスチャー。爽やかで清々しい、フレッシュハーバルグリーンフローラルの香りです。(SPF50+ PA++++/35g/3,000円、60g/4,200円<税抜き>)

(2)ニールズヤード レメディーズ『ナチュラルUVプロテクション』

イギリスのオーガニック認証機関であるソイルアソシエーション認定のUVケア。紫外線吸収剤やナノテクを使用せず、特許取得の製造工程を経たノンナノの酸化亜鉛が紫外線A波・B波の両方を反射することで肌を守ります。

紫外線吸収剤を使っていない肌に優しい日焼け止めは、白くなりやすいのが難点ですが、こちらはまったく白浮きなし! さらりとした質感で、肌にのせるとソフトマットな仕上がりに。

シャクヤク、ウメなど和の植物エキスが肌のダメージをケアしながら潤いのある肌に整えます。ラベンダー、オレンジ、レモングラスなどのハーブの香りが爽やか! (SPF30 PA+++/40ml/3,500円<税抜き>)

(3)イプサ『プロテクター センシティブ』

敏感肌向けに開発された、赤ちゃんの肌にも使えるやさしい処方の日焼け止めクリーム。不安定な角層に潤いを与え疑似的に安定させることで、紫外線や空気汚れなどのダメージから肌をしっかりと守ります。

なめらかなクリームで肌に伸びやすく、一日中しっとりとした肌を保ちます。香料・着色剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベン全て無添加。(SPF30 PA+++/30g/3,200円<税抜き>)

紫外線対策は大切ですが、気合を入れすぎて周囲から引かれてしまうのは避けたいもの。優秀なアイテムを賢くチョイスして、適切なケアで夏を楽しみたいですね。(※ 価格は全て編集部調べです)

デカ目のつもりが小粒目に!「アイラインの正しい引き方」をおさらい

ちょっとした力の加減で、線が細くなったり太くなったり、ガタガタになったり……アイラインを引くのは難しいですよね。

「どうすればキレイに引けるの?」、「どのくらいの長さがいいの?」など、今さら人には聞けない“アイライナーの引き方”を、『美レンジャー』の過去記事でおさらいしましょう。

アイライナーは「一気に引かない」がキレイのコツ

まず、アイライナーの基本的な引き方を、過去記事「スルスル~っと滑らか!“アイライン下手子”を救う優秀アイライナー3選」から紹介します。

(1)まつ毛の間を埋める

アイラインを美しく自然に仕上げるには、目とアイラインの間の隙間をしっかり埋めるのがポイント。軽くまぶたを持ち上げ、まつ毛の隙間を埋めるようアイライナーでちょんちょんと少しずつ描いていきましょう。

(2)回数をわけて描いていく

目頭から目尻まで一気にアイラインを引くと、手が震えてしまったり、太さの調節がうまくいかなかったりと、失敗のもとになります。目尻を軽く引っ張り、まず目尻から黒目の中心あたりまで引き、そのあと目頭から黒目の中心にむかって線をつなげましょう。

目尻の先は、最後に描き足すと左右のバランスが取りやすくなります。目頭側は二重幅が目尻側より狭いので、ラインは引かず、まつ毛の間をアイライナーで埋めるだけでもOKです。

(3)確認と修正をする

アイラインを描き終わったらそこで終了せず、鏡を使い、正面からだけでなく左右からもしっかり確認しましょう。左右対象に描けているか、ひと手間チェックすることが大事です。

上まぶたと下まぶたがつながる「くの字部分」の描き方

上まぶたと下まぶたがつながる“くの字”の部分はどう描くべきでしょうか。過去記事「石原さとみのつもりが小粒目に!? 残念顔に仕上がる“NGアイメイク”」で解説しています。

ナチュラルメイク、しっかりメイク……どんなアイメイクをしたいかにもよりますが、目の形を縁取るようにアイラインを引いてしまうと、“目の大きさはここまで”と主張しているようなもの(写真左)。なので、グルッと囲むと目が小さく見えてしまいます。

くの字部分のアイメイクをするときは、まず、ブラウンのアイシャドウをぼかして目の横幅を出します(写真右:黒丸で囲んだ部分)。それでも物足りずにアイラインを引く場合は、上まぶたと下まぶたを繋げず、抜け感を出しましょう。

「目と目の距離」で引き方を変えてもOK

ここまでは、目頭から目尻までアイラインを引く方法をお伝えしました。今度は、自分の目に合わせてアイラインの引き方を変え、顔のバランスを整えるテクニックについて、「アイラインは“足し算or引き算”?一気に可愛さ溢れるメイクテク4つ」よりご紹介します。

(1)目が離れている方

目頭近くからラインを入れれば、目全体にアイラインを描かなくても目は大きく見えます。さらに、黒目の上にラインを描きましょう。黒目が大きく見え、可愛らしさがアップします。最後にアイラインの上側だけを軽くぼかせば、部分的に描いていても不自然ではありません(上の写真左)。

(2)目の距離が近い方

目の距離が近い方は、横幅が長く見えるようにラインを入れて、顔全体のバランスを整えてあげましょう。目を開けたままの状態で、黒目の外側からアイラインを描きます。目尻からはみ出す“オーバーライン”を3mm程長めにすれば、目がパッチリ大きく見えます。目を開けているときに1mm程ラインが見えているのが理想です(上の写真右)。

アイラインを上手に描けるようになれば、“可愛い目元”も“クールな目元”も思いのまま! 苦手意識を持っている方も、ぜひ練習してみてくださいね。

ササッと3分で完成!涼しげ美人になれる「ヘアアレンジの教科書」

髪をまとめたくなる暑い日が続いていますね。だけど、ただゴムでひとつに結ぶだけではオシャレじゃない……。そこで今回は、ササッとできる簡単ヘアアレンジを『美レンジャー』の過去記事からご紹介します。

ヘアアレンジによってキュートに見せたり、大人っぽくなれたりイメージだって自由自在。その日のファッションと合わせて楽しんでみてくださいね。

こなれ感のある「大人ポニーテール」

過去記事「ねじるだけで…驚くほどあか抜ける!“こなれポニーテール”プロセス」では、ひと手間で “こなれ感のあるオシャレなポニーテール”のつくり方
をご紹介しています。最初に髪全体を巻いておくと、こなれ感がUPしますよ。

(1)顔周りの髪を残してゴムで1本に束ねる

(2)残しておいた顔周りの髪の毛を、2本に分けてねじる

(3)毛先までねじり終えたら、ゴムを隠すように巻き付け、ヘアピンで固定する。これを片側のサイドも同様に行う

(4)毛先を巻いてボリュームをアップさせたら完成

可愛いのに…結ぶだけ!「ノットヘア」

過去記事「くるりんぱより簡単なんて!最新アレンジ“ノットヘアー”が激カワッ」では、ヘアアクセサリーを使わずに自分の髪を結ぶだけでつくれるアレンジをご紹介しています。

(1)ざっくり2つの束に分ける

(2)リボンやロープを結ぶように髪の毛を1回結ぶ

(3)(2)で結んだ髪をサイドにもってきて、ヘアゴムで結ぶ

(4)毛束から少量の髪の毛を取り、ヘアゴムを隠すように巻きつけて、ヘアピンで留めれば完成

くるりんぱと三つ編みでつくる「ゆるりんサイドヘア」

過去記事「ゴム&ピン2本だけ!ウソみたいに簡単可愛い“ゆるりんサイドヘア”」では、くるりんぱと三つ編みでできる“ゆるりんサイドヘア”をご紹介しています。

(1)耳の横あたりの髪をひと束残し、残りの髪をサイドにまとめてゴムで結ぶ

(2)トップやサイドの髪を少しずつ指で引き出してあげる

(3)サイドでまとめた髪で、くるりんぱをつくる

(4)くるりんぱした髪をゆるく三つ編みにして、毛先をゴムで結ぶ

(5)三つ編みの毛先を、くるりんぱしたときにできた溝にグッと入れ込み、入れ込んだ毛先を(1)で結んだゴムの土台に向かってピンで2~3ヵ所とめたら完成

1つに結ぶだけより、劇的にオシャレ度がアップするまとめ髪を紹介しました。どれも3分ほどでできるので、暑くなったらササッとアップして爽やかに夏を過ごしてくださいね。

白い歯キラ!5位上戸彩「男が選ぶ歯が白くて魅力的な芸能人」1位は

ニコッと笑ったときに見える“白い歯”は、清潔感や美意識が現れる重要なパーツ。芸能界には歯が白くてきれいな女性芸能人が数多く存在しますが、男性は誰が最もキレイだと感じているのでしょうか?

今回『美レンジャー』では、20~40代の男性426名を対象に、「歯が白くてキレイだと思う女性芸能人」についてアンケートを実施。気になるその結果を、早速ランキング形式でご紹介しましょう。

男が選ぶ「最も歯が白くてキレイな女性芸能人」ランキング

2位までは以下のような結果になりました。

10位・・・加藤綾子(19票)

同率8位・・・武井咲・本田翼(20票)

7位・・・仲間由紀恵(21票)

6位・・・波瑠(23票)

5位・・・上戸彩(37票)

4位・・・ローラ(38票)

3位・・・綾瀬はるか(42票)

2位・・・新垣結衣(43票)

フリーアナウンサーの加藤綾子が10位にランクイン。“口元”が注目される職業だからこそ、美しさが際立ちますよね。

また、6月まで放送されていたドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)に出演していた波瑠。不倫に溺れていく役柄ながら、不思議と清潔感を失わないのは、白い歯の与えるクリーンなイメージのおかげかもしれません。

5位の上戸彩、4位のローラ、3位の綾瀬はるか、2位の新垣結衣はいずれもCMで見せる笑顔が印象的な女優ばかり。やはり白い歯がもたらす“清潔感のある笑顔”のイメージは、CMに起用したいと企業に思わせる要素の一つなのかもしれませんね。

1位は「なりたい顔」代表!石原さとみ(61票)

男性が選ぶ「最も歯が白くてキレイだと思う女性芸能人」は、過去記事「地味スゴな石原さとみが2位…最新!“女がなりたい顔”断トツ1位は」など数々の“女性のなりたい顔ランキング”で常連の、石原さとみでした!

ぷっくりとした艶やかな唇は、彼女のチャームポイントの一つ。ついつい目がいってしまうパーツだからこそ、笑顔になったときに見える“白くて美しい歯”もより印象的なのかもしれません。

「笑うときに見える歯に、つい目がいっちゃう」、「歯がキレイな芸能人はたくさんいるけど、その中でも別格!」、「石原さとみの歯はやりすぎていないナチュラル感もいい」と多くの男性の支持を集めました。

自宅で白い歯をキープするテクニック3つ

「白くて美しい歯には憧れるけど、ホワイトニングはちょっと……」と躊躇(ちゅうちょ)している人もいるでしょう。そこで歯科衛生士の筆者が、自宅でできる“白い歯をキープするコツ”を3つご紹介しましょう。

(1)ホワイトニング効果のある歯磨剤を使う

市販でも、“ホワイトニング”と表記されている練り歯磨き粉などの歯磨剤はありますが、残念ながら歯そのものを白くすることはできません。しかし歯の表面についている汚れや着色汚れなどを落とし、黄ばみを防ぐには効果的です。

一方で粒子の荒い研磨剤が配合された歯磨き粉は歯の表面を傷つけ、さらに汚れが付きやすくなる可能性も。“低研磨”と表記されたものであれば安心なので、購入時の参考にしてみてください。

(2)歯に着色汚れが残らない工夫を

赤ワインや、コーヒー、紅茶などを飲むと、歯に着色汚れが付きやすくなります。すぐに歯磨きできれば除去できますが、蓄積した頑固な着色汚れは歯科医院でクリーニングしないと除去できません。

「毎日コーヒーが欠かせない!」という人は、歯磨きができなくてもお酒のときのチェイサーのように一緒に水を飲むなどして、口の中に着色成分が停滞しないようにしましょう。

(3)ココナッツオイルを使ったオイルプリング

近年では、ティースプーン1杯のココナッツオイルを口に含んで15分程度うがいをしてから吐き出す、“オイルプリング”が注目されています。

歯そのものを白くする効果はありませんが、細菌や茶渋などの着色汚れを浮き上がらせてくれるため、白い歯をキープする効果が期待できます。

以上、「男が選ぶ歯が白くてキレイだと思う女性芸能人ランキング」の結果と、自宅でできる“白い歯をキープするテクニック3つ”をご紹介しました。

「ホワイトニングはしたくないけれど、白い歯に憧れる!」という方は参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ getty images

え…パウダーファンデでもOK!? 旬な「ツヤ肌」を叶えるメイクテク3つ

ここ2~3年ずっと、“ツヤメイク”のトレンドが続いていますね。ツヤ肌はリキッドファンデーションを使えば簡単につくれますが、「できれば今のパウダーファンデーションを使い続けたい……」という方もいるでしょう。

そんな方のために、美容ライターとして活躍する筆者が、パウダーファンデーションにワンステップ加えるだけでツヤ肌をつくれるメイクテクをご紹介します。

パール感のある化粧下地をプラス

ツヤ肌づくりの最強アイテムはなんといっても“化粧下地”です。ファンデーションを塗る前にパール入りの化粧下地を塗っておけば、肌の内側からキラッと輝いているかのようなツヤ肌に仕上がります。

肌のくすみが気になる方は、シャンパンゴールドのようなイエロー系、色白さんで「もっと健康的に見せたい」という方は、ベージュピンクもしくはピンク系の下地を使うと、血色コントロールもできて一石二鳥ですよ。

フェイスパウダーをブラシでクルクル付け

パウダーファンデーションを塗ったあとフェイスパウダーをのせ、大きめのフェイスブラシを頬のあたりを中心にクルクルと大きく回して、余分なお粉を払い落とすようにしてみましょう。肌の上にのっている粉が磨かれてツヤ感が出てきます。

このとき、ブラシを肌にこすりつけるのではなく、手首のスナップをきかせて、毛先が肌に触れるか触れないかくらいの位置でクルクルするのがポイント。10回程度クルクルするだけで、ツヤっとした感じになります。

ハイライトを部分使いする

ツヤを出そうとしてパール感が強いアイテムを顔全体に使うと、ギラついた印象になってしまうことも。ほどよいツヤ感を出すには、ハイライトカラーを部分的に使うのがおすすめ。鼻筋にふんわりとハイライトをのせれば、立体感が出て、鼻が高く見えるだけでなく、肌が輝いているような印象に仕上がります。

高さがあり光が集まる部分はより明るく、奥まって見せたい部分にはシェーディングをしてより暗く見せれば、簡単に立体感のあるツヤ肌顔に。ハイライトを上手に取り入れて、立体感のある旬顔を目指しましょう。

以上、ご紹介した3つのいずれかのメイクテクを取り入れれば、パウダーファンデーションを使っていてもツヤ肌になれるはず。ぜひ挑戦してみてくださいね。

マンネリ顔が劇的変化!1つ投入するだけで旬顔になるアイテムとは

ファッションと同じように、メイクも季節によって変えたいですよね。

しかし、なかなか印象が変わるようなメイクにたどり着けず、いつも通りになってしまう……そんな人のために、今回は美容ライターの筆者が、インスタグラムからトレンドのアイメイクを紹介。そのメイク方法についてお伝えします。

「色味」と「質感」で雰囲気をチェンジ!

印象がガラッと変わる様々なアイメイクをさっそく見ていきましょう。

華やかで可愛らしい雰囲気をつくってくれるピンク系

春から人気継続中なのが、華やかで可愛らしい雰囲気をつくってくれるピンク系カラー。2017年春夏のトレンドカラーなので、一つは持っているという人も多いのではないでしょうか。

濃いピンクだとキュートに、薄いピンクだとふんわりとした印象になりますね。

グッとセクシーになれる濡れまぶた

大人っぽくクールに仕上がるのが、輝きやツヤのあるアイシャドウを使ったアイメイク。グリッターが多く含まれたメタリックなものや、グロスのようなツヤ感のあるアイシャドウが、セクシーな印象の目元をつくってくれます。

夏の強い日差しの元ではキラキラと映え、夜でも存在感のある眼差しをキープできます。

気分まで明るくなるカラフルアイ

「夏はカラーメイクに挑戦したくなる!」という人は、今年は複数色組み合わせるのがおすすめ。パステルカラーなどの明るい色の組み合わせが旬です。アイシャドウだけでなく、マスカラにもカラーを取り入れてもOK。

イベントやパーティーなどのときにメイクをカラフルにしたら、より一層楽しくなりそうですよね。

昼も夜も視線くぎ付け!簡単で旬な濡れまぶたのつくり方

「仕事の日はあまり派手なメイクはムリ……」という人も、お休みの日にはキラキラと輝く大胆なアイメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。特に夏は、楽しいイベントがたくさんある季節。昼夜問わず魅力的に見える目元になるので、「一日中外出になりそう!」なんていう日にもピッタリです。

最も重要なのは……「アイシャドウ」選び

濡れまぶたをつくるのに必須なのが、発色が良くツヤ感やラメ感が強いアイシャドウ。新しく購入するときには、必ずテスターを手の甲に伸ばし試してみましょう。

今回は、ピンクとゴールドの2色を使っていきます。

(1)ゴールドシャドウを指でアイホールにのせる

まぶたにアイシャドウをぴったりとフィットさせるよう、指を使ってゴールドシャドウを少しずつ伸ばしていきます。このとき、二重幅にはあまり色をのせすぎないようにすると、目をあけた際に抜け感ができますよ。

(2)眉下にハイライトカラーをのせる

眉下からアイホール(画像の白線)うえの部分に、手持ちのハイライトカラーをのせていきます。ナチュラルに仕上げたい場合には、アイホールに入れたゴールドシャドウとの境目をぼかすように入れていきましょう。

(3)ピンクシャドウを下まぶたのせる

ブラシを使って下まぶたの目尻から目頭までピンクシャドウを入れていきます。ゴールドシャドウ同様、少しずつのせながら色味を確認しながら入れていくと、やりすぎ感がでてしまう失敗を防げます。目尻は少し幅を広めに入れましょう。

(4)全体の色味や仕上がりをチェック

最後に上下の色味のバランスや輝き具合をチェックしましょう。もの足りないと思ったら、再度少しずつアイシャドウを重ねて調節してくださいね。

いつものマンネリメイクから脱出! 今から夏に向けて、ぜひ様々なアイメイクに挑戦してみてくださいね。

男が絶句!みっともないと思う「女性の化粧崩れ」TOP8&汚顔予防テク

朝はバッチリ仕上げても、どうしても時間の経過とともに崩れてしまうメイク。暑い日も多くなってきた最近では、より化粧崩れに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

そんなときに、「時間がないから」、「面倒くさいから」と、チェックや化粧直しを怠ってしまうと、男性から冷ややかな視線を注がれてしまうかもしれません……!

そこで今回『美レンジャー』では、20~40代の男性478名を対象に「一番みっともないと思う女性の化粧崩れは?」というアンケートを実施。男性が「残念!」と思うそのランキングをご紹介するとともに、メイク崩れを防ぐテクニックについてお伝えします。

男性ガッカリ!「みっともないと感じる化粧崩れ」ランキング

第8位・・・口紅がすっかり取れている(4.4%)

第7位・・・鼻やおでこがテカテカになっている(6.1%)

第6位・・・ファンデーションがドロドロになっている(8.8%)

第5位・・・毛穴にファンデーションが落ちている(11.1%)

第4位・・・口紅がはみ出している(14.2%)

第3位・・・眉が消えている(16.1%)

第2位・・・パンダ目(マスカラやアイラインが滲んで目の下が真っ黒)になっている(18.4%)

第1位・・・口紅が歯についている(20.9%)

どれも、「あるある!」と納得してしまうものばかりではないでしょうか。その中でも1位となったのは、“口紅が歯についている”でした。顔全体は鏡でサッとチェックしても、歯はニカッと笑ったときにしか見えないので意外と見落としがちですよね。

ネット上では、「言いたくても言えないから自然に落ちるのを待つ」、「化粧室に行くよう遠回しに促す」など、その姿にガッカリしながらも直接伝えることができないでいる男性の声が見受けられました。

続いて2位には“パンダ目になっている”、3位には“眉が消えている”と、時間の経過はもちろん、これからの時期、汗や皮脂によって崩れることが多いパーツがランクインしました。

化粧の崩れやすさは、メイク時のちょっとした手間で抑えることができます。上記ランキングの1~3位にランクインした各メイクパーツの対策ポイントを見ていきましょう。

アイブロウはパウダーとペンシルを併用

なるべくナチュラルに仕上げたいからとパウダーのみで眉を描いている方もいるかもしれませんが、落ちやすさが気になるのであれば、ペンシルと併用するのがおすすめ。

消えやすい眉尻や、毛が生えていないところの“描き足し”にはペンシルを使い、眉頭や中間はパウダーを使うことで、落ちにくいだけでなく自然な立体眉に仕上がります。

描き終えたら、フェイスパウダーがついたパフで軽く抑えると、表面がサラサラになり持続力もさらにアップ。つけすぎないよう、事前に余分な粉はしっかりと落としてくださいね。

アイライン・マスカラにはパウダーやトップコートを重ねて

“パンダ目”防止にも、フェイスパウダーが役に立ちます。アイラインや、表情を変えてみたときにまつ毛が肌に触れる部分に、ブラシを使って軽くのせていきましょう。必ずアイラインやマスカラが乾いてから行ってください。

アイラインには、フェイスパウダーの代わりにアイシャドウの締め色を上からぼかすように重ねてもOK。やりすぎ感のない“ナチュラルな目力”メイクになります。

マスカラには、マスカラ用のトップコートを重ねるのもおすすめ。落ちにくくなるだけでなく、カールの持ちもよくなったり、美容成分配合のものだとまつ毛ケアにもなりますよ。

リップカラーは塗った直後のチェックを念入りに

口紅が歯につくのを防止するには、塗ったあとが大切。ティッシュを口に挟んで軽くティッシュオフするのはもちろん、口を動かしてみて歯につかないかチェックしましょう。

口紅がたくさんついてしまっていたら、まずはティッシュや綿棒などで優しく唇の内側の口紅を少しオフしましょう。強くこすると唇の荒れの原因となるので注意してくださいね。

再び口を動かし、歯に付かなければ合格。ついたら再度オフして。

最後にルースパウダーを軽くのせると、口紅も長持ちします。口紅の色味を邪魔しない無色のものがおすすめですよ。

「気づかないうちにとんでもない顔になってた!」なんて恥ずかしい思いをしないためにも、メイクが崩れないよう事前の対策を心がけたいですね。

着るだけで−2kg!? 「痩せ見えヨガウエア」をインストラクターが伝授

ヨガのレッスンへ通いたくても、「今の体では露出度の高いヨガウエアは着れない」「もう少し痩せてからにしよう」と、スタジオ通いが遠のいている方もいるのでは? そんな方にオススメしたいのが、“−2kg痩せて見えるのも夢ではない!?”ヨガウエアの着用。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が、“着痩せするヨガウエアの選び方”をご紹介します。

1:無地で痩せ見え

まずは柄について。柄が入ったウエアは、ヨガのポーズを取る際に柄が引っ張られて伸びてしまうと太った印象に。また、大きめの柄の場合、体を大きく見せてしまうこともあるので要注意です。

どうしても柄が入ったヨガウエアを着たいという方は、グラデーションになったウエアはいかがでしょうか。トップスの場合は顔周りは淡い色で、お腹周りは暗い色、というように下にいくにつれて色が濃くなっているものなら、気になるウエストまわりもホッソリと見せてくれます。

ボトムスの場合は、気になるヒップや太もも部分の色が濃いものを選ぶと痩せ見えするでしょう。

2:体にフィットするウエアで痩せ見え

あえてノースリーブのトップスや、足にぴったりとフィットするボトムスを選び、縦のラインを引き立たせることでスリムに見えます。

全身フィットするものを着るのに抵抗があるという方は、気になるパーツだけフィット感をなくすという方法もあります。

たとえば、二の腕を隠したい方には、フリル袖がオススメ。ピッタリとした袖のトップスよりも、腕周りにゆとりがあることで細く見えます。ただ、ボリュームがあるフリル袖はポーズの最中に腕にまとわりついて動きの妨げになるので、控えめなデザインを選んで。

ヒップ・太ももを隠したい方は、足首に向かって細くなるサルエルパンツを。体の中でもいちばん細い足首のラインをしっかり出すことで、痩せ見えします。

ベリーダンサーが着るようなハーレムパンツも足首部分は締まっているのですが、股から太ももにかけてのダボつきが大きく、動きにくく感じるかもしれません。サルエルパンツのほうがヨガ向きと言えるでしょう。

3:ぴったりインナーを忍ばせて痩せ見え

上半身のお肉が気になる方は、トップスの下にぴったりとしたインナーを一枚忍ばせてみては? カップ付きインナーならば、バストをしっかりホールドしてくれて安心感もアップします。その上からトップスを着ると、ブラジャーだけをつけているときよりも背中のたるみやハミ肉が目立ちにくいですよ。

ただし、締めつけが強すぎるものは、動きを妨げたり、気分が悪くなったりする恐れがあるので避けてくださいね。

痩せ見えするヨガウエアの選び方をお伝えしました。まずはウエアでモチベーションを高めながら、夏に向けた体づくりを目指してヨガレッスンに通ってみませんか?