男が絶句!みっともないと思う「女性の化粧崩れ」TOP8&汚顔予防テク

朝はバッチリ仕上げても、どうしても時間の経過とともに崩れてしまうメイク。暑い日も多くなってきた最近では、より化粧崩れに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

そんなときに、「時間がないから」、「面倒くさいから」と、チェックや化粧直しを怠ってしまうと、男性から冷ややかな視線を注がれてしまうかもしれません……!

そこで今回『美レンジャー』では、20~40代の男性478名を対象に「一番みっともないと思う女性の化粧崩れは?」というアンケートを実施。男性が「残念!」と思うそのランキングをご紹介するとともに、メイク崩れを防ぐテクニックについてお伝えします。

男性ガッカリ!「みっともないと感じる化粧崩れ」ランキング

第8位・・・口紅がすっかり取れている(4.4%)

第7位・・・鼻やおでこがテカテカになっている(6.1%)

第6位・・・ファンデーションがドロドロになっている(8.8%)

第5位・・・毛穴にファンデーションが落ちている(11.1%)

第4位・・・口紅がはみ出している(14.2%)

第3位・・・眉が消えている(16.1%)

第2位・・・パンダ目(マスカラやアイラインが滲んで目の下が真っ黒)になっている(18.4%)

第1位・・・口紅が歯についている(20.9%)

どれも、「あるある!」と納得してしまうものばかりではないでしょうか。その中でも1位となったのは、“口紅が歯についている”でした。顔全体は鏡でサッとチェックしても、歯はニカッと笑ったときにしか見えないので意外と見落としがちですよね。

ネット上では、「言いたくても言えないから自然に落ちるのを待つ」、「化粧室に行くよう遠回しに促す」など、その姿にガッカリしながらも直接伝えることができないでいる男性の声が見受けられました。

続いて2位には“パンダ目になっている”、3位には“眉が消えている”と、時間の経過はもちろん、これからの時期、汗や皮脂によって崩れることが多いパーツがランクインしました。

化粧の崩れやすさは、メイク時のちょっとした手間で抑えることができます。上記ランキングの1~3位にランクインした各メイクパーツの対策ポイントを見ていきましょう。

アイブロウはパウダーとペンシルを併用

なるべくナチュラルに仕上げたいからとパウダーのみで眉を描いている方もいるかもしれませんが、落ちやすさが気になるのであれば、ペンシルと併用するのがおすすめ。

消えやすい眉尻や、毛が生えていないところの“描き足し”にはペンシルを使い、眉頭や中間はパウダーを使うことで、落ちにくいだけでなく自然な立体眉に仕上がります。

描き終えたら、フェイスパウダーがついたパフで軽く抑えると、表面がサラサラになり持続力もさらにアップ。つけすぎないよう、事前に余分な粉はしっかりと落としてくださいね。

アイライン・マスカラにはパウダーやトップコートを重ねて

“パンダ目”防止にも、フェイスパウダーが役に立ちます。アイラインや、表情を変えてみたときにまつ毛が肌に触れる部分に、ブラシを使って軽くのせていきましょう。必ずアイラインやマスカラが乾いてから行ってください。

アイラインには、フェイスパウダーの代わりにアイシャドウの締め色を上からぼかすように重ねてもOK。やりすぎ感のない“ナチュラルな目力”メイクになります。

マスカラには、マスカラ用のトップコートを重ねるのもおすすめ。落ちにくくなるだけでなく、カールの持ちもよくなったり、美容成分配合のものだとまつ毛ケアにもなりますよ。

リップカラーは塗った直後のチェックを念入りに

口紅が歯につくのを防止するには、塗ったあとが大切。ティッシュを口に挟んで軽くティッシュオフするのはもちろん、口を動かしてみて歯につかないかチェックしましょう。

口紅がたくさんついてしまっていたら、まずはティッシュや綿棒などで優しく唇の内側の口紅を少しオフしましょう。強くこすると唇の荒れの原因となるので注意してくださいね。

再び口を動かし、歯に付かなければ合格。ついたら再度オフして。

最後にルースパウダーを軽くのせると、口紅も長持ちします。口紅の色味を邪魔しない無色のものがおすすめですよ。

「気づかないうちにとんでもない顔になってた!」なんて恥ずかしい思いをしないためにも、メイクが崩れないよう事前の対策を心がけたいですね。

着るだけで−2kg!? 「痩せ見えヨガウエア」をインストラクターが伝授

ヨガのレッスンへ通いたくても、「今の体では露出度の高いヨガウエアは着れない」「もう少し痩せてからにしよう」と、スタジオ通いが遠のいている方もいるのでは? そんな方にオススメしたいのが、“−2kg痩せて見えるのも夢ではない!?”ヨガウエアの着用。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が、“着痩せするヨガウエアの選び方”をご紹介します。

1:無地で痩せ見え

まずは柄について。柄が入ったウエアは、ヨガのポーズを取る際に柄が引っ張られて伸びてしまうと太った印象に。また、大きめの柄の場合、体を大きく見せてしまうこともあるので要注意です。

どうしても柄が入ったヨガウエアを着たいという方は、グラデーションになったウエアはいかがでしょうか。トップスの場合は顔周りは淡い色で、お腹周りは暗い色、というように下にいくにつれて色が濃くなっているものなら、気になるウエストまわりもホッソリと見せてくれます。

ボトムスの場合は、気になるヒップや太もも部分の色が濃いものを選ぶと痩せ見えするでしょう。

2:体にフィットするウエアで痩せ見え

あえてノースリーブのトップスや、足にぴったりとフィットするボトムスを選び、縦のラインを引き立たせることでスリムに見えます。

全身フィットするものを着るのに抵抗があるという方は、気になるパーツだけフィット感をなくすという方法もあります。

たとえば、二の腕を隠したい方には、フリル袖がオススメ。ピッタリとした袖のトップスよりも、腕周りにゆとりがあることで細く見えます。ただ、ボリュームがあるフリル袖はポーズの最中に腕にまとわりついて動きの妨げになるので、控えめなデザインを選んで。

ヒップ・太ももを隠したい方は、足首に向かって細くなるサルエルパンツを。体の中でもいちばん細い足首のラインをしっかり出すことで、痩せ見えします。

ベリーダンサーが着るようなハーレムパンツも足首部分は締まっているのですが、股から太ももにかけてのダボつきが大きく、動きにくく感じるかもしれません。サルエルパンツのほうがヨガ向きと言えるでしょう。

3:ぴったりインナーを忍ばせて痩せ見え

上半身のお肉が気になる方は、トップスの下にぴったりとしたインナーを一枚忍ばせてみては? カップ付きインナーならば、バストをしっかりホールドしてくれて安心感もアップします。その上からトップスを着ると、ブラジャーだけをつけているときよりも背中のたるみやハミ肉が目立ちにくいですよ。

ただし、締めつけが強すぎるものは、動きを妨げたり、気分が悪くなったりする恐れがあるので避けてくださいね。

痩せ見えするヨガウエアの選び方をお伝えしました。まずはウエアでモチベーションを高めながら、夏に向けた体づくりを目指してヨガレッスンに通ってみませんか?

小さいのに存在感!「憧れブランドのミニバッグ」スタイリストの3選

皆さんが普段持ち歩いているバッグは大きめですか? 小さめですか?

大きなバッグは便利ですが、荷物を詰め込み過ぎてしまうと、見た目がエレガントではなくなってしまうことも。TPOに合わせてコンパクトなバッグも使いこなせれば、コーディネートの幅も広がります。

そこで今回はスタイリストの上村鮎美さんに、憧れブランドの中から、小さくても存在感のあるオススメバッグを3つ選んでもらいました。

1:FENDIのミニサイズバッグ「モンスターシリーズ」

Fendiさん(@fendi)がシェアした投稿

FENDI(フェンディ)から毎シーズンのように出ている、ミニサイズのショルダータイプのバッグ。上村さん曰く、その中で選ぶべきなのは、「断然モンスターシリーズです!」だそう。まるでオバケのような顔がデザインされたバッグやチャームが数多くラインナップしていて、いま大人気なんです。

「普通のバッグにはないカラフルな差し色がモンスターの顔部分に入るので、とってもおしゃれに見えます。

シンプルなファッションに持てばアクセントになりますし、エレガントなスタイルだと“遊び”になります。例えばデニムとTシャツだけのカジュアルなファッションでも、スタイルがキマりますよ」(上村さん・以下「」内同)

2:Stella McCatney「ファラベラ」

Stella McCatneyステラマッカートニー)の『ファラベラ』スモールサイズは、少し前に流行りましたが、こちらも長く使えるバッグだと上村さんは話します。

「クラッチ、ショルダー、トートの3wayで使える優れものです。通勤バッグとして使うならトートに、デートではショルダーを使って斜めがけにと、シーンに合わせて変えられるので重宝しますよ。

バッグをぐるりと囲んだような独特のチェーンデザインは、コーデを都会的に仕上げてくれます。意外と収納力もあるのも、嬉しいポイントです」

PRADA「サフィアーノ」シリーズのミニサイズ

Pradaさん(@prada)がシェアした投稿

PRADA(プラダ)サフィアーノシリーズのミニサイズも、長く使えるバッグなのだそう。“サフィアーノ”とは、張りのある撥水性にすぐれたレザーのこと。そのため、丈夫で型崩れしにくいそう。

「また、使う人の年代を選ばないデザインで、カラー展開も豊富。華やかな色も多いので、差し色になりますよ」

荷物が少なくてすむ日などは、コンパクトバッグがあると着こなしがスタイリッシュになります。ひとつ持っておくと重宝しますよ。

【取材協力】
※ 上村鮎美(かみむらあゆみ)・・・文化服装学院服装学科卒業。企業広告やCM、雑誌を中心に活躍中。スタイリッシュで斬新なのに、上品に仕上がるスタイルづくりに定評がある。スタイルバンクにて2002年からスタイリストアシスタント。2004年からスタイリスト。

−3kgは痩せ見え!バズーカ岡田が教える「鍛えるべきパーツ」3つ

夏を目前に控え、「来月までに−3kgを実現したいっ!」などと、目標を持って“痩せ活”に励んでいる方も多いかもしれません。全身を一気に絞るのは難しくても、効率的にパーツ痩せができれば、見た目の“痩せ効果”は大きいでしょう。ならば、体のどこから絞るのがベストなのでしょうか。

時短美容家の筆者が、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)など多くのメディアで活躍する“バズーカ岡田”こと日本体育大学准教授・岡田隆さんにうかがった、“今より−3kgに見える体をつくる”ために優先的に引き締めるべきパーツを3つ、ご紹介します。

1:二の腕

「ノースリーブが多くなり、露出度が上がる部位だけに、二の腕の下側に“振袖肉”がたまっているかどうかは印象を大きく左右します。ですが、この部位は、なかなか脂肪が取れないという人も多いと思います」(岡田さん・以下「」内同)

確かに二の腕がプニュっとしていると、太った印象を与えがちですよね。そんな二の腕のパーツ痩せを狙うためには、運動前のひと手間がカギになるのだそうです。

「体脂肪は運動をすると、分解されて血液に乗って運ばれ、筋肉に運ばれてエネルギーとして消費されます。つまり、血行をよくしておかないと、脂肪を減らす運動をしても効果があまり出ないのです。運動をする前に二の腕を温めてもみほぐして血行をよくしてから、腕の裏や肩を鍛える運動を行うとよいでしょう」

2:足首

「足首も露出が多い部位ですよね。キュッとした足首は、全身も引き締まった印象にしてくれます。

むくみをとるだけでほっそりする人も多いのですが、“足のむくみを解消してもまだ足首が太い”というなら、ふくらはぎの上につく腓腹筋を鍛えて形を整えるべし!」

では、“腓腹筋”はどのように引き締めればいいのでしょうか?

「ほんの少しだけ足の親指に体重をかけるようにして、つま先立ちになる運動をするとよいでしょう」

簡単なので、今日からすぐに始められそうですね。

3:ウエスト

「ほっそりと引き締まったウエストも、見た目が痩せて見るためには超重要ポイント。なぜならウエストは体の中心にあり、どうしても目立ってしまう部位なんです。しっかり引き締めて、体全体を砂時計の形のようなメリハリのあるラインにすると、美しく見えますよ」

そんな“くびれ”を手に入れるには、やはり、仰向けになった状態で上体を起こす“腹筋運動”がベストでしょうか?

「くびれには実は、いわゆる“腹筋”と言われる運動よりも、ウエストをひねる運動を継続することが効果的です」

しっかりとエクササイズに取り組む時間がなくとも、思いついたときにウエストをひねる動作を心がけましょう。

以上、岡田さんに聞いた、なにがなんでも痩せ見えしたい女子が“真っ先に絞るべきパーツ”を紹介しました。

今回挙げたパーツを意識して鍛えると、体重に変化がなくても「あれ、痩せた?」と聞かれるかもしれませんよ。

【取材協力】

岡田 隆(おかだ・たかし)・・・日本体育大学准教授。2016リオ五輪では柔道全日本男子の全7階級メダル制覇に貢献。2016年日本社会人ボディビル選手権大会で優勝し、骨格筋評論家“バズーカ岡田”という異名でテレビなどに多数出演。『2週間で腹を割る!4分鬼筋トレ』(アチーブメント出版)など著書多数。オフィシャルブログ『筋肉道

後ろポッケは外側or内側?錯覚でスタイルUP「美尻デニム」の選び方

デニムを穿いたとき、ヒップがキュッと上がっているのが理想ですよね。しかし、デニムのデザインによってはスタイルが悪く見えることも……。

いざデニムを選ぼうにも、どんな点に注意すれば良いのかわからない方も多いはず。実は、デニムがキマるかどうかは“後ろ姿”にポイントがあるのだとか!

そこで今回は、トータルビューティーアドバイザーとして活躍する押野博子さんに“美尻に見えるデニムの選び方”を教えてもらいました。

 

■デニム選びは「後ろ」が重要!

デニムを選ぶときに、正面のデザインやサイズ感ばかりチェックしていませんか?

「私はデニムは“後ろで語る”と思っています。例えば後ろのポケットの上にある線は、バックヨークといいますが、ここが真っ直ぐか、斜めになっているかなどのデザイン次第で、お尻の立体感が大きく変わるんですよ。

またポケットの位置によっても、横から見たときにお尻がぺったんこに見えたりします。美尻を目指すのであれば、後ろのデザインもしっかり見て選ぶべきです」(押野さん・以下「」内同)

デニムを選ぶとき、後ろまで見て選んでいた方は少ないのでは? それでは実際に“美尻”になれるデニムの選び方3つを見てみましょう!

 

■1:ダーツの深さ

「デニムの後ろにあるバックヨークのデザインは、それぞれ違いがあります。

中心に向かってV字のように、ダーツが深くなっていればいるほど、お尻が立体的に見えます。逆にダーツが浅くまっすぐ並行なデザインだと、お尻がぺったんこに見えるんですよ」

もともとお尻が小さい方は、ダーツが深めのデザインを穿くことで、立体感のある美尻に近づくんだとか。また、お尻が大きくて悩んでいる方は浅めのバックヨークをチョイスすることで、美尻に近づけるそう。

 

■2:ポケットの形

ポケットの形も大切。視覚効果を利用することで美尻に近づけてくれるそう。

「トレンドの太めのデニムに多いのが、大きくベース型のポケット。しかし、腰回りが太めの方は、このデザインを穿くことで後ろ姿が、さらに寸胴に見えてしまうことも……。

一方、ポケットが小さいとお尻も小さく見えます。また長方形のスリムなデザインのポケットだと、引き締まったお尻に見せる効果があります」

小さめ美尻を目指すならポケットのデザインは長方形を選ぶといいそうですね。

 

■3:ポケットの位置

さらにポケットの位置によっても見た目の印象は変わります。

「ポケットの位置が上下どこにあるかで、印象が変わってきます。ポケットが上の方についていると、お尻も上向きにキュッと上がっているように、下の方についていると、目線が下がるためお尻が垂れているように見えてしまいます。

また、ポケットの左右位置によっても見た目が変わってきます。ちょっと外側にポケットがついていると、横から見たときにプリッと立体的なお尻に。中心に寄っていると、大きめのお尻の方でも小尻に見える効果があります」

 

今までデニムの正面ばかり気にしていた方も、これからは“後ろ姿”に注目してみてください。今回ご紹介した3つのポイントを意識すれば、憧れの美尻に近づけるかもしれません。

 

【取材協力】

※ 押野博子・・・トータルビューティーアドバイザー。美容とファッションに少しでも多くの人に興味を持って欲しいと思い、起業した。現在は主に低身長の人の為にファッションのスタイリングをしている。『ゲイカップルに萌えたら迷惑ですか?』(牧村朝子著)の表紙スタイリングも手がけた。

 

【おすすめ記事(PR)】

ポイントは3つだけ!モデル直伝「衣替え」がサクサクできるコツ

気温も少しずつ暖かくなり、春服への衣替えも考えだす時期でしょう。けれども、せっかく春服に衣替えをしても、夜は冷え込んだり急に冬に逆戻りしたような寒さになったりと振り回されることも少なくありません。

そこで今回は、現役のモデルとしてアパレルブランドとも仕事をしている筆者が“春服への衣替えポイント”3つをご紹介します。

 

■ポイント1:冬っぽい「素材」は早めにしまう

衣替えでの最初のポイントは“素材”です。冬を連想しやすい素材は潔くしまってしまいましょう!

例えばファー素材やモコモコの厚手のニットなども、冬のイメージが強いアイテムでしょう。薄手のニットは、春先でも肌寒いときなどにさらっと着れるのでキープしておくと便利。

他にもコーデュロイや秋冬に大活躍したベロア素材といった、生地にボリュームがあるものも、春の衣替えする際は優先順位が高いものに分類します。

これらはかさばりやすいので、思い切ってしまってしまえばクローゼットのスペースも確保できるので、春服との入れ替えがしやすくなりますよ。

 

■ポイント2:シックで重い「色合い」のものをしまう

次いで、衣替えのポイントになるのが“色合い”です。冬服は春服に比べ、どちらかというとシックで重い色合いのものが多い傾向にありませんか?

赤色だとしても、ボルドーなどの濃い色を着る機会も多いですよね。一方、春服は赤でも原色に近い明るい赤やオレンジに近い赤が主流です。

これらを念頭に、冬っぽい色合いのものはしまいます。ただし、重くてもネイビーやブラックなどの“定番カラー”は、残しておいてもOK。

この仕分けをすることで、明るい色が多い春物アイテムと一緒に冬服をコーディネートしても、違和感なく合わせることができます。

 

■ポイント3:「冬っぽい柄」はしまう

そして3つ目のポイントは“柄”。ツイード生地や千鳥柄といった柄は冬っぽいイメージですよね。春は花柄やギンガムチェックまたはストライプといった爽やかなデザインが多くなります。

もちろん、春にツイードや千鳥格子が流行ることもあるので、その時々のトレンドも考慮しつつ春らしくないデザインのものはしまうようにしましょう。

 

衣替えをすることで、クローゼットの手持ちアイテムをしっかり把握できます。すると、「あのデザインの洋服が欲しい」と必要なものも見えてきやすいです。新しい服を購入する前に、まずは整理整頓から始めてみてはいかがでしょう?

 

【おすすめ記事(PR)】

クリームチークは「ファンデの前or後?」タイプ別…頬紅の正しい塗り方

顔に血色感をプラスして、華やかな顔立ちにすることができる“チーク”。

使用するテクスチャーによって、ガラリとメイクの雰囲気を変えることができるアイテムです。チークを上手に使い分けることができれば、メイクの幅が広がりますよ。

そこで今回は美容ライターの筆者が、チークのタイプ別に“正しい使い方”をご紹介します。

 

■パウダーチークの使い方

パウダーチークは、粉を固めて固形にしたチークのこと。ふんわりとした顔立ちに仕上げたいときに使用するといいでしょう。ブラシに取って、サッと頰に伸ばすだけでキレイな仕上がりになるので、チーク初心者でも使いやすいです。

【使い方】

(1)チークブラシに取り、まずは手の甲にのせて余計な粉を落としましょう。こうしてチークの量を調節すれば、頰にムラなくのせることができます。

(2)“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心にくるくると円を描くようにのせていきましょう。

頬につけるときは、ブラシの“側面”を使用しましょう。これもムラなくキレイに発色させるためのコツです。

 

■クリームチークの使い方

クリーム状になったチーク。肌にピタッと密着し、トレンドのツヤ感のある頰に仕上げることができます。内側からジュワ~ッとにじみ出るような色気のあるチークメイクにしたいときに、オススメです。

パウダーチークと違い、こちらは指を使って塗っていきます。

【使い方】

(1)クリームチークを、中指で取り、手の甲にのせて、頰に塗る量を調節しましょう。チークは中指が塗りやすいですよ。

(2)“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心に“ポンポンッ”とタッピングするように優しく叩き、ぼかしながら広げていきましょう。

リキッドファンデをつけるときのように、横に滑らせると失敗しやすいので注意してくださいね。

ファンデーションはリキッドかクリームがオススメ。パウダーファンデを使用する場合は、必ずファンデーションの前に使用してください。そうしないと、ファンデーションがムラになってしまいます。

 

■リキッドチークの使い方

リキッドチークとは、液状のチークのことを指します。見た目は、ネイルカラーのような形状をしています。少量でも発色がよく、こちらも内側からにじみ出るような自然な血色感を楽しむことができます。

【使い方】

(1)リキッドチークはネイルと同様、蓋についている筆でメイクをしていきます。

ただし、注意してほしいのが頰に“直塗りしないこと”。直接筆で塗り広げてしまうと、塗りすぎてしまう可能性があるので気をつけて!

筆でチークを適量取り、手の甲に塗って量を調整しましょう。それを中指の腹に“チョンッ”とつけます。こちらもタッピングするようにポンポンと優しく叩いていきましょう。

(2)中指の腹に少しのせたら、“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心に“ポンポンッ”と優しく叩いてぼかしながら広げていきましょう。

こちらもクリームチーク同様、ファンデーションがリキッドやクリームならば、ファンデーションの後に、パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションの前にチークをつけましょう。

 

以上、チークのタイプ別、“正しい使い方”をご紹介しました。チークの正しい使いをマスターして、もっとキレイに磨きをかけてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

女性500人が「効果を感じた目元ケア」1位・2位の合せ技が最強!

ハリ不足や小ジワなど、年齢を重ねるにつれ目元のお悩みは深刻化します。鏡を見て変化に気づいたら、できるだけ効果的なケアを即座に始めたいところ。

そこで『美レンジャー』では、女性500名に「あなたがこれまでに試して、ハリや小ジワなどの目元のお悩みに“効果があった!”と思うケアをすべて選んでください(複数回答可)」という、アンケートを実施。

その結果とともに、手軽にできる目元ケアをお伝えします。

 

■目元のお悩みに効果を実感している人が多いケアトップ5

5位:エステに通う・・・6.0%

4位:表情筋を鍛える(顔ヨガなど)・・・7.6%

3位:目元のツボ押し(攅竹など)・・・9.0%

2位:目元にホットタオルをあてる・・・10.6%

1位:目元専用の化粧品を使う・・・14.2%

1位は“目元専用化粧品を使う”でした。目元の皮膚は他のパーツに比べて薄いため、いつものスキンケアに加え専用コスメを使ったケアがやはり効果が感じられるようです。

一方、ホットタオルやツボ押しなどの手軽な方法でも効果は感じられるよう。

そこで以下では、ホットタオルで、目元のお悩みをケアする方法を時短美容家の筆者がご紹介しましょう。

 

■目元にアプローチする「ホットタオル美容」の4Step

目元の小ジワは、乾燥や眼精疲労による血流低下が原因。そのためホットタオル美容は、実はとても効果的なケアなんです。なぜなら、目元にホットタオルをのせることで、スチーマーのような効果が生まれるとともに、温かさで血行を促してくれるんです。

効果をしっかり引き出すためには、次のステップを心がけてください。

(1)タオル水で濡らして、しっかり絞ります。それを電子レンジに入れ、500wで30秒~1分間温めホットタオルをつくる

電子レンジから温めたタオルを取り出すときは、熱いので火傷に注意してくださいね。

(2)目元に専用アイクリームやジェルをたっぷりめに塗る

(3)ホットタオルをのせる

(4)そのまま2~3分置き、ホットタオルを外す

このステップを行うことによって、ホットタオルのスチーム効果で、目元に塗ったアイクリームが浸透しやすくすると同時に、目元がじんわり温まり血行よくなります。

今回の調査で1位と2位だったお手入れを組み合わせるこの方法が、目元の悩みをズバッと解決してくれるでしょう。

 

加齢に伴う目元のお悩みは、深刻になる前に手を打っていきたいですよね。ぜひ、いつものケアにプラスしてホットタオルも積極的に使ってみてください。

 

【おすすめ記事(PR)】

あぁグラグラ!ヨガ講師は見た「バランスポーズ」苦手な人の特徴

“ウォーリア3”や“立ち木のポーズ”、“壮美のポーズ”など、ヨガには片足で立ってバランスを取るポーズがいくつかあります。しかし、うまくバランスが取れずにグラグラしたり、何度もポーズが崩れたり「バランスポーズは苦手」という方は多いでしょう。

今回はヨガインストラクターの筆者が、“バランスポーズが苦手な方の特徴”と、うまくポーズを取るためのコツをお伝えしていきたいと思います。

 

■1:足の裏がうまく使えていない

一肢だけで立つバランスポーズでは、足裏の使い方が重要になってきます。ポイントは、足裏全体に均等に体重をかけて、しっかりと床を踏みしめること。前後左右に体重が偏ると、そのまま上体のバランスも崩れてしまいます。

まずは、足裏全体に体重をかけることをマスターしましょう。これができていないまま足や手を上げたりしては、本来使うべきではない筋肉や関節に負担をかける恐れがあります。

 

■2:首や肩に力が入っている

不安定なポーズを取るとき、人は無意識のうちに首や肩に力が入ってキュッと上がってしまいがち。この力みや緊張もまたバランスを崩す原因の一つです。

吐く息とともに緊張をほどき、リラックスした状態でポーズに入りましょう。耳と肩の距離を取るように肩を下げると、フッと力みが抜けますよ。

 

■3:「できない」と思っている

体は、脳からの指令を受けて動きます。そのため「無理」、「できない」と思う気持ちがバランスを崩す原因になっていることも。自分を信じてポーズが取れた姿をイメージしてみて。

それと、ポーズに集中することも忘れずに! 考え事をしたりよそ見をしたりすると、とたんにバランスが崩れやすくなります。自分の呼吸に意識を向けて、集中力を高めましょう。視線も一点集中です。

 

「バランスポーズは苦手」という方は、上記の項目を参考にポーズにチャレンジしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

出会いがないなら作ればいい!「行列のできるモテ子」の最強ハント技

寒~い冬もようやく終わりを告げ、季節はいよいよ春。出会いの時期でもありますよね。

もし「出会いなんてない!」と嘆いているのなら、今年の春こそは「出会いがあり過ぎて困っちゃう~」なんて嬉しいボヤキをしてみませんか?

そこで今回は、筆者の周りの友人モテ子3人(M美、E子、R香)への取材をもとに、“出会いがひっきりなし!行列のできるモテ子の秘訣“を3つご紹介します。

 

■1:ハイ女神!タイプの男性でなくてもコロリ…「菩薩スマイル」

モテ子M美のモットーは、“タイプじゃない男性と話すときでも、分け隔てなく優しくする”というもの。「M美ちゃん、なんてイイ子なの!」と感動しそうになりますが、ちょっと待った! M美の行動の裏にあるのはズバリ“芋づる作戦”です。

「タイプじゃない男性だったとしても、その友達がタイプ……なんてことはよくある話。タイプじゃないからとそこで縁を切ってしまえばそこまでだけれど、繋がっておけば出会いの確立はがぜん上がるの!」と、M美はドヤ顔。

実際に、誰にでもニコニコと優しく微笑むM美の“菩薩スマイル”は男性陣の間では大好評! タイプじゃない男性が連れて来た友人二人が、両方ともタイプだった……なんて嬉しい悲鳴をあげたこともあるそうです。

 

■2:種まき合言葉はコレ!「LINE教えて」

「LINEのIDは、男から聞くべきでしょ」、「興味のない相手からLINEを聞かれてもスルー」こんな恋のマイ法則をつくっている方も少なくないのでは?

ところが、この法則に「待った!」をかけるのが、モテ子のE子です。

「出会った瞬間ビビビッ!電撃的に出会い恋に落ちる……。それが理想だけれど、現実的でないのも事実。恋愛の成功率を上げるには、種まき方式が最適だと思う」と語るE子。

そこでE子が恥を捨てて言うのが「LINE教えて」の一言!「“LINE教えて”。たったこれだけなのに、“オレに興味がある?”と相手に勘違いさせることができるし、そこからその男性のイケメン友達へ繋がることもある。今は何にもなくても、半年、一年後と長いスパンで何か進展があるかもしれない」と、E子は熱弁をふるいます。

実際にE子は、「LINE教えて」でせっせと種まきをし、ある男性と恋愛を楽しむも破局、その半年後に昔に種まきしておいた男性とやり取りを復活させ、デートでゆっくりと耕し、先日めでたくゴールイン! 小さな種から、甘い果実へと大収穫を終えたばかり。試してみる価値、大ですよ。

 

■3:趣味合うよね!自分のテリトリーこそ「最強ハンティング場」

恋愛ハンターR香がお得意とするのがコレ。“自分のテリトリーでハンティング”です。

R香の趣味は、映画とラーメン食べ歩き。どちらも男性のおひとり様が多いことから、ハンティングにはもってこいなのだとか!

「間違っても“よく来られるんですか?“、“おひとりですか?”な~んて、いかにもなセリフはNG。相手に警戒心を抱かせてしまいます。自然な出会いには、自然な会話が絶対条件!」と、R香。

オススメのセリフは、「今日、混んでますね(空いてますね)」や「この作品って観ました?」、「ラーメンは味噌と醤油どっちがオススメですか?」など、あくまでも「モノ(映画やラーメン)に興味を示した会話、もしくは挨拶程度」であることがマストだそう。

「出会いがなければ、自分でつくればいい」R香は、力強い言葉で締めくくります。

 

いかがでしたでしょうか? モテテクでチャンスをモノにして、素敵な恋愛を楽しみたいですね。

 

【おすすめ記事(PR)】