ぽちゃ腹&大根足も!「椅子のポーズ」で夏までにスッキリ解消

春は仕事で部署異動があったり引っ越ししたりと、これまでと違う環境に置かれている方も多いでしょう。慣れない生活のストレスから「食欲が増して食べて過ぎてしまう」、「お酒を飲み過ぎてしまう」といった悩みを持つ方もいるのでは?

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、ボリュームアップした背中・お腹・脚に悩んでいる皆さんにオススメしたい“ボディーラインを整えるヨガポーズ”を紹介します。

背中・お腹・脚に効く「椅子のポーズ」

股関節・ひざを90度に曲げて腰を落とすのが“椅子のポーズ”。地味なポーズに見えますが、バランスを取って体を安定させながらキープをするため、さまざまなパーツに効いてきます。

上体を前傾させて腕を上げるため、特に背中~お腹(体幹部)、そして土台として体を安定させる脚のシェイプアップに効果的です。

椅子のポーズのやり方

では、椅子のポーズの取り方を説明します。

【椅子のポーズ・プロセス】

(1)床に足を揃えて直立し、胸の前で合掌する

(2)息を吸いながら合掌した手を天井に伸ばし、腕を肩幅に開く(写真下)

(3)息を吐きながら、股関節・ひざを90度に曲げる(お尻を後ろに引くようにする)

(4)上体を斜めに倒して、腕はその延長線上に伸ばし、鼻呼吸を5回繰り返す

実際に行う際は、下記の注意点を参考にしてみてくださいね。

「椅子のポーズ」の注意点

安全に、効果的にポーズを取るためにも、下記の注意点には気を付けましょう。

(1)ひざがつま先よりも前に出ないようにする

写真のようにひざが前に出過ぎると負担がかかり、痛める恐れがあります。ひざが出過ぎていたら、お尻を後ろに引いたり、屈曲を浅くしたりして調整しましょう。

(2)腰が反り過ぎないようにする

上の写真は、腰が反り過ぎている例です。腰が反り過ぎていると腰痛の原因になります。お腹を内側に引き入れるようにして、背中は自然な湾曲を保ちましょう。

(3)肩が上がらないようにする

肩に力が入って上がりやすいポーズでもあるので、首を長く保つ・肩と耳の距離を取るようにして、下にさげる意識を持ちましょう。

もし余裕があったら、つま先立ちになってみたり、片脚ずつ前に伸ばしたりすると、より効いてきますよ。

【つま先立ち】

【片脚ずつ前に伸ばす】

ストレスでついつい食べ過ぎて、背中・お腹・脚をスッキリさせたい方はぜひ、試してみてくださいね。

最悪っ!どーしても消えないクマが「目の下チーク」でパッと消える

目の下にクマがあるだけで、“体調が悪く”見えてしまうことがありますよね。「クマをなんとかしたい!」と、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしても、クマは消えず、ドロドロな“メイク崩れ”を招いただけ……なんて悲劇も!

しかしファンデーションの厚塗りに頼らず、目のクマを目立たなくする方法があるのです。それが叶うのが“チーク”。目の下に色味を足すことで、パッとクマが消えて見えるのです。

今回は美容ライターの筆者が、目のクマを“チーク”で目立たなくするテクニックを3Stepでご紹介します。

 

■Step1:コンシーラーを薄く伸ばす

チークを使用する前に、目のクマにコンシーラーをのせます。使用するコンシーラーの色は、“クマの種類”によって選びましょう。

・青グマ・・・オレンジ系のコンシーラー

・茶グマ・・・イエロー系のコンシーラー

血行不良が原因の青クマにはオレンジ系、色素沈着やくすみが原因の茶クマにはイエロー系。それぞれに合ったコンシーラーを使用することで、目のクマを目立ちにくくしてくれます。

しかし“塗りすぎ”は、皮脂や汗によって崩れやすくなるので注意しましょう。

 

■Step2:クリームチークを目の下にのせる

次に、クリームチークを気になるクマよりも少し下にのせていきましょう。クリームチークはツヤ感を出しながら肌に色味をプラスすることができます。ツヤと色味の両方によって気になるクマを目立ちにくくしてくれるのです。

また、クリームタイプのチークは落ちにくく色持ちがいいのでオススメです。

【クリームチークの塗り方・プロセス】

(1)塗りすぎを防ぐために、クリームチークを一度指に取り、手の甲にのせて量を調節する

(2)笑ったときに一番高くなる頬骨を中心として、中指・薬指を使ってポンポンと叩くようにしてのせていく

中指・薬指は、力が入りにくい指なので、肌への刺激を防ぐことができます。ポンポンと叩くようにのせることで、肌摩擦を防げます。

 

■Step3:仕上げにパウダーチークをのせる

仕上げに、ブラシを使用して、クリームチークと同系色のパウダーチークをのせていきましょう。ブラシを使用することで、パウダーチークを発色よくキレイにのせることができます。

ポイントは目のクマとクリームチークの境目を馴染ませるようにのせること。このステップで自然な仕上がりが実現します。

頬骨を中心として、内側から外側に向かってクルクルとのせていきましょう。

 

消えない目のクマを“チーク”で目立たなくするメイクテクニックをご紹介しました。どうしても消えないクマには、チークの使い方を工夫して健康的に見せましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

唇のトレンドは「ティントバーム」!潤って発色も満足なオススメ3選

いまやリップクリーム、グロス、口紅のボーダーラインはあいまいになってきていますよね。今春は、オイルをたっぷりと配合した潤い効果満点のバームに、落ちにくいティントの優秀さをプラスした“ティントバーム”がトレンドです。

このティントバーム、塗り方次第ではきちんとした印象からラフな雰囲気まで、気分によって仕上がりを変えることができるんです。

そこで今回は美容ライターである筆者が、ティントバームの塗り方とおすすめ3選をご紹介します。

 

■口紅タイプはリップブラシでつけて「きちんとリップ」に!

ティントバームをリップクリームのようにそのまま唇につけると、唇になじみ自然な発色になりますが、口紅と同じようにリップブラシを使って塗ると、色が濃くなり“きちんとリップ”に仕上がります。

【きちんとリップ・プロセス】

(1)唇の山を上から下に塗る

(2)口角から唇の山につなげる

(3)口角から唇の中央にブラシで塗る

リップブラシは先が平らで、筆幅が自分の唇と同じぐらいのものが使いやすいですよ。

 

■スティックタイプをラフにつけて「自然なグラデ唇」に!

ティントバームをササッとつけて、肌色となじます“ラフリップ”に仕上げるのもおすすめです。スティックタイプなら直塗りしやすいのでトライしてみて。

【ラフリップ・プロセス】

(1)フェイスパウダーやパウダーファンデーションを唇にのせて色味を消す

(2)スティック状のティントバームは、あえて唇の輪郭をとらずに、上下唇の縦ジワにバームを塗り込むように、スティックを縦方向に動かす

唇の血色を消し、スティック状のティントバームを縦方向に動かすことで縦ジワが目立たなくなり、ラフで自然なグラデーションのリップに仕上がります。

 

■美容ライターおすすめ「ティントバーム」3選

保湿効果がばっちりな上、発色がキレイな筆者がお気に入りのティントバームはこちら。

(1)イヴ・サンローラン・ボーテ『ヴォリュプテ ティントインバーム(写真1)』

真ん中が唇の形になったティントインバームは持っているだけで乙女心を満たしてくれます! 中心の唇の部分は血色ティント、周りの部分は透明感のある唇に仕上げてくれるバームになっています。

現在売り切れ中のこのティントバーム、リッチなパールが煌いて一度塗りなら血色唇に、重ねると艶やかな口紅のような発色になりますよ。(全12色/4,300円<税抜き>)

(2)プリオール『美リフト リップCC(写真2)』

唇がとにかくしっとりするのがこの『美リフト リップCC』。サッと塗っただけで、くすんだ唇に血色感を与え、唇の縦ジワを目立たなくしてくれます!

これだけでもふっくらとしたグロスのような仕上がりになりますが、いつもの口紅やグロスの下地として使えば、リップメイクのモチが劇的によくなりますよ。SPF20・PA++で紫外線防止効果もあるところも嬉しいポイント!(全3色/2,300円<税抜き>)

(3)インテグレート『ボリュームバームリップ N(写真3)』

2月21日に5つの新色が発売されたペンシル型のバームリップ。こちらは、パールが入っていて発色がとにかく素晴らしい! 一塗りでツヤのある口紅のように仕上がります。唇全体に塗った後に唇の底部に重ね塗りをすると、ぽってりボリュームのある唇に仕上がりますよ!

もくしは上記で紹介したようにあえてラフに塗ると、さりげない血色リップが完成します。(全8色/1,200円<税抜き>)

 

この春大人気のティントバーム、色々な仕上がりを楽しみながら、しっとり唇をキープしましょう!(※ 価格は編集部調べです)

 

【おすすめ記事(PR)】

実は知らない人多数!透明感がグンとUP「私に似合う口紅」の選び方

雑誌やテレビCMでは、春色のメイクアイテムが紹介されはじめましたね。春色の明るい口紅は顔をパッと明るくしてくれ、パステルカラーのニットやシャツとも相性抜群! そんな春色リップを選ぶ上で重要なのが色選び。唇にのせる色を間違えると、顔がどんよりくすんで見えることも……。

そこで今回は、過去にメイク講師の経験を持つ筆者が、顔の透明感を引き出す、自分に合う口紅の色選びのポイントをご紹介します。

 

■ゴールド派?プラチナ派?肌色で分かる口紅の色選び

人の肌色は大きく分けて2つのパターンに分かれます。イエローベースと呼ばれる黄味がかった肌を持つ人と、ブルーベースと呼ばれるピンクや青味がかった肌を持つ人が存在します。両者はベースの肌の色が異なるため、似合う色も違ってきます。

それぞれ合う色味の口紅をつけると顔色が明るくなり、合わない色の口紅をつけると顔色が悪く見えることもあるため、自分に似合う色を知っておくことも大切です。

両者の特徴と、おすすめの口紅の色は以下です。

【イエローベースの人】・・・黄味がかった色/サーモンピンク、オレンジ

・肌が黄味がかっている
・オークル系のファンデーションが合う
・健康的な小麦肌
・ヘアカラーは黄味がかったブラウンが似合う
・グレーよりキャメルやベージュの服がしっくりくる
・アクセサリーはプラチナよりもゴールドがしっくりくる

【ブルーベースの人】・・・青味がかった色/ピンク、ローズ、ワインレッド

・肌がピンク、青味がかっている
・ピンク系のファンデーションが似合う
・ヘアカラーは赤味がかったブラウンや濃いブラウン、黒が似合う
・キャメルやベージュより、ネイビーやグレーの服がしっくりくる
・アクセサリーはゴールドよりもプラチナがしっくりくる

自分に似合う色と好きな色とは異なります。今回ご紹介した色選びは、より肌色を明るく見せることができるというものです。基本的にメイクアイテムは「かわいい」「使いたい」と、心が躍るものを選んだ方が自分自身が楽しみながら使えるので、無理に使いたい色を我慢する必要はありません。

ただし、色によっては顔色を悪く見せてしまう場合もあるので、口紅の色を選ぶときはこれらのことも参考にしてみてくださいね。

 

■チークも同系色を!顔全体に統一感が生まれる

口紅の色とチークの色は同系色を選ぶと、顔全体にまとまりがでます。たとえば口紅はオレンジ系なのに、チークはピンク系を施すと、顔にチグハグ感が生まれてしまいます。イエローベースの口紅を選ぶ場合は、チークもイエローベースのものを選ぶ等、同系色でまとめるのがおすすめです。

 

以上、自分に合う口紅の色選びのポイントをご紹介しました。これらを参考に、春メイクを楽しんでくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ ゆるいのに素敵…!「カジュアルなのにセクシーな人」の共通点3つ

※ 女性ホルモンでタミフルいらず!? インフルエンザ予防できる飲み物とは

ボサボサじゃなくて「うぶ眉」です!ナチュラル美人の眉毛の作り方

細眉、困り眉、太眉と時代によって様々な変化を遂げる眉毛。最近では長谷川潤をはじめ、多くのモデルや女優が、生まれたままいじっていないかのような“うぶ眉”にしています。

しかし顔の種類や毛を伸ばす場所を間違えると、無法地帯の“ボサボサ眉”や垢抜けない“古くさ顔”になる恐れが……。

そこで今回は、顔の印象を柔らかく、ナチュラルに見せる“うぶ眉の作り方”を、舞台でヘアメイクを学んだ筆者がご紹介します。

 

■うぶ眉の作り方

眉全体にしっかりとした太さがない方は、目頭側の下の部分を伸ばして太くし、下画像の印の部分もしっかりと伸ばしましょう。

一方、もうしっかりと太さがある方は、目頭の部分まで更に太くしてしまうと垢抜け感がなくなってしまうので、下画像の印のみを伸ばしましょう。生えかけの短い眉毛は、パウダータイプのアイブロウを塗って隠すと、それほど気になりません。

眉毛の下の部分を増やし、眉山のあたりが太くなると柔らかい印象になり、目との距離も近くなるため、彫りも深く見えます。

 

■黒髪または顔の彫りが深い方は……

眉毛がしっかりと伸びたら、目頭と目尻の上の部分の余計な産毛を、カミソリで整えます。また、メイクをする時は明るめのパウダーを使い、下画像の矢印の部分の隙間を埋めるようにのせていきましょう。

眉マスカラを塗ってしまうと、うぶ眉の良さが際立たなくなったり、太さを強調し過ぎてしまったりすることがあるので、極力パウダーのみで済ませたほうが“うぶ眉”の印象を作れます。

 

■明るめの髪または顔の凹凸が少ない方は……

筆者は彫りが深くないため、眉毛の主張に顔が負けてしまうのが悩みでした。そこで活用しているのが、眉用のコームです。

使い方のコツは、目頭のように毛流れが上に向いているところはコームを下からグッと当て、はみ出した部分を眉用のハサミでカットします。一方、目尻のように毛流れが下に向いているところはコームを上から当てカットしましょう。

眉毛の太さは変えずに、長さを少し短くするだけで一気に垢抜けます。こちらも眉マスカラは使いません。髪の色がかなり明るいなど、眉の存在感が気になる方は眉毛を上記のやり方でカットし、パウダーなどを薄くのせましょう。

 

眉間や眉上の不要な毛はしっかりとお手入れしつつ、太さを活かして“うぶ眉”で顔の印象を変えてみませんか。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

唇の荒れは「胃腸疲労」のサイン!艶リップを取り戻す3つの改善点

リップクリームやグロスがないと、いつも唇が乾いてカサカサになる……。そんな唇の荒れは、“胃腸が疲労しているサイン”だと知っていますか?

だからリップクリームをたっぷり塗ったところで根本的な改善にはならず、また唇が荒れることの繰り返しになるだけ。寒い夜風にさらされてもへっちゃらな、うるうるリップにするためには、最初に改めるべき生活習慣があるんです。

 

1:食べ過ぎ・飲み過ぎをやめる

東洋医学では、唇は胃腸と深いつながりがあると考えており、口内炎や口角炎など口が荒れたら、胃や腸が疲労している状態だと受け止めるべきです。

お酒の飲み過ぎやごはんの食べ過ぎをしていないか、最近の食事を振り返ってみましょう。胃腸が酷使されている可能性があるので、消化のよいメニューにしばらく切り替え、内臓を休めてあげるようにしましょう。

 

2:ビタミンBを摂る

ビタミンB群は皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるため、唇が荒れていると感じたらビタミンB群が不足しているかもしれません。

ビタミンB群が多い食品には、納豆などの豆類やわかめ、ひじきなどの海藻類、胚芽などの穀類がありますので、これらを意識的に摂るようにしてみましょう。

ビタミンB群は美肌のために必要なビタミンなので、同時にお肌も美しくなれます。

 

3:ストレスを発散する

緊張すると胃がきゅ~っと縮まるように感じたり、尿意を感じたり下痢になったりと、胃も腸もとてもストレスに弱い臓器です。そのためストレスをたくさん抱えているとそれが原因で胃腸の機能が低下し、さらにそれが唇に現れてしまう可能性もあるんです。

自分にあったストレス発散法で、心の疲れを吹き飛ばしてみましょう。

 

ニキビができたときに、皮膚の上から治療薬を塗るだけではまた新たなニキビができてしまうことがあるように、リップだって同じこと。唇がカサカサになる原因を知り、そこを見直すことが艶リップへの第一歩ですよ。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

体格2割増しに見える原因は…「肩肉」!今すぐやめたいNG習慣2つ

久しぶりに会った女友達。「アレ、ちょっと太った?」と思ったり、反対に思われたりすることは珍しくありません。実は、顔やお腹まわり、脚はスッキリしているのに太って見えてしまうのは、“肩”に脂肪がついたからかもしれません。

今回は、体重2割増しに見せてしまう“肩肉”がつくNG習慣をお伝えしていきたいと思います。

 

■“肩肉”がつくと太って見えるワケ

肩は、顔からほど近くに位置するパーツ。座っているときでも立っているときでも自然と目が行きます。その部分がガッシリしていると、体が大きく太って見えてしまうのです。

次に、“肩肉”がつく日常生活でのNG習慣をお伝えします。
■“肩肉”がつくNG習慣2つ

(1)肩周辺が凝り固まっている

肩は、日常生活の中であまり使わないパーツです。そのため、同じ状態(姿勢)が長時間続き、筋肉が緊張して凝り固まりがち。この凝り固まった状態が、脂肪を蓄えやすくします。肩を回したり、上げ下げしたりするだけでもほぐれるので、試してみてください。

自宅でできる“ネコのばしのポーズ”もオススメです。

・床に四つん這いになる

・両肘が肩の真下にくるように床につく

・両手を前に滑らせながら、脇を伸ばしきる(肩の力を抜いて5呼吸)

・ゆっくりと四つん這いの姿勢に戻る

(2)肩が内側に入っている

体の力を抜いて自然に立ったとき、肩関節が内側に巻き込まれている状態を“巻肩”といいます。巻肩は、鎖骨周辺~脇の下のリンパの流れを悪くし、その部分に脂肪をつけやすくするので、“肩肉”の大敵。

腕を前に出した姿勢で掌を下に向けるパソコン作業時の姿勢を長く取る方や、日頃から猫背気味の方、横向きで寝る癖がある方は、デスク環境・姿勢を整えてみてください。

 

スッキリとした華奢な肩を手に入れて、さらにスタイルを良く見せちゃいましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

深田恭子もバングス変えた!「アラサーのパッツン前髪」3つの掟

ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)で、おバカな駄目女を演じている深キョン。独特のキャラクター設定もさることながら、ネット上では「死ぬほど可愛い!」と大盛り上がりですよね。

実は深キョン、写真のようなかきあげ前髪からパッツン前髪へとイメチェンしていたのをご存じですか?

そこで今回は、イメージコンサルタントである筆者が、“深田恭子に学ぶ!アラサーパッツン前髪の掟”をご紹介します。

 

■1:パッツン前髪成功の分かれ道は、顔型にあり

「パッツン前髪にした途端、可愛らしく若く見える!」という方、「あれ?あの人、前髪間違えた……?」と、しっくりこない方と明確に分かれますよね。その理由こそが、生まれ持った顔型。

理想とされる顔型は、“オーバル(卵型)”とされ、それ以外の顔型タイプは、髪型でカバーすることで理想のオーバルへ近付けることができるのです。

そう考えたとき、ラウンド(丸顔)やトライアングル(三角形)、ダイヤモンド(ひし形)の顔型は、パッツン前髪を作ることで、顔型のアラを強調してしまうことに。前髪を分けたり、額を見せる方が魅力的に見えますよ。

 

■2:うるうるバンビアイなら“目上ギリギリ”

パッツン前髪といえど、眉全開で一直線に切り揃えられた前髪では、可愛さも色気も半減……。

同ドラマの深キョンのような、“うるうるバンビアイ”を手に入れたいのなら、前髪の絶対領域とされる目の上ギリギリの長さがマストです。さらに、わずかにラウンド状を描くようにすると、目元を強調しながらも、愛らしく優しい印象を強めてくれます。

 

■3:前髪幅は目尻まで!小顔錯覚バングス

前髪の長さはもちろんのこと、横幅もイマドキ前髪には重要なポイント。前髪の横幅を目尻と合わせて、やや狭めにとることで、フェイスラインをキュッと小さく見せてくれる効果があります。

以前テレビ『5LDK』(フジテレビ系)に出演した際には、美容整体で小顔矯正を受けたことを告白した深キョン。

しかし、その際にはおでこ全開のアップヘアでクールな印象でしたが、ここ最近の垢抜け感や可愛さアップのヒミツは、やはりパッツン前髪にあるのかもしれませんね。

 

「そろそろイメチェンをしたい!」という方は、ぜひ大人のパッツン前髪でキュートな魅力を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【姉妹サイト】

※ 2位「スマホを触る」よりイラッ!デート中に夫が冷める妻の行動1位は

※ ゲッ…命縮めちゃってる?絶対に避けたい「オフィスNG習慣」5つ

鼻がもげるほど…クサッ!頑固な足臭を一撃「お風呂での洗い方」

独特のニオイを放つ“足”。体のなかでもニオイが気になるパーツですよね。足のニオイは、角質や汗が混ざったところに雑菌が繁殖することで発生し、私たちを悩ませます。なかには、「洗ってもニオイが消えない」という方もいるでしょう。

では、頑固な足のニオイを取り除くには、どうしたら良いのでしょうか。

 

■1:足を最初に洗う

体を洗う順番ですが、まず頭〜上半身〜下半身へと下がっていく方が多いのではないでしょうか。つまり、足は一番最後。ボディソープの泡は弾力・洗浄力が弱まり、しっかりと洗うことができない状態になっていませんか?

まずは、足をたっぷりの泡で洗い、それから他のパーツを洗いましょう。

 

■2:指と指の間を入念に

指と指の間は、ニオイを発生させる要注意パーツ。スポンジでゴシゴシ洗うと善玉菌まで洗い流し、よりニオイを強くすることになるので、手の指を使って優しく丁寧に洗いましょう。爪の間は、専用のブラシを使って。

ボディソープの泡を使って、軽く泡パックをするのもオススメです。

 

■3:重曹で仕上げ

スーパーや薬局で安価に手に入る重曹には洗浄・脱臭力があり、足のニオイ対策に効果的です。

足が浸るくらいのぬるま湯を洗面器に注ぎ、そこに重曹を大さじ3杯ほど混ぜてから10分間足湯をしてみてください。湯冷めしないように、着替えてからおこなうと良いでしょう。

 

他にも、定期的に足の角質ケアをしてあげることでもニオイは軽減します。

ブーツの季節が過ぎたらサンダルのシーズンがやってきます。足元のオシャレを楽しめるように、ニオイはしっかりとケアしておきたいものです。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

男は見てはなりませぬ!「女の足裏」が最悪にガサつくNG行為4つ

体の全体重を支える“足裏”。毎日酷使されているこの部分には、油分を供給する皮脂腺がないため“乾燥しやすい”という特徴があります。それだけではありません。日常生活で行う下記のような行動が原因となり、乾燥が深刻化する恐れも……。

そこで今回は、彼には見せられない“カサカサ足裏になってしまう”NG行動についてお話していきたいと思います。

 

■1:床暖房やこたつを使用

床暖房が効いた室内で生活したり、こたつに足を入れたりして過ごすと、暖気によって水分が奪われ足裏の乾燥が進行します。長時間の使用は控えましょう。

 

■2:角質ケアをしない

最初にお伝えしたとおり、足裏は体の全体重を支えています。そのため、足裏を守ろうと角質が厚くなりがち。

角質が溜まっていると、せっかくのクリームやオイルが効果を発揮できないので、1ヶ月に1回は専用製品を使ってケアしてあげましょう。

 

■3:足の疲れを放置する

足がむくんだり、疲れていたりすると足裏やつま先まで十分な血液が行き渡りません。また、老廃物も滞りやすくなります。その結果、代謝が悪くなって、足裏の乾燥を引き起こすことも。

床に座っているときや仰向けになっているときは、足の下にクッションを置いて高く上げたり、湯上り・むくみが気になるときは、マッサージをしたりして、その日の疲れはその日のうちに取り除きましょう。

 

足裏がカサカサしている様子はもちろん、タイツや靴下に粉ふきしている様子も、人には見られたくありませんよね。しっとりとした足裏をキープするためにも、上記の項目には気を付けたいものです。

 

【おすすめ記事(PR)】