ファンデの前or後?「コンシーラー」の基本&クマのタイプ別選び方

あると一気に老け顔をもたらす目の下のクマ。コンシーラーで隠したつもりでも、「あれ、あまり変わってない……」なんていうことはないでしょうか。

コンシーラーは、単にクマにのせればよいというわけではありません。正しい使い方をすること、自分のクマにあった色をチョイスすることが大切です。

そこで今回は、美容ライターである筆者が、今さら聞けないコンシーラーの基本テクニックについてお伝えします。

コンシーラーの順番はファンデのタイプで変える

コンシーラーを使う時に注意したいのが肌にのせる順番。ファンデーションのタイプによって、ファンデーションの前と後、どちらにコンシーラーを使うべきかが異なります。より仕上がりを良くするためにも、覚えておきましょう。

パウダーファンデーション

パウダータイプの場合は、コンシーラーはファンデの“前”。下地やコントロールカラーなどをのせてからコンシーラーを使い、その後パウダーファンデーションを塗っていきます。

リキッド&クリームファンデーション

リキッドやクリームタイプは、ファンデの“後”にコンシーラーを。下地やコントロールカラーなどをのせ、ファンデを顔に伸ばしたのち、コンシーラーで気になる個所をカバーしていきましょう。

エマルジョンやクッションタイプの場合も同様に、コンシーラーはファンデの後に使うのがおすすめです。

チェック!あなたのクマはどのタイプ?

クマには基本的に3つのタイプがあります。コンシーラーを使う際には、そのクマに合わせたカラーを選ぶことが大切です。まずは自分のクマがどのタイプか確認してみましょう。

青クマ

目の下を軽く引っ張ると、クマが薄くなるのがこのタイプ。しかし完全には消えません。目の周りの毛細血管の血流が滞ることで、皮膚が薄い目の下が青黒く見えます。血行不良、目の疲れ、寝不足などが主な原因です。

黒クマ

目の下にくぼみができていて、その影がクマに見えるのが黒クマ。上を向くと目立たなくなるのが特徴です。加齢によって目の下の皮膚が薄くなったり、コラーゲンの減少によりたるみが起きてくぼむことが原因。むくみがあるとさらに目立ちます。

茶クマ

茶クマは、目の下を引っ張ったり上を向いてもクマが薄くなりません。原因としては、目をこすったりすることで起こる色素沈着、角質の肥厚があげられます。また、小さなシミが集まることでも茶色く見えます。

クマのタイプ別「選ぶべきコンシーラーカラー」は?

自分のクマタイプがわかったら、最後にコンシーラーのカラーをチョイスしましょう。クマに合わせた適切な色を使うことで、カバー不足や悪目立ちを防ぐことができます。

今回は、『CANMAKE』の『カラースティック モイストラスティングカバー』(全6色 580円<税抜き>)から、各クマに合うカラーをピックアップしてみました。

青クマには・・・[04]アプリコット

青クマカバーに最適なのはオレンジ系。『カラースティック』では、“[04]アプリコット”がおすすめです。

黒クマには・・・[06]ナチュラルオークル

黒クマには、ベージュやオークルを使いましょう。こちらの“[06]ナチュラルオークル”や、“[02]ナチュラルベージュ”のカラーを、肌の色に合わせて選んでみてくださいね。こちらの色味は、ニキビ跡やシミにもオススメですよ。

茶クマには・・・[05]イエローゴールド

茶クマに使うべきはイエロー系。“[05]イエローゴールド”のような色味が良いでしょう。

自分に最適なコンシーラーと正しい使い方でしっかりクマをカバーすれば、老け顔や疲れ顔ともさよならできるはず! ぜひ参考にしてくださいね。

皮脂テカやカサつき…ズバリ解決!「春夏ファンデ」悩み別オススメ3つ

ファンデーション選びに悩む方は多いでしょう。最初は気に入っていたけれど合わなくなったと感じたり、店頭で付けてもらったときはよかったのに自分でメイクしたらイマイチだったり……。

しっくりくるファンデーションが見つからないのは、季節に合わせて選んでいないことや、自分の肌タイプを無視していることが原因かもしれません。

今回は肌タイプ別に、この春夏におすすめのファンデーションを3つご紹介しましょう。

1:乾燥も皮脂も気になる方に…MiMC『ミネラルリキッドリーファンデーション』

シミなどの肌悩みをきちんとカバーできる上、みずみずしいツヤ肌に仕上がるファンデが、MiMCの『ミネラルリキッドリーファンデーション』(全2色 6,500円<税抜き>)。石けんで落とせるノンシリコン処方なのに汗に強く、軽い付け心地なので春夏にぴったりです。

肌のうるおい不足も感じるのに、メイクの崩れやテカリが気になるという方は多いでしょう。その原因は、肌の水分と皮脂のバランスが崩れていること。このアンバランスな状態のままでは、肌荒れやシワ、たるみなどに悩まされることにも。

このファンデは、肌の水分と皮脂のバランスを整えながらみずみずしいツヤ肌に仕上げてくれる植物由来の美容液成分がたっぷり! メイクしながら肌のコンディションも整えてくれるという、肌思いのファンデです。

また、長時間肌がくすまず透明感がキープできるので、夕方に鏡を見たときうれしくなるはず!

2:とにかく崩れ&テカリを防ぎたいなら…アリマピュア『サテンマットファンデーション』

水分や油分が多いリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションはどうしても崩れやすいので、化粧崩れやテカリが気になる方はパウダータイプを選ぶとよいでしょう。ただ、パウダーファンデは粉っぽくなりやすく、乾燥肌に見えてしまうことも。

そこでおすすめなのが、アリマピュアの『サテンマットファンデーション』(全8色 4,200円<税抜き>)。重ねても粉っぽい乾燥肌に見えにくく、むしろ透明感のあるツヤ肌に見せてくれるミネラルファンデーションです。粉雪のようにやわらかなパウダーをブラシで少しずつ重ねていくと、毛穴やシワもしっかりカバーできて美しい仕上がりに。

さらに、あわせてアリマピュアの新メイク下地『スムージングプライマー』(5,600円<税抜き>)を使えば、肌の水分と油分のバランスを整えながらファンデーションとの密着度も高め、メイクをより長持ちさせてくれます。特に皮脂が多くメイクが崩れやすい春夏は併用するのがおすすめです。

3:うるおい&ツヤ重視なら…アクア・アクア『オーガニック クッション ファンデーション』

スポンジからジュワッとリキッドファンデーションのような出てくるクッションファンデ。近年、注目を浴びていますよね。美容液成分を多く含むのが特徴で、うるおい不足の大人肌をじんわりとうるおしてくれます。

アクア・アクアの『オーガニッククッションファンデーション』(全3色 3,650円<税抜き>)は、苺の“あまおう”美容液を配合。保湿力が高く、みずみずしいお肌に仕上げます。また、いちごは抗酸化力も高いためエイジングケア効果も。忙しくて朝のスキンケアが雑になってしまう方も、このファンデを使えば補えるでしょう。

これ1つで保湿美容液、下地、ファンデの3役を担うので、時短でベースメイクが完成! うるおうのにサラッとした仕上がりで、カバー力もGOODです。

汗ばんだりクーラーの乾燥も気になるこれからの季節、肌の状態や好きな仕上がりを考慮して、自分にぴったりの新しいファンデをゲットしましょう。(※ 価格はすべて編集部調べです)

私にぴったりな名作はどれ?「クッションファンデ」人気の3つをお試し

スポンジにリキッドファンデーションのようなベースが、じゅわっと染み込んだ“クッションファンデ”。時短にもなり、トレンドのツヤ生肌が簡単に完成するとあって大人気なため、様々なブランドから続々と発売されていますよね。

しかし、「どれが自分に合うのかな~」なんて二の足を踏んで、まだ挑戦できていない方も多いのでは?

そこで、美容ライターとして活動する筆者が、人気のクッションファンデ3品を実際に使用してみました。さすが、どの商品も甲乙つけられないほどの優れもの。それぞれの特徴を紹介します!

1:驚きのカバー力!YSLから初のクッションファンデ

まずは、イヴ・サンローラン・ボーテの『アンクルド ポー ルクッション』。

使ってみると、驚きの高発色。重ね塗りをすることなく、一塗りでクマもカバーできました。下の画像を見ても、筆者の手の甲真ん中にあるシミが右半分だけキレイに消えていますよね。

コンシーラーの出番も少なくなりそうなので、忙しい朝にもぴったりです。肌に何ものせていような驚きの軽さなのに肌が悩みが簡単に隠れると、テンションも上がっちゃいますね。(全5色/7,500円<税抜き>)

2:女性らしい柔らかさ!クリニーク

今回の3品はどれも標準色を使用しましたが、クリニークの『スーパー シティ ブロック BB クッション コンパクト 50』は、ピンクがかった肌色が印象的。ツヤツヤのすっぴん風に仕上がりますよ。

カバー力も調節しやすいので、日中はしっかりと重ね塗りを。お泊りデートには一度塗りのすっぴん風メイクにと、使いわけやすいのもポイントです。

血色のいい素肌に見えるため、お風呂上りのような色っぽメイクにも使いやすいかも!

こちらは、その名の通りBBクリームが染み込んでいるタイプ。過酷な都市環境から肌を守ってくれる防御力と、スキンケア発想のノンケミカルという攻守揃った機能も嬉しいですね。(全3色/5,800円<税抜き>)

3:丁度いいツヤ肌!ランコム

ランコムのクッションファンデ『ブラン エクスペール クッションコンパクト H』は、イエローベースの日本人にもよく合う色味でした。肌にピタッと密着するのでヨレにくく、さっと塗り広げるだけで毛穴もキレイに隠れます。

その秘密が、なめらかな塗布感と肌へのフィットを両立させるジェルとリキッドの二つの形態をとるジェリキッドフォーミュラ。ランコムの独自技術です。

また、近年流行しているツヤ肌スタイルですが、ヘタするとただの“テカリ”に見えてしまうのが難しいところ。しかし、こちらのクッションファンデは、ツヤは出るのに、肌にのせた瞬間サラリとした質感に。まるで何もつけていないかのように心地いいのに、内側から発光するようなツヤ肌が完成しました。(全5色/6,500円/レフィルにスポンジつき・ケース込み<税抜き>)

実は、クッションファンデを初めて使用した筆者。その使いやすさにとっても感動しました! リキッドファンデのメリットとパウダーファンデのメリットを合体させたようなクッションファンデ。みなさんも、気になった商品をぜひ実際に手に取ってみてくださいね。(※ 価格はすべて編集部調べです)