ファンデの前or後?「コンシーラー」の基本&クマのタイプ別選び方

あると一気に老け顔をもたらす目の下のクマ。コンシーラーで隠したつもりでも、「あれ、あまり変わってない……」なんていうことはないでしょうか。

コンシーラーは、単にクマにのせればよいというわけではありません。正しい使い方をすること、自分のクマにあった色をチョイスすることが大切です。

そこで今回は、美容ライターである筆者が、今さら聞けないコンシーラーの基本テクニックについてお伝えします。

コンシーラーの順番はファンデのタイプで変える

コンシーラーを使う時に注意したいのが肌にのせる順番。ファンデーションのタイプによって、ファンデーションの前と後、どちらにコンシーラーを使うべきかが異なります。より仕上がりを良くするためにも、覚えておきましょう。

パウダーファンデーション

パウダータイプの場合は、コンシーラーはファンデの“前”。下地やコントロールカラーなどをのせてからコンシーラーを使い、その後パウダーファンデーションを塗っていきます。

リキッド&クリームファンデーション

リキッドやクリームタイプは、ファンデの“後”にコンシーラーを。下地やコントロールカラーなどをのせ、ファンデを顔に伸ばしたのち、コンシーラーで気になる個所をカバーしていきましょう。

エマルジョンやクッションタイプの場合も同様に、コンシーラーはファンデの後に使うのがおすすめです。

チェック!あなたのクマはどのタイプ?

クマには基本的に3つのタイプがあります。コンシーラーを使う際には、そのクマに合わせたカラーを選ぶことが大切です。まずは自分のクマがどのタイプか確認してみましょう。

青クマ

目の下を軽く引っ張ると、クマが薄くなるのがこのタイプ。しかし完全には消えません。目の周りの毛細血管の血流が滞ることで、皮膚が薄い目の下が青黒く見えます。血行不良、目の疲れ、寝不足などが主な原因です。

黒クマ

目の下にくぼみができていて、その影がクマに見えるのが黒クマ。上を向くと目立たなくなるのが特徴です。加齢によって目の下の皮膚が薄くなったり、コラーゲンの減少によりたるみが起きてくぼむことが原因。むくみがあるとさらに目立ちます。

茶クマ

茶クマは、目の下を引っ張ったり上を向いてもクマが薄くなりません。原因としては、目をこすったりすることで起こる色素沈着、角質の肥厚があげられます。また、小さなシミが集まることでも茶色く見えます。

クマのタイプ別「選ぶべきコンシーラーカラー」は?

自分のクマタイプがわかったら、最後にコンシーラーのカラーをチョイスしましょう。クマに合わせた適切な色を使うことで、カバー不足や悪目立ちを防ぐことができます。

今回は、『CANMAKE』の『カラースティック モイストラスティングカバー』(全6色 580円<税抜き>)から、各クマに合うカラーをピックアップしてみました。

青クマには・・・[04]アプリコット

青クマカバーに最適なのはオレンジ系。『カラースティック』では、“[04]アプリコット”がおすすめです。

黒クマには・・・[06]ナチュラルオークル

黒クマには、ベージュやオークルを使いましょう。こちらの“[06]ナチュラルオークル”や、“[02]ナチュラルベージュ”のカラーを、肌の色に合わせて選んでみてくださいね。こちらの色味は、ニキビ跡やシミにもオススメですよ。

茶クマには・・・[05]イエローゴールド

茶クマに使うべきはイエロー系。“[05]イエローゴールド”のような色味が良いでしょう。

自分に最適なコンシーラーと正しい使い方でしっかりクマをカバーすれば、老け顔や疲れ顔ともさよならできるはず! ぜひ参考にしてくださいね。

遠慮したらソン!ヨガレッスンで「講師にお願いしてもいい」こと3つ

“遠慮”日本人の美徳といわれています。しかし、気を遣いすぎるのも考えもの。主張すべきところでグッと我慢してしまい、疲れやストレスを感じている方は多いのではないでしょうか。

ヨガのレッスン中、もしそんなふうになってしまったら……せっかくお金と時間を費やしているのに、もったいないですよね。

今回は、“気になったら主張OK”なヨガレッスンにまつわるアレコレを、インストラクターの筆者が回答します。

空調について

ヨガスタジオの温湿度は、心地よくレッスンができるようにインストラクターが調整していることがほとんどです。しかしスタジオ内の場所によってはエアコンの風があたって肌寒かったり、反対に暑さを感じたりすることもあるでしょう。そんなときは、遠慮せずにインストラクターに伝えてOK。

ただし、全館空調の建物だったり、ホットヨガスタジオだったりすると、空調の調整が難しい場合も。そんなときは、マットを敷く場所を変えてもらうか、予め羽織ものを用意しておくなどの工夫をオススメします。

ヨガマットについて

ヨガスタジオのレッスンでは、ヨガマットの貸し出しをしているところが多いですよね。ヨガマットを準備したり、持ち運んだりする手間が省けていいのですが、ごくまれに「しっくりこない」と感じることも。

例えば、薄くて肘や膝をついたときに痛かったり、グリップがきかなくて手足が滑ったり、表面が汚れていたり……ヨガへの集中力を妨げるヨガマットだったら、遠慮なく変えてもらいましょう。

香りについて

スタジオによっては、お香やアロマを焚いているところもあります。好みの香りならいいですが、苦手な香りだったら……レッスン中に気分が悪くなってしまうかもしれません。

もし体調に変化を感じたら、遠慮なく申し出てください。場合によっては、途中での退室も考えましょう。

香りが苦手な方は、スタジオに問い合わせて、アロマ系のレッスンを避けた方がいいかもしれません。

ヨガはリラックスしてこそ効果を感じられるもの。レッスンにおいて遠慮・我慢は禁物です。気になることがあったら、インストラクターに問い合わせてみてくださいね。

生理前は化粧水たっぷりで!ジェシカ流「生理周期に合わせた美容法」

女性の肌や体、メンタルの状態は生理周期によって変化します。ニキビ・吹き出物ができたり、体がむくみやすくなったり、理由もなくイライラしたり……。これらの不調を何とかして改善するためにはどのようなことをしたらよいのでしょうか。

今回は、生理周期連動型パーソナル美容アプリ『LunaRitta(ルナリッタ)』の会見に出席したモデル・道端ジェシカが会見で語った生理周期に合わせた美容法を紹介します。

 

■白ドレス×キラキラシューズがまるで女神!道端ジェシカの春ファッション&メイク

会見に登場した道端ジェシカは、柔らい素材の女性らしさが際立つ白いドレスで登場。「春を意識した白い緩やかなワンピース、靴はキラキラ光る可愛い物を選びました」(道端ジェシカ・以下「」内同)と、ファッションのポイントを解説。

メイクは、ややグレーがかったブラウンのアイシャドウにオレンジ系のチーク・リップで、ヘルシーとキュートさが融合した印象でした。

そんな彼女が美しさを維持するために続けていることとは……?

 

■普段からの運動&エクササイズに加えて今注目しているのは…「クレイ」

美しさを維持するための努力として、普段からヨガやランニング、キックボクシングなどの運動・エクササイズを欠かさないという彼女。ただし「無理をせずに体調に合わせて行っています」とのこと。

また、今ハマっている美容法は、花粉症が気になる季節なので乳酸菌を積極的に摂って腸内環境を整え、免疫力の高い体づくりをすることだそう。また、現在注目している美容法は“クレイ(泥)”。「飲むクレイ美容も積極的に取り入れています」と語っていました。

 

■道端ジェシカ流「生理周期に合わせた美容法」

生理周期に合わせた美容ケア一カ月カレンダーも初披露してくれました。彼女が美しく健康的に過ごすための対策は以下のとおり。

(1)生理期

<体の状態>

敏感肌に傾く・憂鬱・眠い・集中力低下・頭痛・腰痛・冷え・血行不良

<対策>

温かい飲み物を飲むようにしたり、ビタミンを多く摂ったりする。

「コンディションが優れないことの多い生理期だからこそ、無理せずいつも以上にしっかり栄養を摂ることが大切」

(2)卵胞期

<体の状態>

肌にハリ・輝きが出る・元気・やる気・コミュニケーション力UP・ダイエットが効果的な状態

<対策>

エステに行ったりアクティブに行動する。

「美容効果の出やすい時期なので、サロンでのエステや、自宅でのフェイシャルケアにいつも以上に時間をかけます。また、ダイエットが効果的になる時期でもあるので、アクティブに運動をして過ごしています」

(3)黄体期

<体の状態>

オイリー・敏感肌に傾く・イライラ・ストレスを感じやすい・水分を貯留してむくみやすい

<対策>

ヘッドスパでリラックスしたり、セルフマッサージをしたりする。

「体へのご褒美を与えるようにしています」

(4)生理前期

<体の状態>

吹き出物・ニキビができやすい・緊張・不安を感じやすい・便秘・乳房の張り・腹痛・頭痛

<対策>

普段使っている化粧水をたっぷりつけて、ナチュラルメイクにする。

「生理周期に合わせた美容ケアをすると、今よりももっと素敵になれると思います」

 

女性の体は一カ月の間にさまざまに変化します。そのときどきの肌・体・メンタルに合わせたケアを心がけることで、道端ジェシカのような美しさを手に入れられるかもしれませんよ。

 

【おすすめ記事(PR)】

馬ヅラとは言わせない!顔がギュッと縮む「面長さん用ヘアメイク術」

目と目の距離が近くて面長な、いわゆる“馬面”フェイス。「顔の長さが目立たない服を選んでしまう」、「童顔に見られやすい丸顔と違い、年齢も上に見られがち」など、“輪郭は個性”とはわかっていても……やはりコンプレックスに感じてしまうことがありますよね。

そこで今回は美容ライターとして活動する筆者が、面長の輪郭が気にならなくなるヘアメイクをご紹介します。

 

■1:アイメイクは下まぶたが勝負

面長さんは、目から下を短く見せるのがポイント。上まぶたを濃くしてしまうと顔下の余白が目立ってしまうため、下まぶたのメイクに工夫をしましょう。

まずは、上まぶたにブラウンのアイシャドウでグラデーションをつくります。それから、ジェルライナーでアイラインを引きましょう。

続いて、下まぶたの目尻少し外側から、1/3までブラウンのシャドウを引き、目の縦幅を広げます。

今度は、ベージュやピンク、オレンジなどの淡い膨張色のアイシャドウに変え、ブラウンアイシャドウの続きから涙袋をなぞりましょう。下まぶたにもマスカラをたっぷりと塗ったら完成です。

 

■2:チークも重要なポイント

顔の中心に色をのせるチークは、入れ方を間違ってしまうと輪郭を強調してしまいまう可能性があります。面長さんの場合は、ほてりチークのような目下の高い位置に入れるチークはNG。

頬の一番高い位置よりほんの少し下、黒目の下と耳たぶを結んだ高さを目安に“横長”に入れます(下画像参照)。顔の中心から横に入れることで、輪郭の長さが分散されるでしょう。

■3:シャドウでギュッ!

小顔に見せるコスメとして有能なシャドウを、すべてのメイクが完成した後に使います。

ファンデーションより2トーンほど濃い色のシャドウ(ファンデーションでも可)を、上画像のように、アゴ先に塗りましょう。アゴヒゲの男性が小顔に見えるように、顔の気になる部分に影を落とすことで輪郭がシャープに見えます。

太く入れすぎてしまうと効果が薄れてしまうため、輪郭に沿って入れていくのがコツです。

 

■4:前髪にもこだわりを

顔の印象を大きく変える前髪は、顔の輪郭にも大きく影響をします。面長さんの場合、センター分けは避けるべきです! 上画像左のように顔のセンターがあらわになることで“縦”の印象が強くなってしまいます。

前髪が長い方は、9:1に分けサイドに寄せましょう(上画像真ん中を参照)。顔の半分が隠れ小顔効果&縦幅を短く見せる効果があります。

前髪が短い方は、眉下の長さに収めるベター。オンザ眉の長さにしてしまうと余計に顔の長さが強調されてしまうため、避けた方がいいでしょう(上画像右を参照)。

 

以上、面長さんのへアメイクポイント4つでした。顔の輪郭は個性であり、魅力です。「それでもやっぱり気になる!」という方は、上記のヘアメイクを参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

5分ダラ~ッと寝るだけ!疲労やストレスに「屍のポーズ」のススメ

ヨガのレッスンの最後にほぼ必ずといっていいほど出てくるのが、“シャヴァーサナ(屍のポーズ)”。これはマットの上に仰向けになり、5~10分ほど過ごすポーズです。

この時間は、ただ体を休ませるだけではなく、“客観的に体を観察する”、“今ある感覚を味わう”ための時間でもあるとご存じでしたか?

しかし、仰向けになって過ごすこの時間がどういうわけか苦手という方も。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が、「シャヴァーサナが苦手」という方の改善策を3つお伝えしていきたいと思います。

 

■1:姿勢に違和感があったらポーズを取り直して

シャヴァーサナをするとき大切なことは、体のどこにも力が入れず、緊張や違和感がない姿勢で行うこと。違和感があると、そこだけに神経が集中してしまうから。

基本姿勢は、マットの上に仰向け。足は腰幅より広く、ダラーンと脱力しつま先を外に開きます。手は体からやや離した位置で手のひらを上に向けます。後頭部をしっかり床につけて安定させることも忘れずに。

この基本姿勢を取ったら、リラックスした自然な呼吸を繰り返し、体が大地に沈みこんでいく感覚を味わいましょう。

違和感があるときは、体を起こしてもう一度基本姿勢を取り直してみてください。

 

■2:心が休まる環境をつくりましょう

「いつもより疲れた」、「筋肉が張っているかも」、「呼吸が速い」など、体の状態を観察したり、大地に沈みこんでいく感覚を味わうシャバーサナの時間は、環境もきちんと整える必要があります。

スタジオでのレッスンであれば、インストラクターが暗くて静かな環境を整えてくれますが、自宅でやる場合は、明るい、暑い、寒い、騒音がする、または音楽がアップテンポであるなど、休まらない環境はNG。落ち着ける環境へと変えましょう。

 

■3:ソワソワを無理に抑えようとしない

ポーズに慣れるまでは、この5~10分の時間が長く感じたり、ソワソワしたりするという方も少なくありません。しかし「落ち着かなくては」と焦る必要はなし。「ソワソワするのも今の自分」と認めてあげることが大事です。

もし気持ちが落ち着かないのなら、まずは心より“体を休めること”を優先しましょう。体の力をしっかり抜いてリラックスして。

 

シャバーサナは、ヨガの後だけではなく日常生活に取り入れることもオススメです。脳を休めることで、ストレスが解消したり、体の緊張を緩和することで血流がよくなり、頭痛や疲労にも効果があるとされています。

ヨガの習慣がある方だけではなく、「疲れが溜まっている」、「気が張っている」という方もぜひ試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

それじゃ…効果半減!? もっと美肌になれる「美容液のつけ方」5ステップ

目尻の“小ジワ”に、いつの間にかできた“シミ”……。そんな肌悩みを解決するために、スキンケアに“美容液”を取り入れている方も多いのではないでしょうか。しかし、使い方を間違っているとせっかくの効果が半減してしまいます。

今回は美容ライターの筆者が、美容液の正しいつけ方をご紹介します。

 

■美容液をつける目的

美容液とは、保湿・美白成分などの美容成分を豊富に含んでいる基礎化粧品のこと。化粧水や乳液といった基本のお手入れだけでは物足りないときに、プラスして使うのが基本です。

 

■美容液の種類は

美容液には、さまざまな種類があります。目元のシワなどにアプローチするもの、乾燥による小ジワやくすみを防止してくれるもの、日焼けによるシミやそばかすを防ぐもの、たるみに働きかけるものなど。

各メーカーから、さまざまな美容液が発売されているので、自分の肌悩みによって選びましょう。

テクスチャーもオイル・ジェル・クリーム状などさまざまです。

 

■「美容液の正しいつけ方」5ステップ

早速、美容液のつけ方をご紹介します。化粧水で肌に潤いを与えた後に、使用しましょう。化粧水がしっかり肌になじんでいると、美容液がより角質層に浸透しやすくなります。

美容液を手のひらに取ります。使用量は、美容液の説明書に記載されている量を使用してください。

(1)まずは頰から塗布していく

人差し指・中指・薬指でくるくると、内側から外側に円が大きくなるようなイメージで頰に塗布していきます。手のひらではなく指の腹を使うことで、肌への摩擦を防ぐことができます。反対側の頰も同様に行いましょう。

(2)額に塗布していく

人差し指・中指・薬指を使ってくるくると、中心から外側に円が大きくなるようなイメージで、こめかみに向かって伸ばしていきましょう。

(3)鼻筋に塗布していく

左手→右手の中指と薬指で交互に塗布していきましょう。こうして塗ると血流をよくしてくれるので、美容液の浸透力がアップします。

そして、鼻の下にもしっかりなじませていきましょう。親指の側面で、鼻の下から上唇のカーブに沿ってつけていきましょう。親指の側面だとちょうど鼻の下にフィットするので、美容液が塗りやすくなりますよ。

(4)親指の側面を使って、顎から耳の下まで引き上げていく

耳の下は、老廃物を排出してくれる“リンパ”があります。老廃物をしっかり流しせるよう、力が入れやすい親指の側面を使うことをおすすめします。

(5)目元に塗布していく

目元は顔のパーツの中でも一番、皮膚が薄く敏感だといわれています。また、汗腺・皮脂腺がないので、すぐに乾燥してしまう部分です。

だから、目元部分にはたっぷりと美容液をつけ、潤いを与えてあげましょう。美容液を、上まぶた・下まぶたそれぞれに、左・中・右と3点ずつ置いていきます。その後、薬指を使って、目頭から目尻に向かって優しく伸ばして下さい。薬指は、指の中でも弱い力で塗布することができるため、敏感な目元には薬指を使ってくださいね。

 

以上、美容液の正しい使い方をご紹介しました。美容液だけではなく、他のスキンケアアイテムもこの塗り方を行うと、効果が高まりますよ。

ぜひ、今回ご紹介した美容液の正しい使い方を参考にしてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

クマもくすみも…サクっと解決!「コントロールカラー」簡単賢い使い方

くすみやクマ、ニキビ跡など、消したい肌悩みはたくさんありますよね。そんなとき、コンシーラー&ファンデーションの厚塗りで隠すのではなく、肌の悩みを自然にカバーしてくれるコントロールカラーがおすすめです。

しかし、色を見極め正しく使わないと意味がありません。そこで今回は、美容ライターの筆者が、お悩み別に“コントロールカラーの正しい選び方&使い方”をご紹介します。

 

■まずは自分の顔をしっかり観察する

鏡を見て自分の顔を、“色んな方向”からしっかりと観察しましょう。それから気になる部分を見つけていきます。ただクマが気になるといっても、クマ以外の肌のベースの色が、黄色系なのか青がかった色白なのかによって、使うべきコントロールカラーの色も変わってくるからです。

また、どこにメリハリをつけたいかも合わせて観察しましょう。

 

■悩み別で診断!コントロールカラーの使い方

(1)色むらを均一にしたい方は“イエローorオレンジ”

肌全体がくすんで見えるなど、色むらをカバーしてくれるのが万能なイエロー。くすみ、しみ、そばかすをカバーし、明るく健康的な肌に仕上がります。

クマやたるみなどによる影を消したい場合には、オレンジを使用しましょう。ただ、オレンジのコントロールカラーを顔全体に使用すると、日本人に多い黄色味を帯びた肌の色が濃くなってしまうことがあるので薄く伸ばすか、元々黄色味が強い肌の方は、消したいところにだけ部分使いをするとよいです。

(2)透明感が欲しい方は“ブルーorパープル”

色白に見せたい方、または肌の黄色味を消したいという方には、ブルーがおすすめです。肌に透明感をプラスしたい方はパープルを使いましょう。ブルーやパープルは顔に立体感をつけたいときに、ハイライトがわりにもなる優れものです。

透明感も欲しいけれど血色も……という方はピンクと青の二種類を混ぜて使う裏技もアリですよ。元々色白の方は、青白く見えてしまうためおすすめしません。

(3)赤みが気になる方は“グリーン”

グリーンには赤みを消す効果があるため、ニキビ跡や小鼻横の赤みを抑えたい方におすすめの色です。顔全体に塗り込んでしまうと白浮きしてしまうため、悩みの部分のみに使用する方が効果的です。

(4)血色をよくしたい色白の方には“ピンク”

色白で血色をプラスしたい方や、疲れで血色が悪いときにはピンクがおすすめです。ふんわりとした温かみのある肌に仕上がりますよ。

 

コントロールカラーには、全体用と部分用の二種類があります。全体用は下地を使うタイミングで使用してください。部分用はテクスチャも固めです。顔全体には使わず、下地の後に気になる部分に使いましょう。

肌の悩みに合わせてぜひ使ってみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 女子大生の半数が「夫が専業主夫でもOK」でも…出産後に待つ壁3つ

※ 73%の男性が!? 「社内恋愛」に対する男と女の衝撃的なホンネ

スマホ老眼を防げ!ショボショボ見づらい人の「目の疲れ」救済4テク

近頃よく耳にするようになった“スマホ老眼”という言葉。「老眼なんてまだまだ先のこと」と思いがちな若者世代に急増中だということをご存じですか? その原因は、言葉のとおり“スマートフォンやパソコンの長時間使用”によるもの。

夕方になると、「目がしょぼしょぼする」「近くのものが見づらい」という方は、下記の項目を参考に目をいたわってあげましょう。

 

■“スマホ老眼”が起こるメカニズム

スマートフォンやパソコンが生活必需品となりつつある昨今、これらなくしては「仕事にならない」という方がほとんどなのではないでしょうか。かくいう筆者もその一人。1日10時間以上画面をながめて過ごすこともあります。

そして、このような目の酷使が、“毛様体筋”のピント調節機能に負担をかけることで老眼と同様の“目のしょぼつき”“手元が見づらい”という不調を引き起こすのです。

しかし、そうとわかっていても仕事や生活を変えるのは難しいですよね……。では、日常的にスマートフォンやパソコンが手放せない方はどうしたら良いのでしょうか。

 

■スマホ老眼にならないためには?

目を酷使している方は、次の項目を習慣にしてみてください。

(1)1時間作業をしたら、10分間目を休ませる。

(2)目の前で手の親指を立て爪を見る。そのまま腕を曲げたり伸ばしたりして、毛様体筋の緊張を和らげる。

(3)目に良いとされるものを食べる。

・アントシアニン・・・あずき、黒豆、ブルーベリー

・ルテイン・・・ブロッコリー、ほうれん草

・ビタミンA・・・にんじん、小松菜

(4)蒸しタオルや蒸気で温まるアイマスクを使って、目の周りの血流を良くする。

 

目の不調は、頭痛や肩こりにも影響します。疲れを放置せず、しっかりといたわってあげましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ 「小さな贅沢」をほどほどに!楽しく節約する働き美女子のテク2つ

※ ちょい足しで効果UP!「ハチミツの美容健康パワー」が倍増する裏技

ツラい花粉症が和らぐ「みかんの皮+ヨーグルト」は…やらなきゃ損!

目のかゆみや鼻水といった“花粉症”の症状があらわれはじめている方も多いかもしれません。花粉の飛散はこれから勢いを増すので、何とかして症状を軽くおさえたいところですよね。

そんな花粉症のみなさんに朗報です。これまでは捨てていたみかんの皮とヨーグルトで“花粉症対策ドリンク”が作れるのです。早速、ご紹介しましょう。

 

■みかんの皮とヨーグルトが花粉症に良いワケ

昨年、愛媛大学農学部付属食品健康科学研究センターの菅原卓也教授が、みかんの果皮に多く含まれるフラボノイドの一種・ノビレチンには花粉症の症状を緩和する効果があるという研究結果を発表しました。それも、牛乳の成分であるβラクトグロブリンと一緒に摂取することによって、その効果が高まるというのです。

そうとわかったら、早速試してみたくなりますよね。次に、みかんの皮+ヨーグルトドリンクを作るときのポイントについてお伝えします。

 

■みかん+ヨーグルトドリンクを作るときに気を付けたいこと

(1)みかんの皮には農薬が付着しているものがあるので、湯洗いもしくは塩洗いをする(無農薬のものは除く)。

(2)熱に弱い成分も含まれるので、火は通さない。

(3)砂糖の摂り過ぎはアレルギー症状を強くすることも。ヨーグルトは無糖タイプがオススメ。どうしても甘味が欲しいときは、オリゴ糖を少量加えて。

 

みかんの皮+ヨーグルトドリンクは、ミキサーで混ぜるだけで簡単に作れます。分量は、みかんの皮1~2枚とヨーグルト150ccだそう。今年の花粉症対策に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

香りの力でツラさ激減!「花粉症対策」に2種のアロマ活用法

日本気象協会が発表した「2016年春の花粉飛散予測(第3報)」によると、関東地方のスギ花粉の飛散開始は例年より早く、3月上旬にはピークを迎えるとのこと。花粉症の皆さん、対策はバッチリですか?

「何か手軽にできる対策はないか」「薬には頼りたくない」という方は、アロマスプレーを使ってみるのもいいかも。

ここでは、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が、花粉症のツラさを和らげるアロマスプレーの作り方をご紹介していきたいと思います。

 

■1:ティートリーのアロマスプレー

【ティートリーの特徴】

細菌やウイルスを抑制する作用をもつ“天然の消毒薬”ティートリー。花粉のようなアレルギー物質によって発生する“ヒスタミン”を抑制するのにも役立ちます。

ただし、肌への刺激が強いので、使用量には気を付けましょう。

【ティートリーのアロマスプレー材料】(30ml)

・ティートリーのアロマ精油・・・5〜6滴

・精製水・・・25ml

・無水エタノール・・・5ml

 

■2:ペパーミントのアロマスプレー

【ペパーミントの特徴】

ペパーミントの清涼感のある香りは、鼻づまりによるイライラを抑えたり、気持ちを鎮めたりするのに役立ちます。

ペパーミントも肌への刺激が強いので、使用量には要注意。妊娠中の方は、使用を控えましょう。

【ペパーミントのアロマスプレー材料】(30ml)

・ペパーミントのアロマ精油・・・5〜6滴

・精油水・・・25ml

・無水エタノール・・・5ml

 

アロマスプレーは、ビーカーに材料を入れてガラス棒で混ぜ、それをスプレー容器に移すだけで簡単に完成します。

部屋の中やデスク周りなどの空間にスプレーしたり、ハンカチにスプレーしたりして活用してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】