なれるなら…白石麻衣!真っ白陶器肌「まいやん顔」をつくるメイク術

人気アイドルグループ乃木坂46のまいやんこと、白石麻衣。今年、発売した写真集『パスポート』(講談社)は発行部数が20万部を超え、“今世紀最大のヒット作”と言われています。

女性からの支持も多く、SNS上には「こんな顔になりたい」、「マネしたい」、「誰か私に毎日白石麻衣ちゃんのメイクを施してほしい」などといったコメントが続々!

そこで今回、『美レンジャー』の過去記事から憧れのまいやんフェイスをつくるメイク法をご紹介します。

毛穴ゼロ!透き通るような「ドール肌」をつくる

過去記事「2位シルバニア!女子が“昔よく遊んだ人形TOP5”今も人気の1位は」では、“毛穴レスメイク術”をご紹介しています。

(1)まずは毛穴レスな肌の下準備。化粧くずれを防ぎ、さらりとなめらかな肌を保つ練り美容液、アユーラ『オイルシャットワークスラスティング』(6g/2,500円<税抜き>)で小鼻の毛穴をフラットに埋め込む

(2)下地にはシャネル『 ル ブラン バーズ ルミエール 10ロゼ』(30ml/6,000円<税抜き>)を使用。くすみをオフしながら、透明感とツヤ感を出す

(3)リキッドからパウダーへと変化するファンデーション、イヴ・サンローラン・ボーテ『タン アンクル ド ポー』(25ml/6,600円<税抜き>)で肌のアラを拭い去り、均整なマット肌を演出

主張しすぎない!「儚げな目元」をつくる法則4つ

過去記事「白石麻衣がお手本!透き通る陶器肌がキモ“お人形フェイス”の作り方」では、彼女の主張しすぎず、ナチュラルな目元に近づくメイク法をご紹介しています。

(1)品のいいパール系アイシャドウがキモ

まずは、アイホール全体に明るいブラウンのアイシャドウをのせましょう。下まぶた全体にはオレンジやベージュをのせ、目の下にも明るさを足します。

(2)扇状のまつ毛でドールアイ

今回のメイクは、アイラインよりもまつ毛に重点を置きます。できるだけ均等に丸くなるよう、力を少しずつ加えながらカールしていきましょう。カクッと曲がってしまうと“お化粧しました感”が出てしまうため、あくまでナチュラルに丸く仕上げてください。

マスカラはブラウン(なければ黒でもOK)を使用し、ダマができないようにスッと通していきます。下まつ毛にも丁寧に塗りましょう。

(3)アイラインは目の形に沿って

アイラインは跳ね上げずに目の形に沿って引きます。筆者は、アイラインにも主張しすぎないブラウンのリキッドを選んでいますが、ペンシルタイプのアイラインをぼかすように引いても、自然な仕上がりになります。

(4)角を少しつけたストレート眉

白石麻衣は、少し眉山に角度をつけたストレート気味の眉です。角度がきつい方は、眉山下をパウダーで埋めていき、ナチュラルなカーブを目指してください。

ナチュラルな血色感!「グラデリップ」のつくり方

白石麻衣のリップは、淡いピンクなどが多く、あまり濃くありません。そこで、自然な血色感をプラスしながら儚げな印象を与えるグラデリップで仕上げます。

過去記事「ズルいほどの…色香漂う唇に!旬の“グラデリップ”失敗しない作り方」では、グラデリップの方法をご紹介しています。

(1)もともとの唇の色を抑えるため、コンシーラーをスポンジに取り、トントンと唇全体に馴染ませる

(2)ヌードカラーのリップを唇全体に塗る(リップラインは引かず、ブラシを使って輪郭をとることで、グラデーションリップに合う自然な外枠が完成します)

(3)メインカラーは唇全体には塗らず、“唇の上下の中央のみ”にのせる

(4)ヌードカラーのリップとメインカラーのリップの境目を指で外側にぼかせば完成

今回ご紹介したベースメイクやアイメイク、リップメイク法をマスターして、憧れの白石麻衣に近づきましょう。(※ 価格は全て編集部調べです)

【画像】

※ getty images

美女が多いのも納得!? 美容にうれしい沖縄名物4つ

もうすぐ夏休み。どこに行くかプランを練るのも楽しみのひとつですよね。ちょっぴり海外のような開放的な気分を味わえる国内旅行といえば、やっぱり沖縄! 南国ムード漂う沖縄は、実は美容に嬉しい食材の宝庫でもあるんです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

夏バテ予防には「ゴーヤ」!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

沖縄料理の代表「ゴーヤーチャンプルー」に欠かせないゴーヤ。「苦瓜(にがうり)」とも呼ばれるゴーヤはその名の通り、独特の苦みが特徴的な夏野菜。この苦みは「モモルデシン」という成分で食欲増進や肝機能をサポートする働きが期待されています。
「夏バテ気味で食欲がない…」「ビアガーデンやBBQなどでお酒を飲みすぎた…」という時におススメです。

また通常は加熱に弱い「ビタミンC」ですが、ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱調理でも損失が少ないため、無駄なく摂取することができます。
夏の紫外線を浴びたお肌のインナーケアや免疫力アップにピッタリ! 他にもカリウムやカルシウムも豊富で栄養価が高いゴーヤは、まさに夏のスタミナ食材!

むくみ予防やカルシウム補給に嬉しい「海ぶどう」

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

プチプチとした食感と程よい塩気が特徴の海ぶどう。「グリーンキャビア」とも呼ばれる海藻類の一種で、今では沖縄料理店や沖縄土産としても人気です。
海ブドウには豊富な「食物繊維」、「鉄分」、「カルシウム」、「ミネラル」など様々な栄養素が含まれています。

海ぶどうは低温に弱いので、購入した際は冷蔵庫に入れず必ず常温保存を。また食べる際はタレを直接かけず、お刺身のように小皿に入れてつけながら食べるのが、おいしい食感や風味を損なわないポイントです。

アンチエイジングや美腸・美肌作りには「マンゴー」!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

濃厚で華やかな香りと味わいが特徴のマンゴー。沖縄産のマンゴーは国内生産の約50%近くを占めています。マンゴーには抗酸化作用の高い「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」がすべて揃っており、相乗効果で高いアンチエイジング効果が期待されています。
紫外線ダメージを受けたお肌のインナーケアや、夏バテ予防にピッタリ! また妊活中や妊娠初期に特に欠かせないビタミンB群の一種「葉酸」や、美腸作りをサポートする「食物繊維」も豊富。まさに女性の美容と健康に嬉しいフルーツです。

美肌・美爪作りには「ミミガー」!

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

沖縄料理によく使われる「ミミガー」とは、豚の耳の皮(軟骨)のこと。軟骨には、骨や歯や爪を強くする「カルシウム」や、弾力やうるおいのある美肌作りに欠かせない「コラーゲン」が豊富です。

近年、日本の成人はお魚や牛乳の摂取量が減少傾向にあるといわれています。いつもの食事で不足しがちなカルシウムをしっかり補うためにも美肌作りにも、ミミガーはおススメです。

いかがでしたか? 沖縄は美容に嬉しい栄養満点の食材がたくさん! 美容食材を食べに沖縄旅計画をするもよし、食材を取り寄せておうちで沖縄気分を満喫するもよし! 沖縄食材をおいしく楽しく食べて、身体の中からキレイを磨きましょう!

(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

フォトジェニック&美肌にも◎アウトドアにおすすめフード5選
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

ローラは2位!男が選ぶ「小麦肌美人な芸能人」1位は今年40歳の…

梅雨が明ければ夏の始まり。日焼けのし過ぎはよくないと思っていても、「美白よりも健康的な小麦肌のほうが好き!」という方もいるのではないでしょうか。

今回『美レンジャー』では、20~40代の男性500名を対象に「日焼け美人だと思う女性芸能人」についてアンケートを実施。男性に好印象な日焼け肌が似合う女性芸能人が判明しました!

その調査の結果をご紹介し、美容ライターである筆者が、日焼け肌に似合うメイクについてお伝えします。

健康的!日焼け肌が似合う女性芸能人TOP10

さっそくランキングを見ていきましょう。

第10位・・・道端ジェシカ(5.2%)

同率第8位・・・道端アンジェリカ・長谷川潤(5.4%)

同率第6位・・・小島瑠璃子・西内まりや(5.6%)

第5位・・・中村アン(6.2%)

第4位・・・相武紗季(7.4%)

第3位・・・黒木メイサ(7.8%)

第2位・・・ローラ(8.6%)

第1位・・・安室奈美恵(9.2%)

第1位にランクインしたのは、今年9月で40歳になるにもかかわらず、デビューから変わらぬスタイルと美貌をキープし続けている“安室奈美恵”でした!

アムラー現象が起こった当時の日焼け肌の印象もあり、今でも世間からの“小麦肌が似合う”という意見は変わらないようです。

続いて2位にランクインしたのは、ネット上で「鍛えた体と健康的な肌色がとてもヘルシー」という意見もあった“ローラ”。そして3位には“黒木メイサ”。「ダークな髪色とこんがり肌がエキゾチックで魅力的」という声が聞かれました。

真似したい!日焼け肌に似合うメイクのポイント

メイクのベースとなる肌の色が変われば、似合うメイクも変わってきますよね。日焼け肌に似合うメイクを、2位にランクインしたローラのインスタグラムを参考に探ってみましょう。

(1)オレンジカラー

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿

オレンジは、日焼け肌に馴染みながらも存在感の出るカラー。リップはもちろん、アイシャドウやチークに取り入れても似合う色です。ハツラツとした印象の小麦肌に女性らしさを与えてくれますね。

(2)キャットアイライン

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿

ローラも定番でメイクに取り入れているキャットアイライン。目力をアップさせ、セクシーな印象になります。健康的でヘルシーな日焼け肌と合わせることでより気だるさのある色っぽい雰囲気に。太めにハッキリと引いて際立たせましょう。

(3)グリッターアイシャドウ

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿

人気の“濡れまぶた”をつくるのに大活躍するグリッター入りアイシャドウ。馴染みのいいブラウンやゴールドは、日焼け肌に映え、より魅力的に見せてくれます。キャットアイライン同様、セクシーな目元をつくりたいときに取り入れるとよいですね。

足すだけでなく「引くメイク」にも注目

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿

日焼け肌には、先述のような様々なメイクをプラスした少し濃いめのメイクも似合いますが、健康的な肌そのものを活かしたカラーレスなメイクもおすすめ。ナチュラルでヘルシーな雰囲気を引き立ててくれます。

ベースメイクはツヤ肌に仕上がるよう、パール感のあるファンデーションやパウダーを使ってみましょう。

普段から日焼け派の人も、「今年の夏は健康的な小麦肌を目指す!」という人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ getty images

ワタは捨てないで!おいしい食べ頃メロンの選び方とうれしい効果

上品な香りと甘さが特徴のメロンは今が旬。これから7月いっぱいまではおいしくいただけます。ウリ科に属するメロンは「果物の王様」とも呼ばれており、種類もさまざま。この時期は色々なメロンを食べ比べてお気に入りを探すのも楽しいものです。

今回はおいしい食べ頃メロンの選び方メロンの「ワタ」に含まれるすごい栄養についてご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

おいしい食べ頃メロンの選び方

おいしいメロンが食べたい! そんな時はメロンの皮を優しくこぶしで叩いて少し低い音がするものを。またお尻の部分をやさしく押すと少し凹むものを選んで。種の周りやお尻部分から熟していくので、切り分ける際はくし切りがおススメ。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

「ネット」と呼ばれるメロン独特の網目模様は、網目にバラつきがなく均一なものを選びましょう。軸がついている場合は、太くてしっかりとしたものを。
食べる数時間前に冷蔵庫に入れて少し冷やすと、甘みが引き立ちより一層おいしくいただけます。

メロンのワタは食べなきゃソン?!

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

メロンを切り分ける際、中央にある種と一緒に捨ててしまいがちな「ワタ」。実はワタには食べなきゃソンな栄養がギュッと詰まっているんです!

・β(ベータ)カロテン

βカロテンは体内でビタミンAとして働く栄養素で、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が高いのが特徴。強まる夏の紫外線対策にピッタリ。目や粘膜を強くして、乾燥からお肌を守る働きも期待されています。特に赤肉系(果肉がオレンジ色)のメロンに多く含まれています。

・食物繊維

見るからに繊維、なワタの部分。豊富な食物繊維は腸を刺激し、便通改善をサポートしてくれます。腸内環境が整うことは美肌への近道! ポッコリ膨らみがちな下半身ともおさらば! 食物繊維は美腸・美肌作りやダイエットには欠かせません。

美容に嬉しいその他の栄養

メロンには他にも、むくみ予防に欠かせない「カリウム」、育毛効果が期待されている「アデノシン」、疲労回復に欠かせない「果糖」や「クエン酸」などが含まれています。

いかがでしたか? 夏の美腸・美肌・美髪作りに旬のメロンをおいしく食べて、カラダの中からキレイと元気を磨きましょう!

(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

ダイエットや美肌作りに「アーモンドミルク」がおすすめな理由
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

【参考】
※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)

※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)」(高橋書店)

※蒲池桂子,川口 由美子/著(2010年)「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)
※吉田企世子/監修(2008年)「旬の野菜の栄養辞典」(エクスナレッジ)
※田中敬一・原田都夫・間苧谷徹/著(2016年)「科学的データでわかる 果物の新常識」(誠文堂新光社)

血色が透き通るほどの美肌に!? 傾国の美女が食べていた薬膳食材

中国の歴史に名を残す美女といえば、楊貴妃を思い浮かべるかたも多いと思います。なめらかな白肌はシミ1つなく、内側からピンク色の血色が透き通っていたんだとか。豊満なボディ、全身から漂う甘い香りなど、傾国の美女とよばれたのも納得のエピソードが数々残っています。

美への執着も相当なもので、美容のために好んで食べたといわれる物がいろいろあります。そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、美肌になれる薬膳食材をご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

肌がぷるぷるになる潤い食材

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

薬膳には、“生津(セイシン)”“潤肺(ジュンパイ)”という、肌を潤し、体内の水分を調整する食材があります。白きくらげ、百合根、れんこん、はちみつ、杏仁などが代表的な食材です。

楊貴妃が愛したといわれる白きくらげは、薬膳の定番食材。スイーツとして好んでいたそうでレシピが残っています。今でも台湾スイーツなどにもよく使われ、美肌食材として中華圏で有名です。

高価な化粧品を一生懸命使ってみてもお肌の潤いが足りない……。こんな時は内側から試してみてはいかがでしょう。

つや肌になれる食材

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

顔色UP、お肌にツヤを与えてくれる“補血(ほけつ)”の食材は、アーモンド、カシューナッツなどナッツ類がオススメ。ビタミンEが豊富なことで、現代の女性も美のおやつとして人気ですが、薬膳ではつや肌食材です。

美と権力への執着心が強かったといわれる西大后が愛したのが「くるみ」。健脳食材としても知られ、美しく賢い現代のキャリアウーマンにぴったりではないでしょうか。

西大后は70代を過ぎても、シミひとつない白肌だったそうですよ。

いつまでも若々しい肌を保つ食材

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

“補腎(ほじん)”の効能を持つ食材は、アンチエイジング全般に◎。ブラックフードやうなぎ、えび、すっぽんなどの滋養食は補腎のものが多いです。

なまこや貝柱など高級食材が多く、宮廷料理に出されていたのではないでしょうか。不老不死や永遠の若さが求められた時代。黒い食べ物や滋養食で、エイジングケアをしていたのかもしれないですね。

肌荒れ知らずでいられる食材

東洋医学では肌荒れは「滞り」が原因と考えられ、気や血の巡りを良くするものは肌荒れした時に良いといわれています。“理気(りき)”の効果を持つ香味野菜、柑橘類などの香りがある食材がおススメです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

理気の効果がある金木犀のお酒が、桂花陳酒(けいかちんしゅ)。楊貴妃のために作られたという説もあり、美容のために愛飲したお酒です。

ジメジメした梅雨の夜長に、薫り高い桂花陳酒でしっとり過ごしてみてはいかがですか?

サプリメントやテクノロジーもない時代、食物から得られる美容効果は大きかったと思います。高機能コスメや美容理論と併用して、食材の効果を取り入れれば最強かも!? 絶世の美女が愛した食材をぜひ参考にしてくださいね。

(紅華堂主宰・国際中医薬膳師・坂本 雅代)

コンビニで買える!二日酔いやむくみに効く薬膳食材5つ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方
ドラッグストアで手軽に買える!むくみに効く漢方薬3選

ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

エステティシャンが教える!絶対に押さえるべきスキンケア法

乾燥肌、敏感肌、脂性肌などお肌の質や見た目のキメの細かさなどは人それぞれです。しかしどんな肌質でも、スキンケアはお肌のコンディションを整えるために欠かせないもの。筆者はエステティシャンとしてさまざまな肌タイプの方々を見てきました。
今回はどんなお肌の人でも共通して押さえて欲しいスキンケアのポイントをご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

あなたのお肌はどのタイプ?

(1)乾燥肌

乾燥肌とは、お肌の水分が少なく、肌表面がカサカサしたり粉っぽくなったりと化粧水などを塗ってもすぐに乾燥感を感じやすい状態です。その状態が続くと、吹き出物が現れやすくなる恐れも。

(2)敏感肌

敏感肌とは、メイクアップ用品や衣類などの繊維など外的な刺激によって赤みや湿疹などのかゆみが起こりやすい状態です。皮膚の一番上にある角質層のバリア機能が弱く、外からの刺激に過敏に反応してしまいます。

(3)脂性肌

脂性肌は皮脂の分泌がとても多い状態の肌です。テカリや毛穴の詰まり、黒ずみの原因となりますので余分な皮脂は取り、しっかり保湿を行うことが重要です。

スキンケアを行う上で気をつけること

(1)クレンジングや洗顔などでゴシゴシこすったりダメージを与えない。

(2)メイクをしたまま寝ない。必ず落とすこと。

押さえておくべきスキンケア方法

(1)クレンジング、洗顔

メイクアップ化粧品を使用している場合は、必ずクレンジングで落とすようにしましょう。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

クレンジング剤はたっぷりと手に取り、手を滑らすようにメイク汚れをなじませ、浮かすように行いましょう。クレンジングの量が少ないと摩擦の原因となります。

洗顔もしっかりと泡立てましょう。泡をお肌の表面で転がすように洗います。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

ぬるま湯で洗い残しのないようにしっかりと洗い流しましょう。クレンジング、洗顔は優しく、丁寧にが鉄則です。

(2)化粧水

化粧水はまず、手のひらに500円玉程の量をとり、お肌全体に丁寧になじませます。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

コットンに化粧水をとり、優しく押さえるようにお顔全体になじませていきます。手のひらだと塗り残しがしやすい細い目のキワや小鼻などもしっかりとなじませましょう。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

もう一度コットンに化粧水をとり、繰り返し行いましょう。

(3)美容液やシートマスクをつける

化粧水を塗った後に、美容液やシートマスクを乗せ、お肌に栄養を届けます。

(4)乳液、クリーム

化粧水、美容液が水分に対し、乳液クリームが油分となります。乳液やクリームも手に取り、同じようにしっかりとお肌になじませましょう。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

乾燥肌になりやすい方は、化粧水や乳液の量を増やしてみましょう。脂性肌の方は水分量を増やし、シートマスクなどで毛穴ケアを行ってから、乳液やクリームを塗りましょう。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

「皮脂が気になります。」とお悩みの方ほど肌内部が乾燥していることが多く、化粧水の量が足りていない方が多くいらっしゃいます。たっぷりと水分を与えてあげましょ!

「このスキンケアのやり方で合ってるのかな?」「最近お肌の調子が良くない…。」と感じている人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

(エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ)

【あわせて読みたい】

エステティシャン直伝!お疲れ顔にさよならマッサージ

エステティシャンが教える!シートマスクの効果的なつけ方
毎日90秒で小顔をGET!モテ顔になれるマッサージ法
簡単だけど効果は絶大!憧れの小顔になれるセルフケアまとめ

すっきり小顔で印象アップ!たるみフェイスライン改善エクサ
足のむくみとセルライト対策に◎誰でも簡単!麺棒マッサージ
正しい「呼吸」できている?簡単チェックと舌を鍛える顔ヨガ

ダイエットや美肌づくりに!果物の女王「マンゴー」のうれしい効果と選び方

世界のおいしい三大フルーツのひとつにも選ばれている初夏から夏にかけてが旬のマンゴー、まさに今が食べ頃! 官能的な甘さと香り、おいしさから「果物の女王」とも呼ばれます。そんなマンゴーには、女性の美容と健康をサポートしてくれる栄養が驚くほどたくさん詰まっているんです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン Life & Beauty Report

美味しいマンゴーの選び方と食べ方

マンゴーには真っ赤な皮が特徴の「アップルマンゴー」や、緑色の「カリフォルニアマンゴー」、ペリカンのくちばしのような「ペリカンマンゴー」など種類が豊富。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン Life & Beauty Report

選ぶ際は、皮にハリとツヤがあり、痛みや変色部分がないものを選びましょう。全体的に厚みがあり、ムラなく色づいているかどうかもポイント。指先でやさしく触って程よい弾力があれば熟している証拠。

熟しているものは野菜室で2日以内に、熟していないものは常温保存で追熟させると糖度が増しておいしくなります。

食べる際は種に沿って果肉を3枚におろし、格子状に切れ込みを入れて皮部分をそらすようにして押せば見た目も華やかに。

強い抗酸化で紫外線から美肌を守る!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

マンゴーには細胞の老化を防ぐ抗酸化作用の高い栄養素「カロテン(ビタミンA)」「ビタミンC」「ビタミンE」がすべて揃っています。これらの栄養素は相乗効果で強い抗酸化力を発揮します。

これからの時期、強い紫外線を受けたお肌にシミやそばかすができるのを防ぐためには欠かせない栄養素です。

豊富な食物繊維で美腸・美肌作りをサポート!

20170208matsukura02

マンゴーには豊富な食物繊維が含まれています。便秘が続くと腸内に不要物が溜まり続け、吹き出物などの肌トラブルが起こりやすくなります。

美肌のためには腸内環境を整えることが何より大切。マンゴーの豊富な食物繊維は便通をサポートしてくれます。旬のマンゴーで肌荒れやポッコリお腹とおさらばしましょう!

妊活や妊娠初期に必要な葉酸も豊富!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

マンゴーには妊活や妊娠初期に特に必要とされる「葉酸」も豊富に含まれています。葉酸は細胞増殖に欠かせない重要な栄養素で、胎児の健全な発育をサポートしてくれます。最近では骨粗鬆症予防にも効果が期待されています。

いかがでしたか? 旬の甘くておいしいマンゴーをおいしく味わいながら、身体の中からキレイを磨きましょう!

(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

【写真付き解説】インスタ映えするフード写真の撮り方コツ3つ
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

「赤い宝石」さくらんぼの魅力とおいしい食べ方・選び方

5月から7月が旬のさくらんぼ。旬が短い初夏ならではの味覚ですよね。真っ赤でコロンと可愛らしい見た目のさくらんぼは「赤い宝石」とも呼ばれます。
そんなさくらんぼには、美肌や妊活に嬉しい栄養がギュッと詰まっているんです。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

サクランボの選び方と美味しい食べ方

購入後すぐ冷蔵庫に保存しがちな果物類ですが、さくらんぼは常温保存で食べる直前に冷蔵庫に入れて少しだけ冷やすのがおススメ! 低温に弱いので長時間冷蔵庫に入れてしまうと風味が落ちてしまいます。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

スーパーで選ぶ際には皮にハリとツヤがあり、変色や傷がないものを。軸は鮮やかな緑色で、元気のあるものがいいですよ!

美肌に嬉しい栄養ギッシリ!

さくらんぼには「アンチエイジングビタミン」とも呼ばれるビタミンEをはじめ、抗酸化作用の高いビタミンAや、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCが豊富。
紫外線が強くなるこの時期、抗酸化作用の高い食材を摂ることは美肌作りに欠かせません。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

ビタミンACE(エース)」とも呼ばれるこの3つのビタミンは抗酸化作用が高い栄養素の代表的存在。全てが揃った旬のさくらんぼは、まさに美肌作りの強い味方!

妊活や妊婦さんに嬉しい栄養も豊富!

甘酸っぱいさくらんぼ。意外ですが「鉄分」も豊富です。鉄分は血液のもととなる重要な栄養素。
特に妊活中や妊娠中の方は鉄分をより必要としているので、意識的に鉄分を摂取する必要があります。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

また、ビタミンB群の一種である「葉酸」も豊富。葉酸は妊娠前〜妊娠初期に特に必要とされる重要な栄養素。胎児の健全な発育に欠かせません。

いかがでしたか? サクランボには他にもむくみ予防に欠かせない「カリウム」や、疲労回復効果が期待できる果糖やクエン酸なども含まれています。積極的に日々の食卓に取り入れ、カラダの中からキレイを磨きましょう!

(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

フォトジェニック&美肌にも◎アウトドアにおすすめフード5選
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

【参考】
※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)「あたらしい栄養学」(高橋書店)
※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)

※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)」(高橋書店)

※吉田企世子/監修(2008年)「旬の野菜の栄養辞典」(エクスナレッジ)

※蒲池桂子,川口 由美子/著(2010年)「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)

仕事の休憩や残業時に!罪悪感なく食べられるビューティーおやつ4選

お仕事中や残業時、ついつい小腹が減ってしまいますよね。でも間食(おやつ)はダイエットの敵……。食べたいけど太りたくない、肌荒れしたくない……という女性は多いはず。そこで今回は、罪悪感なく食べられて、美容にも嬉しいおススメおやつをご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

アーモンド、くるみ

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

アーモンドやくるみなどのナッツ類は、噛みごたえがあるので満腹効果が得られやすいです。「アンチエイジングビタミン」と呼ばれる抗酸化作用の高い「ビタミンE」が豊富なのも嬉しいポイント。ビタミンEは血流をサポートする働きもあるので、オフィスで身体が冷えがち……という人にもおススメです。

フルーツチップス、ドライフルーツ

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

スライスされたオレンジやキウイ、リンゴやバナナなど、最近はおしゃれで可愛いフルーツチップスを取り扱うお店も増えてきました。ドライフルーツなら鉄分の多いプルーンやナツメ、クコの実(ゴジベリー)などがおススメ。

甘酸っぱくて見た目も可愛いフルーツのおやつは、美腸に嬉しい食物繊維や美肌に嬉しいビタミンCが豊富。なるべく砂糖や保存料など不使用のものを選びましょう。

野菜チップス(干し野菜)

野菜チップスも、定番の人参やカボチャだけではなく、最近はゴーヤやビーツなど変わり種のものも見かけるようになりましたね。

干し野菜は、余分な水分が飛んで素材の甘みがギュッと凝縮されているので甘味や旨味をよりダイレクトに味わうことができ、満足感も高いのが特徴です。

干し野菜用のネットを買えば自宅でも簡単に作ることができますよ。ビタミンやミネラルが豊富な野菜ですが、忙しく働く毎日の中、一日三回の食事ではつい不足しがち……間食に取り入れて補いましょう!

グラノーラバー

オートミールやドライフルーツ、ナッツ類で構成されたグラノーラは栄養価が高く、ヘルシーフードとして大人気。おうちではヨーグルトをかけたり、牛乳や豆乳をかけて朝ごはん代わりに食べている方も多いのでは? 残業時にはそんなグラノーラを手軽に食べられる「グラノーラバー」がおススメです。グラノーラをハチミツなどで固めてスティック状にカットしたものなので、片手ですぐに食べられます。豊富な食物繊維で美腸をサポート、もちろん食べ応えも抜群です!

いかがでしたか? どれも常温保存ができるので、お気に入りの可愛い瓶などに入れてデスクに常備しておくと気分もあがります。おいしく賢く食べて、身体の中からキレイを磨きましょう!

(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

フーディーも注目!美容食材「ピタヤ」でヘルシーダイエット
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

ビールにも合う!「食べる万能だし」でつくる簡単ヘルシーレシピ

暑い日は食欲も湧きませんが、何も食べないとお肌にも体にもよくありませんよね。そこで今回はササッと手軽に作れて、ヘルシーで美肌作りダイエットにも嬉しいインナービューティーレシピを、フードコーディネーターの筆者がご紹介します。
そしてこれが、ビールにもよく合うんです! アレンジも効くので重宝しますよ。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

簡単に作れる!食べる万能調味料「だし」レシピ

「だし」とは、山形県の伝統料理のひとつで、たっぷりの薬味や野菜、昆布などを混ぜて作ったもの。ひんやり、ねばねば、つるっとした「だし」は、そのままでも、豚肉や冷奴、冷たい麺類にのせてもおいしい「食べる万能調味料」。ご家庭でも簡単に作れる、暑い日にピッタリのレシピです!

<材料>作りやすい分量

・がごめ昆布 大さじ1

・オクラ 3本

・大葉 3枚

・みょうが 1個

・細ねぎ 2本

・きゅうり 1/2本

・出汁醤油 小さじ1

<作り方>

(1)オクラは少量の塩(分量外)で揉んでよく洗い、熱湯で約2分茹でたらざるに上げ、水で冷やす。キッチンペーパーで水気を拭き取ったらヘタ部分を除いてみじん切りにする。

(2)残りの野菜類も良く洗って水気を拭き取り、ヘタを除いてみじん切りにする。がごめ昆布も細かく刻む。

(3)すべての材料をよく混ぜ合わせ、冷蔵庫でしばらく寝かせて味をなじませる。

※がごめ昆布の代わりに、昆布パウダーや昆布茶のもと(粉)を使ってもよい。塩昆布は塩分がやや強くなるので、もし塩昆布を使う場合は、レシピ記載の出汁醤油は不要。

「だし」をつかったアレンジレシピ(1)豚しゃぶの「だし」のせ

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

【材料】1人分

・豚肉うすぎり(しゃぶしゃぶ用) 100g

・酒 大さじ1

・だし(上記参照) 大さじ2

<作り方>

(1)鍋にたっぷりの湯を沸かし、酒を加えて豚肉をさっとゆでる。火が通ったらざるに上げ流水で冷やす。キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取る。

(2)器に盛り「だし」をのせて一緒にいただく。

余分な脂が落ちたしゃぶしゃぶはダイエット中にもピッタリのおかず。豚肉には糖質や脂質の代謝をサポートするビタミンB群や、細胞のもとになるたんぱく質が豊富に含まれています。

「だし」をつかったアレンジレシピ(2)「だし」のせ冷奴

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report

<材料>1人分

・絹ごし豆腐 1/2丁

・だし(上記参照) 大さじ2

・濃口醤油 少々

<作り方>

(1)豆腐は少し水切りしてから器に入れる。

(2)「だし」をのせ、食べる直前に醤油を回しかけていただく。

ヘルシーで栄養満点のお豆腐に、お野菜たっぷりの「だし」をのせたひと品。食欲がない日でもこれなら食べられそう。水っぽくならないように、お豆腐は少し水切りしてから盛るのが、おいしくいただくポイント。

「だし」は冷蔵庫で2日間保存可能。そうめんやざるうどんにのせてもおいしいですよ。ぜひお試しください!

(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

SNS映えする!簡単&ヘルシーなひんやりスイーツレシピ
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方

ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方