「ニベア青缶」最強説はウソorホント?大人肌へのリアルな効果は…

プチプラの“ニベア青缶”こと花王の『ニベア クリーム』(大缶169g/オープン価格)が優秀だと聞いたことがある人は多いでしょう。2万円近くする高級クリーム、ドゥ・ラ・メールの『クレーム ドゥ・ラ・メール』(30ml/19,000円<税抜き>)と成分が酷似しているといわれていること、ニベア青缶だけにしたら肌の調子がよくなったという口コミから、「実はすごい!」と話題になっているのです。

しかし、シミやしわ、たるみ、くすみなど、年齢サインが気になる大人の肌にも、ニベア青缶は役立つのでしょうか。今回は、数々のコスメを試してきた美容ライターの筆者が解説します。

うるおいを逃がさない!ニベア青缶の実力

ニベアの青缶にも引き合いに出される高級クリームにも、ミネラルオイル、ワセリンなど、肌を保護してうるおいが逃げないようにする有効成分が多く配合されています。

肌を保護するという点では、ニベアと高級クリームに大差はないと言えるでしょう。実際に洗顔後のスキンケアをニベアだけで済ましても、うるおいが守られ肌の乾燥を防げているのを感じられるはず。

とはいえ、やはりニベアと高級クリームには違いも。高級クリームには、メーカーが長年かけて開発した独自の保湿成分“ミラクル ブロスTM”が配合されているのです。これが値段の差を生んでいると考えられます。

大人肌にニベア「ガッテン塗り」はNG?

保湿効果は十分あるニベアの青缶。NHKの『ためしてガッテン』で取り上げられた“ガッテン塗り”と呼ばれる、化粧水を使わずにニベアだけを使うというスキンケア法が話題です。

実際にニベアの青缶だけでスキンケアをしたら、肌の状態がよくなったという声も少なくないのが事実。しかし筆者としては、ニベアだけを塗る“ガッテン塗り”は大人肌にはおすすめできません。きちんと化粧水をつけてから、ニベアを塗っていきましょう。

というのも、化粧水には、洗顔後の肌をうるおして次のスキンケアの浸透をよくする役割があります。化粧水をスキップしてニベアだけを塗ると、肌表面に膜を張ったような感じになり不快に感じることがあるはず。

ニベアの“ガッテン塗り”で肌がきれいになったという方は、ニベアの保湿効果に加えて、実は自分の肌には合っていなかった成分を含む化粧水を使わなくなったことで改善したという要因も考えられるのです。

悩める大人肌に必要なものとは

大人肌にとって手ごわい乾燥やシミ、しわ、たるみなどの悩みには、ニベア青缶では物足りない可能性も……。

ニベアには含まれていない、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など、肌の水分をしっかり掴んでくれる成分や、年齢の悩みにアプローチする成分が入った化粧水や美容液を併せて使うことがおすすめ。

ニベア青缶も保湿剤としては優れていますが、あれこれ悩みが出てきた大人肌には物足りないかもしれません。シンプルに保湿したいときに活用してみてくださいね。(※ 価格はすべて編集部調べです)

皮脂テカやカサつき…ズバリ解決!「春夏ファンデ」悩み別オススメ3つ

ファンデーション選びに悩む方は多いでしょう。最初は気に入っていたけれど合わなくなったと感じたり、店頭で付けてもらったときはよかったのに自分でメイクしたらイマイチだったり……。

しっくりくるファンデーションが見つからないのは、季節に合わせて選んでいないことや、自分の肌タイプを無視していることが原因かもしれません。

今回は肌タイプ別に、この春夏におすすめのファンデーションを3つご紹介しましょう。

1:乾燥も皮脂も気になる方に…MiMC『ミネラルリキッドリーファンデーション』

シミなどの肌悩みをきちんとカバーできる上、みずみずしいツヤ肌に仕上がるファンデが、MiMCの『ミネラルリキッドリーファンデーション』(全2色 6,500円<税抜き>)。石けんで落とせるノンシリコン処方なのに汗に強く、軽い付け心地なので春夏にぴったりです。

肌のうるおい不足も感じるのに、メイクの崩れやテカリが気になるという方は多いでしょう。その原因は、肌の水分と皮脂のバランスが崩れていること。このアンバランスな状態のままでは、肌荒れやシワ、たるみなどに悩まされることにも。

このファンデは、肌の水分と皮脂のバランスを整えながらみずみずしいツヤ肌に仕上げてくれる植物由来の美容液成分がたっぷり! メイクしながら肌のコンディションも整えてくれるという、肌思いのファンデです。

また、長時間肌がくすまず透明感がキープできるので、夕方に鏡を見たときうれしくなるはず!

2:とにかく崩れ&テカリを防ぎたいなら…アリマピュア『サテンマットファンデーション』

水分や油分が多いリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションはどうしても崩れやすいので、化粧崩れやテカリが気になる方はパウダータイプを選ぶとよいでしょう。ただ、パウダーファンデは粉っぽくなりやすく、乾燥肌に見えてしまうことも。

そこでおすすめなのが、アリマピュアの『サテンマットファンデーション』(全8色 4,200円<税抜き>)。重ねても粉っぽい乾燥肌に見えにくく、むしろ透明感のあるツヤ肌に見せてくれるミネラルファンデーションです。粉雪のようにやわらかなパウダーをブラシで少しずつ重ねていくと、毛穴やシワもしっかりカバーできて美しい仕上がりに。

さらに、あわせてアリマピュアの新メイク下地『スムージングプライマー』(5,600円<税抜き>)を使えば、肌の水分と油分のバランスを整えながらファンデーションとの密着度も高め、メイクをより長持ちさせてくれます。特に皮脂が多くメイクが崩れやすい春夏は併用するのがおすすめです。

3:うるおい&ツヤ重視なら…アクア・アクア『オーガニック クッション ファンデーション』

スポンジからジュワッとリキッドファンデーションのような出てくるクッションファンデ。近年、注目を浴びていますよね。美容液成分を多く含むのが特徴で、うるおい不足の大人肌をじんわりとうるおしてくれます。

アクア・アクアの『オーガニッククッションファンデーション』(全3色 3,650円<税抜き>)は、苺の“あまおう”美容液を配合。保湿力が高く、みずみずしいお肌に仕上げます。また、いちごは抗酸化力も高いためエイジングケア効果も。忙しくて朝のスキンケアが雑になってしまう方も、このファンデを使えば補えるでしょう。

これ1つで保湿美容液、下地、ファンデの3役を担うので、時短でベースメイクが完成! うるおうのにサラッとした仕上がりで、カバー力もGOODです。

汗ばんだりクーラーの乾燥も気になるこれからの季節、肌の状態や好きな仕上がりを考慮して、自分にぴったりの新しいファンデをゲットしましょう。(※ 価格はすべて編集部調べです)

【キレイをSPY!】トンコツ塗りました?テカテカ肌を救うファンデを厳選

今日も気温と湿度が高かったですね~。『美レンジャー』編集部の“キレイをSPY!” メンバー・ドロシーは、真夏でもないのに汗がダラダラでございます。そんな今の時期に気になることといえば……そう! 皮脂や汗によるメイクの崩れやテカリではないでしょうか?

ドロシーは、メイクをしたばかりの朝は絶好調なのですが、ランチタイムの頃にはコッテコテの豚骨ラーメンを顔に塗ったかのようなテカリ肌になるのが悩み。

「この悩み、どうしても解決しなければ……永遠に豚骨ちゃんのまま」と思い、編集部に届いた“テカリに効果的なファンデ”4つを、それぞれ丸一日試してみました。その中から、時間が経っても美肌をキープしてくれた優秀ファンデーションを2つご紹介します。

1:急接近も任せて~!マットな陶器肌をつくる「ミネラルファンデ」

テカリは抑えたいけどけど、「厚塗りになったり粉っぽくなるのがイヤ!」と思い、マットタイプのファンデを避けてしまっていた方はいませんか? しかし、そんな心配ご無用!

エトヴォス『マットスムースミネラルファンデーション』は、キメ細かい粒子で毛穴の凸凹を埋めるようにカバーしてくれるのに、重くならずに表面はスベスベの陶器肌に仕上げてくれます。

「アレッ!つけ心地が軽いのに……なんかアブラ、出なくな~い!?」とドロシー大感動! いつ・どんな角度からイケメンが近づいてきても大丈夫!

また、このファンデは精製度の高い天然のマイカがポイント。一般的なマイカは皮脂を含むと変色し、メイクをして時間が経つとくすんで見えることも。しかし、天然のマイカは皮脂を含んでも変色しないんです。だから、メイクしたてのくすみ知らずの肌を夕方までキープできますよ。5月25日には、健康的な肌色に仕上げてくれる新色(#50)も発売予定。(全4色/3,000円<税抜き>)

2:テカリをカバーして透明感までプラスする「プチプラファンデ」

セザンヌの『UVファンデーション EXプレミアム』は、なんと800円! おったまげ~! なのに時間が経っても透明感のあるなめらかな肌をキープしてくれる優れもの。肌の凹凸に合わせて変形・分散するふんわりとしたパウダーで、毛穴やシミ、くすみをカバーしてくれます。

皮脂固定化パウダーを配合しているので、余分な皮脂を吸着し崩れを防いでくれるのが、テカテカ・ドロシーには感激ポイント。「いつもは昼すぎには鼻の頭テッカテカなのに、ランチ後も赤ちゃんのお尻みたいにふんわり!」とまたまた、おったまげ~!

さらに、3Dヒアルロン酸の働きで、保湿効果も抜群です。(全2色/800円<税抜き>)

今回は、皮脂やメイクの崩れのテカリが気になるテカテカ・ドロシーが、一日試してみた結果をお伝えしました。個人差はあると思いますが、「汗でメイク崩れが気になる」、「顔がテカって悩んでいる」という方は参考にしてみてくださいね。(※ 価格はすべて編集部調べです)

エ~ン!「青みピンク」が似合わない…はコントロールカラーが解決

春になると、必ず普段のメイクにプラスしたくなる色が、“ピンク”。しかし、ピンクといっても、ベージュピンクにコーラルピンクとさまざまなトーンがあります。自分に“似合うピンク”・“似合わないピンク”って、ありますよね。

中でも、苦手意識を持っている方が多いのが、“青みピンク”。「派手な印象にいなりそうで、挑戦しづらい……」と感じている方も多いはず。

そこで今回は、美容ライターの筆者が青みピンクが誰でも似合うようになる方法をご紹介します。

 

■青みピンクが似合わない!? 自分の「肌色」を知ろう

人それぞれ異なるのが、“肌の色”。自分の肌の色により、似合う色が変わってきます。肌の色は、大きく2つに分けられます。

(1)イエローベース・・・黄色みを帯びた肌のことを指します。青みピンクは似合いにくいので、コントロールカラーを使って肌色を補正しましょう。

(2)ブルーベース・・・青み(ピンクみ)を帯びた肌のことを指します。基本的には、青みピンクが似合います。なので、実際に唇に塗ってみて自分の好みの青みピンクのリップを選ぶようにしましょう。

 

■肌は「コントロールカラー」でくすみをオフ

青みピンクは、唇に塗るだけで肌のトーンを明るく見せてくれます。しかし、肌に“くすみ”がある状態で塗ってしまうと、唇だけが浮いてしまうのです。これが、「青みピンクのリップが似合わない……」と、使用することに苦手意識を感じてしまう原因に。

なので、青みピンクのリップを使用する際は、肌のくすみはしっかりオフすることが大切です。

イエローベースの方は、自然にくすみをカバーしてくれるブルーやパープルのコントロールカラーを使用しましょう。肌に透明感が出て青みピンクが馴染みやすい肌に。

ブルーベースの方は、肌に血色感を与えイキイキとした肌に仕上げてくれる、ピンクのコントロールカラーを使用しましょう。

自分の肌色に合わせてコントロールカラーを使用すれば、青みピンクのリップが似合う肌に変身できますよ。

 

■目元は「抜け感」を意識して…リップを強調

青みピンクなリップは、ひと塗りするだけでパッと華やかな顔立ちに仕上げてくれるアイテム。それなのに、“目元”をしっかりメイクしてしまうと、せっかく塗った青みピンクなリップの存在感が薄くなってしまいます。だからこそ、目元は“抜け感”を意識しましょう。

肌馴染みのいいベージュ系の色を、アイホール全体にのせたら、後はナチュラルな目力を演出してくれるブラックのマスカラを塗って終了。これで、目力はありつつも“抜け感”のある目元に仕上げることができます。

 

■頰は「青みピンク」のチークを使用

青みピンクなリップを使用するのであれば、顔全体に“統一感”を演出するためにも、頰も“青みピンクのチーク”を使用しましょう。あくまでもリップが主役なので、ナチュラルになるようにチークはほんのり塗りましょう。

 

この春はいろんなブランドから青みピンクがたくさん出ています。ひと塗りで旬な顔になれるので、上記を参考に青みピンクを楽しんでみて!

 

【おすすめ記事(PR)】

生理前は日焼けしやすい!? 「紫外線とUVケア」今さら聞けない基本のキ

シミやシワが出てくると、肌の老化を実感せずにはいられませんよね。実は、肌老化の原因の80%は“紫外線による光老化”といわれています。

そんな光老化を食い止めるためにも、これからの季節は紫外線対策に力を入れていきたいところ。

そこで今回は、スキンケアアドバイザーの資格を持つ筆者が、そもそも“紫外線”とは? という基本知識から、日焼け止めに表示されている“SPF・PA”について解説。UVケアのポイントについてもご紹介します。

 

■ケアの前に!知っておきたい紫外線知識

「紫外線対策は夏だけ」という人は要注意! 4~5月や9~10月の紫外線は強く、その紫外線量は曇っている日でも晴れている日の50~60%ほどあるといわれています。

紫外線は、“UV-A”、“UV-B”、“UV-C“と、波長によって3つに分類されますが、地上に届くのは以下の2つです。

(1)UV-A

“長波長紫外線”とも呼ばれ、地表に届く紫外線の約95%がこのUV-A。肌の弾力に関わる真皮内のコラーゲンや、エラスチン、ヒアルロン酸などをつくり出す繊維芽細胞ににダメージを与えます。そのため、肌のハリが失われ、シワやたるみの原因に。

(2)UV-B

皮膚の色を濃くするのが“中波長紫外線”と呼ばれるUV-B。UV-Aよりも皮膚への刺激が強く、皮膚表面の細胞を傷つけたり、日光火傷などの炎症を引き起こすことも。シミや皮膚がんの原因になるといわれています。

どちらも肌にとって嬉しくない作用を持っていますよね。一年を通して量に変化はあるものの、一年中降り注いでいるので日常的なケアを心がけたいところ。

 

■今さら聞けない!SPFとPAの意味と役割

紫外線ケアの基本といえば日焼け止め。パッケージに表示されているSPFとPAについて「なんとなくしかわからない」という人もいるのではないでしょうか。実は、先ほどのUV-AやUV-Bとも関連があるのです。

【SPFはUV-Bをカット】

SPFとは、“Sun Protection Factor”の略で、UV-Bをカットする効果のこと。その後につく数値は、紫外線によって皮膚が赤くなる“時間”をどのくらい延ばしてくれるかを示しています。

“SPF1=20分”とされているので、SPF20であれば400分(約6時間半程度)の効果ということになります。

数値が高ければ高いほど紫外線をカットできるというわけではないのです。そのため、日常生活であればSPF15~20程度のものを使うのが理想。ただし、汗などで流れたらSPFの数値にかかわらずこまめに塗り直しましょう。

【PAはUV-Aをカット】

UV-Aの影響はすぐには現れないものの、長い目で見るとシミやシワの原因になる存在。それをカットするのがPAで、“Protection Grade of UVA”(UV-Aから肌を守る数値)という意味です。

PA値はプラス記号の数により4段階で、“PA+~PA++++”で表されます。プラス記号が多いほど、UV-Aから肌を守る効果は高くなっていますが、その分肌への刺激や負担も大きくなります。

日常ではPA+、紫外線の強い夏のアウトドアではPA++++など、シチュエーションに合わせて使い分けるようにしましょう。

 

■油断禁物!知っておきたいUVケアのポイント

多くの人が使っている日焼け止め。その日焼け止めを使用した紫外線対策のポイント4つをお伝えします。

(1)生理前は念入りケアを

“黄体ホルモン”の分泌量が多くなるのが生理前。黄体ホルモンは、紫外線の感受性を高めるので、この時期は特に念入りにUVケアをするようにしましょう。

(2)化粧下地の前に塗る

日焼け止めを塗るのはスキンケアの直後、化粧下地より先です。化粧下地はその後に塗るファンデーションの密着を高める役割をするので、日焼け止めを先に塗っておくことでその効果を妨害せず、メイク崩れを防ぐことが出来ます。

(3)こまめに塗り直す

日焼け止めは汗や水により流れ落ち効果がうすれます。顔は、メイクが崩れていれば日焼け止めも崩れているので、日焼け止めかUV効果のあるファンデーションを塗り直しましょう。

(4)室内でもUVケア

UV-Aはガラスを通リ抜けます。そのため部屋の中にいても日焼けをすることが大切です。日当たりのよい場所にいるのであれば、忘れずに紫外線対策をしましょう。

 

紫外線は肌の大敵! 正しい知識とケアで“肌老化”を食い止めていきたいですね。

 

【おすすめ記事(PR)】

ヤダ…見ないで!女性500人の「肌の悩み」2位シミよりため息なのは

メイクをするときやお風呂上りなど、鏡で自分の肌を見てガッカリしてしまった経験はありませんか? 普段はメイクで隠せても、スッピンになったときに肌トラブルがあると気分が沈んでしまいますよね。

今回『美レンジャー』では、20~40代の女性500名を対象に、「あなたが肌で悩んでいることは?(複数回答可)」というアンケートを実施。その結果をご紹介します。また、スキンケアアドバイザーの資格を持つ筆者が、トラブル肌の改善策についてもお伝えします。

 

■テンション下がる!女性の肌悩みランキング

第10位・・・血色の悪さ(6.4%)

第9位・・・テカリ(8.0%)

第8位・・・くすみ(14.8%)

第7位・・・シワ・たるみ(15.0%)

第6位・・・ほうれい線(16.0%)

第5位・・・目の下のクマ(16.2%)

第4位・・・ニキビ・吹き出物(17.6%)

第3位・・・乾燥(18.6%)

第2位・・・シミ・そばかす(25.4%)

第1位・・・毛穴の目立ち(31.2%)

第1位になったのは“毛穴の目立ち”でした。頬や小鼻などの毛穴トラブルは、メイクでカバーしてもしきれなかったり、隠そうとしてファンデーションを塗ることで逆に目立ってしまうことも。約3割という多くの女性が悩んでいるという結果になりました。

特にこれからの時期気をつけたい“シミ・そばかす”や、冬や季節の変わり目に気になりやすい“乾燥”に悩む人も多く、2位・3位と続きました。

それ以降も、思わず「わかる~!」と言ってしまいそうなものばかりではないでしょうか。また複数回答ということもあり、肌の悩みが2つ以上ある女性が圧倒的でした。

 

■トラブル改善!肌悩み別おすすめスキンケア

肌にトラブルがあるときは、食事や睡眠に気を遣うことはもちろん、スキンケアも大切です。上記ランキング1~3位にランクインした肌悩みの改善に役立つスキンケアについてお伝えします。

(1)毛穴の目立ち

おでこや鼻に多いトラブル“詰まり毛穴”には、皮脂量を抑え古い角質を除去することが重要です。さっぱりタイプの洗顔料や酵素洗顔、AHA配合のコスメを使用し、古い角質を取り除きましょう。皮脂の分泌を抑える作用のある、ビタミンC誘導体配合の化粧品も効果的です。

頬に多くみられる、毛穴が細長く変形する“たるみ毛穴”は、肌の弾力が失われることが原因。真皮のコラーゲンを増やす作用のあるピーリングを行ったり、皮膚表面を滑らかにする効果があるビタミンA(レチノール)が配合されている化粧品を使うのが効果的です。

また、乾燥も毛穴が目立ってしまう原因になるので、スキンケアではしっかりと保湿することを心がけてくださいね。

(2)シミ・そばかす

シミ・そばかすは、セルフケアで完全に解決することはできません。しかし悪化を防ぐには、美白に特化した化粧品を使ったり、メラニンの排泄を促すピーリングやマッサージが有効です。

美白化粧品を使う場合、一般的にシミと呼ばれる“老人性色素斑”の初期であれば改善効果があるかもしれませんが、定着したものや、遺伝的要素が強いとされるそばかすにはあまり効果がありません。

美白化粧品のほとんどは、メラニンを消すのではなく、メラニンを生成する酵素を阻害するような成分が多いので、シミやそばかすを濃くしないためにも基本的には一年中使用することが大事です。

また、肌への過剰な刺激はメラニンが増加することがあるので注意が必要。クレンジングや洗顔などの基本スキンケアは優しく行うようにしましょう。

(3)乾燥

乾燥した肌は、皮脂の分泌が少なく角質層の水分量が低下しています。少なくなっている皮膚表面の皮脂をとりすぎない洗顔を選び、できるだけ摩擦を与えないよう優しく洗いましょう。

保湿性の高い化粧水、油分のあるクリームを使用して、水分の蒸発を防ぎます。乾燥が激しいときには、皮膚のターンオーバーや血行を促進し、表皮の乾燥に効果的なビタミンAやビタミンEが配合されている化粧品を選びましょう。

また、スキンケアと併せて『美レンジャー』の過去記事「3位胸などの体つきより…そこっ!? 男が“目がいく女性のパーツ”1位は」でご紹介している“美肌マッサージ”を行うのもおすすめ。血行が促進することで化粧品の浸透力がアップし、肌に栄養が行きわたります。

 

多くの女性が抱えている肌悩み。少しでも憧れの美肌に近づけるよう、日ごろのスキンケアを大切にしていきたいですね。

 

【おすすめ記事(PR)】