おデブの7割がモナリザ症候群!? 「ダイエットをしても太る人」NG5つ

ノースリーブや水着を着る季節は目の前。「本格的な夏になるまでに痩せる!」と決意して、ダイエットに励んでいる方も多いでしょう。しかしあなたのそのやり方、大丈夫? 実は、やりがちなダイエット方法の中には、意外と知られていない怖~い落とし穴が数多く存在しそうです。

過去に放送された『駆け込みドクター!運命を変える健康診断』(TBS系)では、「ダイエットウソ・ホント」を特集。この番組を参考に、“恐怖のNGダイエット”をご紹介します。

1:バナナにこんにゃく…単品ダイエットはNG

星の数ほど存在するダイエット法ですが、その中でも過去に脚光を浴びたのがバナナダイエットやりんごダイエット、春雨ダイエットなどの“単品ダイエット”。

しかし、「単品ダイエットでは、栄養が偏ってしまう」と指摘するのが、内科医の森田豊医師。

栄養のバランスを取りながら、カロリーを下げていくのが正しいダイエット法とのこと。

2:断食ダイエットで体が飢餓状態に…!?

「身も心も軽く、一日でも早くダイエット効果を出したい!」という方から支持されているのが、固形物は一切摂らないという“週末断食”や“断食道場”ですよね。

これに待った!をかけたのは、女医タレントとしてもお馴染みの友利新医師。

「食べすぎたときに、一日何も食べないというのは消化機能を休めるのでよい。しかし、一週間の断食ダイエットは、体が飢餓状態になってしまうため、その後の食事のカロリー吸収率を上げてしまう」とのこと。少ししか食べなくても太ってしまう、恐ろしい体をつくってしまうのだとか。

3:リバウンドする人続出!一ヶ月の減量は「体重の5%以内」

せっかく体重を落としたものの、すぐにリバウンド……ダイエットあるあるの一つですよね。

急激な減量は体重がリバウンドしやすいもの。体を壊すことなく健康的に痩せられ、しかもリバウンドしにくい減量の指数が、”一ヶ月で落とすのは体重の5%以内“というもの。

実際に、お笑いコンビ・パンサーの菅良太郎も一週間の断食ダイエットで痩せたものの、すぐにリバウンドしてしまったのだとか! 体重50kgの女性の場合、一ヶ月に2.5kgまでが減量が目安ですよ。

4:暴走が止まらない…満腹中枢が壊れる!?

続いて番組に登場したのは、「満腹にならない」というアイドル・谷澤恵里香。彼女の食生活を聞くと、朝食にカップラーメンと肉まん2個、ランチにボリュームのあるハンバーグセット、夕食はお酒に焼き鳥、しゃぶしゃぶ、デザートと豪快に平らげ、一日の総カロリー数は4,470kcal!

ちなみに20代女性の一日の摂取カロリーは1,800kcal、力士は一日5,000kcalというから、その差は歴然ですよね。

彼女に対し、「満腹中枢が狂ってる!」と声を上げたのは友利新医師。「常に食べていると、お腹いっぱいかどうかが分からなくなってしまう」と指摘します。

満腹中枢を正常に戻すためには、“食事内容を毎日記録する”、“お腹が空くまで食べない”の2つが効果的だそう。

また、消化器内科医の大竹真一郎医師によると、口寂しいときにはガムを噛むことも空腹を紛らわせる手段として有効だということです。

5:ぽっちゃりさんの7割がコレ!恐怖の「モナリザ症候群」

日本人の肥満の原因の約7割を占めるといわれるのが“モナリザ症候群”。交感神経の働きが低下することで、食べてないのに太りやすかったり、痩せづらい体になるのだそう。

昼間はダラダラと過ごし、夜も夜更かしをするなどして生活リズムが乱れていたり、ストレスが多いとモナリザ症候群になってしまうといわれています。

さらに、睡眠不足も太りやすくなる要因に! 5時間しか寝ていない方は8時間睡眠の方と比べて、食食増進ホルモンが15%高まり、一方で食欲抑制ホルモンが15%も減少するのだそう。

規則正しい生活リズムこそが、ダイエットの基本ともいえそうです。

「すきま時間」にカロリー消費!簡単エクササイズ

ダイエットの正しい知識を身に付けたなら、次は効率よくカロリーを消費する体をつくることが重要! 通勤中や身支度の合間にできる、簡単エクササイズを取り入れてみて。

(1)歯磨きをしながら、背筋をピンと伸ばして姿勢を正します。次に、片足をバレリーナのように後ろ方向に持ち上げ、限界のところで5秒間キープ。反対も同じように繰り返します。ヒップアップに効果的ですよ。

(2)電車の中では、体幹を鍛える座り方を。座席に深く腰掛けます。天井から真上に引っ張られているようなイメージを持って背筋を伸ばし、骨盤の上に体重を乗せるように意識して座りましょう。このとき顎は引いて。

この座り方だと背骨が正しいS字カーブを描くので、腰痛や肩こり改善にも繋がります。

いかがでしたでしょうか? 間違ったダイエット法では、リバウンドするだけでなく、健康に害を及ぼしてしまう可能性も……。正しいダイエットで、薄着も恐れない、美ボディを目指したいですね。

ニャ~ンてスッキリ!背中のコリや腰痛に「猫伸ばしのポーズ」が効く

肩や背中、腰がダルくてツライとき、体の背部を伸ばすストレッチをすると気持ちいいですよね。しかし、間違えたストレッチをしてしまっては背部の不調をさらに悪化させることに……。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、背中のコリや腰痛に効くヨガポーズとその注意点について、お話していきたいと思います。

 

■背部の不調に「猫伸ばしのポーズ」

背中をグーンと伸ばす“猫伸ばしのポーズ”。このポーズには、背中の筋肉・肩甲骨周りを緩め、腰痛を緩和する効果が期待できます。

また、腹部も大きく伸ばされるため、消化の促進・改善にも効果があるポーズです。

それでは早速、“猫伸ばしのポーズ”を取ってみましょう。

 

■「猫伸ばしのポーズ」のやり方

【プロセス】

(1)床に四つ這いになる。手は肩幅、脚は腰幅程度に開き、肩の真下に手首、股関節の真下に膝がくるように調整する

(2)息を吐きながら両手を前に伸ばし、脇から腕を伸ばしきる。胸・あごを床につけ、下腹部・お尻を上に引き上げたら、肩の力を抜いて鼻呼吸を5回繰り返す

(3)息を吸いながら両腕をゆっくりと体に引き寄せて、四つ這いの姿勢に戻る

このポーズは、一見簡単そうなのですが、背部の伸びが大きいため、いくつかの注意点を守らないと体を痛める恐れがあります。

続いてはその注意点をお伝えします。

 

■「猫伸ばしのポーズ」で体を痛めないための注意点3つ

(1)背中を反りすぎない

背部を伸ばすポーズとはいっても、反りすぎは腰椎の過伸展(関節可動域以上に伸びすぎること)を起こしてしまうので、注意が必要です。腹部を内側に引き入れるようにして背中の反りを抑えましょう。

特に、体が柔らかい方は、腰が反りやすい傾向にあるので腹部のコントロールに意識を集中して。腰が反りすぎてしまう方は、下の写真のように、胸は浮かせたまま、額を床につけた状態でもいいです。

また、下の写真のように背中が丸まりすぎても、“猫伸ばしのポーズ”の効果は得られません。

(2)太ももは床に対して垂直

太ももは、床に対して垂直になるようにポーズを取りましょう。上の写真のように太ももが膝よりも前もしくは後ろに倒れてしまうと、背部の伸びが深くなりすぎる恐れがあります。

(3)肩関節の屈曲は180度

前に伸ばした上腕の角度にも注意が必要です。肩関節の屈曲は180度なので、肩がグーッと沈み込むような姿勢にならないように、上体をやや起こすことを意識しましょう。

「気持ちいいから」と肩周りを伸ばしすぎると、痛みが出ることもあります。

 

“猫伸ばしのポーズ”は、安全に行うことで効果を得られるポーズです。簡単そうに見えるからこそ、細心の注意を払うようにしてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

ヨガ初心者さんが選びがち!「集中力が途切れるNGウェア」4つ

もうすぐ露出が増える季節。冬の間にたるんだ体を引き締めるべくヨガを始めたいと思っている人も多いでしょう。ウェアを選ぶときは、かわいいデザインのものでテンションを上げるのも大切ですが、それだけでは失敗する危険も。

ヨガインストラクターの筆者が、ヨガ初心者さんに向けて“快適にポーズをとるためのウェア選びのポイント”を3つ紹介します。

 

■NG1:サイズが大きく・裾が緩い

ヨガウェアを選ぶときは、「動きやすいように」、「体を締め付けないように」と“緩め”なウェアを選びたくなりがちです。

しかし緩めのウェアは、下を向くポーズでめくれ上がったりするため、ヨガ中に集中力が途切れる原因に。これは、トップスでもボトムスでも同じことが言えます。

裾が大きく広がっているタイプのボトムスは、ポーズをとるときに裾が引っかかったり、足を上にあげたときに裾がめくれてしまったりするため、実用性の面ではイマイチです。

インストラクターからしても、ウェアで体の動きがわからないとポーズがわかりづらいため正しい指導がしにくいのです。トップスはジャストサイズや裾がぴったりしたデザインがベストで、ボトムスも裾の広がりが少ない方が動きやすいでしょう。

 

■NG2:綿素材

綿素材は、“速乾性”をうたっているウェアでない限り、ホットヨガなど大量の汗をかくヨガにはオススメではありません。汗が乾きにくく体を冷やしてしまいやすいためです。体が冷えてしまっては集中力も途切れてしまいます。

汗をたくさんかくヨガでは、綿素材よりもスポーツ仕様になっている速乾性タイプのウェアがオススメです。

 

■NG3:汗ジミが目立つ色・素材

女性のみのレッスンや薄暗いスタジオならあまり気にならないものの、屋外ヨガや明るい環境だと、汗ジミが目立つウェアも集中力が途切れる原因に。

ワキ汗をかいてウェアの色が変わっていると「恥ずかしい」と、腕を思い切って上げられなくなったり、つい動きが小さくなってしまいます。

 

■NG4:谷間が見える下着

インナー選びも集中力と深い関係が! 『美レンジャー』の過去記事「Gストリングはダメ!“ヨガ中のショーツ”着けると大後悔な3タイプ」で紹介したように、“Gストリング”といわれる腰やヒップ部分が紐のように細くなっているものはポーズをとるときに食い込んでしまい、摩擦や痛みを生じることがあるため集中力が途切れます。

また、肩紐がズレやすい、ワイヤーが硬いブラもズレたり食い込んだりするので集中力が途切れやすいでしょう。

また、四つん這いになったりかがむポーズで谷間が丸見えになってしまうブラも、ポーズのたびに周りの視線が気になってしまうことがあります。ヨガのときは、ブラトップ型のヨガ用ウェアを選ぶと安心ですよ。

 

ヨガ初心者さんは見た目だけでウェアを選んでしまいがち。しかし、せっかく買ったウェアのせいでポーズがきちんととれないなら、本末転倒ですよね。

動きを妨げないウェアを選んで、快適なヨガ時間を楽しんでくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

男って罰当たり!2位水原希子「美人でもそそられない芸能人」1位は

「女の可愛いは、あてにならない」、「男と女の可愛いは別だから!」巷で有名なこのセリフ、みなさんも周りの男性陣から聞いたことがあるのでは?

となれば、女性から見たら「キレイ枠間違いナシ!」と感じる“美人芸能人たち”が、どれくらい男ウケがいいのか気になるところ。

そこで今回は、『美レンジャー』が20~40代の男性500名を対象に「女性には人気でも、男はそそられない芸能人は?」というアンケートを実施しました。

気になる調査結果を参考に、謎すぎる(?)男心を探っていきましょう!

 

■空前絶後の美人なのに…「なぜか男がそそられない女性」No.1は?

男性500名に「女性には人気でも、男はそそられない芸能人は?」と聞いたところ、3位までは以下のような結果に。

10位・・・紗栄子(3.8%)

9位・・・河北麻友子(4.0%)

8位・・・木村カエラ(4.6%)

7位・・・梨花(4.8%)

6位・・・杏(5.2%)

5位・・・森泉(6.2%)

4位・・・道端ジェシカ(6.6%)

3位・・・ダレノガレ明美(8.0%)

8位の木村カエラ、6位の杏、5位の森泉については「キレイだと思う程度で、色気を感じない」というネットの声が目立ちました。

4位の道端ジェシカや3位のダレノガレ明美に関しては、ネットでは「美人だけど、お高くまとってそうで苦手」、「常に男を値踏みしているイメージ。ダレノガレが好きという友人がいたら、ドMだと思う」と、手厳しい声も見られました……。

 

■2位:口元がナシ!? 男って罰当たり…水原希子(9.0%)

2位にランクインしたのは、先日グラミー賞歌手であるR&Bシンガーのザ・ウィークエンドとMVで共演し、話題を呼んでいるモデルで女優の水原希子。

筆者が周りの男性陣に取材したところ、「細すぎて不安になってくる」「水原希子の口紅のCMを見て彼女がその商品を買ってたけれど……、自分としては口元のこんもり感がナシだなって思う」と、冷ややかなコメントも。

イメージコンサルタントである筆者は、水原希子のアノ透明感が羨ましくて仕方がないのですが(生まれ持ったパーソナルカラーがなせる業)……男性って本当、罰当たりですよね!

 

■1位:だってガチ悪女!?…菜々緒(10.0%)

堂々の1位に輝いたのは、ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)で悪女弁護士を熱演中の女優・菜々緒。

「悪女役が多すぎて、ガチの悪女にしか見えなくなってしまった」、「観賞用……。体型とか現実離れしすぎていてそそられない」、「役のせいか、一言一言がキツそう。TMの西川さんは尊敬に値する」といった声まで飛び出しました。

ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)で、高身長で端正な顔立ちを生かした、整形美女のシリアルキラー(連続殺人鬼)役が超ドハマリし、すっかり悪女キャラが板についてしまった菜々緒。

過去に出演した『王様のブランチ』(TBS系)では、「悪女役にハマりすぎて、普通に挨拶しただけで“いい人”って言われます」と、役得(?)なエピソードを明かす場面も。ギャップモテなら、男性ウケも狙えそうですね!

 

■これぞモテ子の秘訣!高嶺の花よりも「嫁にしたい」親近感を狙え

前述のアンケート結果を見て、「美人でもそそられないなんて……男って、顔じゃないの!?」と疑問に感じずにはいられませんよね。

そこで筆者の周りの男性陣(Sさん・Kさん)に、恋愛対象として見てしまう女性について追加調査を開始!

(1)ムスッと美人よりも、愛嬌のある万人顔

「いくら美人でも、ムスッとしていたら、男は居心地が悪く感じてしまうもの。それよりも、特別美人じゃなくとも、いつもニコニコ愛嬌があって、優しく包んでくれる女性を求めてしまう」と、Sさん。

(2)顔より色気より…チェックポイントは“家庭的であるか“

Kさんは、「“あぁ美人だったらな”、“もっと色気があったらな~”とぼやいている女性に遭遇しますが、そこじゃない!と声を大にして言いたい。遊びの女性なら顔や色気はあればあるほど嬉しいけれど、本命=嫁候補として考えたときに、最も重視すべきは家庭的であること」と、語ります。

 

美人で悪女な菜々緒よりも、家庭的な安めぐみ、これが世の男性陣のホンネなのかもしれません。

 

【おすすめ記事(PR)】

Gストリングはダメ!「ヨガ中のショーツ」着けると大後悔な3タイプ

ヨガやトレーニングをするとき、「どんなウエアを着たらいいのだろう?」と思う方は多くても、そのウエアの下に着用する“ショーツ”まで考えている方はどれくらいいるでしょうか?

「見えないから」といってあまり意識せずに、普段と同じショーツをそのまま着けている方がほとんどかもしれませんね。ですが、それが原因でヨガ・トレーニングに集中できなくなることもあるのです。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者がレッスン時には絶対着用しない“ヨガに向かないショーツ”についてお話していきたいと思います。

 

■1:GストリングタイプのTバック

ヨガ・トレーニングウエアのボトムスは、ヒップの周りがピタッとしたものが多いですよね。このようなボトムスはショーツのラインが響きやすいので、「ショーツは何でもいい」という考えには注意が必要。

筆者は、ラインが響く心配がないTバックをチョイスしています。しかし、Tバックの中でも“Gストリング”といわれる腰やヒップ部分が紐のように細くなっているものは選びません。なぜなら、さまざまなポーズを取るときに食い込んでしまい、摩擦や痛みを生じることがあるから。

Gストリングよりもヒップ部分の布面積がやや広いチーキータイプがオススメです。

 

■2:ボクサーパンツ

ヒップをスッポリと包み、太ももの付け根まで布があるボクサーパンツ。スポーティーでトレーニング向きに見えるこのショーツなのですが、太いリンパや動脈・静脈がある鼠蹊部をギュッと圧迫することがあります。これでは、せっかく下半身の血流を促進するヨガポーズを取っても効果が半減することも。

また、ボクサーパンツもヒップ下~太もも周りにラインが響きやすい下着。「どうしてもボクサーパンツがいい」という方は、縫い目がなく生地が薄い“シームレス”タイプを選ぶといいでしょう。

 

■3:総レースのショーツ

総レースのショーツはボコボコとしたラインが出てしまいます。そのうえ、吸水性・速乾性にあまり期待できません。そのため汗で肌が荒れる恐れが。さらに、ヒップをヨガマットについてポーズを取るときに、レース生地で擦れて肌にダメージを与えることも……。

オシャレで素敵な総レースのショーツは、ヨガ・トレーニング時以外に着用することをオススメします。

 

これまで「ショーツは適当に選んでいた」という方は、ウエアを選ぶように丁寧にインナーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

【おすすめ記事(PR)】

それじゃ垂れ乳一直線!ヨガ講師はつけない「NGスポーツブラ」4つ

ヨガやその他のトレーニングを受けるとき、「普段着用するブラジャーのまま」という方は少ないでしょう。ワイヤーがあたって痛かったり、しっかりとバストをホールドしてくれなかったり……。「それならスポーツ用のブラジャーにすればOKでしょ」と思うかもしれませんが、それもちょっと注意が必要です。

今回は、ヨガインストラクターの筆者が“トレーニングに適さないスポーツブラの特徴”をお伝えしていきたいと思います。

 

■1:胸元が浅い

胸元の浅いスポーツブラは、ファッション性があって素敵。ですが、ヨガではうつ伏せになったり、四つ這いになることも多いもの。谷間が見えすぎてしまい、男性と同じクラスだと恥ずかしくて集中できないことも。

胸元をしっかりとカバーしてくれるスポーツブラを選んだり、トップスを一枚着たりしましょう。

 

■2:生地が薄い

続いても、非常に大切なポイント。それが、生地の厚さです。生地が薄いと、肌が透けたり、谷間のラインがハッキリと出てしまいます。

また、ほとんどのスポーツブラのカップ部分には薄いパッドが入っているのですが、なかにはパッドが入ってないものも。生地が薄いと、バストトップの色・形まで露わになってしまう事態に……。

生地の厚さ・パッドの有無は購入時に必ず確認しましょう。

 

■3:汗を吸わない・乾かない

胸の谷間やアンダーバスト、背中は汗をたくさんかくパーツです。吸汗速乾性がないスポーツブラだと、濡れて服がまとわりつくことで気持ち悪くなったり、汗で肌が荒れたり、その汗が体を冷やしたりすることも。

汗を素早く吸収し、衣服内をドライで快適な状態に保つ素材のスポーツブラを選んでみて。

 

■4:ホールド力が弱い

トレーニング中のバストは、思っている以上に揺れています。すると、バスト全体を支える“クーパー靭帯”が伸びたり切れたりすることも。クーパー靭帯は再生することができないので、バストが垂れたり形が崩れる原因に。

バストをしっかりと支えてホールドしてくれるスポーツブラを選ぶことは、美しいバストを保つためにも必須です。

生地が薄かったり、肩ひも部分が極端に細かったり、アンダー部分が緩いものはホールド力が弱いため避けた方がいいでしょう。

 

女性にとって大切なパーツ・バストをしっかりと守るためにも、スポーツブラ選びは慎重におこないたいものです。

 

【おすすめ記事(PR)】

ヒェ~恥ずかしい!講師も経験した「ヨガ初心者」のやりがちミス4つ

コートを脱ぐ季節はもうすぐそこ。その前に、「ボディラインを引き締めておきたい」とヨガに通い始めた方もいるでしょう。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が経験した“レッスン中に失敗して大後悔したこと”を4つお伝えします。ヨガ初心者さんは必見ですよ。

 

■1:レッスン前に「ニオイの強い食べ物」を食べてしまった

ヨガは、公園や浜辺で行うこともありますが、ほとんどはスタジオの一室といった閉ざされた空間の中で行いますよね。しかも、呼吸は鼻から吸って吐く“鼻呼吸”なため、普段よりもニオイに敏感になる方が多いもの。

レッスン前に玉ねぎなどの香味野菜やスパイスを使ったニオイの強い食べ物を摂ってしまうと、「私、息が臭ってないかな」と気になってヨガに集中できなくなってしまいます。

当日はもちろん、前夜からニオイの強い食べ物は控えることをオススメします。

 

■2:ストレッチが不十分だった

多くのヨガのレッスンには、しっかりとしたポーズに入る前に徐々に体をほぐす流れが組み込まれています。とはいっても、軽いストレッチだけだと関節・筋肉が急激に伸ばされて負担がかかることが。毎日ヨガをしている筆者でも、レッスン前にしっかりストレッチをしておかないと、関節の屈曲、筋肉の収縮に不安を感じます。

レッスンが始まる5分前にはスタジオに入り、自主的に軽めのストレッチをしておきたいところ。特に硬さを感じやすい股関節は、『美レンジャー』の過去記事「下半身おデブの元凶!ヨガ講師が指南“股関節が柔らかくなる”ポーズ4つ」を参考にほぐしてみてください。

 

■3:ポニーテール・お団子の位置が真ん中過ぎた

続いては、ヘアスタイル。レッスン中は、いろんな方向を向いたり、体をねじったりするため、髪が長い方はまとめておくべき。

そのとき、まとめる位置が後頭部の真ん中あたりだと、仰向けになったときに頭が安定しません。また、髪が引っ張られて痛いことも。

頭頂部もしくは下の方、サイドでまとめると、動きの妨げになりませんよ。

 

■4:下着のラインが出てしまった

筆者が一番後悔したのが、下着問題。ピタッとしたボトムスを履いて足を大きく開いたり、腰を沈めたりするポーズを取るため、下着の種類によってはラインがはっきりと出てしまうんです。

しかし「恥ずかしい」と思うとポーズに集中できません。ヨガのレッスンを受ける日は、縫い目のないシームレスショーツやTバックをチョイスすることをオススメします。

 

いかがでしたか? ヨガ初心者さんは、レッスンをより集中して楽しむために参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

オナラの我慢もダメ!老化を加速させる「ダメージ腸」を招くNG3つ

ライフスタイルやスキンケア、コスメを変えたわけでもないのに「疲れやすい」「肌が荒れる……」、そんなことありませんか? だからといって、そのまま放っておいている方! その症状、腸が弱っているサインかもしれません。

腸内環境が悪いと、溜まった老廃物が血管をとおして全身をめぐり、美容・健康面に大打撃を与えます。そこで今回は、全身がみるみる老化してしまう“ダメージ腸”を作るNG習慣についてお話していきたいと思います。

 

■1:咀嚼回数が少ない

食べ物をよく噛むと唾液が分泌されます。そして、唾液の量が増えれば増えるほど消化はスムーズにおこなわれます。

反対に、噛む回数が少ないと唾液の量は少なめ。そのうえ食べ物が小さく噛み砕かれていないため、消化に時間がかかり腸に負担をかけることになります。

 

■2:オナラを我慢する

消化活動で生じるオナラが腸内に停滞していると、腸は緊張状態になり免疫力が低下。他の臓器にもさまざまな悪影響を及ぼします。オナラは我慢しないようにしましょう。

とは言っても、人前でオナラをするわけにはいきませんよね。オナラを聞かれる心配がない、人が少ないトイレを探すなどの工夫をしてみてください。

 

■3:ストレスを溜めやすい

腸の働きをコントロールしているのは、交感神経・副交感神経からなる“自律神経”。ストレスを感じたときや興奮状態にあるときなど、交感神経が優位になると腸はうまく機能しません。

腸をうまく働かせるには、心も体もリラックスさせて副交感神経を優位にすると良いでしょう。

 

腸内環境の整え方については、「本気でインフル予防!免疫力UPの鍵“体内時計”を整える良習慣3つ」でも紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

あぁ…頑張りメイクが裏目に!「古クサ顔に仕上がるNG」プロが指摘

昨今のメイクトレンドは何もしていないような、抜け感重視のメイク。ナチュラルだけど、ノーメイクとはまったく違う、きちんとキレイになっている……そんなメイクが主流です。

ファンデやアイカラーもただ塗ればよいわけではなく、肌をきれいに見せる塗り方が大事なのです。

今回は、テレビでも話題のヘアメイクアップアーティストJunJun(岩本惇源)さんに、勘違いが多いメイクについて教えてもらいます。JunJunさんの新著『男子にはわからない女の子だけの楽しみ』からご紹介していきましょう。

 

■1:メイクを頑張り過ぎている

今のメイクの主流は頑張り過ぎない、ナチュラルメイク。

「ファンデもチークもリップも全部きっちりしてしまうと、見ているほうが辛くなるんです。頑張り過ぎるメイクは、まわりに気を遣わせるダメなメイクです」

抜け感重視のメイクは手抜きではなくて、繊細なメイクテクが必要とされます。

 

■2:ファンデの厚塗り

「ファンデですべてのアラを隠したい人が多いけれど、アラはファンデだけで隠すものではありません。厚塗りは、夕方になると乾燥してパサパサになったり、毛穴落ちしてギトギトになっていたり……。

リキッドファンデならツープッシュ&二度塗り禁止。それに大前提として、ファンデは塗っても塗らなくてもいいのです」

どうしても気になるシミにはファンデの後に、コンシーラーを使って。ファンデの前に使うとコンシーラーはどこかに消えてなくなってしまいますから、絶対に後に使います。

 

■3:グレーのアイシャドウ

グレーは無難と、ブラックやブラウンと同等に扱っている方は勘違い。

「グレーは肌をくすませて見せてしまうし、汚れて見えます。目のまわり、眉やアイライン、ノーズシャドウにグレーを使うのはNGです」

柔らかくみせたい時は、ベージュやライトブラウンをチョイスしてみましょう。

 

自然にキレイに見せるのが、今ドキのメイク。ファンデやチーク、いかにも……という感じになっていませんか?

不自然に盛られていると、そこで視線が止まってしまいますよね。特に大人の女性は、たっぷり塗りこむよりも、“繊細に”メイクするに越したことはありませんね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【参考】

医師が警鐘を鳴らす!「卵巣をイジメる」現代人に多い3つの悪習慣

いつか子どもを授かったり、女性としてイキイキ生活したりするためには、子宮だけでなく卵巣も大切にしなければいけません。子宮ケアという言葉はよく聞きますが、卵巣は少し日陰の存在。女性ホルモンが卵巣で作られることを、知らない人も多いようです。

そこで今回は、卵巣にフォーカス! 横浜市にある『産婦人科クリニックさくら』院長・理事長の桜井明弘先生に、卵巣によくないNG習慣を伺いました。あなたは、卵巣をいじめる行動をしていませんか?

 

■やりがち!卵巣に悪影響なNG習慣3つ

(1)イソフラボンの過剰摂取

女性ホルモンアップのために、大豆食品を大量に摂っていませんか?「実は大豆イソフラボンを摂りすぎると、脳が“エストロゲンがいっぱいあるぞ”と判断し、排卵しなくなってしまう可能性があります。赤ちゃんを授かるチャンスが減ったり、月経不順、不正出血を引きおこしたりすることにもなるのです」と桜井先生。

内閣府の食品安全委員会が定める1日の摂取目安量の上限値は70~75mg。トクホやサプリメントで追加摂取する場合は、上限値30mgです。豆乳1本(200ml)のイソフラボン量は50mg、納豆1パック(50g)で37mg。案外すぐに上限を超えるので、注意しましょう。

(2)運動不足or激しい運動

運動不足がよくないのは周知の事実ですが、卵巣への影響も例外ではありません。桜井先生によれば、「卵巣の環境をよくするには、標準体重の方は緩い運動が有効で、激しい運動は逆効果。一方で肥満の方はどのような運動でも卵巣の環境を整えるのに効果があります」とのこと。

標準体重の方は、1日1時間のウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。肥満気味の方は、ジムや病院などでプロのアドバイスを受けるのもおすすめです。まずは万歩計を付けて、1日いかに運動をしていないかを知るところからスタートしましょう。

(3)夜10時以降に就寝

「十分な睡眠は、卵巣の環境を整えるのにもっとも効果的。夜の10時には真っ暗にして床に就くというのは、現代人にはとてもハードルが高いように思われますが、夜は早く休み、朝早くから仕事や家事するのはどうでしょうか」と桜井先生。

いつも0時過ぎに寝ている人が、今日から夜10時に寝るのは難しいでしょう。でも、1時間早く寝てみるという目標なら、達成しやすいはず。少しずつ就寝時間を早めて、夜10時就寝を目指してみては?

 

子宮ケアだけでなく、卵巣のケアも大切。卵巣によくない生活をしている方は、今日から改めてみてくださいね!

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【取材協力】

※ 桜井明弘・・・横浜市青葉区たまプラーザの『産婦人科クリニックさくら』院長・理事長。女性のQOL向上を目指す一般社団法人美人化計画代表理事。クリニックでは不妊治療や現代女性の悩みに直面し、『子宮美人化計画』では幅広い年齢層に正しい知識とそれを元にした選択を提示。2015年、妊娠を考える女性に向けて執筆した『あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由』は、幅広い世代の女性だけでなく男性からも支持されている。

 

【参考】