ヒェ~恥ずかしい!講師も経験した「ヨガ初心者」のやりがちミス4つ

コートを脱ぐ季節はもうすぐそこ。その前に、「ボディラインを引き締めておきたい」とヨガに通い始めた方もいるでしょう。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が経験した“レッスン中に失敗して大後悔したこと”を4つお伝えします。ヨガ初心者さんは必見ですよ。

 

■1:レッスン前に「ニオイの強い食べ物」を食べてしまった

ヨガは、公園や浜辺で行うこともありますが、ほとんどはスタジオの一室といった閉ざされた空間の中で行いますよね。しかも、呼吸は鼻から吸って吐く“鼻呼吸”なため、普段よりもニオイに敏感になる方が多いもの。

レッスン前に玉ねぎなどの香味野菜やスパイスを使ったニオイの強い食べ物を摂ってしまうと、「私、息が臭ってないかな」と気になってヨガに集中できなくなってしまいます。

当日はもちろん、前夜からニオイの強い食べ物は控えることをオススメします。

 

■2:ストレッチが不十分だった

多くのヨガのレッスンには、しっかりとしたポーズに入る前に徐々に体をほぐす流れが組み込まれています。とはいっても、軽いストレッチだけだと関節・筋肉が急激に伸ばされて負担がかかることが。毎日ヨガをしている筆者でも、レッスン前にしっかりストレッチをしておかないと、関節の屈曲、筋肉の収縮に不安を感じます。

レッスンが始まる5分前にはスタジオに入り、自主的に軽めのストレッチをしておきたいところ。特に硬さを感じやすい股関節は、『美レンジャー』の過去記事「下半身おデブの元凶!ヨガ講師が指南“股関節が柔らかくなる”ポーズ4つ」を参考にほぐしてみてください。

 

■3:ポニーテール・お団子の位置が真ん中過ぎた

続いては、ヘアスタイル。レッスン中は、いろんな方向を向いたり、体をねじったりするため、髪が長い方はまとめておくべき。

そのとき、まとめる位置が後頭部の真ん中あたりだと、仰向けになったときに頭が安定しません。また、髪が引っ張られて痛いことも。

頭頂部もしくは下の方、サイドでまとめると、動きの妨げになりませんよ。

 

■4:下着のラインが出てしまった

筆者が一番後悔したのが、下着問題。ピタッとしたボトムスを履いて足を大きく開いたり、腰を沈めたりするポーズを取るため、下着の種類によってはラインがはっきりと出てしまうんです。

しかし「恥ずかしい」と思うとポーズに集中できません。ヨガのレッスンを受ける日は、縫い目のないシームレスショーツやTバックをチョイスすることをオススメします。

 

いかがでしたか? ヨガ初心者さんは、レッスンをより集中して楽しむために参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

オナラの我慢もダメ!老化を加速させる「ダメージ腸」を招くNG3つ

ライフスタイルやスキンケア、コスメを変えたわけでもないのに「疲れやすい」「肌が荒れる……」、そんなことありませんか? だからといって、そのまま放っておいている方! その症状、腸が弱っているサインかもしれません。

腸内環境が悪いと、溜まった老廃物が血管をとおして全身をめぐり、美容・健康面に大打撃を与えます。そこで今回は、全身がみるみる老化してしまう“ダメージ腸”を作るNG習慣についてお話していきたいと思います。

 

■1:咀嚼回数が少ない

食べ物をよく噛むと唾液が分泌されます。そして、唾液の量が増えれば増えるほど消化はスムーズにおこなわれます。

反対に、噛む回数が少ないと唾液の量は少なめ。そのうえ食べ物が小さく噛み砕かれていないため、消化に時間がかかり腸に負担をかけることになります。

 

■2:オナラを我慢する

消化活動で生じるオナラが腸内に停滞していると、腸は緊張状態になり免疫力が低下。他の臓器にもさまざまな悪影響を及ぼします。オナラは我慢しないようにしましょう。

とは言っても、人前でオナラをするわけにはいきませんよね。オナラを聞かれる心配がない、人が少ないトイレを探すなどの工夫をしてみてください。

 

■3:ストレスを溜めやすい

腸の働きをコントロールしているのは、交感神経・副交感神経からなる“自律神経”。ストレスを感じたときや興奮状態にあるときなど、交感神経が優位になると腸はうまく機能しません。

腸をうまく働かせるには、心も体もリラックスさせて副交感神経を優位にすると良いでしょう。

 

腸内環境の整え方については、「本気でインフル予防!免疫力UPの鍵“体内時計”を整える良習慣3つ」でも紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

あぁ…頑張りメイクが裏目に!「古クサ顔に仕上がるNG」プロが指摘

昨今のメイクトレンドは何もしていないような、抜け感重視のメイク。ナチュラルだけど、ノーメイクとはまったく違う、きちんとキレイになっている……そんなメイクが主流です。

ファンデやアイカラーもただ塗ればよいわけではなく、肌をきれいに見せる塗り方が大事なのです。

今回は、テレビでも話題のヘアメイクアップアーティストJunJun(岩本惇源)さんに、勘違いが多いメイクについて教えてもらいます。JunJunさんの新著『男子にはわからない女の子だけの楽しみ』からご紹介していきましょう。

 

■1:メイクを頑張り過ぎている

今のメイクの主流は頑張り過ぎない、ナチュラルメイク。

「ファンデもチークもリップも全部きっちりしてしまうと、見ているほうが辛くなるんです。頑張り過ぎるメイクは、まわりに気を遣わせるダメなメイクです」

抜け感重視のメイクは手抜きではなくて、繊細なメイクテクが必要とされます。

 

■2:ファンデの厚塗り

「ファンデですべてのアラを隠したい人が多いけれど、アラはファンデだけで隠すものではありません。厚塗りは、夕方になると乾燥してパサパサになったり、毛穴落ちしてギトギトになっていたり……。

リキッドファンデならツープッシュ&二度塗り禁止。それに大前提として、ファンデは塗っても塗らなくてもいいのです」

どうしても気になるシミにはファンデの後に、コンシーラーを使って。ファンデの前に使うとコンシーラーはどこかに消えてなくなってしまいますから、絶対に後に使います。

 

■3:グレーのアイシャドウ

グレーは無難と、ブラックやブラウンと同等に扱っている方は勘違い。

「グレーは肌をくすませて見せてしまうし、汚れて見えます。目のまわり、眉やアイライン、ノーズシャドウにグレーを使うのはNGです」

柔らかくみせたい時は、ベージュやライトブラウンをチョイスしてみましょう。

 

自然にキレイに見せるのが、今ドキのメイク。ファンデやチーク、いかにも……という感じになっていませんか?

不自然に盛られていると、そこで視線が止まってしまいますよね。特に大人の女性は、たっぷり塗りこむよりも、“繊細に”メイクするに越したことはありませんね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【参考】

医師が警鐘を鳴らす!「卵巣をイジメる」現代人に多い3つの悪習慣

いつか子どもを授かったり、女性としてイキイキ生活したりするためには、子宮だけでなく卵巣も大切にしなければいけません。子宮ケアという言葉はよく聞きますが、卵巣は少し日陰の存在。女性ホルモンが卵巣で作られることを、知らない人も多いようです。

そこで今回は、卵巣にフォーカス! 横浜市にある『産婦人科クリニックさくら』院長・理事長の桜井明弘先生に、卵巣によくないNG習慣を伺いました。あなたは、卵巣をいじめる行動をしていませんか?

 

■やりがち!卵巣に悪影響なNG習慣3つ

(1)イソフラボンの過剰摂取

女性ホルモンアップのために、大豆食品を大量に摂っていませんか?「実は大豆イソフラボンを摂りすぎると、脳が“エストロゲンがいっぱいあるぞ”と判断し、排卵しなくなってしまう可能性があります。赤ちゃんを授かるチャンスが減ったり、月経不順、不正出血を引きおこしたりすることにもなるのです」と桜井先生。

内閣府の食品安全委員会が定める1日の摂取目安量の上限値は70~75mg。トクホやサプリメントで追加摂取する場合は、上限値30mgです。豆乳1本(200ml)のイソフラボン量は50mg、納豆1パック(50g)で37mg。案外すぐに上限を超えるので、注意しましょう。

(2)運動不足or激しい運動

運動不足がよくないのは周知の事実ですが、卵巣への影響も例外ではありません。桜井先生によれば、「卵巣の環境をよくするには、標準体重の方は緩い運動が有効で、激しい運動は逆効果。一方で肥満の方はどのような運動でも卵巣の環境を整えるのに効果があります」とのこと。

標準体重の方は、1日1時間のウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。肥満気味の方は、ジムや病院などでプロのアドバイスを受けるのもおすすめです。まずは万歩計を付けて、1日いかに運動をしていないかを知るところからスタートしましょう。

(3)夜10時以降に就寝

「十分な睡眠は、卵巣の環境を整えるのにもっとも効果的。夜の10時には真っ暗にして床に就くというのは、現代人にはとてもハードルが高いように思われますが、夜は早く休み、朝早くから仕事や家事するのはどうでしょうか」と桜井先生。

いつも0時過ぎに寝ている人が、今日から夜10時に寝るのは難しいでしょう。でも、1時間早く寝てみるという目標なら、達成しやすいはず。少しずつ就寝時間を早めて、夜10時就寝を目指してみては?

 

子宮ケアだけでなく、卵巣のケアも大切。卵巣によくない生活をしている方は、今日から改めてみてくださいね!

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【取材協力】

※ 桜井明弘・・・横浜市青葉区たまプラーザの『産婦人科クリニックさくら』院長・理事長。女性のQOL向上を目指す一般社団法人美人化計画代表理事。クリニックでは不妊治療や現代女性の悩みに直面し、『子宮美人化計画』では幅広い年齢層に正しい知識とそれを元にした選択を提示。2015年、妊娠を考える女性に向けて執筆した『あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由』は、幅広い世代の女性だけでなく男性からも支持されている。

 

【参考】

アスパラはどこまで食べられる?「定番野菜の調理豆知識」4つ

せっかく作ったのに味がイマイチ。料理でこのような失敗をした経験がある方は多いでしょう。もしかしたらそれ、味付けの問題ではなくて、調理前のある行動のせいかも。

今回は、料理の味を左右する“定番食材の下ごしらえ方法”について、ビューティーフードアドバイザーの筆者がお話していきたいと思います。

 
■1:きのこ類
きのこ類の丸洗いは厳禁。それは、きのこが水気を吸って、味や風味が落ちてしまうから。濡らしたキッチンペーパーやふきんを使って、表面・傘の下を軽くこするようにしてふきましょう。

 
■2:にんにく
にんにくを潰すときは、包丁の腹を使うと簡単。この作業は、にんにくの皮をむく前におこないましょう。皮をむいた後のにんにくは滑りやすいので、十分に潰れなかったり、包丁で怪我をしたりする危険があります。

皮は潰してからでもスルリとはがれます。

 
■3:アスパラガス
アスパラガスは、「どこまで食べられるのかわからない」という方が多いのでは? 長めに切られて売っているものは、根元のほうを両手で持ち、曲げて、ポキッと折れた部分から上が可食部なので覚えておくと良いでしょう。

 
■4:じゃがいも
じゃがいもをより美味しく食べたい方は、料理によって種類を使い分けてみましょう。代表的なのは、丸くて凹凸が多い“男爵”と、細長くて楕円形をした“メイクイーン”。

ホクホクした男爵はコロッケやポテトサラダ、粉ふきいも、マッシュポテトに、煮くずれしにくいメイクイーンはカレー、シチュー、肉じゃがなどの煮込み料理にオススメです。

 

比較的出番の多いこれらの食材。使いこなして料理の腕を上げちゃいましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

結婚する気ゼロ?独身貴族を謳歌しすぎ「晩婚型男性」見分け方3つ

アラサー婚活女性にとって“時間”は、結婚や出産、仕事……全てのキーポイントとなります。例えば一年以内に良い人を見つけて結婚したいならば、相手選びの段階からミスは禁物。

付き合ったものの、いつになっても結婚の話が出ない、というようなことは避けたいですよね。

そこで今回は、『結婚につながる恋のはじめかた〜1万人の男のホンネ、集めました〜』を上梓したばかりの合コンシェルジュ絵音さんに、「こんな男性は結婚するのが遅い」と思われる特徴3つを伺いました。

 

■1:年下男子は恋愛においての戦場である

「アラサー以上の婚活女性が20代後半〜32歳の年下男性を狙うなんて、婚活においてはもってのほか!なぜならその年齢の男性は、年上・同年代・年下、全ての年齢層の女性からモテるからです。

また仕事も順調で一番楽しい時期なので、今すぐ結婚するという気持ちの人は少ないはず」と説明する絵音さん。

テレビドラマでよく目にする年下の男性と恋に落ちるストーリーに憧れて、大切な時期に軽い気持ちで手を出して、とんでもない沼にハマらないよう気をつけましょう。

 

■2:30歳以降から仕事環境に変化があると難しい

「男性にとって仕事と結婚は、切っても切れない関係です。30歳以降から転職や起業した人、もしくはその願望がある人は、結婚のタイミングも遅めなことが多いです。

男性にとって大事な仕事が不安定な状況のままでは、結婚の業務に移れないですよね」と絵音さん。

いくら自分が結婚したいと願っても、タイミングが合わなければ難しい場合も……。相手の仕事状況やビジョンは確認しておきましょう。

 

■3:バツイチで、離婚の原因が本人にあるとキケン

「バツイチ男性は優しくて人気ですが、注意して欲しいことがあります。それは、離婚の原因。例えば男性の浮気が原因で別れてしまっている場合は、再婚してもまた浮気をする可能性が高いです。

それに束縛される生活が嫌で離婚していたとしたら、同じような結果になることも……。結婚する気持ちすらあるかどうか分からないので、どうして離婚に至ったのか、聞くことは重要です」とのこと。

さらに絵音さんによれば、男性同士でいつも遊んでいる友達が、独身を謳歌しているメンバーだと、結婚の魅力を感じにくく婚期が遅い人が多いそう。

 

どんなに素敵な相手でも、恋愛と婚活においてはチェックするポイントが変わってきます。「縁がなかった」と諦める前に、行動してみましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【取材協力】

 

白髪に…顔の歪みも!「髪の分け目がいつも同じ人」に起こる悲劇3つ

みなさんは、いつも同じ場所で髪を分けていますか? それとも毎日分け目を変えていますか? 「髪の分け目がいつも同じ」という人は要注意! 髪や肌の老化を促進させてしまう可能性が……。

そこで今回は、多くの美容師への取材を行ってきた美容ライターの筆者が、髪の分け目を変えないと起こりうる女性の悲劇を3つご紹介します。

 

■1:分け目付近に白髪が生えやすくなる

頭皮も肌と同じように、紫外線を浴びることで細胞がダメージを受けます。いつも同じ場所で髪を分けていると、その部分の頭皮細胞が集中的に傷つきやすくなります。その結果、髪に色をつける働きをする“メラノサイト”が正常に働かなくなり、分け目の部分に白髪が生えやすくなる……なんてことにつながります。

また、頭皮細胞が傷つくと抜け毛につながる可能性もあるため、いつも同じ場所で髪を分けていると、その部分の髪が薄くなることもあります。白髪や抜け毛を増やしたくない場合は定期的に分け目を変えたり、長時間屋外にいる場合は紫外線対策をしたりして、頭皮細胞を守ってあげることが大切です。

 

■2:顔の左右がゆがみやすくなる

実は前髪の分け目が原因で、顔に左右差が生まれてしまっている人は少なくありません。特に斜めバングスやワンレングス等の“目にかかる前髪”は要注意。

片方の目に前髪がかかって視界を狭めてしまうと、無意識的に見やすい方の目=前髪がかかっていない方の目でばかりものを見ようとすることから、そちら側の顔の筋肉が発達し、左右の目や眉の高さに違いが出てきてしまいます。

分け目を定期的に変えたり、前髪が目にかからないように工夫したりするとよいでしょう。

 

■3:額にニキビができやすくなる

斜めバングスやワンレングスの人は、一日に何度前髪を直していますか? 下を向いたとき、風に吹かれたときなど、無意識で一日に何度も前髪を触っている人がほとんど。前髪を直すときは額にも指が触れることから、よく指が触れる部分が刺激され、ニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。

毎日同じ場所で前髪を分けていると、それだけ毎日額の同じ場所を触ることになり、よりニキビができやすい環境になってしまいます。定期的に前髪の分け目を変えたり、直す回数が少ないヘアスタイルにしたりして、額を何度も指で触らないように意識してみてください。

 

以上、いつも同じ場所で髪を分けていると起こりやすい3つの悲劇を紹介しました。色々なヘアスタイルにチャレンジしつつ、髪の分け目を定期的に変えてみてはいかがでしょうか。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【姉妹サイト】

※ 絶対やめて!高収入男性が嫌う女性の「Facebookストーカー」行動

※ ライバルに負けない!狭き門もひらくシンプルな「面接の心がけ」とは

ズルいほどの陶器肌!「すっぴん美肌女子」は絶対しないNG習慣5つ

お泊まりデートですっぴんになったらお肌がボロボロ……そんな状況では、彼もドン引きしてしまいますよね。メイクをしなくても、まるで陶器みたいに色白でツヤツヤ肌は、女性にとって永遠の憧れのはず。

そこで今回は美容ライターであり、現役モデルでもある筆者が、“すっぴんでも美肌である為に、絶対やってはいけないNG習慣5つ”をご紹介します。

 

■NG1:暖房をつけているのに加湿しない

寒さが続く毎日で、暖房をつけている時間は圧倒的に長いはず。オフィスでもガンガンに効いたエアコンの中では空気が乾燥しています。

せっかく化粧水でケアしても、暖房で肌がドンドン乾燥していったら努力も水の泡……。

そこで暖房をつける時は、一緒に加湿する習慣もつけましょう。加湿器を使わなくとも洗濯物を部屋干ししたり、浴槽のドアを開けっ放しにすると効果的です。

またオフィスでは机の上に置ける、ペットボトルを差し込むタイプの手軽な加湿器もありますので、チェックしてみてくださいね。

 

■NG2:お風呂上がりに、すぐ化粧水をつけない

お風呂に入ると肌を保湿する成分も一緒に洗い流されてしまうので、お風呂上がりは最も乾燥しやすいタイミングです。そんな時に髪の毛をドライヤーで真っ先に乾かそうなんて、もっての外!

まず洗顔後のデリケートな肌には、真っ先に化粧水で水分補給しましょう。値段が高ければ良いという問題でもなく、コスパが良い化粧水を一度のスキンケアでたっぷり使えることが美肌へのヒント。

 

■NG3:スキンケアは化粧水だけで安心している

前項目に関連して、洗顔後は化粧水をバシャバシャ使ったから、十分に肌も潤ったと安心するのはまだ早いです。みなさんも一度は耳にしたことがある「化粧水で水分補給、乳液でフタ」という言葉。

まさにこの手順の通り、化粧水だけでは肌の水分が時間と共に蒸発していってしまいます。そこで、ケアの後には乳液で、肌にフタをしましょう。

 

■NG4:季節や天気によって、日焼け止めを塗らない

夏や晴天の日差しが強い時は小まめに塗っていた日焼け止めも、冬になった途端お蔵入り。ましてや曇りの日だと、紫外線についてスッカリ油断していると気付いた頃には顔中シミ・ソバカスだらけになっているかも。

確かに夏の紫外線に比べれば、冬の紫外線は弱め……けれど、変わらず肌に紫外線は届いています。曇りの日も同様。季節や天候に左右されず、日焼け止めは常備するのがマストですね。

 

■NG5:24時間対応のコスメだからと、常にそのまま寝る

流行りの“24時間落とさなくても大丈夫”なコスメ……どんなに優しい成分で出来ていても、帰宅後そのまま就寝コースを繰り返すと肌荒れに繋がることも。

美肌を作る一番の近道は、メイク落としにあると言えるでしょう。特にクレンジングは一歩間違えれば肌を傷つけたり、色素沈着を残すなど、とてもデリケートな作業です。

コットンでゴシゴシこすったり、顔全体を雑に洗い流すのではなく、ポイントのパーツごと丁寧に時間をかけてゆっくりメイクオフしてください。

 

美肌は“毎日のスキンケア”の積み重ねで出来上がります。NG習慣にドキッとした人は、今日から正しいケアにトライしてみましょう!

 

【おすすめ記事(PR)】

 

ヤダ…やりがち!「ヴァセリン」で肌トラブルを招くNGな使い方3例

ニベアやオロナイン、そしてヴァセリン。近頃、昔ながらのスキンケア商品に注目が集まっています。なかでもヴァセリンには、「50通りの使い道がある」とも言われ、ネットで大きな話題に。しかしその使い方、本当に安全なのでしょうか。

今回は、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が、気を付けたいヴァセリンのNG使用例を、3つ挙げていきたいと思います。

 

■1:ニキビに塗り込む

保湿効果の高いヴァセリン。それは、ヴァセリンが油そのものだから。アクネ菌は油分を好むので、ヴァセリンは恰好の餌になります。炎症を起こしているニキビをさらに悪化させる可能性が高いので、要注意です。

 

■2:日焼け止めを塗らない

ヴァセリンの原料は、鉱物油です。かつては、「鉱物油は油焼けを引き起こす」といわれてきましたが、それは不純物が多く含まれるものの話。現在は、精製技術の向上により、しっかりと精製された白色ワセリン、病院で処方される軟膏(ベースにヴァセリンが使われているもの)なども存在しているので安心して使うことができるでしょう。

とはいっても、日焼け止めを塗らないのはNG! これは、ほかのスキンケア商品を使うときも同様です。

 

■3:こってり塗る

ヴァセリンには、肌を潤すのではなく、肌の表面をコーティングして内側の水分を逃さないようにする働きがあります。そのため、こってりと厚く塗ってもベタベタとして使用感が悪くなるだけ……。そのうえ、たっぷりの油分がニキビを誘発する可能性も。

化粧水や乳液・美容液で肌を保湿したら、その上からヴァセリンを薄く伸ばす程度にしましょう。厚くなってしまったら、ティッシュで優しくおさえて。

 

使い方次第で肌トラブルの原因にもなるヴァセリン。上記の使い方にはくれぐれも気を付けてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

痩せない理由は台所?「キッチンが汚いと食べ過ぎる」米研究で実証

あなたの家のキッチンはきれいに片付いていますか? もしも乱雑になっているなら、本当は食べなくても済む食事まで、つい口にして食べ過ぎているかもしれません。

アメリカの研究者が発表した実験結果で、キッチンが整頓されていないと、たったの10分間でも、摂取カロリーに53kcalもの差が出ることがわかったのです。

 

汚いキッチンが食べ過ぎを招く!?

アメリカのコーネル大学食品・ブランド研究所の研究者たちが、キッチンがきれいに整頓されているときと散らかっているときで食べ物の摂取量にどんな影響があるかを、98名の女性に実験を行って調査しました。

新聞が散らかり、シンクには汚れた皿が置かれたままで電話の呼び出し音が鳴り響いている……そんな乱雑なキッチンで女性に10分間待機するよう指示。一方、キッチンがきれいに整頓されていて静かな場合でも実施し、どちらの場合もクッキーとクラッカー、人参を用意して自由に食べてもらいました。

すると、散らかったキッチンにいた女性は、片付いたキッチンにいた女性と比較して、53kcalも多く食べていたのです。

 

乱雑な空間はダイエット意欲を喪失させる

本人は意識していなくても、視覚や聴覚から得られる情報はとても大きいもので、乱雑になった環境は知らないうちにストレスを私たちに与えてしまうものです。

この実験を行った研究者は「散らかった環境にいると、“整理されていないものに囲まれているのに、なぜ自分だけ食事をコントロールしなければいけないのか?”という気分に人をさせる」と指摘しています。

またこの実験では、“自制できている”と答えた人については、汚いキッチンにいても、“自制できない”と答えた人よりも摂取カロリーが100kcal少なかったことがわかっています。自分で自分の心をコントロールできるのなら、ストレス下にあっても食欲を我慢できるかもしれません。

 

しかし、いつでもストレスに打ち勝って食欲に負けずにいられるのは至難の業。キッチンに限らず部屋も常に整頓しておくことが、ダイエットの成功につながるということですね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【参考】